最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年11月30日

魅力の多弾拳銃

市 (2017年11月30日 01:35) │Comments(3)訓練てっぽ


こむばんわぁ〜(^-^)/

ここんとこSTIにコッてますぅ!(^^)!
(むかしからだろアホ)


たよりになるキャリーガンは
28レンパツなんだわ♪


持ち玉は多いほど戦闘力アップ!!


これらのマグベイスはKSCで製作して
もらったものです。
ジュラルミン製ですよ♪
日本では発売されませんでしたかね?






この日曜日は生徒さんたちに
「ルームクリアリング」を教えました。
6連発の小型拳銃の人は、あっというまにタマ切れとなり多弾でないと困るということを深く認識していましたよ。

少なくとも、家庭を守る拳銃はデカイのがよく、長いマグを使用すべきだという認識が広がりましたよ。

市(^^)/

  


Posted by 市 at 01:35Comments(3)訓練てっぽ

2017年11月29日

弱くも強くも君しだい

市 (2017年11月29日 00:27) │Comments(9)語りのプラザ
永田市郎さま 昨年のハニビー訓練では大変お世話になりました。
長崎からkenでございます。
大変ご無沙汰しております。
遅ればせながら、ヤマさまのコメントは決して他人ごとではございません。 我が家の娘は現在、支援学校に通学しており、緊急時も介助なしでは一歩も避難ができない状態です(泣)
そんな子どもの親としては、学校での子どもの安全(生命)はすべて先生方の危機意識や危機管理に委ねられているのが現状です。多くの先生方はこのような認識を常に持たれているのか?いないのか? 但し、人間は実際に経験をしなければ危機意識を持ちづらいという傾向もあるかもしれません。そこで私が犯罪に対して危機意識を持つきっかけになりました事件について書かせて頂きたいと思います。 なお、数十年前のことで記憶を綴りながら書いており、記憶違い等もあるかもしれません。まとまりの無い文章で、読みにくいかもしれませんが、どうぞご容赦下さい。(方言も修正しております)

昔々の私が19歳の大学生の頃、九州の某地方都市で夜間のファーストフード店の閉店後の清掃作業等を一人で行うというアルバイトをしておりました。 当日の私はスポーツや武道の経験もない、貧弱で無口で大人しい、無力な青年でした・・・。 ある夜、店舗のマネージャーやスタッフが帰宅した午前1時過ぎ頃だったと思います。 店内で一人、ゴミを回収していたところ、裏手の勝手口のガラス戸をドンドンと叩く音に気付きました。 最初は怖いので無視して作業を続けていましたが、男性の声で「開けろ!開けろ!」と言う声とドアのガラスをガンガン叩くような音が聞こえてきました。私は恐怖感を抱きつつもガラスを割られても困ると思い、勝手口に近づくと、全身黒づくめの服を着た男性がドアの外に立って「開けろ!開けないと割るぞ!」と大声を出していました。 私は恐怖心から鍵を開けると制止する間もなく男性は素早く店内に入り、ズカズカと店の中ほどまで進み、店内の中央付近で私と向かい合う形となりました。そして男性は不意に私の方に右手を差出し、言いました。 「金を出せ!出さないと殺すぞ!」 薄明かりの店内でその手にナイフがあると分かった瞬間、心臓がバクンと強く鼓動し、初めて感じる強い悪寒が背中から頭頂部に走ると同時に、全身の毛が逆立ちました。と同時に「私の人生はここで終わった」と目の前が真っ暗になりました。 犯人の男性は店舗にあるであろう金庫と売上金を狙っていたようです。当時からその地域は暴力団による事件が多発し、かなり物騒な環境でした。実はその店舗の金庫も全く別の建物にありました。 私は犯人を刺激しないように出来るだけ丁寧でゆっくりとした口調で話をするように心掛け、協力的に振る舞いました。また、極力犯人に背中を向けないように注意しました。犯人は常にナイフを私の方に向けています。隙を見せればいつ刺しかかってきてもおかしくはありません。この時ばかりは全く生きた心地がせず、時間が異常に長く感じられました。 犯人はナイフを向けたまま、私に店内に金庫や金目の物がないか案内するように命じました。私は言うとおりに犯人と一緒に店内を回り、金庫や現金などが全く無い事を確認させました。犯人は金庫や現金が店内にないのが分かると私の所持金も確認しました。 しかし、このような緊迫した状況に私自身が耐えられなくなっていました。 そこで、現金が無いことは分かったはずだから、何かきっかけがあれば、犯人が現場から立ち去ってくれるのではないかと考え、犯人にある提案を持ちかけました。 「すみませんが、仕事(掃除)をさせてもらってもよろしいでしょうか?」  私は恐る恐る切り出しました。 これで犯人は諦めて帰ってくれるだろうと当時の私は安易に考えておりましたが、それが大きな間違いでした。 犯人はしばらく間を置き、「分かった・・」とぼそっとつぶやきました。 私は内心「やった、これで解放される」と喜びました。 しかし、結局犯人は立ち去らず、掃除に向かおうとする私の背後からナイフを向けたままついてくるのです。 その瞬間、心臓の鼓動はまたドクドクと壊れそうな位、高鳴り、脳みそはかって経験したことがないほどフル回転しました。  
「犯人との距離は? ナイフは? 刺されないか? 立ち位置、体の向きはこれで良いか?背中を見せてないか? どうやって窓を拭けば刺されないか?どうポリッシャー をかければ刺されないか?」などなど さまざまな自分の生命を守るための問いが頭の中を瞬時に駆け巡りました。そして、その限られた 数少ない選択肢の中で自分が一番危険が少ないと思う方法を取ることしかできませんでした。 その後、解放されるまで合計約4時間をナイフを持った犯人と二人きりで過ごす事となりましたが、結果的には金銭的な被害なし、身体的な被害もなし、器物損壊など物的被害もなしという大変運が良い結果となりました。(店舗の清掃も完了しました) 最後になりますが、今でも危険が伴う状況に近づくと犯人にナイフを突きつけられた時のあのゾクッとする感覚が瞬時によみがえる時があります。そしてこの感覚が私自身を危険から遠ざけ、助けてくれる場合もあります。今回の経験は、私に多くの事を教えてくれました。犯罪は身近に起こりうるもので、誰でもが被害に遭う危険性を常にはらんでおり、運が悪ければ、当然、命を落とすこともあるのだということ、また、何らかの備え(準備)が出来れば事前に備える事も重要だという事です。
ken from Nagasaki

市より、
とても貴重な体験談です。
ありがとう。

その犯人には殺意がなかった。
これはラッキーでしたね。

女性が道を歩いていると背中から庖丁で刺して逃げていったという事件、
これはよくありますよね。数日前にも新聞に載っていました。

犯人には二通りがあると想います。
物取りか暴力犯かです。
だいたいに物取りは他人を殺めるようなことはしたくなく、なにがしかのオカネが盗れたら静かに去りたいという願いをもっています。良心はありながら衣食住に事欠いての不本意な行動をおこすということで、充分に理解の範囲ではないかと想うのですよね。ワシもこのタイプには同情を禁じ得ないことがあります。

もんだいは暴力犯です。
いきなり襲ってきます。
もともと暴力によって他人を傷つけたいという願望をもっています。
人を殺したという欲望を秘めた人間、これが我らの敵なのです。
運転のマナーを注意されるとキレて暴力運転で襲いかかり、停車させて土下座させたり殴る蹴るしたりするのも日本では流行中ですよね。

一昨年のこと、夕暮れ時にトモが運転するクルマに乗っていたところ、後ろのベンツがパッシングを繰り返しながら小刻みなジグザグ運転でからんできたのです。高速道路は空いてはいなく、80キロくらいでみんなシズシズと走っていました。ベンツは苛々している様子でした。しかし先はクルマがいっぱいなので、いくら追い越してもキリはないという状態で、わざわざ道を譲ってやるほどの状況ではなくトモはそのまま運転していました。するとやおらにベンツは横から無理に割り込んできて我々の前方に出て急ブレイキをかけました。どういうわけかハザードランプも点灯しました。ワシはとっさに後ろを見て追突される危険がないか確認し、トモの持っていた1000ルーメンだったかのライトでベンツの後ろから照らしました。そのまま停車させられたらこちらも停まり、後続車からの追突を警戒しながら降りて暴力運転手を逮捕しようと即断したのです。タクシー経験がありますからね、高速道路上で停まるのは命の危険がすぐそこにあるのは熟知していました。でも回避のしようがなさそうだったのです。どんな相手か判りませんが、飛び道具なしでシュアファイヤとクナイを持ったイチローさんに勝てる可能性はとても低いと感じていました。さらにトモがいましたからね、相手が四人だったとしてもブチ倒すことが出来るという自信がありましたよ。ベンツが停まりかけ、トモも急ブレイキで停まりかけ、イチローさんはライトでベンツの後ろを照らしていました。すると、突然にベンツは急加速して逃げ出したのです。危険運転でジグザグに無理な追い越しを繰り返しながら消えてしまいました。たぶんメチャ明るいライトで照らされていたので自分がクルマから出るのはまずいと判断したのでしょう。
“あいつ、最悪な二人組に喧嘩売ろうとしたんじゃないか、まったく運のいいやつだな〜・・・”
とイチローさんは言い、
“ですよね〜(^o^)”
と、トモも笑っていました。
あとあと考えたことは、あの時に格闘能力のない人がこういった事件に巻き込まれたらどうなってしまうのだろうか?・・ということでした。

「ふりかかる火の粉は、はらわねばならぬ」という言葉がありますが、それが小さな火の粉だったり虫だったりしたら誰でもはらえるでしょう、しかし相手が自分よりも暴力で長けていたらボコボコにされるしかなく、土下座ですめば幸運だと受け止めるしかないのではないかと。
そして時として殺されるわけで・・・。

マナーが悪いので注意されたら逆ギレして殴る蹴るする。
自分から逃げた彼女が新しい男と交際すると、そのより良い人格をもった男を待ち伏せて殴る蹴るする。
誰でもいいから殴りたい。
だれでもいいから殺したい。
こういった、内なる闘争本能を制御できないヤカラはそこら中にいるのです。そんなヤカラの魔のツメから自分たちを守ろうと備える人々は少なく、備えのない大多数の人々が犠牲になるというわけです。

トラは、虎として産まれると一生トラとして弱い動物を食い続けます。兎はその生涯をウサギとしてまっとうし、猛獣に捕まれば抵抗することもなく おとなしく食われるという運命にあります。
しかし、人間はちがいます。
ネズミのようにおとなしい人間でも自分の決心ひとつでオオカミにでも豹にでもヤマアラシにでも成れるのです。なのに大多数の日本人は、そういったことすら考えることなく まったりと淀んだ平和そうな空気のなかで安心しきって生活しており、その中で運の悪い無毒な善人が暴力犯という猛獣に遭遇し殺され、周囲の人々はまゆをひそめながらも数日で忘れてまったり空気のなかに溶け込むわけです。

備える者には危機にあって生き延びるチャンスがあり、備えない人は、抵抗する知識も手段もないために犠牲となる。

弱者のまま生きるのか、強くなって生きるのか、
これは皆さんそれぞれのチョイスです。

 市   


Posted by 市 at 00:27Comments(9)語りのプラザ

2017年11月28日

4インチパイソンの想い出

市 (2017年11月28日 03:42) │Comments(9)てっぽ

ザパッ!!
ヤングイチは両足を開きざまに4インチパイソンを抜きながら振り返って悪漢を撃った。
古着屋にて1ドルで買った緑色のミリジャケットが跳ね上がり、横殴りにパイソン構えた姿はダイナミックであった。
パイソンのヴェンティレイテッドリブから漏れる光を撮るという目的でパイソンを水平に構えたわけだが、この射撃術は後年になって映画などで盛んに使われるようになる。

この年代遅れのラッパジーパンも1ドルで買ったものだった。当時、古着を買うのは貧乏人だけであった。ヤングイチも貧しいがためにサルマタ以外は古着を着ていた。後年には古着ブームがおこり、これらのジーパンは異常な高値で売買されることとなるのだが、ヤングイチは膝に穴の開くまで履いてから捨ててしまった。


しかし貧しいとはいえ、ヤングイチの心は晴れやかだった。
なぜなら、日本にいたころから憧れていたパイソンをゲットできたからだった。
今もそうだが、パイソンは高価であり入手難だった。オレゴンで質屋をまわって中古の安いパイソンを探したものだったが、とうとう見つからなかった。
だがキャリフォニアに越してガンショウに行くことで ようやく対面できた。
美しい!
格好よい!!
迫力がある!!
カタログ写真でさんざんに観ていたが、実物の存在感には心打たれるものがあった。

これが最高の拳銃だ!!・・・
と、信じていた。
SWの評判は高くても見向きもしなかった。

自分が気に入った銃は一番性能が良い・・・
いつしかそう信じるようになっていた。

他と比べもしないで自分のが一番だと
根拠もなく信じ込む、、
これは島国で育った世間知らずの
日本人独特の「頑迷」であった。

あとで想うに、パイソンを選んだのは「それがカッコ良いから」というだけの理由からだった。無知すぎるために判断基準を持ち合わせていなかったわけだ。

射撃の知識もなく、他のリヴォルヴァへの知識もなく、だいたい拳銃の魅力とはなんなのかという解釈さえなく、ただそれが実銃であればよく、カタチの印象で選ぶしか能がなかったのだ。

パイソンを持つことで心は晴れやか、ヤングイチの気持ちは幸福感に満たされていた。満たされている時、人は探求心をもてないものだ。それは、ぬるま湯で育つとチャレンジ精神が育たないのに似ている。

やがてヤングイチはSWのM19を手に入れる。その理由は「評判が良いから」というものだった。世間の評判などどうでもよい、自分の好きな拳銃が一番なのだ、と考えていたヤングイチではあったが、パイソンを撫でさすって自己満足にひたり続けることへの疲れのようなものを感じていた。銃を知らない日本人のイーチは、拳銃とはトゥリガーを引けばターゲットに当たるものだとばかり信じていた。じっさい、モデルガンで撃ってターゲットを外したことなど1度としてなかったイーチは、自分の腕前はゴルゴ13と同じレヴェルなのだと信じていた。
まさか、たった25ヤードの距離でパイソンを撃ち、黒丸をミスることがあるとは想像だにしていなかった。
夜の海で100先のヨットに乗っている女のイヤリングを弾丸で砕くくらいはあたりまえで、街で女が後ろを歩いてきたら振り返りざまに殴ればよいのだと・・・までは信じ切れていなかったが、まあだいたい思考力はそのような日本人の平均レヴェルであった。

そしてパイソンとM19を撃ち比べる。
M19はあきらかに撃ちやすかった。
トゥリガープルに決定的な差があった。

ここでパイソンへの信仰は瓦解する。

パイソンとM19を見比べながら、ヤングイチは考え込んだ。
パイソンは厚化粧の妖艶なオンナであり、M19はコンバット射撃に対応するために産まれた闘志ある若者だということに気がついた。

ここでようやくにして銃というモノには個性があり、射撃能力に優劣があることを明瞭に認識する。

コレクション用と実用銃とは見分ける必要がある。銃を見分けるためには射撃の腕前を磨く必要がある。
射撃を満足にできなくて、どうして銃を語ることができようか・・・たったこれだけの常識的な道理を悟るために多くの時間とカネを使ったヤングイーチであった。
そしてアメヤ横町という井戸からイーチが抜け出すきっかけとなったのが、このパイソンであった。

銃は格闘の道具だ。
拳銃は、拳の距離をのばすための道具だ。
ボロな銃は拳が延びない、
延びないとは精度に欠けるということ。
いかに強い拳であろうと当たらなければ
自分が当てられてしまう。
射撃術に精通し、より良い銃を選ぶべし。

たったこれだけの常識を自分のものに
するために役だってくれた拳銃、
それがパイソンだった。

そしていま、この4インチモデルは
手元にない・・・
どこに行ったのかさえ記憶にない。

Gun誌の待遇に耐えかねて辞めることになったときに数十挺の銃の返還を迫られ、それらは二束三文で米国のガンショップに売られたわけだが、その中に4インチは混ざっていたのかもしれない。

人生において多くの人たちと知り合い、多くの人との別れがあるように、銃との出逢いと別離も多かった。

そんな中で、この4インチは好きではあったが別れる必要もあったのだろう。
今ではこのパイソンが別れた彼女のようになつかしい。しかし再会したいとは想わない。
これも成長の軋みによる痛みなのか・・・。

たっはっはっは (^◇^;)
なんとなく4インチの想い出を書き出したら長くなっちまったわ〜い (^_^;

で、おそまきながらマロンパ名物の許可盗作が届いたので載せておきますね。
このころから知り合ったポリスオフィサーの数はたいへんなもので、友人知人のたいていはポリスでした。イチローさんに射撃術を仕込んでくれたのも警察官とFBIであるという関係から、もしも道路上で警察官と誰かが撃ち合っていたら瞬時に狙撃拳銃で援護するというマインドセットがあるのです。

マイドセットの意味は
「こういう場合は、こう対応する」
という決心のことなのですからね。
市 (^-^)/


☆サージャント・ハーマン☆
さて、そこで、パイソン・ハンターの似合う男だが・・・・・・、私のイメージに合う男、それはコントラコスタ・カウンティー・シェリフのサージャントであるハーマン・レラーという男だ。ハーマンはもちろんピストルの名人で、マスターの上にディスティングイッシュトがつく。そして250人のリザーブ・ポリスのディレクターであり、ポリス・アカデミーのファイアアームス・インストラクターでもある。コンバット・シューティングのテクニックはFBIインストラクター、ジーン・ジョーンズの直伝という筋金入りの男で、雰囲気はチャールス・ブロンソン、プラスすることの俊敏X迫力の2乗=ハーマン・レラーというところだろうか。以前、私はピッツバーグPDレンジのポリス・アカデミー・ファイアアームス・トレーニングに招待されたことがあり、その時のディレクターであったのがハーマンだったというわけ・・・・・・。ちょっとばかりモデルになってくれんかの、と頼んだら、「エッ?このオレが絵になるかい?イヤーそうは思えんなあ・・・・・・、でもまぁ、お主がそういうならやってみようかい」と、引き受けてくれた。ハーマンは、勤務中にはユニフォームも着なければ一般のポリスカーにも乗らないのだが、特別に正装して、ポリスカーも借りてきてくれた。一度、彼が葬式に行くときに正装していたのを見て、こりゃ絵になると心ひそかに思っていたわけ・・・・・・。「これがそのハンターだけど・・・・・・」と、パイソンを見せると、「ウワーッ!スゲェーッ!・・・・・・、スゴイけどバランスが悪いぜ、大体長すぎてコンバットには向かないナ、やはりコンバットには4インチのM19かM66が・・・・・・」「イイカラ、イイカラ、分かってるよそんなこと、だけど、シェリフの行動範囲はポリスのそれとは比較にならないくらい広いから、たとえばあの山のてっぺんから狙われたりしたら、4インチでは太刀打ちできないゼ、そんな時これが一丁あったとしてみなよ。こいつなら200ヤード先の敵にだって脅威を与えることができるし、100ヤードだったらイチコロというものさ」「フーム、ナルホド・・・・・・、で、これはいくらするんだい?」「1,000ドルとちょっとだね」「ウヒャー!そりゃ高い、高すぎる。だいいちパイソンはアクションが悪いのでヤダよ。ウチのデパートメントに400人ばかりオフィサーが居るが、パイソンをさげている奴は20人か25人だな、それ以外は皆S&Wだぜ」大体、射撃のうまい人で、パイソンを好む人は非常に少なく、FBIの内部では皆無といえる。それでもポリス・オフィサーの中には熱烈なパイソン・ファンがたまに居て、実にうれしそうに腰にさしている。たとえばダーティー・ハリーの先生であるSFPDのビル・ラングロイもそうだし、ハーマンのボスにあたるキャプテンも6インチ・パイソンを17年間愛用している。 ピストルの名人、サージャント・ハーマン・レラーは、M19こそナンバーワンだという。だが彼の上役のキャプテンは、パイソンはGOOD GUNだと言って17年間も使用している。ここいらにアメリカ人のノビノビとした自由がある。 「ハーマン、お主がパトロール中に突然、銃撃を受けたとする。サァ、どうする?」「まず、とにかく車から出て安全なところに走って逃げるよ」「いや、逃げちゃ困る。逃げる前に2~3発ブッ放そうよ」「いや、なによりも自分のボディーをカバーすることが先決だからまず逃げるんだ。車から離れられないようだったら相手との間にエンジンとかホイールとか、とにかくタマが貫通しない部分を盾にして対峙する。車から出る時もうんと身体を低くして、窓越しにねらわれないように気をつける」「じゃ、車の後ろに避難したところで反撃だ、トランク・ルームの上からいこうか」「いや、これじゃちょっと頭が高い、実際の撃ち合いでこんなに頭を出せるもんじゃないゼ、イチロー」「でもあんまり低くされちゃ絵にならないから・・・・・・。空をパイソンのバックにしたんだよ。じゃ、今、敵は撃って来ない、そうだ、タマが切れたんだ、そこでお主はガバッと頭を出して、フリーズ!というのならどうだい?」「フーム、それなら良かろう・・・・・・」私はこういった写真を撮る時、必ず必然性と現実性を重要視してポーズをつける。だが、ハーマンはもっと上をいっているのに驚いた。微にいり、細にわたって注意深く必然性を追及するのだ。私は絵になるなら多少の妥協をするが、彼はそれを許さない。実に良い勉強になりました。

以上
  


Posted by 市 at 03:42Comments(9)てっぽ

2017年11月26日

現在の狙撃拳銃

市 (2017年11月26日 14:24) │Comments(12)てっぽ




狙撃拳銃…昔から模索されていたのを記憶しています。
試合用のカスタムガンの要素を、実戦用の銃にいかに盛り込むか?
ストラウプさんのグランドマスター然り。GMDユニヴァーサルや9ミルメイジャーのリポートでも、ポリスオフィサーが携えて…というショートストーリーがあったかと。
小型で信頼できるダットサイトの登場で、ようやく実用に耐えるものができたわけですが、『狙撃拳銃』というコンセプトがSATマガジンで紹介されたときは、必ずしも好意的に受け止める人ばかりではありませんでした。 
「狙撃拳銃ぅ?何だそりゃ(笑)」という感じで、冷ややかに見ていた人も割と多かったようで…。

私はそういう人達に、「いやいやいや、昨日今日始まった話じゃないから!ずーっと追い続けてたテーマだから!」とツッコミつつ、『狙撃拳銃』というド直球なネーミングには「なるほどなあ。今までモヤッとしていた戦闘銃のイメージが、くっきりと輪郭を見せたな~」と納得したものです。
絶対に外せない場面で撃つ。外せない場面だからこそ撃たねばならない。
「一念岩をも通す」ではありませんが、探求心は大事ですよねー。

頑迷さと一途さはちょいと違う。軽薄なのと柔軟なのもかなり違う。
ブレないことを売りにしている政治家もいるようですが、「アホな考えでブレない政治家は、『使えない政治家』やでED野さん」と僭越ながら申し上げることにします。

…って、私のコメント自体がブレブレですな
(苦笑)
ルシファ


いえいえ、けしてブレてませんよ。

「狙撃拳銃ぅ?何だそりゃ(笑)」

こういう人は日本人の典型というか、
日本にはこのタイプが多いですね。

総じてアメリカ人は「イノベイション」を
大切にする人種だと感じます。

イノベイション→ innovation
新機軸
新しい切り口
新しい捉え方
新しい活用法
それらを創造する行為のこと。

イチローさんが渡米してサクセスし、アメリカンドリームを果たせて今を豊かに暮らせているのは、日本人には少ないイノベイションのセンスを秘めていたからなのですよね←ほめてはいません、自慢でもありません、ただの事実を淡々と分析しているだけですぅ(^○^)

ストリートファイトの練度を上げたい→パンチとケリ技を磨く→でもナイフにはかなわない→ナイフを学ぶ→だけどナイフは拳銃の敵でない→拳銃の修行をする→拳銃は射程が短くてライフルにはかなわない→ライフルを習いに行く→しかし日常生活でライフルを持ち歩くわけにはいかない→拳銃の射程を延ばせたらどうか?→等倍のダットサイトでも100mのチェストヒットなら充分に可能→これならライフルとだって戦える→では狙撃拳銃を作ろうではないか・・・。

こういう流れを作れるのがイノベイションの心意気というわけです。

武道をそのまま継承するのはスポーツとしては良いが、将来に起こりうる「ルールなき殺し合い」を想定する人にとって現段階にあっては 拳銃がもっとも優れた手法だと想うのですよね。その上でショットガンとライフルの技法を身につければ一人前のストリートファイターになれるわけです。

まあ、日本だと相手は庖丁かナイフ、または金属バットみたいなものなので、素手でそれらを奪い取る訓練までで良いでしょう。

ともあれ、技を磨くには、それがスポーツの技なのか、生き残るための技なのか・・これを自分自身で明瞭にしないと目的意識がボヤケてつまらないですよ。

“イチローさん、拳銃の魅力は何ですか?”
と、居候していたケンが聞くので
“人間を楽に殺せるからだよ・・・”
と即答しました。
するとケンはびっくりしましたよ。
世の中で人間ほど恐ろしい敵はいない、これを討てる拳銃は素晴らしい!!
と、これがイチローの考えでした。

“ではどういう答えを期待してたんだ?”
と尋ねると、
“拳銃は芸術的で美しいとか・・・”
こんどはコッチが驚く番でしたよ(^◇^)

拳銃は、自分を襲ってくる敵から守るために作られた道具であり、日進月歩で改良されて進化してきた・・・人間の生きる欲望や憎しみや悲しみや怨念が渦巻く中で成長し続けてきたトゥールです。日本刀は明治で成長は停まりましたが、拳銃はその後も磨かれている、、そこからは、ある種の「美」が発生してくるのは当然ではないかと想うのですよね。
しかし美は付随してくるだけでよい、より遠くをより正確に撃て、より小さく、より軽いモノが良い。

これがイチローさんの拳銃に対する価値観というわけです。

これって、あったりまえの考えではない?

狙撃拳銃を笑う者って、いわゆる
スットコドッコイ オトトイ来やがれの
トンマヤカラですよね〜(^○^)

MIZさんの鋭い解説によれば、
愚かなためにロクな死に方も
できない嫉妬狂い野郎。

いや〜^_^; いくらイチローさん
でもそこまでは言えんわ〜(^◇^;)
by 都合の悪いことは自分でいわず他人に言わせる賢いヲトコ

で、現在の狙撃拳銃はコレですよ↓

SAOです。20連発の弾倉。


ダットサイトとライト、そしてレイザーサイトもありです。
一日のうち半分は暗いか薄暗いのでライトは必携、ライトなしでは敵味方の区別もつきませんからね。




ご存じのR226というマウントは、SIG226にダットサイトとライトを装着するためにイチローさんがディザインしました。


速王さんのセットアップです。
これは エアガンですが、彼がアメリカにいたらきっと実銃もこうするでしょうね♪

R226は、賢者の選択です。

さりげなく宣伝してますぅ(^o^)




このような袋に入れて携帯します。



時として、すぐれた道具は人に優る。
by イーチェ

さて、そこで難しいナゾナゾを・・・
一番当たるのはブラックウィドウなのに
なぜソレを携帯しないのか???

市 (?_?)/

  


Posted by 市 at 14:24Comments(12)てっぽ

2017年11月25日

8インチのパイソン

市 (2017年11月25日 22:35) │Comments(23)てっぽ
おっはばんわぁ〜皆さん(^O^)/

テッポのフォト載せると お礼のコメントをいただけるのね?・・・
ヒジョーにメンドクタイけど、まあヤリガイあるわ(^○^)

んなら今朝は8インチも見てよね↓

コレ、買ったのかなぁ〜?
そして手放したのかな〜?
ぜんぜん記憶にございません(^_^;

ただいえることは、
好きにはなれんかった・・ということね。


スコープが載っていたわけだけど
この間延び感に堪えられなかった(^0^;)

完成度の高いモノには、
視覚的な説得力があるものよ。
鋭いたたずまいがあるもの。
凄味と一体感があるもの・・だと想う。

そのムンムンとした闘志がコイツには感じられないんだわ。

なのでスコープだけキープして手放したのだろうね。


こうして並べてみると
「視覚的説得力」という意味が解るだろ?
8インチはいかにもバランス悪そう
じゃないのよ・・ねっ?

それとさ、致命的なことは
6インチの方が命中精度が高いということ。

これ、霧のアカン固だわ(^◇^)

ストラウプさんは、拳銃の場合は6インチのバレルが最も精度が出ると言っていたよ。
そーいえば 精度を競うPPC用の拳銃はほとんどが6インチだったね〜・・・

で、スコープをバレルにジカ載せしているのはマズイと想うんだわ。
弾丸がバレルの中を突っ走ると、バレルはブルンと揺れるわけで、そのブルンの振れがスコープに阻害されてナチュラルな揺れができないと想うのだよね。そのために命中精度に狂いがでても不思議ではないという気がするんよ。


今にして想うに、イチロー兄イは、拳銃射撃を始めたころから「狙撃拳銃」というコンセプトを強く意識していたんだね〜(^^)


なんとFBIスナイパーたちと一緒にマンハンターを撃って、彼らの意見など聴きながら小さな狙撃銃を模索していたわけだ・・・そういうことも、このフォトを見るまではすっかり忘れていたよ。
おもえば良き時代だったなぁ・・・・・・

今は、トシとったよ・・けども、昔よりも深い幸福感に満たされているけどね (*^_^*)

 市



  


Posted by 市 at 22:35Comments(23)てっぽ

2017年11月24日

パイソン マンハンター

市 (2017年11月24日 23:32) │Comments(15)てっぽ
ムガベ元大統領が吹いていた楽器とは?

それはジンバ笛である。

この簡易な問いに美事に答えられた
マロンパに免じてマンハンターの
フォトをプレゼントしませうね (^-^)/


わーっ!! (゜◇゜)かっちょ良〜い♪


言うことナシの、この存在感!!!


スコープ屋さんのルーポード社がコルトの刻印を入れたメダリオン(゜◇゜)ゲキレヤだぁ!!!


木製グリップのこのカタチと色合い!!!
たまらない美しさですよ〜!!
炊事洗濯は出来ないけれどトシをとらない超美人なのです♪
つまり実用的ではないけど、圧倒的に美しいということ。


ベンティレイテッドリブ、
空気が通って冷えが早いバレル・・・
これにはホボ意味がないけど とにかく格好が良い→これがパイソンの魅力なのです。




パイソンのハンマーは、他のどのハンマーよりも容姿が美しいのでアリマスよ(^^)




スッポンポンのスィリンダー・・・
あたりまえだが 素晴らしい!!


若馬マークも元気そう♪


う・・・…>_<… もう最高だね(^。^)


トゥリガーガードの輪郭も ふくよかで市好みデス(^^)


嗚呼・・・ああ〜
なんという佇まいであることか・・・








日本刀が古美術であるように、拳銃は私にとって それ以上の美術品である。
by イーチェ

では、盗作魔ロンパ提供の記事を(^-^)
どうぞ・・・


8インチ・バレルのパイソンが発売された。
ちょっと長いナァーという気もするが、せっかく2.5インチから6インチまでそろえているこの私、欲しくない筈がない。
サーテ、そろそろ一丁・・・・・・、などと思っている頃、パイソン・ハンターも発売されたのだ。
スコープ付きのハンティング用8インチ・パイソン、パックマイヤー特製のラバー・グリップが付いていて、バレルにはちゃんとPYTHON HUNTERと刻印されている。値段は約22万円と、8インチ・モデルの2倍もする。だが、ハンターにはスコープがついていて、感じの良いトランク・ケースに入っているのでなんだか楽しい。こいつをいつも愛車ラングラーに備えておけば、もし何かあった時、100メートル先の敵ぐらいはバッタ、バッタとねらい撃ちにできるし、第一、4WDのラングラーの中からPYTHON HUNTERで狙撃するなんて、そのまま007の映画になっても十分観賞に耐えるのではないか。
もはや成長しきって、そして、しなびてきた大人の頭脳を持った人からはバカに見えるにちがいないが、ナァーニ、一丁のハンドガンを買う動機なんて、これで十分すぎるというものサ。ネッ? 
サテ、そこで・・・・・・。パイソン・ハンターは、その名が示すとおりハンティング用として作られたものだが、私はイノシシや熊を撃つ趣味は全然持ち合わせていない。ハンティングに反対なのではなく、それに興味を感じないということだ。もとより、パイソン・ハンターをポリス用スナイパー・ハンドガンとして採用したらどうだろうかという考えが閃いていて、それで欲しかったわけで、私にとっては
“パイソン・マン・ハンター”
というイメージが強かったわけよ。
実は、それよりも10か月も前のこと、私の6インチのパイソンにはすでに2倍のスコープが低い位置にマウントされていて、ジャーン!
名づけて“マン・ハンター!・・・・・・、
それが出来ていたのです。
スナイパー・ハンドガンとして使う時、グランド・マスターとマン・ハンターではどちらが良いかという結論を出すために、FBIスワットのスナイパーであるケリーとデイブという男達に頼んでテストなどしてもらったのも、すでに5か月も前のことだった。結論は、スコープ付きのパイソンよりもグランド・マスターの方が良いということだった。
手にした時のバランス、グルーピング(集弾性)、トリガー・プルなどの面で、やはりグランド・マスター(M65カスタム)が強かったのだ。実際のコンバットでは1~6m以内で撃ち合うのが90%以上なのに、なぜ遠射用のポリス・ハンドガンを開発したがるのかというと、実はこうなのだ。一般のポリス・オフィサーが持っているGUNは、ディフェンシブ・ウェポン、つまりあくまで防御用のガンなのだ。だから、敵が100メートルも先からライフルで撃ってきたら、ただひたすらにかくれてスワットの到着を待ちわびなければならないし、人質をとった犯人のスキをみて、一発のタマで脳ミソを粉砕するような芸当も一般のオフィサーには出来ないわけだ。だが、その事件の現場に最初に急行するのは常にオフィサーなのだ。その時、そのオフィサーが一丁のオフェンシブ・ウェポン、つまり攻撃用スナイパー・ハンドガンをやおら取り出して活躍できたら・・・・・・、実に、それはあり得ることだ。しかし、それにはかなりの腕と知識が必要で、いくらアメリカン・ポリスでもそこまでオフィサーを訓練する予算がないのだ。
だが私がオフィサーになったら、必ず座席の下には一丁のスナイパー・ハンドガンを備えておき、有事の時にはそれを使ってアタックし、スワットが到着したら、連中には犯人の死体の片付けでもやらせてやろうと、そんな夢みたいな構想を持っているわけです。
6インチ・モデルに2倍のスコープを付けた。これをやってくれたガンスミスは、グランド・マスターを作ってくれたアール・ストラウプ。リア・サイトをとり外して、より低くガッチリとマウントされているので、全体的にみても調和があり、たくましさも増した。手にしてみるとそのバランスの良さは驚くばかりで、ハンターとは比べものにならない。しかも、この6インチは兄貴分の8インチよりひときわ命中精度が高いのだ。パイソン・ハンターがアマチュアのオモチャなら、この“マン・ハンター”はプロの道具と呼ぶに相応しいまとまりがある。

以上です。

市(^^)/


  


Posted by 市 at 23:32Comments(15)てっぽ

2017年11月24日

I know what you are thinking・・・

市 (2017年11月24日 13:18) │Comments(8)てっぽ

あっあ!!・・ももすけ君・・・
君がナニを考えてるかワタシには解るぞ

この拳銃にはもうタマがないかも・・
と想っているだろう?
そしてこのジラーシがいつまで
続くかと多少はイライラしているだろう?

そうだな、ワタシ自身 何発撃ったか
覚えてはいないし、いつまでジラすのか
けんとうもつかないんだ。

だがな、何発撃ったかは覚えてなくても
こいつにタマは入ってないのは確かなんだ。

なにしろ、これからタマをこめるとこ
なんだから、空に決まっているさ。

by 北内ハリー  


Posted by 市 at 13:18Comments(8)てっぽ

2017年11月24日

こんどこそは会心の出来だ!!

市 (2017年11月24日 11:49) │Comments(5)てっぽ
せっかく渾身のフォトを撮影してメンドクサイのにブログに載せたのにモンクがくる・・・
(◎-◎;)
遠すぎるだの被写体が小さいだのと・・・

しかたがない、撮りなおすわい。
これでどーだ???

なにぃ??
構図が悪いだとぉ〜(@_@;)
ライトが外れてるだとぉ〜(-_^:)

しっかしショクンのフォトだってこんなもんだろがぁ!!

よし、こんならどーだ?

これならバリストールのエアソルでない缶がよく見えるであろう。
きれいな缶だわ(^^)
ワタシとしては会心の出来だとしか
いいようがないな(^o^) よしっ!!!

by 自己陶酔の極致にいるヲトコ  


Posted by 市 at 11:49Comments(5)てっぽ

2017年11月24日

こんだ本当に裏を見せる

市 (2017年11月24日 10:44) │Comments(2)てっぽ
今日は家族サーヴィスの日で、卓球だ野球だタマ作りだと忙しかったが、時間をもらってパイソンを檻から出して撮影した。
パイソンの裏なんか見てどうしようというのか気がしれないが、ショクンが願うのならしかたがなかろう。

これだよ↓

パイソンはワタシ自身も好きなリヴォルヴァなのでかっこよく撮ろうとおもって背景に特別キレイな木をつかったのでショクンに堪能していただけるという確信がある。
ここまでお見せすれば さぞかしショクンもなっとくしワタシへの感謝の念も深まることと安堵しながら今日はここまでとしよう。

by ナガタ意地悪郎

追伸
しかし拳銃に裏と表があるとはしらなんだが、しーて言えばこっちのほうが表ではないかという疑念が残るのはワタシだけであろうか・・・

まあ、それはどっちでもいいだろう、

おおらかに行こう、世界は広いんだ。
  


Posted by 市 at 10:44Comments(2)てっぽ

2017年11月24日

ナイフのトレイナー

市 (2017年11月24日 03:49) │Comments(1)ナイフ


GTナイフをゲットできた方、
おめでとうございます(^-^)/
あれは なかなかのモノでした♪

これはGTナイフのトレイナーです。
トレイナーというのは
ナイフ格闘の練習で使うもので
いわば竹刀のような存在です。
姿カタチはGTナイフでも
刃がないので切れたり刺さったりは
しません。
ですけど、激しく突くとトーゼン
ながら激しく痛いですよ(^◇^;)

これらの3種が別々に出品されます。

GTナイフ トレイナー【ドロップポイント】
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k281135342

GTナイフ トレイナー【タントー】
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/d258068265

こちらはラッスィーザボの
トレイナーです。
刃がないとはいえ、もうこれ自体で格闘のトゥールとして使えます。たぶん警官の中にいる出世主義の愚か者たちはイチャモンをつけてくるでしょう。なので、とくに軽死庁管轄の東京付近では持ち歩かないようにしてくださいね。
これは4挺あって、別々に出てきます。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g243727281

by ナイフコレクションで床が抜けそうな市
(^O^)/  


Posted by 市 at 03:49Comments(1)ナイフ

2017年11月22日

ニシキ蛇の裏を親切にも見せる

市 (2017年11月22日 23:27) │Comments(16)てっぽ
ショクン、
いまさらなんでパイソンなんかで
盛り上がってんだい?・・・

しかし そぉーよな〜(^^)
やっぱし リヴォルヴァってロマンの
あるカタチしてるもんな うん

わいも好っきゃねん ∈^0^∋

そろそろここで
なつかしのリヴォルヴァをいろいろと
みせてあげたいもんだわ・・・

けどさ ワシ忙かとよ ^_^;
リヴォルヴァ探して撮影して
ブログにアップちゅうのは
メンドクサイ作業で
まる一日かかる仕事なんだわ・・・

こないだは チラッとニシキ蛇が
出てきたんでひょいと一枚だけ
撮ったんじゃが・・なんだとぉ〜??
裏も見たいんじゃとぉ〜??(◎-◎;)

そんな向こうMIZな要求に
すぐに応えられるワッシではないんよ

しかしな せっかく市ブログを読んで
くれてるショクンとは
それなりの折り合いをつけて
仲良くせんといかんとは想うておる

そこでだ
今日も忙しいんじゃけど
ベッドから出るまえにマンハンターの
裏側を見せろという強い要求に
だけは応えておきたいと想うたわ・・・

よしっ!!
今やらずして いつやるんじゃ!!
と自分に課する気持ちもあるんじゃわ

そこでニシキ蛇の裏側を
いながらして見せる方法を
思いついたよ♪

それがコレじゃ




あれ?・・・

なんかへんか?・・・・・・

まあ おおらかにたのしもうぜ
世界は広いんだからな(^-^)

by 忙中閑あり、のイチロージジ(^O^)/
  


Posted by 市 at 23:27Comments(16)てっぽ

2017年11月20日

昔に 来たところ・・・

市 (2017年11月20日 23:30) │Comments(13)射撃試合
途中でナイン州のニシキ蛇が出てきたので手間取ったのですが、フレズノ射撃場に到着しました。



♪こーのー場所ぉはー
いーつか来たーばぁーしょー
あーあー・・そーおだよーおー
そのむかーぁしにぃー
鉄をううったぁーよぉー♪

そぉーなんです!!
ここで1度だけスティルチャレンジの本戦があって参加したのです。

あれは何年まえのことでせう・・・?

カービースミスという男が主催したこと以外はまったく想い出せませぬ…>_<…

by ものわすれ大会があったら確実に優勝圏内にいるヲトコ

しかしね君・・
過去のゴタゴタは忘れないと
けして先にはすすめないものなんだよ

つづく・・・  


Posted by 市 at 23:30Comments(13)射撃試合

2017年11月20日

New 市ブログの構想

市 (2017年11月20日 12:21) │Comments(3)語りのプラザ
http://araishimakoto.sakura.ne.jp/wp/blog/

まず、こちらが現在私が運用しているサイトのBlogのセクションです。 最新のワードプレスというツールで構築しています。 ユーザーが多いので、追加のモジュールも大量に出ており、アップデートも頻繁です。 カスタマイズも容易ですし、自分で管理するので、禁止ワードなども設定しない限りなんでも通ります。 画像などは、先にライブラリーに放り込んではりこめます。 既に、旧タクティカルライフでドメインとサーバがありますから、そちらに新しいデータベースをインストールして、構築するのがよろしいかと。 ヨシさんと、管理情報をシェアできれば、調べてかかれます。
elan


うんうん♪ にゃんるほど・・・(^^)

ブログの形態は進化しているのですね?

で、今のこのブログに入っている膨大な書き込みなどは持って引っ越しできるのでしょうか?

ぜひとも管理人のヨシとも相談してみてくださいな。

 市
  


Posted by 市 at 12:21Comments(3)語りのプラザ

2017年11月20日

どこが入力禁止じゃい?

市 (2017年11月20日 11:59) │Comments(5)語りのプラザ
>治安状況は昔より悪化しているんでしようか。

日系移民はおとなしくて武装などしていなかったのでヤラレ放題だったようですよ( -_-)
フレズノは大きな都市なのでギャングもはびこっており、交差点でいきなり撃たれるとかもあります。
着ているシャツの色で敵ギャングだと勘違いされて殺されるようなこともあります。

これをコメントに書いたら入力禁止だそうで跳ね返されました(メ-_-)

elanさん、
新しいブログの構想を聞かせてくださいな。

 市
  


Posted by 市 at 11:59Comments(5)語りのプラザ

2017年11月20日

モノホンをみせる!!!

市 (2017年11月20日 08:32) │Comments(29)てっぽ
ハウディー!
アイフォンオヤジさま~∈^0^∋
絵画みたいなフォトだなーとか 淡いグリーンってなんだか懐かしー感じがするなーとか 1950年代あたりのアメ車の広告みたいだなーとか 想っていたりのたり~♪(ホメてます♪)

追伸チカモクド
スティル チャレンジの試合に行かれたんだすねー♪ 試合といえば・・・ 先日、東京マルイさんのステキなティーザー広告の中に PPCの試合用らしきリブサイトを発見しますてねー♪
ぐぐ、グランドマスターっ♪♪♪

キタ━━━━━━(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)(゚∀゚)━━━━━━ !!!!! と、まうさん達と小躍りしていたら・・・ パイソン4インチのPPCカスタムだったとゆーね。
Σ(゚‐゚;)(゚‐゚*)(゚‐゚*)(゚‐゚*) ソーキタノネ...
イチローさ~ん ひねくれて星をニラんだおいら達に いつの日か モノホンを見せてホシー☆だす~☆ ∈^0^∋ m(゚▽゚* )m(゚▽゚* )m(゚▽゚* )m(゚▽゚* ) オニガイ そして東京マルイさんっ。 m9>_< ) ビシッ 今後、Kフレイムのリヴォルヴァとか タイフーンとかICHI GUNとか SAOとかXD9ナドナド期待してるだすからねーっ と願うのはワガママだすかね~?(ワガママな願望)
by 市枚目のフォトを観て ビアンキカップ帰りに空港の窓に貼ってあった女性のポスターを思い出したオトコ
マロンパ93




ふふふ(∩.∩)
あいからわずヤカマスィーやつだ・・・

したかない、
メンドクタイが見せてるわ・・・

ほれっ、 これだぁ!!


なぬ?・・・
ちがう?・・・
マロンパの撮るフォトはいつもピンボケで よう見えんけど、まちがいなくコレのはずじゃあ!!
(-_^:)よしんばちがっていたとしても、こういうすげぇリヴォルヴァがナニゲに見られることへの感謝感激の意をイチロージイ様の納得ゆくまで示してからモンクゆえ( -_-)

♪・・ハンタァがたどこさ くまもとさ
せんばやまにはタヌキがおってさ
それをハンタァでうってさ にてさ
やいてさ くってさ・・・♪
・・・と、子供らの歌声がじょじょに
遠ざかりながら夕景に消える・・・

マロンパは放心して失語状態になり
特価品のバンドソーのように
たたずんでいた・・・・・・

ホメてます(^o^)(^○^)(^◇^)(^。^)

著者不詳  


Posted by 市 at 08:32Comments(29)てっぽ

2017年11月20日

CCPL

市 (2017年11月20日 01:36) │Comments(4)射撃試合

デイリーの後をついて射場に入ると、このようなサインが立っていた。
予想したよりも大きな射撃場だ。


いきなりカウボウイ射撃の舞台があった。
同乗していたゴードンは、これを見ながら
“うはぁぁああぁぁ!! イイなぁ〜∈^0^∋”
と叫びながらタコマのシート上にションベンをたらたらと流しまくった・・・なんてことになるので同乗はさせていなかった。←なんのこっちゃあ(^◇^;)


元気な女工さんがジョギングするくらいの速度で徐行しながら進むと、このサインが立っている。
目指す射場はここだ。
CCPLとは
セントラル キャリフォニア
ピストルリーグ
の略だったと記憶しているが
ちがうかも知れない、が、いいだろう。
おおらかに生きようぜ。
なにしろ世界は広いんだからな。


おおう!!
なかなか素晴らしい射場だ!!
寒い朝、盛大に焚き火をしているので
イッパツで気に入った。

それにしても、このフォトも
なかなかシュールだなぁ〜・・・

つづく(^-^)/
  


Posted by 市 at 01:36Comments(4)射撃試合

2017年11月19日

未知の射場への道

市 (2017年11月19日 15:27) │Comments(6)射撃試合

イチローさんのホワイトタコマの前を走っているのはデイリーさんの焦げ茶色のタコマです。
行き方がよく判らないので先導してもらっているわけです。


氷の張っている家を出たのは7時前、半分ほど走ると まばゆい太陽が昇ってきました。

続く・・・

つづく理由は、疲れているときブログを書くのはシンドイからなのです(^_^;
フォトをドドドドと載せたいのに このブログだと1枚1枚テーネーに増やしてゆくわけで、手間がかかるのですよね〜・・・
そのうえに 文章を吟味しながらモタモタ書いていると「時間切れですー」なんちゃってアップできなくなるのです。
コメントを書くにしても禁句とやらが多くて皆さんに大迷惑をかけていますしね〜(>_<)

プロになった elanさん、
ムカシに使っていたブログを改造するかしてストレスのない軽快なブログなんて構築できないものですかね〜??

by 心地よく疲労している市さん(^^)/
  


Posted by 市 at 15:27Comments(6)射撃試合

2017年11月18日

ベストなタマを追求

市 (2017年11月18日 12:28) │Comments(3)てっぽ
「ベストなタマを追求するなんて楽しいじゃありませんか(^^)」。 じつに楽しそうです。 とんでもなく楽しそうです。 どハマりしそうです。
そっかー。95グレインって.380用か〜。 9ミリカーツ、9ミリショートとか言いましたね。
PPKか〜。 どっかにあったよなPPK/S。
探してみよ。
MIZ


ペンジュラムの距離は約16mほどでターゲットの小さい方は25センチほど、、95グレインのアクミ弾頭は充分な精度でしたよ(^^)


アウターリミッツのラクタングルは30mほどで アクミの精度はこれくらいでオッケイ(^-^)


こちらはモンゴルの95グレインで、精度はよろしいのですがアクミより下に着弾します、、ってことは試合中にタマを換えるのはゴハット
(^◇^;)

ま、大体はブレットによって着弾は異なるものなのですけどね。

で・・・95グレインブレットの在庫が少なくて試合で使うのにギリギリであまり撃てなかったのですが、どうも時々フライヤーが出るみたいな気がしているのです。フライヤーというのは本来のグルーピングをピョンと外れてしまうもので、ブレットの尻に傷などあると起こるみたいなのです。

フライヤーの存在を調べるためには、ブレットをひとつひとつ見てチェックし、スケイルで重量も計り、規格外のヤツを集めて撃ってみれば解ると想うのですよね、、ワッシはブショーなのでやりたくないですけどMIZさんならさぞかし嬉々としてやれるかと(^喜^)

でも、この結果から希望ありと観て3千発のアクミを注文しましたので、来たらしっかりとテストしてみますね(^-^)/

しかし・・・112グレインと95グレインとを撃ち比べてみるに、反動の違いを感じたり感じなかったりで、少なくともタイムにはまったく影響しないのですよ(^_^; でも、ペンジュラムを2.5秒で撃つようなシューターだと95グレインの方が速く撃てるのではないかと想うのですよね。

 市
  


Posted by 市 at 12:28Comments(3)てっぽ

2017年11月17日

ブレットの考察

市 (2017年11月17日 23:47) │Comments(7)てっぽ


タマのヨシアシはブレットで決まるんです。

タマはケイスとプライマーと火薬、
そしてブレットで成り立ちます。

命中精度のカギはブレットの選択に
かかっているのです。

で、ここんとこゲーム射撃用の
ブレットを再考察しています。

とくにスティル チャレンジ・・・
このゲームにはタマの規制がないのです。

つまり、いくら反動の少ないタマを
使ってもよいのです。

反動が少ないとターゲットから
ターゲットの間を速く撃てるのです。

反動を少なくするためには
火薬を減らすのと軽いブレットを使う
のがよいでしょう。

左はモンタナゴールドの95グレイン
中はアクミの95グレイン
右は007の112グレイン

このうち、もっとも反動を軽くできるのはアクミの95グレインではないかと・・・ただし命中精度が良くないと使えませんよね。

95グレインはワルサーPPK用のような.380の弾丸なのです。
9mmカーツと呼ばれ、9mmショートのことです。
タマの直径が9mmなので、9mmパラベラムにも流用できるわけです。

これは去年からタメシに使っていますが、それほど真剣にテストしたことはありません。
なぜなら多少の反動の違いなど心身のコンディションの前ではトルニタリナイといえるファクターだからなのです。

でもさ・・せっかくスティル チャレンジを始めるんだからベストなタマを追求するなんて楽しいじゃありませんか(^^)

ちゅうわけで、これらをテストし、
良いヤツを明日の試合で使いますね♪

明日の試合→それはまだ行ったことのない会場、、いえいえ大昔に1回だけ行ったことのある射場・・のハズですが、確認は明日できます。

行ったことのない場所でのスティル チャレンジ・・・なんだかトシヨリの胸がワクワクドキドキとして血が沸いて肉が躍っているのですぅ(^○^)

市 (^O^)/
  


Posted by 市 at 23:47Comments(7)てっぽ

2017年11月17日

市箸230の情報

市 (2017年11月17日 12:33) │Comments(5)1911 MI


このフォト、ピギタンから送られてきたのですが、どこで撮ったのかの説明もなく・・・多分ジャパン ビアンキカップにてではないかと・・ただ、なかなかここにやってこない熊本復興で忙しいらしいテツヤがワタシへのコトワリもなく勝手にチタン箸でラーメンを食っている姿にワタシは月光仮面のように激高しており、こんど会ったらテツヤの恩知らずめがと口汚くののしってやるぅ〜と想いながらフッと気がついたのですが、市箸230の製作はちょいと遅れておりまして、このことを報告するのを忘れていました(◎-◎;)

えー・・多分、あと2週間くらいで出来るのではないかと・・なにしろたいしたモーケもない仕事なので工場のほうも空きを見つけて作ってくれるわけなのでオトナシク待つしかないのですよね・・・(^_^;

よろしくオニガイします(^-^)/

そうそう、これもなにもテツヤのせいなので どーぞテツヤはショーもないやつなんだと想ってやっていただけたら助かります。

by なにがなんでも自分のせいじゃないと言い張る典型的な正直者ヨリ(^○^)  


Posted by 市 at 12:33Comments(5)1911 MI