最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年03月31日

射撃キッド

市 (2015年03月31日 13:25) │Comments(4)訓練


ワタシ、射撃のインストラクターになるのが夢ナノデース、ドーゾ オシエテクーダサーイ<(_ _)>

という若者が現れましてね(^_^;
今日はあらためて面接しました。

ワーシ、ソレワ ススメナァーイ、
と言いましたよ(^_^;

“それには君自身がグッドシューターとなる
必要があるよね?”

“はい・・・”

“上手いシューターとなるには
なにが必要か解るかな?”

“アー?・・エートー・・・”

“タクサンのオカネ・・・と長い季節なんだ・・”

“ソーレナラカノウデース!!”

“そして実力がついても教えられるチャンス
をつかむためには有名にならんといかん・・
それで食えない可能性も高いんだよ・・・”

“でも、そのチャレンジをするのが
ワタシのドリームだったのデース!!”

“それではちょっとWCSを撃ってみなさーい”

“ハイッ! ババババババババーン・・・(◎-◎;)
アータラナァーイ(>_<)(×_×)”

“そういう小さな拳銃ではムリだね〜
ならばSAOを使ってごらん・・・”

“ハイッ、 バッバッバッバッバッ・・
アタリマシター!! (^◇^)”

“ではフルサイズの拳銃を買いなさい”

“ハイッ、カイマァース♪”

“ディロンの1050もね、安いのもあるけど
プロになるつもりならトップレヴェルのを
買っといたほうがイイよ・・・”

“あ・・はい・・・多分ゲットシマァース・・・”

ワシは彼らの状態が判らないので
ちょっと苦慮しています。
ニックさんみたいにオカネモチで
その道のプロになりたいわけでもない
というのなら気は楽なのですがね。

でも、奥さんも来て、私がしっかり
補佐しますから・・・と言うので、
それなら行けるところまで行こうかと。

ひとりの若者のジャーニーが始まります。
市  


Posted by 市 at 13:25Comments(4)訓練

2015年03月31日

上手くなったバットン将軍

市 (2015年03月31日 12:47) │Comments(1)訓練てっぽ
http://gunsmithbaton.militaryblog.jp/e646381.html

こんちわっす! バットンです。参戦が確定したので、6月のWCSCに向けて
練習しておりますよ (‘・ω・́)ゝ

…ま、写真の「初弾1秒切り、2.5秒切り」(※)は、10回に1回出来るかどうかで
すので (^^ゞ 6月までには、これを5回に1回、5回に2回…と増やせるように、
あれこれ工夫して練習していきたいと思っています。

※「SPRAY AND PRAY」の写真は三脚&セルフタイマーであり、
シューター:バットン、RO:バットン、カメラマン:バットンの自作自演で
見栄を張って良いタイムが出たときのPACTタイマーを使って撮ってますw


そして、エアガンのつもりで実銃を撃つとえらいことになる…orz ってのを
昨年の秋の陣で思い知らされていますので、自分に過大な期待を抱かず
6月は「初弾だけ頑張る! あとは狙う」を忘れないようにとも思ってます。

今年の目標、「ブレイク 90!」達成のため、
早く実銃でも練習したいです! ワクワク. o(^O^*=*^O^)o ワクワク

あのブヨかったバットンが1秒ドロウを
するようになるとは(゜◇゜)ガーン!!
(ショージキでシツレイ(^○^)

前回ツライ目に遭ったから、こんどは慎重
だね♪ 84秒キッたるといわずアンダー90と
いうのはリーズナブルであり、実銃の難しさを
知ったニンゲンの正しい判断ダヨ(^^)

とはいえ、うまくいけば84切りだと内心
想ってる(^○^)(^◇^)\(^O^)/

そーはいかんよ(^○^)わっはっは〜

にゃっはっは∈^0^∋・・・
楽しいじゃないか、え〜??・・・♪
こういうチャレンジの場があって
自分をそれに突っ込める♪

これもシヤワセってもんだよ。
若けぇころは一度だけ(^o^)
がんばれぇや〜ヽ(^0^)ノ

中年もいちどだけ(^o^)
たのしもうやぁ〜\(^O^)/

老年も一度だけ(^o^)
たのしむぜぇ〜いっ!! \(^O^)/
市  


Posted by 市 at 12:47Comments(1)訓練てっぽ

2015年03月31日

9mmサイレンサー!!

市 (2015年03月31日 00:42) │Comments(1)てっぽ

実射です♪
警察の屋内射撃場で試射しました♪
ヒロソガも手伝いにきてくれて
これを撮ってくれました(^^)

“これのフォトはハッピョしていいの?”
“あー、もうちょっと待ってほしい・・・”

と、いうことでブラしたフォトです。
ごらんのように消音器付きの拳銃♪
9mmなんですよ♪
屋内での発射なのにイヤープロテクター
なんてまったくいりません(^-^)

とにかく軽い!!♪
素晴らしいモノです∈^0^∋
市  


Posted by 市 at 00:42Comments(1)てっぽ

2015年03月31日

もったいないホテル

市 (2015年03月31日 00:16) │Comments(0)語りのプラザ






いつもながらホテルはマリアットでね〜^_^;
遅く入って明日はチェックアウトで他の
ホテルに移動するというのモッタイナクテ
(×_×)

寝るだけだから安いホテルにしてよ〜
と頼むのですがダメダメなんて・・・

会社のカネだろうが自分のカネだろうが
こういうゼータクはしたくないわけで。

ゲイシャ同伴なら別だがね〜♪
なんてジョークを言ってます(^o^)
(ゲイシャという言葉は英語化シテイマス)

独り寝だとサ
「繁栄のなかの孤独である」
てな気分になったちゃうのですよね(^o^)



  


Posted by 市 at 00:16Comments(0)語りのプラザ

2015年03月30日

まずき寿司・・・

市 (2015年03月30日 12:03) │Comments(19)語りのプラザ


キャメロンさんはスシが大好物で
毎週食べにいくのですが、出張の時も
寿司屋にいくことが多いんです。

“ワタシ独身になったからこんどは
日本の嫁さんがほしいもんだな〜♪”

と、もりあがっています(^^)

立候補したい方はこちらに書き込んで
くださいな(^-^)


で、Kumamotoオイスターとかがあって
ラスヴェガスでは美味しかったので
さっそくコチラでも♪

したらモノスゴク辛くて
口に入れたらギャオー\(◎o◎)/!
一発で舌が痺れて(>_<)
メキシコ人の職人だったせいか
アチラのスパイスがドッと入っていて(;。;)

キャメロンさんは怒って皿ごと突き
返しました(@_@;)
したら作り直してくれましたが
やはりマズくてね〜(゜ロ)

そして他の寿司もなんだかゾウキンの
香りがほのかに漂っており
楽しいハズの夕食がメチャメチャ(^◇^;)

ジーンと行ったKotoはウエイトレスも
シェフも日本人なのか日本人で混んでおり
きっちりと美味しかったのですよね。

そーいえばココはガラーン(◎-◎;)

みなさん、アメリカで寿司屋に行く時は
慎重にね (*^_^*)


  


Posted by 市 at 12:03Comments(19)語りのプラザ

2015年03月30日

満射だぶー君♪

市 (2015年03月30日 01:49) │Comments(6)訓練てっぽ


イチローさん。こんにちは。駄武ーです。

クレー射撃のトラップで初めて満射しました。
25枚のお皿を全部やっつけました!!
*\(^o^)/*嬉しくて嬉しくて!!
☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
今までトータルで23枚くらいはあったんですが…

試合ではなくて。
いつになく駐車場も混んでて満車状態でした。
今日、初めてあった方々5人と一緒に撃ちました。

1枚目の初弾を外し二発目で仕留めて…
2枚目も同様で。
二発目ってなかなか当たらないのですが。
なぜか今日は当たって!!

その後、撃ってて15枚くらいだと思いますが…
ミスなくここまで来て満射を意識してきました。
その後は撃つたびに
「早く終われ!まだか?あと何発残ってる?」
と、呪文の様に繰り返して…
そして最後の25枚目…
初弾を外しましたが諦めずに二発目を…
当たりました!!
\(^o^)/

てな感じで満射しました!!
;^_^A
エアーガンのトリガー意識か生きてるかな?
!?(・_・;?

ぶわかもの、のみんなに伝えてたらみんな
おめでとう!!
って。

イチローさんへも報告でした。
m(._.)m

それでは、また!
m(._.)m

よくやったじゃないかダブー君ヽ(^0^)ノ
ワシ、そっちの世界はしらないけど
数回はやらせてもらって満射の難しさは
解っているつもりダヨ(^^)
達成感って素晴らしいしね(^_^)

次も満射でイッテクレたまえ(^。^) う(>_<)
そんときは射撃しているダブー君の
フォトもたのむよん♪

ワシもそろそろカップガンを引き出して
プレイト立射の48発クリーンを目指したいのだけど、今の弱々しいウデマエではカップガンを撃つ資格などないという気がしてね〜(^_^;

もうちょっとはニックガンを馴らし運転しながら練習にはげむことにするよ(^-^)

プレイトも二発撃てればいいのにな〜(^○^)

  


Posted by 市 at 01:49Comments(6)訓練てっぽ

2015年03月30日

アイフォンは愉し♪

市 (2015年03月30日 01:25) │Comments(8)語りのプラザ

アイフォンで撮ることにコッている・・
というか、いつも持っているし
安易に撮れるのでフツーではゼッタイに
撮らない題材も撮って練習できるのが
うれしいのですよね(^^)
とくに肉眼とキャメラのコントラストに
かんする差異は経験によって知ることが
できるので・・・それと、
グラデイション(色や明るさの段階的変化)
の表現力においては、キャメラ(センサー)
の許容量は肉眼にはかなわないので、
この点の感性は常に磨いておく必要が
あるのですよね。

で、
チェックインして自分の部屋に向かうと
通路に夕日が差し込んでいたのでちょっと
鑑賞しました(^-^)


ここは、なんとなく絵になりそうなので
立ち止まってパシャリ・・・う(>_<)ダミダ・・


よぉーし、じゃこういう構図ならどーだ?
そのムカシ、サンフランにある大林建設の
依頼で建築やインテリアフォトを撮っていた
経験があるので(日本ではカシマ建設も)
建造物を撮るのって好きなんですよ。

で、アイフォンで慎重に構図をとっていたら
とつぜんに女性が現れてサ・・(*_*)
あ♪ イイ! ∈^0^∋ パシャ!・・・

彼女はこっちに歩いてきます・・・

“あなたを撮るつもりじゃなかったんですが(^_^;”

と話しかけました。すると、

“ノープロブラムよ、いくらでも私を撮ってよ♪”

彼女はとてもフレンドリーでした♪
日本ではあまりないことですよね。

アメリカ人って自分の権利を強く主張する
ものですが、写真を撮られることに関しては
だいたいにオオラカなんですよね(^^)

自分を撮らないで、と言う人がいると
何か隠し事のある悪い人間か?
と疑る人さえいるんです。

ただし撮る人の人品が怪しいと感じたら
そっこく警察に通報されます(^_^;

ですから自分からワシは話しかけた
わけなんです。すると彼女は、
あ、この人は悪者じゃなさそう♪
と直感してくれたのデス(^-^)

ここで黙って無視していたら、それこそ
「怪しい人物」と見られてもショーがない
ということです。

ところで、日本では社会的地位のある人が
スカートの下から盗撮するといった陰湿な
出来事がよくありますよね、でも、
アメリカでそういうニュースを聞いたこと
ないのですが・・・あるのかなぁ?・・・
どうTucsonちゃん? タクマ?・・・ある?

乗り物の中での痴漢とか、そういう劣情を
みたすだけの事件もあまり聞かないデス。

ただしキツイ強姦はいくらでも(>_<)

でもまあ、アメリカにいる日本人には
日本の悪習をそのまま持ち込んで周囲を
呆れさせる人々も多いですがね(^_^;

  


Posted by 市 at 01:25Comments(8)語りのプラザ

2015年03月29日

シュアファイヤ社のスタジオ

市 (2015年03月29日 13:02) │Comments(2)語りのプラザ


半年に1回くらいはシュア社の大きな工場で
撮影をするのですが、今回は初めて本社にある
アートディパートメント(広告製作部)で仕事を
しました。ここには社員のフォトグラファーや
ディザイナーたちがいてカタログやビデオを
作っているんです。
で、ジーンはここで週に二日間くらい来て
ビデオ製作をしています。シュア社が出して
いる動画のほとんどはジーンの作品です。

“社員になれと言われたけど断ったよ”
“良い仕事をしたかったらフリーでいなさい”
ジーンも父の教えを守っています(^^)


ピンチヒッター市番♪
コンバットタクティクスの表紙撮影に
やってきた父をジーンはかいがいしく
手伝います。彼のボスが、今日はイーチの
撮影を見学だ!・・・と、このフォトを撮って
くれました♪
どっちみちヒトツしかないスタジオを使う
ので、そうするしか・・・(^_^;


この人がフォトグラファーのジョン君。
人柄が良くて、シュアの仕事では助手を
やってくれるので助かります。
ワシも自分のテクを惜しみなく教えます。
ただ、フォトというのはテクを真似でき
るだけではダメで、クリエイターとして
自分のスタイルを確立できないと
ディレクターたちは認めないわけで、
そこんとこが修行のしどころなんです。


イーチがキャメラをのぞいているって
ちょっと珍しいシーンですね(^^)
は〜、こう見えるのかぁ(^o^)と自分でも
見つめてしまいました。

画面の隅々をギロギロッと見回し、被写体が
長四角のフレイム内で鋭い存在感を示す構図
はどのアングルか?・・・と、緊張感をもって
見据えているところですが、どうもそれほどの
感じには見えませんね。
マ、ソンナモンデショーネ(^o^)


タクミに作ってもらった「色変えライト」には
皆さんオロロキ(^o^) フォグ(霧)を吹いて
みせたらオオオー\(^O^)/と歓声が(^○^)
あ、このフォトはサカサですね〜(◎-◎;)


シュアファイヤの皆さんが協力してくれた
のでスムースに撮影できました〜(^。^)
この拳銃を撮影デース♪


社員400人からを抱えるシュア社の
オーナー社長とは長いつきあいです。
はじめは取材かなにかで行き、
“よかったらロウライト トレイニングに
招待するがね・・・” と誘われ、メイナード訓練
に参加、目からウロコがハラハラと落ち(^^)
それっきり社長の友人に・・(^○^)

“イーチはカイチューデントーの撮影なんて
したくないだろね〜”

“いや〜、退屈で難しいサブジェクトなので
イッショケンメに撮ってみるよ〜”

と、そんなことから仕事をもらいましたよ
(*^_^*)

ジョン社長は、まったく気さくでイバルなんて
ことはゼロで、根っからのエンジニアでいつも
未来のプロダクツに心を投入しています。
研究が生き甲斐という人なので気が合います♪
今回も機密のプロトを見せてくれましたが
生き残るためのアイディアをひねり出すのって
困難だけど面白いな〜とつくづく感じました。


  


Posted by 市 at 13:02Comments(2)語りのプラザ

2015年03月29日

文武両道

市 (2015年03月29日 02:02) │Comments(1)語りのプラザ
イチローさん、オハこんばんわ!
差別ですね・・・。
ちょっと違った視点ですが、私は学校でず~っと差別されていました。小さい頃から体が小さく、成人になっても身長159cmでした。 学校では運動能力がどうしても劣り、当時からいじめの対象でした。人は自分と違う(特に劣る)ものを見つけ出し、自分の優越感に喜びを見つけるようです。私はたまたまであった担任の先生達が良い人で、自殺にまでは至りませんでした。 もう一つ、自分に課題を出しました。身体を徹底的に鍛える、です。そのおかげで高校では1人で5人を退ける事ができました。 日本人と言うのは島国で単一民族で育つ。ところが同じ遺伝子を多く持つのにやはり差別が生まれてしまう。悲しいことです。
イチローさんの「嫉妬ネラー」も同じようではないでしょうか。 イチローさんはアメリカに渡り成功してジョブにも恵まれ、生活もハッピーであるのに何故自分は違うんだ。許せない。と言ったような感覚があるのでは。 もう一つ、日本人は白人コンプレックスが多いです。自分でオートバイ屋をやっていたおかげで沢山の外国人のお客様、それを乗り越えて友達、ができました。もちろん日本には多くの外国人が居ます。見ていると 「白人には媚びる。黒人は怖い。インド、中東、日本人以外の黄色人種は自分たちより下だ」 そのような感覚がとてもよく見て取れます。これも悲しいかな、事実です。 最後に1番仲が良く、毎日遊びに来ていたカナダ人の友達が言っていたこと。
「ヒロシ、あのな女は日本人が世界一なんだぞ!確かに白人にも良い女は居る。でもな、たまに物凄く臭いんだ。でも日本人は絶対そんなことはない!内面も良い。とにかくヒロシ、彼女は日本人にするんだぞ!」
TROOPER(村野 浩)

ケンカに強ければイジメに遭わない!!

とワシが悟ったのは小学校3年のとき、
鹿児島から佐世保に引っ越しした時でした。

近所の子たち、クラスの生徒たちは
ちょっかい出してきました。
いじめる機会を狙っているように感じて
不安でした。
鹿児島でもそうでしたが、弱い者とみると
よってたかってイジメルというのが
子供世界なのだと心に刻まれたのです。

「強かオトナになれ」

母親からは、そう教えられて
いました。。

ある朝、共同便所の通路で用をたして
きたばかりの近所の子と鉢合わせと
なりました。ワシより大きめの子です。
いきなり組み付いて来ました。
ワシは相手の脇の下に右手を入れて
力いっぱい左に押しました。すると
彼は意外にも軽く浮いてドサリと壁際に
倒れました。
終始無言の瞬く間の勝負。
これが佐世保における初戦でした。

そして、その日の夕方・・・
子ども達が集まっているのを遠くから
観ていたら朝の子が他の仲間をつれて
近寄ってきました、そして・・

“コレは強かど〜”

と、皆に紹介してくれたのです。
そして瞬く間に仲間に入れてもらえ
その子の家にも上がり込むようになり
チャンバラも強かったのでガキ大将への
道をつきすすむことができました。

「人間は、強い者に媚びて、弱い者には
たかるものだ」

と、いうことをワシは子供の頃から
身体で覚えていたのです。

そして、大人の世界は もっとそれが
熾烈なんだということを徐々に解り
ながら育ちました。

ランディーが4歳くらいになった頃でしたか、
“スクールに行くとイジメル子たちがいるので
カラテを習いなさい、そして弱い子たちを
守ってあげなさい・・・”
と言って道場に通わせました。

日本人は米国では小柄なのでイジメ対象に
なりやすいわけで・・・

ところがランディーはスクスクと大きくなって
大柄で、ケンカはもちろん強くなり、学校の
弱い子達はランディーのもとに集まり、
不良グループは
“ランディーとはファックするな” という
オフレをだしていました。
(父親は射撃とナイフの名人でオソロシイ奴
だというウワサもあって(^o^))

そうそう、ランディーの父とボクシングを
したいという高校生が親たちを連れて来て、
そいついきなり右の大ぶりスィングで
きたのでダックでかわしたらひっくり返って
どういうわけか顔を地面に叩きつけて
鼻血ダラダラとなって勝負アリとなり
「触れもしないで勝った」という
ウワサがオオゲサにつたわり(^0^;)

と、いうわけで、
「ケンカ強ければ七難隠す」とまでは
言えませんが三難くらいは隠すのだとワシは
想っています。

日本で昔から言われている「文武両道」と
いう言葉は、

「学問をよく学び、暴力で来られ
ても、これを制するチカラも備える」

という意味ですが、これを我が家の家風に
したいと常々考えているのです。

と、そういうわけで、ケンシロとジュンには
ブラジリアン柔術の道場に通わせています。

人が差別意識をもっているのはかまわない、
だが、それを顔に出して実行されるのは困る。
と想うわけで、それを抑える方法といえば
文武両道の精神なんだと想うのですよね。



  


Posted by 市 at 02:02Comments(1)語りのプラザ

2015年03月28日

とっくん中

市 (2015年03月28日 00:12) │Comments(1)語りのプラザ


今朝のスペル訓練デス(^^)

ワシが読んでケンシが書きます。
あ、ヒトツ違っている(^_^;

毎日15のワードを教えたいです。
その心は「単語15」\(^O^)/
(サンゴジューゴ)

わー(^_^; 小2なのにムズカシー(◎-◎;)
ワシなんかとっくに忘れて書けませんワ。

学習をおしつけることはしないのですが
本人にヤル気があるので手伝います。

どこかの分野でイッパシの人間になれたら
差別も受けにくくなりますからね(^-^)
市  


Posted by 市 at 00:12Comments(1)語りのプラザ

2015年03月27日

ユーはミーを嫌いか?・・・

市 (2015年03月27日 22:55) │Comments(6)語りのプラザ
イチローさん、お疲れ様ですmightyshrikesです。
先にも書いた事なんですが水曜日のニュースアンカー(最終週)で青山しげはる先生が西海岸で日系の子供たちへのイヤガラセが横行していると危惧しておられました。 そのとき青山先生がおっしゃっていたのはコリア系の少年が先の大戦の事を引き合いに出して日系の子に因縁を付けツバを吐きかけたとの事でした。 それはそれはシッコイ嫌がらせだったようです。 似たような事はチャイナ系からも行なわれているとの事です、青山先生は根拠の無い事はおっしゃらない方ですので現地の御父兄の方々からウラをとっての発表でした。 ですので今後、お子様たちの事は慎重に見てあげて下さい。 海の向こうの同胞たちが言われ無き差別を受けるのはとにかく納得がいかないのです。 なにより悲しい思いをしていないか心配でなりません。 それでは、また。
mightyshrikes

そういったような事態があり得ると
想うので心構えをしています。
ワシの場合 アメリカでは日本人でさえ
気をつけて観察しないと嫉妬深くて
アコギなヒトが多いので・・・

で、そのムカシ、サンフランスィスコ
に引っ越しをしてミンゲイヤという
レストランで天ぷらを揚げていたころ
(イーストウッドさんも来た(^^)
そこのウエイトレスやキッチンの
メンバー約20ほどは東洋人のルツボ
でした。
オーナーは白人、奥さんは日系二世で
シャブシャブ料理がウリでした。
ワーカーたちは日本人、チャイニーズ、
ヴェトナム人、韓国人などがおもでした。

あるとき、天ぷらがヒマになったので
新米の皿洗いをヘルプしに行きました。

“手伝いますね・・・”

ちょっと孤独なタイプで無口だったので
日本人だと想って日本語で・・・

“アイアム コリアン・・・”

“オー、ジャパニーズだと想った・・・”

“ユーはコリアンだと想っていた・・・”

“チャイニーズはミーのこと日本人としては
出来すぎだと言うよ(^o^)”

“アイドンライク ジャパニーズ・・・”

“オー・・・ホワイ?・・・”

“コリアを支配した・・・”

“じゃミーのことキライか?”

“・・・・・・・・・”

“ユードン ライクミー?・・・
ビコース アイアム ジャパニーズ?”

“・・・・・・・”

“ミーが生まれたのは1943年だ、
戦争の最中だった・・・ミーがコリア
を支配したのではないよ・・・”

“・・・・・・・・・・・”

“それでもミーがキライか?”

“・・・・・・・”
黙々と皿を洗い続けています。
でも、テゴタエがあった(^^)

“ミーはワケあってジャパンを去り
ここでチープな仕事をしている・・・
ユーもなにかの理由でアメリカに
来ているんだろ?・・・だいたいね、
ここはジャパニーズレストランなのに
ジャパニーズがキライならどうして
ここで働くの? ここらにはコリアンの
レストランがいっぱいあるだろ?・・・
どーしてソッチで仕事しないの?”

じっさい、民芸屋には3人のコリアンが
働いており、彼ら同士は仲良しでない
ことを市は見抜いていた。
その頃、市の妻は音楽学校に通っており
そこのディレクターはコリアンで、彼は
美術が大好きで日本語を話し、家族
ぐるみの親友となっていた。
そのキムさんからコリアンにある
複雑な感情についての説明をうけて
市は知っていたノデアル。

“・・・・・・・・”

“ユーノー(あのね)・・・ユーとミーは
なにかの縁でアメリカで出逢ったんだ・・・
ここでケンカするこたないだろ?
ここじゃコリアンもジャパニーズも
チャイニーズもないだろよ・・・
それともユーはいつまでもミーを
キライでいるつもりかい?・・・”

“・・・・・・・・・”
彼は寡黙なままだった。

そして仕事が終わり、着替えをするとき
彼はオペラの一節を歌い出した。
哀愁のある一曲、それも本格的な
発声でみんながおどろいた。
オーナーもびっくりした。

(はははは(^^)反省してるな)
と、市は内心うれしかった。

そして翌日、彼はワシの顔をまっすぐ
に見つめた。晴れやかに笑った。
心が吹っ切れたのが一目瞭然だった♪
その後、市の近くにいて嬉々として
仕事をした。

でも、けっして自分が間違っていたとは
言わなかった。
市もけして追求などしなかった。

コリアンたちは働き者で、じっさいの
ところ日本人なみの熱心さで仕事を
していた。

“イーチ、ユーノー、なんでヴェトナム人
ってあんなに仕事がのろいんだかね〜”

と、コリアンたちは笑っていた。

“なんでアンタラそんなに働くんだ?”
とヴェトナム人たちも笑っていた。

・・・と、いうようなことが
ありましたよ(^-^)

くわしく書くと面白いのですが、
なかなか時間がとれないのデス(^_^;

コリアンの美意識は日本人と似ており、
相通じる部分は多々だと感じています。
なので、いつかはきっと日韓は仲良く
なるとワシは予測しているんですよね。

そうそう、ランディーが小学校のとき
コリアンの子と仲良しになってウチに
つれて来ました。
いったいどんな親だろう・・・?
ワシは気をつけていましたよ。
コリアンによっては一方的に恨んで
くることがあるからです。
すると、あるとき、ウチにランクルが
停まっていました。親のクルマでした。

あ、このコリアンは日本嫌いではないな♪
ワシは安心しました。

日本車に乗っているコリアンだと
安心して近づけるんですよ。
日本嫌いかどうかの目安なんです。

キャリフォニア州にはコリアンが
やっている寿司屋がものすごく多いの
ですよね〜・・・そこのオカミさんが
トヨタのミニヴァンに乗っていたりする
のを観ると、日韓の未来は暗くはないナ、
と感じますね〜(^o^)

ただ、韓国経済の先行きが心配で、だんだん
中国共産党に吸い寄せられているパクネさん
のやり方に不安はありますね〜(^_^;

と、ここではコリアンとの良い想い出を
かたりました。
でもロサンジェルスのコリアンタウンに
行ってコワイ目に遭ったという日本人も
いました。

どういう相手と出会うのか・・・
これはもう運の巡り合わせとしか
言いようがないですね。

どこの国の人と出逢うかというのが
問題なのではなく、
どんな人格の人間と出逢うかという
ことが重要なんだと想いません?・・・

身の回りでおこっている些細な事などを観察し、隣り近所で起こっていることを見聞し、自国や他国で起こっていることを知り、世界の動勢を学び、総合しながら物事を大局的に観ることを忘れてはイケマセン、、と、いつも自戒しています。

人と人との出逢いで展開するドラマ。
これが人生である。
イーチェ
  


Posted by 市 at 22:55Comments(6)語りのプラザ

2015年03月27日

差別がもとで国外に引っ越し・・・

市 (2015年03月27日 14:03) │Comments(3)語りのプラザ
これは最近聞いた話ですが、
中国人の子どもが学校でいじめられ・・・
このごろアメリカではチャイナとの
もめごとニュースが流れていますし・・・

その子は怒ってナイフを学校に持ち込み、
それをうっかり見せてしまい・・・

くわしいことまでは聞けませんでしたが
いっそうイジメられて 親はとうとう外国に
引っ越すことにして実行したのだそうです。

いままでは差別もなにもなくても
ひょっとしたことで東洋人は差別されると
いうオソレはなくもないわけで・・・

民族の違い、宗教の違い、価値観の違い、、
これらはフとしたことで摩擦熱が出やすい
のでワシはいつも慎重なんです。



  


Posted by 市 at 14:03Comments(3)語りのプラザ

2015年03月27日

息子のジーン

市 (2015年03月27日 12:47) │Comments(9)語りのプラザ


高速道路内にある休憩所には自販機がならんでいますが、お〜いお茶もウーロン茶もありません(^_^;
あるのはエタイのしれないマズソウなものばかり(×_×)


ここはベイカースフィールドの先にある広い広い特大休憩所デス(^^)ここはもうスタバもマクドーもパンダもなんもかもアリ、、でも日本食はないのですよね〜(>_<)


今回もまたタクマのいるサンタモニカを黙って通過(^0^;)スマンねタクマ・・・
とにかくここはいつも混んでいてイヤなんだな〜^_^;


息子のジーンがシュアでパートの仕事をしているので呼び出してまず食事♪
Kotoという寿司屋さんでチラシを食べました♪
ここのは美味しいです(^^)


“ダダ、新車かったよ♪”
“おおう(^o^)よかったな〜・・で、どこのクルマだい?”
“マツダの新型なんだよ、すごくいいよ(^-^)”
“ほんならちょっと乗せてナ・・・”

なるほど、素晴らしいクルマです(^_^)
なにより嬉しいのはジーンが自力で生きており、新車をゲットできるほどの分厚いサイフを持っていることです(^o^)
スネかじりのドラ息子は持ちたくないですからね(∩.∩)

  


Posted by 市 at 12:47Comments(9)語りのプラザ

2015年03月27日

必然的差別も・・・

市 (2015年03月27日 01:05) │Comments(0)語りのプラザ
イチローさん。おやっとさーです。カゴンマはもう桜が満開を過ぎ葉桜になりつつあります。
意外や意外、イチローさんが差別のお話ですねー。イチローさんはいつも分け隔てなくどなたに対しても平等にお付き合いをしていらっしゃるのを見てきましたので、少し驚きと、何かあったのかな?勘ぐってしまいます。 自分も以前、アメリカや中国で何度か人種差別に近い事も経験しました。一度はイチローさんと二人きりでShotShowブースを回っている時に、あるブースのスタッフに明らかにアジア人二人が何しに来たんだと言う様な態度を取られた事がありましたよね。 その時にプレスカードのイチローさんのフルネームを見て態度がコロッと変わって、慌ててマネージャーを呼びに行っていた事が思い出されます。イチローさんは気にしていないようでしたが、自分はこれがアメリカの一部分を垣間見たようでよく覚えています。ああっ、機会がありましたらまたイチローさんとブース周りをしたいものです。
喜多長


ショットショウで東洋人がキャメラを
持っているとオンダサレルという事態が
起こって久しいのですが、
それには理由があるんです。

カンタンに言えば、あそこにいけば新型銃
がいくらでも展示されているので
写真を撮って次々と許可もなくエアガン化
して大モウケしている会社があるので
本物メイカーたちがモノスゴク怒って
撮影禁止令を出しているのですよ。

スコープや付属品などなどもコピーされて
被害は大きいため、なかには東洋人が
カタログを集めていたらトリアゲルという
事態も起きてましてね〜(>_<)

“あっ! 東洋人が二人で(-_^:)・・・キャメラ持ってる! さてはこいつらがウワサのコピー屋だなぁ(-_-;)ようし、オレが追っ払ってやるゾ(`ヘ´)おいっこらぁ!!!・・・あっっ!!!??ナガタ様では??(◎-◎;)・・・こりゃまたシツレイ(^0^;)しましたぁ〜スミマセーン

と、こうゆうことがヒンパツしているのデス。

このために、コピー屋でもない無実の東洋人
の大勢がメイワクをこうむっています。

人を見たら泥棒と想え
東洋人はアイディア泥棒だと想え
とにかくみんな追っ払え

と、このような差別が必然的に
うまれてきたわけで・・・

ところで・・・・
40年ばかし前にサンフランの
ジェトロの事務所で日本人がアメリカに
渡りだした記録などの文献を読んでいた
のですが、咸臨丸(カンリン丸という船)が
サンフランに到着したとき当時の新聞に
こう書かれていましたよ、、

「日本人は中国人と見かけは同じであるが
とても礼儀正しくて信用できる民族である」

西部開拓の時代、アメリカでは鉄道工事などの労働者が必要となり、チャイナから「美国」を目指し(米国のことを中国ではそう書くそうです)大挙して移り住んだわけで、そうなると当然ながら教養のない中国人が多く、その印象が米国内に広がっていたわけですね。
一方、カンリン丸には、日本で厳重に人選されたサムライたちが乗っていたために「日本人は立派な国民だ」という印象があったのでしょう。

ですからね、
ナニナニ国の人々はコウなんだとか
決めつけるのは愚か者のやることで、
その固定観念がもとで誤解やら人種差別が
出てくるのですよね。

人々って、自分の町や村や地区でスポーツの
出来る者がいれば、隣りの地区の選手をやっつける
ことに応援し、自分の地区をやっつけた選手が
県大会に出ると、自分の県なので応援し、
国を代表して他国と対戦するとなると日本中が
もりあがって盛大に応援するという傾向にあります。

その結果、私感を入れずに試合の内容を鑑賞すると
いったことなど出来なくなり、相手がトチルと
狂喜乱舞し、自国が負けるとゲンナリしてしまう
わけで・・・・・
こういった自分をよく見つめ、自己分析し、
こういう自分って愚かでよくないナ・・・

・・・と、ダイマツ監督の率いるニチボウが
勝利したバレーを観て大興奮したあと、
ワシは反省しましたよ。

巨人が勝つと大喜び、阪神が負けると
機嫌が悪くなる・・・
そういったファン心理のある人たちは
自分の心をよく見つめ、いったん反省したり
考え直して自己改革につとめることで
大きく成長できる、、
と想うのですよね(^^)

ワシは、自分の判断や理解力は幼稚だなぁ・・・
ということを見つめながら暮らしているんですよ。
今も毎日のように5m上から自分自身を観て、
ナッチョラン、ダミだこりゃ、直せ直せ・・・
とシッタゲキゲキレイレイしています(^-^)

で、内心では、この態度があるかぎりは
救いはあるハズだ・・・と考えています。

自分は立派だ!! 正しいのだ!!
と信じている人は、成長が止まっている
ことは確かですよ(^-^)

だってさ、世の中にはさ、
完全に立派な人とかさ、カンペキに正しい
人とかさ、、そんなヒトいないじゃんか(^^)

でもさ、物事をキッパリと断固として
決定しなければならない事って連続して
起こるよね?・・・
そういう時のためにも、自分の愚かさを
熟知したうえでやるのと、知ったかぶりで
決めるのとでは失敗の確率に影響が出るん
だよね。

イチロー兄より。←で、出たー(^◇^)(^○^)

  


Posted by 市 at 01:05Comments(0)語りのプラザ

2015年03月26日

ランドクルーザーで・・・

市 (2015年03月26日 14:20) │Comments(0)語りのプラザ


ウチからシュアファイヤ社までは480km
ばかしあります。約6時間のドライヴ。
この距離走ってすぐに撮影・・(;。;)
チョットツライヨ・・・

しかたない、疲れにくいランクルでいこう。

乗り心地バツグンのランクルなら
こういう仕事に対応できるのです(^^)

しかし今どき、こーゆーギャスを食うクルマ
は乗っていてギルティー(罪アリ)に感じます^_^;

でも妻子供をのせるには鎧戸の部屋のように
安全感がありましてね(^-^)
たまに借りると、その良さに感動します♪

  


Posted by 市 at 14:20Comments(0)語りのプラザ

2015年03月26日

タンクコーヒー車

市 (2015年03月26日 13:57) │Comments(0)語りのプラザ


♪どぉこまぁーでも ゆこぉうぉ〜・・
道わーケワシクナイー♪・・・

と、走っています(^^)

“明日2時にロサンジェルスに来い、
5時までにコンバットタクティクスの
表紙を一発撮るように・・・翌日からの
予定は追って指示を出す・・・”

そーゆー電話が・・(◎-◎;)

え? もう家に戻ってイルンダロ?
ですってぇ〜(^0^;)

あ・・・そうカングラレルとこちらとしても
まあなんですか門司に行くようにモジモジ
してしまいますね〜(^_^;

それにしてもコレ、タンクコーヒー車かな?
あ〜珈琲のみたくなっちャぃますた(^o^)
市  


Posted by 市 at 13:57Comments(0)語りのプラザ

2015年03月25日

リトル ジャイアント

市 (2015年03月25日 14:53) │Comments(4)語りのプラザ


今晩おはよう(^^)

ケンシローはクラスで一番小さくてね〜

だから頭脳で勝負するんだよ、
リトル ジャイアントになるんだ!!

と力づけています。

したら2学年のスペルコンテストで1位
となり、学校対抗選手権に出ることと
なりました。
ま、漢字の書き取り大会みたいなものです。

オヤジは英語ヘタクソなのにね〜(^○^)

なのでヒマをみては手伝っています(^_^;

本人は闘志満々、しかしナナツの学校と
なると強敵はいくらでもいるかと・・・

チャレンジの喜びと苦しみと悲しさを
教える絶好の機会だと楽しみなんです。

喜怒哀楽が人生ですからね(^^)
市  


Posted by 市 at 14:53Comments(4)語りのプラザ

2015年03月24日

失格戦闘員

市 (2015年03月24日 07:21) │Comments(14)訓練
イチローさん お久しぶりです!(毎回同じ文句で申し訳ありません。m(_ _)m) 僕も昨年、異動し係業務をやってますと忙しくて……。 あと、問題が多くて大変です。 さて、その問題の一つに『射撃』が有りましてお伺いします。 単刀直入に申します。年間で1発も撃っていないのは戦闘員として失格ですか?
Guchitan



はい、年間一発も撃たない人でも
戦闘員の肩書きはキープできます。
指揮官によっては失格だなんて
まったく想わないでしょう。

戦いには精神力さえあれば負ける
ことはない、という人がいます。

それって練習しないでスポーツ大会に
臨むのと同じで、技術力なくして
戦いに勝てるわけもなく(>_<)

こんな事実は子供でも知っていることですが、陸自の上官たちはなかなか認めないという不思議な現象があります。

きっと戦闘になったら進め〜!! と命令して
203高地のような戦いをするつもりでしょうね。

射撃の一発は剣の素振り1本!!
年間1万1千発でまあまあかと。
できたら3万発が望ましいです。

特殊部隊なら初年度で10万発くらい
撃たないと射撃というものは見えない
と想います。

日本人にはそれがなかなか解らない
というハガユイものがあります。

では、短刀直入におこたえします。

「失格ではないです、ただ初戦で殺され
るだけのことです」

  


Posted by 市 at 07:21Comments(14)訓練

2015年03月23日

人種差別なのか個人差別なのか?

市 (2015年03月23日 16:27) │Comments(9)語りのプラザ
白人も黒人も100%アジア人に差別意識を持ってますね。
もっとはっきりと海外で(特にアジア圏以外)アジア人は差別されてると、これから海外へ出られる方に教えてから、日本を出られるようにして欲しいものです。笑顔でバカにされてるのに笑顔でイエスイエス言ってる同胞は見るに耐えません。 現地の言葉を理解すればする程、差別されてる意識は強くなります。 ですので、もう海外には行きたくありません。 イチローさんのように永住されてる方のハートの強さは尊敬します。 しかしながら、自分はもとより、ご家族までもが差別被害に遭われている現実をどのように受け止め、更にその地に住み続ける事は辛くはございませんか? 実の父親と親子二代でイチロー写真を拝見しております。私にも、2人子供が出来ました。子を持って初めて生まれた感覚です。 父親も、私の渡米永住を反対しました。当時23歳、二回目のイラク戦が始まった時、グリーンカードを求め、入隊を考えました。英語力、体力は充分でした。
…現在私は35歳、父の考えも理解できるようになりましたが、逆に永住された方の差別への思いが聞きたくなった次第です。
by その通りです。

市より、
ワシは戦後の貧しい時代に育ったので
日本人同士でも激しく差別しあうのを
観ながら成長しました。
人間は「自分が一番素晴らしい存在だ」と
それぞれに想いながら暮らしているのだと
感じ、そういうものだと信じていました。

なので、米国にいけば東洋のサルだと
想われることは想定内でした(^o^)

それとワシはセルフイメイジが低いので
差別されても怒らないのです。
人間のサガにたいしていちいち怒るのも
バカらしいのですよね(^o^)

ワシって、自分は浜の砂粒にすぎない存在
なんだと信じているんです。
そしてどんなカネモチや偉人も人間で
あるかぎりは砂粒であり、他の動物より
も偉大なのだという考えも持てないのです。

とくにコンプレックスもないせいか
言いたいことをズケズケと言いますし、
アイソ笑いもしませんし、自分を保つ
ことができているんです(^^)

ワシはこういう性格なのでイヤだったら
ドーゾつきあわんでくれ(^^)
といつもそーいう態度なんです。

すると、どういうわけかアメリカ人とは
日本人よりもつきあいやすくて(^^)

優越感を持っていても、それを表面に
ださなければオツキアイします。
どんな人でも実害が及ばないようなら
オットリと構えていられるのです。

KKK団のメンバーと仲良くなって
ケイプを着たところを撮影してくれ
ないか、と頼まれたこともありますよ。

クークラックスクランて ご存じ
ですよね?

ポリスからあいつはKKKだ、と聞いたので
近寄っていき「ハーイ♪」と挨拶したんです。

したら、
オレはクークラックスの団員なんだが
ユーはフォトグラファーか?
と言うので、
イエス、ユーはジャップ嫌いだろ?
と聞きました。すると・・
いや〜、インファクト(実のところ)オレは
そんなことないんだよ(^_^;

と、人なつっこいのです(^o^)
心も弱そうだし、体力もなさそうだし、殴り
合ったらゼッタイに勝てると想いましたよ。
(^o^)

で、マント着たところ撮ってくれないかな?
と聞くので、
うん、考えておくよ・・・
と、応えて・・・内心「撮りたいっ!」と(^◇^)

そこでポリス(一緒に訓練してた)にそのことを
言うとみんな大笑いしてね〜∈^0^∋

で、相手にするな、
と言われたのでホッときました。
惜しいチャンスでしたよ(^-^)

いつもザックバランで背広もネクタイも
持っていなくて、パーティーや人混みは
きらいで。正装しなければならない
集まりはすべて断り(^○^)
どこの社長に会うにも普段着で行きます。
(それでイヤな顔する人はいませんが)
服装にこだわるような社長から仕事を
もらう気などサラサラなくてね〜(^o^)

で、アメリカって、これでフツーに
やっていけるんですよ♪

アーティストは楽な服装をするもんだ、
というイメイジも米国にはありますし(^^)

とにかく、日本でカタクルシク育ったワシ
にとってアメリカは水を得たサカナ状態
なわけなんです(∩.∩)

ただ、アメリカは人間の質に大きな落差が
あるので相手を選ぶひつようがあります。

良い人はモノスゴク良く、悪いヤツは
想像を絶するほど・・・といっても
このごろ日本でも信じられないような
殺人がアチコチでありますよね(>_<)

で、人種差別だ〜!!!
とワメイテいる人の場合、よくよく観察
するに、ソヤツが害のある人間なために
敬遠されている場合がかなりあるんです。
人種の差別よりさきに「個人差別」とか
「人格差別」の場合があるので日本の報道
などをけして鵜呑みにしてはいけませんよ。

ただ、ワシの場合は家族を守るということに
関してはけっこう気をつかいます。
とくに子ども達の様子はいつも注意深く観て
おり、学校が好きかどうかはいつもチェック
しています。
もしも学校に行きたくないと言ったら原因を
さぐり、場合によってはすぐに休ませ、
解決が難しいとなったらナナに
ホームスクールをやってもらうことに
しています。
アメリカではホームスクールが多いのですよ。
そのためのスィステムもできています。
今はインターネットで学習できますしね。

で、いろいろと子ども間でもめごとは
あるようですが、朝はいつもイソイソと
出かけていきます。とても楽しいそうで♪

そして、ナナと暮らしはじめて以来、
彼女は人種差別を感じたことは一度も
ないそうです。ボランティアで学校の
手伝いや野球部のヘルプなど活発にやって
いますが、日本人だからどうこうなった
ことはまったくないそうです。

これがジョージアあたりだとかなり
違うのですが、キャリフォニア州は
アジア人が多くて、差別にたいしても
法律がキビシイですし、そんな状態が
長く続いているので成長した若者たちは
親たちがナンダカンダと差別的な発言を
してもバカにするという風潮もあって・・・

ほんとキャリフォニア州は、かなり
進んでいると感じます。

思いつくままに乱雑に書きましたが、
アメリカの状況を正確に伝えるには
一冊の本くらいのボリュームになります。

まずは、多種多様でいちがいには言えない
のだというところからはじめましょう。
では、また!(^^)!

  


Posted by 市 at 16:27Comments(9)語りのプラザ

2015年03月23日

家族を守るための訓練

市 (2015年03月23日 00:47) │Comments(3)語りのプラザ訓練


“ここからあそこまで周囲を見回しながら
歩き、ブザーがなったら速射すること・・”

“(?_?)エ?(゜◇゜)ガーン・・もう、ですか?”

戦闘射撃の訓練をするときは、明確な状況
を設定して行わないと時間とタマの無駄に
なるんです。
ここでは犯人が自宅に侵入し、自分の妻や
子供たちと離ればなれになってしまった
ので命をかけて「サーチ&デストロイ」を
敢行する、という設定です。
マインドセットが要求される射撃です。
これは、CCW保持者にとって最も大切な
テクニックだと想うんですよ。

もちろん、家族がヒトツの部屋にまとまって
いるときは、押し入れなどに後退しドアに
銃口を向けながら「アンブッシュ」の体勢
をとって警察に電話します。

これはガンハンドリングができていないと
なかなかやらすことが出来ないのですが、
実は、コースの設定次第でハンドリング
のミスをだしにくいのと、出しやすいのが
あるのです。
上級になるほど「ヒッカケ」のある
トリッキーな設定をしますが、初心者でも
安全にできる方法があるのですよ。

ワシの訓練には決まったメニューは
なくて、そのときの生徒の技量を見て
安全となれば、すぐに点から点へ移動を
して撃たせ、そのときのハンドリングが
よかったらすぐに歩き撃ちをさせるの
です。
早くからそれをやらないとガッツリと
構えた撃ち方に固着してしまい対応性や
柔軟性を欠いてしまうと想うのです。

この人、大きなスーバーマーケットの
経営者だそうです。ナナいわく地元の
有名人で新聞にのっていたそうです。

で、射撃は ほとんどシロート・・・
なのにすごくサマになっています♪
とにかく呑み込みが早いです。


この女性、歯医者さんの中でトップの
優秀な助手なのだそうです。
射撃が好きで、毎週ダンナと2人で
パブリックレンジに通っているそうです。

こういう射撃をやりたくてタマラナカッタ
と言ってましたよ♪

彼女も基礎ができているので
安心していられます。


  


Posted by 市 at 00:47Comments(3)語りのプラザ訓練