最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド
※カテゴリー別のRSSです

2017年02月05日

陸自スナイパーの曙

市 (2017年02月05日 05:05) │Comments(28)自衛隊訓練
イチロー様 おはこんばんは。
練習お疲れ様です。 ブログの話題とは関係ない?かも知れませんが今日の産経に、こんな記事を見つけたものですから(【防衛最前線(90)】 あの国の特殊部隊を迎え撃つ、世界一の陸自スナイパーが手に握る「対人狙撃銃」)・・・・。 状況は違っても、引き金を引くことの「意識や覚悟」はとても大きな比重を占めることなのでしょうね。 続き、楽しみにしております。 *入力禁止の単語が含まれていますと、リンクが張れませんでしたー。記事タイトルだけですいません・・・。
まっくふみ

http://www.sankei.com/premium/news/161005/prm1610050003-n1.html

この記事のことですね?



そのムカシのこと・・・
自衛隊でライフルと拳銃のハンドリングを教えていたころ、日本を守るためにはスナイパーティームの結成が必要だとイチローさんは力説していました。FBIのスナイパースクールなどで訓練を受けたイチローさんは、狙撃手のサポートなしでは戦闘部隊は成り立たないということを解っていたのです。

そんなおり、佐世保の部隊にM24が送られてきたのです。

「イチローさん、狙撃銃が来てるのですが、どう扱えばいいのか解らなくて しまい込んだままになっています・・・」
と、中隊長が言いました。

「じゃ陸幕から狙撃教官が来るでしょう・・・」

「いいえ、自衛隊には狙撃を教える隊員はいません」

「そんなむちゃな!! 教官もいないのに狙撃銃を配っているのですか?・・・」

「はい、まったくそうなんです」

「そうですか・・・じゃみなさんで撃ってみたらいいですよ」

「・・・はあ・・・でも射撃許可が出るかどうか・・・だいいちタマがないのですよ・・・」

「タマは64式のを使えばいいじゃないですか・・・あのタマは正規のNATO弾よりも火薬が減らしてあるそうですが、それでゼロをとっておいて、正規のタマが来たらゼロをやり直せばいいですからね・・・」

「いや〜!! とんでもありません!! そんな許可なんて出ませんよ・・・」

と、そんなストーリーがあって二見司令官と語り合っていたわけですが、ここが二見さんの素晴らしいところ!!

「イチローさん、そんならウチで狙撃訓練をやってくださいますか?」

民間の皆さん、、とくに市ブログの読者なら、こんな提案なんてアッタリマエで、やらないやつはバカ・・・と想うことでしょうが、現実の自衛隊は自分の昇進を妨げる可能性のある冒険は『禁』なのです。

そのころ陸幕で「狙撃を始めたい」と言った自衛官がいたそうですが「ゴルゴにかぶれてるんか? ウチにはマニヤはいらないんだよ!!」と上官は言ったそうです。
はっきり言って、自衛隊のオエライさんたちのマインドは203高地や硫黄島での死守を美化したまま継承しているのだとイチローさんは想っています。

ともあれ、保身競争に明け暮れる自衛隊の幹部たちですが、でも、中には「国防とは何か」を真剣に考えている幹部も意外とたくさん存在します。

そのなかでも突出した司令官が二見さんでした。
小倉軍の軍曹たちは二見さんのことを「殿」と呼んでいました。
部下に慕われている連隊長って、なかなかそうはいません。
おべっかは使う陸曹たちですが、彼らは中隊長や連隊長の保身度を鋭く見抜いているのです。

さて、
この「殿」の号令で、これまたヤル気のカタマリのような三科長が全力で動き、自衛隊初の狙撃訓練が始まりました。
インストラクターを務めるのはイチローさんです。
珍しい訓練とあって様々な部隊や幹部が集まりました。

講習の内容は、きわめて初歩的なものでした。
M24という狙撃銃の特徴と操作方法、構えかた、トゥリガーの引き方などなどです。

それにギリーについて、移動のしかた、その訓練方法・・・

M24の数は足りなかったので、89式にスナイパースコープを搭載しての講習も盛り込みました。

デカクくて重い狙撃銃よりも、現実的に役立つのは「ライトスナイパーライフル」・・つまり普通のアソルトライフルに高倍率のスコープを搭載することによって300m先のヘッドショットは可能だということをFBI訓練でイチローさんは証明しており、小隊で幾人かがこれを携行することで、その戦闘力は格段に上がるという構想をもっていたのです。

そしてラストに行った実射訓練は「フォーリング ブレイト」でした。
そう、ビアンキカップで使う、あの8インチの6枚プレイトです。
これに長さ100mの綱を付けて引き起こせるものかどうかの実験を三科長にお願いしたところ、成功したとのこと。
粉雪の降る中、プレイト6枚を誰が早く倒せるかの競争となりました。
スコープの調整が出来ていないグループもありましたが、どの隊員も上手だと感じました。
ちなみに1等だった隊員のタイムは8秒ほどでした。

「画期的な訓練です!!!」
と、空挺団からきた戦闘教官が目を輝かしていました。

まあ、こまかいところはハショらせていただきますが・・・

その時、質疑応答があり、印象に残る質問がありました。

「M24にはサイレンサーが付けられますか?」
と、聞いたのは富士学校の研究科の人です。

イチローさんはショックを受けながらも平静を装って・・・“はい、付けることはできます、そのためにはフロントサイトの台をカットしてバレル先端にネジを切り、サプレッサーアダプターを装着するという改造が必要となりますが・・・”

なぜショックかといえば、彼らは銃については熟知しているグループなのだという認識があったので、こんな幼稚な質問が出るとは・・・。

そしてやがて、イチローさんは富士学校からも呼ばれて行くようになりました。

そんなあるとき、長谷部 普通科部長の部屋に呼ばれました。
普通科部長・・・なんだ部長さんか・・・と想いますよね?
でも、富士学校の部長さんて、ものすごく偉い役職なのです。

長谷部さんは、これまた二見さんに肩を並べるほどに陸自のあり方を本気で模索する勇気ある人でした。

“イチローさん、お願いがあります・・・”

“はい、なんでしょうか・・・”

“わが陸自で、狙撃班を立ち上げたいのですが・・・ご指導願えますか?・・・”

“はい、でもこれに はかなりの実射訓練が必要となりますが・・・”

“はい、そこで教官と助教の二人をイチローさんのところに行かせたいのですが、いかがでしょう・・・”

イチローさんは驚いて長谷部さんの瞳を凝視しました。
自衛隊員をアメリカの個人のところに行かせるなんて・・・もしも事故やらモンダイが起こったら この人は新聞雑誌に叩かれてクビになる・・・その覚悟があるのだろうか?・・・

長谷部さんの目から いつもの柔和さが消えていました。熟慮し決心をした男の眼でした。

“はい、やらせていただきます!!”

イチローさんもキッパリと返事をしました。

そして後日、富士学校から二人の隊員がマリポサにやってきました。
こうして彼らは、一週間にわたる狙撃訓練の基礎を学んだのです。


で、狙撃というのは、どちらかといえば銃よりもスコープのほうが大切で、スコープについて良く識ることが最重要なのです。スコープを識るとは、距離による弾道変化に対してスコープをどう調節するか、、風による弾丸の流れとレティクルの関係を熟知する、といったことなのです。
陸自の隊員たちは真面目だし勉強熱心ですから狙撃のような精密を要する行動には向いています。

ただし、新聞にある「世界一の狙撃班」というのはマッカなウソ、というか、信じてはいけないと想います。
あれは、優秀な隊員たちが射撃大会でトップに立っただけで、本格的な狙撃班が陸自にあるかというと実際はまだまだだと想います。


強力な狙撃班というには、米軍の残飯のようなM24ではなく、もっと質の高い狙撃銃、それもさらに遠距離を撃てる狙撃銃が幾種類か必要なのです。そしてスナイパーたちを自由自在に移動させるためのヘリコプターと熟練したパイロットがたくさん必要なのです。

せっかく育ってきた陸自の優秀な狙撃手たち、、かれらを実際の戦闘で活躍させるためには多くのシガラミというか邪魔者たちというか、日本独特の縄張り争いみたいなものもあり、宝の持ち腐れ状態になるのではないかと想うのですよ。

離島の五つや六つを買い取って「スナイパーアイランド」を作り、海あり河あり山あり谷あり10mから3千mくらい自由にいつでも練習できる・・・これがイチローさんの構想なのですが、こんなことは必要ですし、可能だと想うのですが出来ないのが現実のジャパンなのですよ。

それと、
最近の風潮として自衛隊と中国が戦争をしたら負けない、みたいな記事をみかけますが、これはまったくのデタラメだと想います。
アメリカの支援なしで中国と戦える軍事力など日本にはありません。

イチローさんが産まれたころ、日本軍は米軍と戦争をしていました。日本軍も朝日新聞も日本人も、アメリカ軍に勝つと想定して戦争を仕掛けたわけです。勝てないと想っていたのは山本五十六さん以下の少人数だったかと。

戦争に強い国家というのは「金と軍事力と人口数」だと想います。
中国は大金持ちな上に独裁国家なので予算をいくらでも軍事費につかえます。
戦争反対の国民なんてジャマになるほどはいないでしょう。
日本を盗るとなったら、国民全体が昂揚することでしょう。

対する日本は、自衛のための抗戦をしようと言っても戦争反対の嵐で炎上します。

いまの状態で日本が中国と戦えるなどとはユメユメ考えてはいけませんよ。


わーーー(^◇^;)
ながくなったわい。

おとといから雨でね〜・・・
今日は止んでますがジュンが熱をだしているので看病で・・・
射撃に行けないので長文をかきました(^-^)/



  


Posted by 市 at 05:05Comments(28)自衛隊訓練

2015年01月11日

常識を教えただけ・・・

市 (2015年01月11日 01:35) │Comments(6)自衛隊訓練
:アメリカ国籍ですが、私の戦闘技術を陸上自衛隊に伝える事をです。:
ああっ‼︎、自分がイチローさんと出逢い、何か出来ないか?と模索していた時を思い出しました。 今迄、様々な確執?秘守義務があり、話す事が無かったのですが、自分がイチローさんと出逢い、微力ながらお手伝い(押しかけ)させて頂いた訳がここにあります。 すでにさまざまな分野でイチローさんが自衛隊や警察など官公庁に訓練を指導された事はやっと公表されてきました。当時は民間人から習うという事は自衛隊や警察などは公表はしないでくれとお達しが出ていた記憶があります。 そんな事は関係なしに、イチローさんは当時、様々な分野で日本の為にご指導されていました。その時、イチローさんは、全て手弁当、経費は自己負担で、ご教授されていたのです。自分がそれを知った時、何か自分で出来る事をしたい。お手伝いがしたい‼︎、、猛烈に感動しました。 ;この人こそは国士なんだ‼︎と感じました。 こんな事を言うとまた2ちゃん連中が騒ぐかもしれませんが、、そんなのは関係ないですね。史実を知る者としてこれは譲れない事実です。 これからこういう事実が、明らかになってくればいいのになと思うヨカ晩です。 イチローさん、もし不適切な文章でしたらご割愛下さい。
喜多長

民間人から射撃を学ぶのは恥だ〜(-_^:)
俺たちは戦闘のプロだぁ〜(`ヘ´)

と本気で言う自衛隊員はいましたよ(^o^)

でも一方、
自衛隊には本当の教官がいないので
オレたちはアメリカのコンバット射撃の
試合に出ていて年間5万発も撃っている
イチローさんから習いたい・・・
という隊員はもっとたくさん居ましたよ(^^)

で、当時の自衛隊員はごくあたりまえのように
銃口を人に向けまくっていました。

コトの重大さにショックを受けたワシは
銃口を仲間に向けないというお作法を
自衛隊に教え込む決心をしたのです。

これを本気で実行に移してくださったのが
二見さんでした。

いったんガンハンドリングを学んだ隊員たちは
他の隊員が銃口を無神経に振り回すのを
見ると「こやつは危険だ」と解るように
なって、それで「銃口意識」という言葉は
小倉から北海道まで伝播してゆき、とうとう
富士学校の普通科部長まで認めてくださり、
いっきにガンハンドリングの重要性は認められた
というわけです。

ワシが教えたことは、なんてことありません。
ただ、銃を握る者は仲間を撃つな!! ということ
だけなんです。
戦闘訓練以前の常識なだけなのです。

ミリタリーは戦闘になると誤射の嵐となるわけで、
まずはこれを防ぐための徹底的な訓練をしないと
犬死にだらけになりますからね(^_^;

ワシのことを「ハンドリングの父」と呼んで
くれてもクルシューないぞ (^○^)はっはっは
市  


Posted by 市 at 01:35Comments(6)自衛隊訓練

2015年01月10日

闘志がよみがえる

市 (2015年01月10日 12:06) │Comments(1)自衛隊訓練
http://futamiryu.com/?p=1540

初めまして。
40連の方が「殿」とお呼びしているようでしたので私も「殿」と呼ばせていただきたいのですが、その時期が来るまでまだまだ未熟者でありますので、Futami様にさせていただきます。

さて、突然ではありますが今回、永田市郎氏のブログから来ました。実は、私はFutami様の陰の信者でありまして・・・・・・Futami様のブログを拝見させていただき、絶望から失ってしまった「闘志」が、再度よみがえってまいりました。Futami様のブログに出会えた喜びをお伝えしたかった事と、私がなぜ「闘志」を失ってしまい、そしてまた「闘志」を甦らせたかを見守っていただきたいとおもいました。一方的にFutami様を尊敬しておりました一隊員のたわごとを、少しづづではありますがここに記していきたいと思います。この文章を打っているだけでも感動で涙がこぼれそうです。
MIURA

すみません、二見さんとこから
カッパライました(^_^;)

MIURAさんの感動はよく解るのでついつい・・・


  


Posted by 市 at 12:06Comments(1)自衛隊訓練

2015年01月10日

小倉時代

市 (2015年01月10日 11:48) │Comments(5)自衛隊訓練
永田イチロー様
遂にブログに登場して頂きました。無数に変化する戦いに対して、ワンパターンの行動をあてはめようとする陸自の訓練の世界に、超実戦的な戦闘技術をもって登場された衝撃は色々な反応がありました。 現場を預かる隊員達はイチローさんの戦闘技術の導入を望みますが、組織はなかなか認めようとしなかった環境の中、手弁当で戦闘技術を伝道された行動は、ただただ、感謝です。 それ以上に、一緒に行動していた時の本物の強さを追求する充実感と、ときめき感や隊員が急激に成長しながら、陸自へ新たな風を吹き込んでいた小倉時代は隊員とともに、私にとっても素晴しい宝物の時です。 あのー。今まで誰にも自分は、殿と呼ばれた事がありません。呼ばれているのを知ったのは、イチローさんが小倉の夏祭りの時の訓練を雑誌に載せて頂いた時、初めて知りました。師団長からも「殿と呼ばれているか」と聞かれ、一度も呼ばれていないと答えると、笑いながら多分言われているぞという感じでした。 昨年の我が家での忘年会でも、小倉の隊員から誰も殿と呼ばれませんでした。不思議な感じが今も続いています。 そうそう訓練の時、AKを保持して対抗部隊をやって頂いた喜多長さんも忘年会においでになり、大変盛り上がりました。 また、色々動きだしそうな年になりそうです。                  
futamiryu 拝

(^○^) まさか陸曹たちが司令官に面と向かって
「トノ・・・」なんて呼べるわけないじゃないですか(^^)
ま、本当の戦争になれば別でしょうけど・・(^-^)

で・・ワシがやった訓練は「兵士の基本」だけであり
それはガンハンドリングの枠を一歩も超えては
いなかったのですよね。

あのころ、リクバクからは
「戦闘戦技は陸自のお家芸なのでイチローさんに
教わったと書くな」
みたいに SATの校正刷りに走り書きしたものが
もどってきました。
あまりにスゴイので大切に保管してありますよ(^o^)

しかし、89式エアガンを導入してくれたのも
リクバクでしたね・・(^_^;

とにかく幹部連の体温差ときたらもう・・・(◎-◎;)

そうそう、二見さんが中隊長の時代に
訓練があまりにもヤラセ主義なので二見さんは
上官に向かって
「これは劇みたいですね」と言ってサンザ
怒られた、という話は強烈でしたね(^◇^)

そんな中隊長って自衛隊では珍しいのですよね。
不幸ナコトニ・・・(;O;)


  


Posted by 市 at 11:48Comments(5)自衛隊訓練

2015年01月07日

二見龍さんブログ開設

市 (2015年01月07日 15:15) │Comments(1)自衛隊訓練
http://futamiryu.com/

元、小倉駐屯地の司令官兼連隊長だった
二見さんがブログを開設されました♪

数多く出逢った自衛隊幹部の中で、
最もワシと気の合う人でしたよ。

銃口を誰彼かまわず向けっばなしだった
陸自の隊員たちが、ようやく
ガンハンドリングにおける意識改革を
できるようになったのは、この二見さん
という人物あってのことでした。

二見さんを陰では「殿」と呼んで
敬愛した隊員は多く、そんな彼らにとって
このブログはとても嬉しいことでしょうよ♪


  


Posted by 市 at 15:15Comments(1)自衛隊訓練