最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年02月28日

サブウエイのサンド

市 (2014年02月28日 07:22) │Comments(10)語りのプラザ


また次のマクドーにいます(^o^)

でも、ここではネットをつなぐために
アイスティーを飲んでいるだけで、
食事はサブウエイで済ましました(^_^;)

なんでかと言うと、サブウエイは好みの
サンドを作ってくれるのですよん♪

たとえば今日のはこれ・・
フラットブレッドにチーズと
ターキーハムを入れて加熱してもらい
そのあとでアヴォカドとホーレン草、
トマトなどなどの野菜を加えてもらい、
これで500円ほど∈^0^∋

これなら胃がもたれないんです♪

で、もうあと2時間ばかりで家、という
ところまで来ましたよ(^_^)

子供達が野球部に入って練習したそうで
(なんと4歳娘のジュンも(@_@;)
姿をみるのが楽しみです(*^^)


  


Posted by 市 at 07:22Comments(10)語りのプラザ

2014年02月28日

特大GAS屋さん

市 (2014年02月28日 02:05) │Comments(0)語りのプラザ


ベガスの行き来では、よくここで休憩
などしますが、ここのGASスティション
ときたら、ものすごくでかくてポンプは
30箇所ほどもあるんですよね〜(*_*)

ちゅうことで残り640kmばかりを
ヒタ走りま〜す(^-^)

そうそう、雲がわんさと空に・・
雨粒もぱらぱらと・・
風もごーごーと吹いています(^_^;)

キャリフォニアには大きな低気圧が
来てるようですすよ♪


  


Posted by 市 at 02:05Comments(0)語りのプラザ

2014年02月28日

ARファイヴ セヴン

市 (2014年02月28日 00:30) │Comments(1)てっぽ


とっても面白いアッパーですよ(^-^)
キャリフォニアでは持てませんが・・・
でもアッパーだけなのでゲットは簡単、
ソノ気になれば・・・(^o^)

でも、趣味で持つような銃なので
かなりオキャネがないとね〜(^_^;

いつか記事にしますね(^_^)

ようやく撮影が終わりました、
これより市ろ帰途につきます。
!(^^)!
市  


Posted by 市 at 00:30Comments(1)てっぽ

2014年02月27日

どんなテッポかな〜??

市 (2014年02月27日 15:05) │Comments(8)てっぽ


そっか〜・・∈^0^∋
ミステリアスフォトは好感ありな
わけなんですね〜(*^_^*)
んなら バンバンやっちゃいましゅよぉ〜

なら こんにゃのどう?・・
シュア1灯火だけで、それもアイフォン
で撮影・・・(^◇^;)アンマヨクナイ

で、、これはいったいどんなテッポ
かな〜???


面倒みてくれるのは相棒のキャメロン
編集長です。スシ食いいくにも珈琲に
飲みにいくにも、このベンツで(^-^)
自分ではぜったいに買わないですけど
人が乗せてくれるのならモンクなど
なしです(∩.∩)

ほんでもって↓

これもiPhoneによるスケッチです(^-^)
これ MJマガの表紙に・・なんてね〜
(^○^)

なんてことで夜の8時まで
撮影していました〜(^_-)-☆

  


Posted by 市 at 15:05Comments(8)てっぽ

2014年02月27日

コォーフィータイムに撮影

市 (2014年02月27日 02:35) │Comments(12)語りのプラザてっぽ


機関銃屋さんの一室を借りて撮るという
かなり制約のある撮影でね〜(^_^;)

ライティングを工夫しながら
アーツマンナイ・・とブスブスしながら
撮っていたらですね・・

ちょっと休もうとして一灯だけ残して
ライトを消したのですよね・・

したらなんか孤独感とかミステリアスと
いうか、そんな感じに見えてね〜(^-^)

ちょいとシャッター切って、周囲に
陰影をつけてみたら倦んでいたワシに
とっては新鮮でね〜(^-^)

カタログ写真じゃないのだから
こういう表現でいきたいもんだな〜
これなら続けられるな〜・・と・・

とにかくキレイキレイフォトが
すっかりいやんなってましてね〜(>_<)

どうですか?
みなさん、こういう安易ともいえる
映像にどう感じますか・・・?

  


2014年02月27日

MJマガジンまだ牛ナー

市 (2014年02月27日 00:27) │Comments(1)語りのプラザ


イチローさん ベガスの気候はいかがですか~ 寒いんでしょうか? さて、MJマガジンの1月号を、ようやっと手に入れました。イチローさんの3Gunの記事が読みたかったからです。 ふむふむ・・・ え!ブログの記事と写真で構成!? ブログ読んでたのに~、とちょっと残念な気持ちで読み始めました。 でも、でも、面白~い!(^_^) 誌面での、ブログ記事再構成もあり!ですね。 コメントもうまく活かしてあって、新鮮な印象でした。 一番のお気に入りは、かわいそうなオレンジイエローのチキン君ですかね~(笑) 文章と写真がレイアウト上、しっかりとリンクしていないようなところがあったのが、少し残念でした。 それにしても、表・裏表紙ともフォトがいいと、雑誌の格があがりますね! MJマガジンの方も引き続き、期待したいです!
貸本屋

おはっばんよ〜♪

ベガスは日本の五月の気温ですよん。
長袖だと汗ばんじゃう ^_^;

ベガスといっても広うございましてね〜
ショットショウが開かれる観光賭博場
からはほど遠くのマシンガン屋さんで
こんな顔して撮影しているんですよん。

MJマガを買ってくださって<(_ _)>

まだ「牛ナー」の段階なのですが
我慢してくださいな。
もっともサイフが豊満な人はべつ
ですよん♪

そうなんですよ、原稿を書いていると
数日をようするのでブログから転載
という天才パカポンもやらない
ようなハナレワザで(^0^;)

でもディザイナー泣かせだったのか
フォトと文を丹念に拾って組み合わせ
ることはできなかったようです。

でも、このムッチャクッチャさが
新しい冒険に突入するというサイン
だと受け取っていただけると嬉しい
ですよん(^-^)

で、次号もブログからの転載では
ありますけど、書き直しや加筆をして
見られるカタチにしました。

WCSに新たなチャレンジをしたい
という人には必立読(^^)のリポート
となるように構成しました。

タカはSAT記事も無料で書くのが
ベストだと言いますが、
記事製作には一週間はかかってしまう
ので、そういう時間があったら
子供達に捧げたいのですよね。

そうでなくても忙しくて子供たちには
澄まない気持ちでいるので・・・

これが市バンのナヤミかと(>_<)

では今朝も仕事に出かけま〜す!(^^)!








  


Posted by 市 at 00:27Comments(1)語りのプラザ

2014年02月26日

SATの天気はチョーのち霧

市 (2014年02月26日 01:48) │Comments(4)語りのプラザ
>chatter boxさま, コメント拝見しました。全く同感です。 そしてやはり,80年2月号と3月号に感銘されたご様子。これにも全く同感でございます。 私はこの記事で,初めてCOORSのビアを知りました。これだけで当時はアメリカの男の文化を分けて頂いた気分になったのです。 そして(本当はいけないのですが)高校も2/3年くらいになると飲みだす訳です。 当時は高かったです。輸入酒店でしか置いてなく,税率も今よりうんと高くて。でも,たったこれだけでアメリカの男の文化を味わった気分に浸れました。 テレビや報道なんかより,イチローさんの記事でアメリカを身近に感じたものです。 今の私の価値観を築いて頂いた2冊でした。 >2014年02月22日 23:37 >chatter box >SATがどうあるか、どう変わるかはSATの編集部が決める事なので、どうしようもないと思います。 > でも、個人的な希望としては、イチローさんの記事は、 >常に表舞台にあってほしいです。つまり、現時点ではSATに残ってほしいと思っています。 > 何故なら、イチローさんの写真や記事を私以外の、今まで、銃に興味の無かった人達に興味を持ってもらいたいからです。 > 先日、私がターニングポイントとなった1980年6月号のGun誌ですが、最初に見たGun雑誌は、同年2月号、友達の家で見た、S&W M66 4インチが表紙の >ステンレスの肌が眩い表紙の本でした。 > それまで、TVでCOMBAT!や刑事ドラマで銃に興味を持ち始め、モデルガンを買い始めた頃、イチローさんが日本人で恐らく初めて、アメリカンポリスの学校に入っている記事でした。その時に「この本が欲しい!」と思い、 >その次の号(パイソン2インチが表紙でこれまたカッコイイ!)からずーっと買い続けていたのです。 > まどろっこしい言い回しですが、やはり本屋の棚や、友達の家で手にとって見た時に、「おお、スゲー!」とか「かっこイイ!」って思う本は、エアガンショップにしか置かれていない、MJマガジンではなく、本屋にある雑誌だと思うのです。 > 贅沢をいえば、銃を正面切ってとらえている、MJマガジンにも記事を書いていただけるとよいと思います。 >これは、本当にこちらの勝手な意見ですが・・・。 > > また、どの号だったか、覚えていませんが、イチローさんが渡米したての頃の話が書いてあったのも、私の心に刻まれているのですが、「皿洗いなどをしながら、ヒッシで生活していた頃、決してあきらめることなく、こんなひどい日は、今日限りだからあきらめずに今日一日頑張ろう、きっと明日は違う一日だからと思って頑張るのだ。そう自分自身に言い聞かせて頑張ってきた・・・。」と >いった事をイチローさんが書かれており、「俺もそうしようっと」と思った事があるのです。 > 今のイチローさんにしてみれば、SATに裏切られたという思いや家族のことを第一に考えて、ということもあるのかもしれません。 > でも、どうでしょう。「昨日は裏切られたが、やつらにも何か事情があったのだろう。今日、あやまりにきたから許してやるとしよう。どれ、明日はまた仕事をしてやるか。」なんて考えてみてはいかがでしょうか。やめるのは >むしろ簡単かもしれません。 > 多少なりとも、参考になれば、よいと思います。
@ヘンリー


お世話になります。渡邉智彦です。遅まきながら投稿いたしました。私も知り合いに幾人も編集者がおり、雑誌が1人のせいで消えたり、復活したり見て来ました。とても不思議に思いました。消えるのも復活するのも、どうしてたった1人に責任なり、原因が集中するのか。1つ思ったのがその1人にはとても、他の人にはない、よくも悪くも存在感があった、と思いました。雑誌の話しをすると、その人の名前がどんな時でも必ず出て来ます。まるで雑誌の別の名前か、または呪いのようでした。イチローさんはまさしく良の存在感を持った方だと思います。SATマガジンの行く末はどうなるか分かりませんが。、少しでもいい方向に向かう、または前のように安定感を求めて少しでも雑誌の延命を願う方たちがイチローさんの持つ良エネルギーにしがみつこうとしているのかもしれません。よく分からない事を書いてすいません。

いい写真ですねーー。ぐっさと来ました。ピストルに限らず、あらゆる雑誌が低迷しているようです。少し売れてくると、右に倣えでみんな同じような雑誌になります。我が社はこれだ!と言う個性は無くなってきています。編集者自信もサラリーマン、ただ作っているだけだ、とよく聞きます。ところで、前にも触れましたが、2輪4輪など、フリーペーパーがどんどん力を付けてきています。クライアントは町の修理屋さん、だったりしています。本当に好きなひとが好きな雑誌を作る!そんな土壌が少しずつ出て来ています。細分化して、分かる人には分かる、いずれ爆発して大手本屋でも売る雑誌に進化するのでしょうか?ピストルも大好きな人は必ず残ります。私もその1人です。私達の子供たちが大きくなった頃、おやじの持っているピストル、かっこいい!!となり、またブームが来ると私は信じています。これからも応援しています。
渡邉智彦

おはばんよぉ〜(^-^)/
ラスベガス近郊の空は晴れています。
今日はMP5とやらの撮影だそうで・・・
(^_^; ツマンナソー

SATの会議はずっとやっているよう
なのですが「まあイチローがいないと
やってけんから好きなようにさせて
やるしかないなぁ〜」
みたいなニュアンスとなっているよう
です。
かといって誰かが正面切って

「以後、よろしくっ

といった責任ある挨拶もなんもなくて
ウヤムヤ〜ゴニョゴニョ〜と、ワシに
とっては歯切れがわるくてね〜(^_^;)

と、そんな感じなのであと2号をやって
みたところで進退を決めようと考えて
います。

みなさん、今回のことでは
とても真摯に書いてくれて嬉しいの
連続でしたよ。
持つべきは友ですね〜(^_^)(^-^)(*^_^*)

  


Posted by 市 at 01:48Comments(4)語りのプラザ

2014年02月25日

旅行のオアシスはマクドー♪

市 (2014年02月25日 09:51) │Comments(1)語りのプラザ


もうあとひとっ走りです(^-^)

休み休み走ったのに50分もヨユーで
あまっています♪

このマクドーで時間調整しながら
書き込んでいます。
インターネットが無料で使い放題で
つなぐのも簡単すぎるくらい♪

  


Posted by 市 at 09:51Comments(1)語りのプラザ

2014年02月25日

ひた走り中です

市 (2014年02月25日 09:38) │Comments(0)語りのプラザ


モハヴィ砂漠を走っています
どれくらい広いのか検討もつきませんよ



古くなったランドクルーザーで
走っています。ガスは食いますが、
いつもながら素晴らしいクルマです♪



ちよいと自画像など(^-^)

「男達よ、君の其の欺瞞に充ち満ちた
眼の表情を隠したかったらグラサンを
かけよ、さすれば太陽様だって
見抜けはすまいぞよ」
イーチェ
(^○^)(^◇^)(∩.∩)


  


Posted by 市 at 09:38Comments(0)語りのプラザ

2014年02月25日

車間をとってね〜

市 (2014年02月25日 03:21) │Comments(2)語りのプラザ


キャリフォニアの高速道路は空いていて
120kくらいで快適に疾走できるんです、
でも日本から来たドライヴァーは右に
いるこんなデカトラのすぐ後ろを延々
と走り続けるので横に乗っているワシは

“トラックの後ろは事故のもとだから
付くな〜、前を見渡せるように走って
車間は100mばかりとってくれぇ〜”

と、もうこれまでに100回は懇願した
ものですよ(>_<)

バットン将軍は、このルート99を
WCS会場に向けて5時間ほど走ることに
なるわけで・・・

そのセツは注意しなくてもよいように
今、ここで書いておきますね〜(^o^)

というわけで、ワッシはひたすらに
ネヴァダ州目指して走っています。

いよいよ今月のジョブはクライマックス
を迎えるわけなんです。

で、
ただいまマクドーで珈琲タイムです♪





  


Posted by 市 at 03:21Comments(2)語りのプラザ

2014年02月24日

ヴワカモノのフリンチ大会

市 (2014年02月24日 23:10) │Comments(3)訓練動画



http://www.youtube.com/watch?v=T3Rx1caiI-s&feature=youtu.be

こんばんようさんです。 ジョッシュ・タカさんのフリンチ!! 我々も大変悩まされました。 練習初日から発症しましたね。 これが噂に聞いたフリンチかぁ~!!って その自覚をするための、ダミーラウンド訓練の模様を、 以下にアップしましたので、これから実銃を!!という方はぜひご覧ください。 知ってる人は”そうそう”と、知らない人は”ヘタくそ~”と、 笑っていただければ幸いです。
まう@東大阪


アナタたちは、シロートですね(^。^)
ワタシのフリンチときたら上半身が
ヒザからグイッと沈むのでもっと
雄大なのですがね(^o^)(;O;)(>_<)

とタカは言う。(^○^)


ヴワカモノたちは
「イチローさんが夜なべして
イッショケンメに作ってくれたタマ
だから外してはならない」
みたいに書いていましたよね〜(^o^)

ほんでもって彼らはわざとのように外
すのでイチローさんは
「すまんワシのタマが
いけないのだ・・・もうしわけない」
と、幾度も幾度もアタマを下げていた・・
ということもありましたね〜(^○^)

まうや、これ、ほんまエエ教材やで
おおきになぁ〜<(_ _)>
市  


Posted by 市 at 23:10Comments(3)訓練動画

2014年02月24日

初のBOG-10

市 (2014年02月24日 12:37) │Comments(2)語りのプラザ


ボグテンをやってみたところ痛烈に面白かった
のでこのようなイメイジフォトを創ってみました。

バットンはじめ、好意的に使ってくださる方々
にだけ使っていただきたいです ◠‿◠ϡ

で、、コレ、難しいですよ〜(;゜▽゜)

10回撃っての合計タイムは
初回 10.84sec
2回目 10.05
3回目 10.59
と、そんな成績でした

でもドロウミスがあって やり直しが
けっこうあったので、実力ではなくて(・・;)

本当の死合だったらワシは死んでいる!!
みたいなわけでね〜(^◇^;)ゝ

ほんで、何度もトライしているとだんだんに
1secを切れるようになるのですが、それでも
5割なんですよね〜(°□°;)

ワシはもうトシなので10秒を斬れる日は
こないという気がします・・・
それでもチャレンジは止めませんけど、、
だってね〜(`・´)/ だってさぁ〜
もんのすごぉ〜く面白いのですよ(●^o^●)

まあ、やってみてくださいな〜
ほんと・・・反射と動きがパーフェクトでないと
いけないのですよね〜 (。◠‿◠。)

1秒という時間内に動いている自分を
観ることができるだけでも素晴らしい体験
なのですよね〜(#^.^#)


ところで・・・今日は24日・・・

結論はチョー!!!・・・・・・

と、決まった!!






というわけにはいかず・・・・・・・・・・・






ハンでした・・・・・・・













となるかどうかでしたが、
結論は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








して結論は???・・・・・・・・・・・・・・・・・・









どーなったかというと・・・・・・・・・・・・











はっきりと言いますが・・・・・・・・












ほんとのところを言いますが・・・・・・・・・・・・








25日に持ち越しとなりましたぁ〜♨

ははははは、こういうジラシ書きもいいだろ
貸本屋君?・・(^()^)



  


Posted by 市 at 12:37Comments(2)語りのプラザ

2014年02月24日

千里の行も・・・

市 (2014年02月24日 03:19) │Comments(18)語りのプラザ


SATがどうあるか、どう変わるかはSATの編集部が決める事なので、どうしようもないと思います。  でも、個人的な希望としては、イチローさんの記事は、 常に表舞台にあってほしいです。つまり、現時点ではSATに残ってほしいと思っています。  何故なら、イチローさんの写真や記事を私以外の、今まで、銃に興味の無かった人達に興味を持ってもらいたいからです。  先日、私がターニングポイントとなった1980年6月号のGun誌ですが、最初に見たGun雑誌は、同年2月号、友達の家で見た、S&W M66 4インチが表紙の ステンレスの肌が眩い表紙の本でした。  それまで、TVでCOMBAT!や刑事ドラマで銃に興味を持ち始め、モデルガンを買い始めた頃、イチローさんが日本人で恐らく初めて、アメリカンポリスの学校に入っている記事でした。その時に「この本が欲しい!」と思い、 その次の号(パイソン2インチが表紙でこれまたカッコイイ!)からずーっと買い続けていたのです。  まどろっこしい言い回しですが、やはり本屋の棚や、友達の家で手にとって見た時に、「おお、スゲー!」とか「かっこイイ!」って思う本は、エアガンショップにしか置かれていない、MJマガジンではなく、本屋にある雑誌だと思うのです。  贅沢をいえば、銃を正面切ってとらえている、MJマガジンにも記事を書いていただけるとよいと思います。 これは、本当にこちらの勝手な意見ですが・・・。  また、どの号だったか、覚えていませんが、イチローさんが渡米したての頃の話が書いてあったのも、私の心に刻まれているのですが、「皿洗いなどをしながら、ヒッシで生活していた頃、決してあきらめることなく、こんなひどい日は、今日限りだからあきらめずに今日一日頑張ろう、きっと明日は違う一日だからと思って頑張るのだ。そう自分自身に言い聞かせて頑張ってきた・・・。」と いった事をイチローさんが書かれており、「俺もそうしようっと」と思った事があるのです。  今のイチローさんにしてみれば、SATに裏切られたという思いや家族のことを第一に考えて、ということもあるのかもしれません。  でも、どうでしょう。「昨日は裏切られたが、やつらにも何か事情があったのだろう。今日、あやまりにきたから許してやるとしよう。どれ、明日はまた仕事をしてやるか。」なんて考えてみてはいかがでしょうか。やめるのは むしろ簡単かもしれません。  多少なりとも、参考になれば、よいと思います。
chatter box

うんうん、よっく解ります(^-^)

とくに、
>「皿洗いなどをしながら、ヒッシで生活していた頃、決してあきらめることなく、こんなひどい日は、今日限りだからあきらめずに今日一日頑張ろう、きっと明日は違う一日だからと思って頑張るのだ。そう自分自身に言い聞かせて頑張ってきた・・・。」と いった事をイチローさんが書かれており、「俺もそうしようっと」と思った事があるのです。

こういう文を読むと、同調してくれる人
がいるってなんと嬉しいことかと・・・

あの頃は銃を買うなんてまったくムリで
AR-180を買うためにバスに乗るのを
やめて、毎日25だか50セントだったか
を貯め始めた時代なんですよ。

「千里の行も足下の1歩より」

(はるか遠くまで行くということは
今のこの、きわめてわずかな1歩を
踏み出さないと始まることはない)

このことを身にしみて理解し、
歩き始めた時でした。

で、千里の行というのを
「せんりのぎょう」と読んでいたの
ですが、じつは「せんりのこう」だと
あとで知りました(^_^;)

行者になるのですから「ぎょう」と
読むほうが好きなのですがね〜(^o^)

「歩く者は行者であり、歩かない者は
精神のメタボである」(^。^)
イーチェ

自分の心を正直に言うなら
SATを辞めたい・・

でも、編集方針の指揮権をワシに
預けるというのなら、やれないことも
ない・・・
今は、こういう気持ちなんです。

編集方針とは、
テッポ、警察&自衛隊、シューティング、
エアガン、サバゲ、そしてモロモロの
記事をダイナミックに展開する。
SATの借金を返すために、ここの皆さん
をただでコキツカッテ記事を書いて
いただく(^○^)∈^0^∋

お金のためでなく、楽しみのために
喜びをもって書くというのが
アマチュアリズムで、ワシはとても新鮮
に感じて好きなのですよ。

もしも「チョー」となったら
chatter box さんにもチョー頑張って
いただきますからね〜(∩.∩)

信玄やマルパソやブワカモノ組、
その他、ワシのオセワになったと感じる
人たちには記事の督促状を送付する・・・
といってもワシ無精ものなので
自分から自首して申し出てきなさいよ。

ワシと共に千里を歩き始めるのだ!!!
!(^^)!





  


Posted by 市 at 03:19Comments(18)語りのプラザ

2014年02月24日

ジョッシュ ザ フリンチマン

市 (2014年02月24日 00:12) │Comments(7)訓練








もう観ました?!
「気持ちイ〜! 撃っチャウった」
http://youtu.be/EeAukp4hwuA
お〜ぉ?! すでに一万回以上も再生されているではありませんか!
コメントもたくさん書き込まれていて楽しいですね。

皆さん、こんにちは! ジョッシュです。

今回のSATマガジンですが、僕は好きです。

え、そうじゃなくって?!

「あんな○○な本のどこがいいんじゃ〜?」

と、他人様の前ではひたすら良い子を演じて育ってしまった僕のことを、冷やかしてくれる市郎さんが嬉しいです。

さてさて、今日の「撃っちゃった〜!」は、ボブチャウとはまったく関係ありません。

天気がとても良かったので、市郎さんとWest Coast Steelの全ステージをまわりました。

「今日はなんかワシ、ドロウが不安定だなぁ」とか言いながら、バンバン的に当てていく市郎さんとは対照的に、またしてもジョッシュはフリ○○です。もう振っても振ってもどんなに振っても、ちぎれるほど振っても、キレに冴えがありません。

対照的とは、まさに、上手い → 下手、速い → 遅い、当てる → ハズすのことで、僕はというと、遅いはハズすは速くないは(書いたか)で、もう散々でした。

これは「Whiplash」の一コマ。一番左のターゲットまでの距離は26フィート。たったの8.7メートルしかありません。それなのにこれがまた全然当たりません。イエ、当たらないのではなくて、当てられないのです。

挙げ句の果てには、ジョッシュ恒例「ポール撃ち」。

見てください、この見事な穴。18ヤード(約16.5メートル)先のストッププレートの柱なのですが、的一個分くらい下を撃っています。

この時には「またいつものフリンチ写真だなぁ」くらいで、まだ余裕の困った顔でしたが、ポール撃ちが2本目3本目と増えていくと、だんだん困った顔がシャレになってねぇ顔に変わっていきます。

次のラクタングルは、距離25ヤード(約23メートル)。長〜い鉄の黒いアングルが、僕のアタマに突き刺さっているかのようです。青い空に白いターゲット、そして僕の赤いシャツ。まるでアメリカを絵に描いたような一枚に仕上がりました。

さらに、、、これはどのステージのターゲットか忘れてしまいましたが、

「これって、ホントにぼくですか?!?」

と、思わずヒトのせいにしたくなるような、そんなポール撃ちです。困り顔が泣き顔に変わっています。

そんなにギリギリを撃つくらいなら、ターゲットの真ん中に当てれば良いのにって?

確かに、器用に撃てた割には全然嬉しくありません。

練習記は、またあらためて。

それにしても、当たりません。
イヤ、当てられません、、、(涙)

原因は、フリチン、ではなくて、フリンチ。トリガーを引く直前に、反動にビビって銃を下や上に動かしてしまうクセです。日本語だと、ガク引きってヤツでしょうかね。学割りなら嬉しいのですが、ガク引きはなんのメリットも特典もありません。ひたすら弾を消費するだけです。それも不要に、、、(号泣)  


Posted by 市 at 00:12Comments(7)訓練

2014年02月23日

フォトのベンキョー

市 (2014年02月23日 13:58) │Comments(1)訓練
おい、タカよ、ワシが撃ってるとこ撮ってくれ
はあ〜い撮りました〜♪

うっ、なんだこれ(~_~;) 右のターゲットが
見えんぞい(・・;)
スィティーボウイは無神経でいかんわ・・
このように撮るんじゃ



あっ! すごいっ!! 別なとこで撮ったみたいだ!

そして撮り直すこと数回・・・


よし、タカ、合格じゃ♪

こうして、今日は終日タカといっしょに
撃っていましたよ◠‿◠ϡ

でもって本日はどうも上手く撃てなくてね〜
(。・ˇ_ˇ・。)ドロウガ不安定で・・・
80.58秒でしたよ。
試合だとこれよりヘタに撃つのでね〜(;^ー^)

まあ、マリポサ戦での初回は84秒を
斬れればヨシとしているのですがね。

で、今日はタカにとって2回目のトレイニング
だったわけですが、、そろそろ感想を聞かせて
もらいませうかね〜(=^ェ^=)  


Posted by 市 at 13:58Comments(1)訓練

2014年02月22日

ダッファディルの季節に・・・

市 (2014年02月22日 23:45) │Comments(3)語りのプラザ


おはばんよ〜ん♪
いつのまにかラッパスイセンが満開に(;゜▽゜)

春になると地下で眠っていた球根から
たくましいばかりの芽が突き出して、こんな
愉快な花が咲くんですよ (^w^)

これが春風に揺られていると、まるで皆で
“こんにちわ〜♪ 気持のよい日ですね〜”
と口々に騒がしく語りかけているように見えて
つい笑顔をかえしてしまいます(^▽^)

そういう様子を撮影してみたいのですが、
どうにもこうにもゼンゼン写らないのです。
みんな、わりと無表情に勝手な方向を見て、
笑ってなんかいないように写って
しまうんですよ(・・;)

まったく平凡でヘタそうなフォトで
いやんなっちゃいます(~_~;)

こんなに撮りにくい花はないかと(^_^;

「自分の写真を上手そうに見せたかったら
朝日か夕日を撮れ。人は感心するだろう。
だが、本当に表現力を試したかったら
ラッパスイセンを撮れ。君は自分自身に
失望するにちがいない」
イーチェ

キャリフォニアは、すっかり暖かくて
朝の気温は5°でも昼間はポカポカのポカ。

干ばつの恐怖をともなって美しい春と
なりました。(。・ˇ_ˇ・。)

今日は土曜日、、
久しぶりにWCSのフルコースを
撃つことにしました。(●^o^●)
市  


Posted by 市 at 23:45Comments(3)語りのプラザ

2014年02月22日

SAT米は豊作

市 (2014年02月22日 00:24) │Comments(9)語りのプラザ





おはばんよん♪

これらはタイワンのターゲットマガジンの
レイアウトですが、素直に気持よく見せて
くれます。過不足がなく、それでいて
グラフィックディザインは出しゃばらない
範囲で凝っていたりします。

自分のフォトを料理してもらうのが
カンフィーなんですよね。

長い付き合いなのにまだ逢った事もない
ここの編集スタッフ・・訪問してみたいな〜

さて、今朝もSATマガに関する米が豊作
です♪
皆さんに肩を押してもらえ、自分の目指す
方向に自信を深めることができています。

ほんとに、ありがとうねm(__)m

今日は子供たちとの約束で畑の枠を
作るために忙しく、コメ返しができないのが
残念です・・・


わぁお! そんな素敵な本が…もしも出来たのなら…。 主人と子供達に一冊ずつ買います! 多分、彼らの宝物になるでしょう! その本をめくりたびに、ワクワク楽しい瞬間を味わえるでしょうね! ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆
薩摩小雪

たびたびお邪魔いたしまする~ でんのすけにゴザリマスる。 皆さんの忌憚のない感想をみてて思ったことがあります。 確かに内容に伴う価値ある「専門誌」であるならば 3000円といわれても購入していた自分が居ます。 5000円もする参考書だって自分の昼飯我慢したって注文するくらいです。 価値があるからこそ代価をだせる。 100Pの大ボリュームで4000円 それでいて50Pがイーチ師匠の記事だというなら 半分は師匠のギャラなんだなと思えば安いものです。 それだけ師匠の記事は ワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワク して待てる記事なのです。 私は”丁”として支持したいです。 ※BLOGみて自分のシューティングフォームが、がらりと変わったくらいです。(笑 影
斬 電ノ介

僕は貴方に色々と教わりました。時間は多く費やしてしまいましたが、費やさなければ今は無かったでしょう・・・ 人生が変わっても生き方は変わらない人もいる、でも生き方を変えれば人生は変ってゆく。 歩く旅も道は変わるが、走る旅は最後にきっと海が見えてくるでしょうね。 僕の旅も海を目指してますよ・・・市郎さんもそうでしょう?
旅立ちの近い男

今回のSATマガジンの感想を書きます。決して安くないお金を払って購読しているので、好きに書かせてもらいますね。 レイアウトが楽になるのでA4サイズにしたのだろうけれど、GUN雑誌を買う人の多くは資料的な価値を求めていて、できれば保存しておきたい場合が多いんだよね。だけど、こんだけでかいと場所をとって嫌なんだ。日本の住宅事情を考えてないよな。 宮嶋さんの写真は確かに素晴らしいけれど、別にこういう写真を見るためにGUNの専門誌を買っている訳じゃない。そういう写真が見たければその手の専門誌を買いますって。 信玄さんの主張に一票。私も女の子のグラビアページが載るようになってアームズマガジンの購読を辞めました。そんなものを見るために金を払ってるんじゃない! 「エアソフトガンの起源と進化」なんて、かつてのアームズがやりそうな面白そうな企画だけど、まったく面白くない。マニアックな企画なのに全然マニアックじゃないから。悪いけど資料見ながらだったら誰でも書ける程度の内容なのだ。それでいて、現在のブローバックエアハンドガンの礎を作ったウェスタンアームズ社の製品は完全に黙殺。不自然だろって。 結局スポンサーその他の関係なのかなぁ。 なんか、編集者・広告主・業界の人々の為に作った雑誌のようです。彼らのうちわの中での評価は高いのかもしれないけれど、肝腎のガンファンの読者が喜んでいるのだろうか? そして、これはSATマガだけの話ではないけれど、最近のGUN雑誌の、メーカーのコマーシャル文句とカタログデータとを並べただけで、初速のデータ・集弾性・耐久テスト等一切ない新製品紹介を見ていると思う。昔ならいざ知らず、今やネットで大概の情報が入る時代だというのに、有料の媒体の情報がこんな程度でいいのかと。 これって結局メーカーと雑誌社が共存するためだけが目的の記事なんじゃないだろうか。 それにしても思い出すのはジャック天野こと故・根本忠氏。 イチローさんをして「モデルガン界のローマン」と言わしめた人物。 今ではメーカーに気を使ってかどこのGUN雑誌もやらなくなったけど、同じ実銃をモデルアップしているトイガン数社の製品すべてを俎上に乗せて、実物のデータと比較しながらビシバシ問題点を指摘していってくれたもんなぁ。あの伝説の「モデルガンダイジェスト」。 メーカーではなく、あくまでも高いお金を払ってトイガンを買う全国のガンファンの代表として記事を書き続けてくれた人。 でも、メーカーの方も「なにくそ」とばかりにトイガンの質を向上させてそれに応えてくれていた時代。 かつての熱い時代を知っている人間には、今のGUN雑誌は寂しい限りです。
神武 保具

お世話様です。 そ~この写真みたいに光ってないとねぇ~ !(^0^)! アルミのフレイムとステンのバレル&シリンダー&ヨーク&サムピースの光りかたの違いがはっきりとねぇ~ (^0^)b せっかくイチ様が撮った写真が藁半紙 (今ドキの若者は知らないか??) みたいな紙に印刷されては (**) 魅力が半分以下に成りますねぇ~ (~~) さて話は違いますが! ソチ オリンピックのスキー ハーフパイプで銅メダルに輝いた!! 小野塚彩那選手は!! 自分の住む新潟の片田舎の出身なんですねぇ~ \(^0^)/ それもイチ様がその昔スキーを滑った!? 石内丸山スキー場がホームゲレンデだとか~ (^◇^)
KO-1 「笛木 孝一

ジャズを愛している人々が集まるジャズ・クラブで、客層を全く理解しようとしないオーナーが、ジャズの代わりに、人気があるからってコリアンポップスを流して、常連客から総スカンを食った。そんな感じですな。今月号のSATさんは。 新しさや変わることも大切だけど、自分が専門誌で見たいのは、若いコリアンポップスターのステージじゃなくて、ベテランの小粋なピアノ・プレイですな。イチローさんは、人でも銃でも味わい深いセッションを見せてくれる素晴らしいジャズプレイヤーだと思います。70代を超えたこれからが本番、アーティストとしてさらに面白くなると期待しているんですが、そのイチローさんを切ろうとしたSATさんはかなり無粋ですな。組織として末期なのかなって思いました。 ちなみにですが、去年ブルーノート東京で、89歳のシンガーがステージに立ちました。イチローさんはまだまだ若造だと思います。
市ファン

>ところで待遇が良くなるとは何か? 具体的に例をあげて示せ(^。^) 市 あー、まいど言葉足らずで澄みませんm(_ _)m 待遇が良くなるとは、MJマガジンより “自分の能力をフルに発揮してやろーじゃんか“ と思わせる環境を用意するって事ですね。 あー、そんな事もう皆さんが既に指摘してますがσ(^_^;
メタボ哲也


初めてコメントさせていただきます。 まだ10代の若造の意見なので、参考にもならないかもしれませんが、確かに今月号のSATマガジンは「面白味」に欠けるような気がします。 具体的なことは自分でもよく判りませんが、少なくとも表紙の魅力なフォトが無くなり残念です。 この「世界の変わったSATマガジン」から離れ、「イチローさんの世界のMJマガジン」一筋にしては如何でしょうか?
Mr.P
今からさかのぼること約10年と2ヶ月と一週前に、とある一室でイチローさんから、『まもなくSATマガジンという新しい雑誌が発売されるから見てみてよ』とお話をされ、それ以来購読してきましたが、今回の号を見て購読を辞めようと決めるに至りました。チョウカハンカと聞かれれば『ハン』です。しかし一つだけ聞きたいことがあります。私は出版社の業界の方々のことはよく分からないのですが、今回の号は出版社の方々自身が、自分で買ってでも読みたいと思う内容の本だったのかということです。もし自分自身でお金を出してでも読みたいと思えるような素晴らしい本を作るというアツイ熱意をお持ちの方々であれば良かったのになと思います。自動車メイカーの方々が自身のメイカー以外の車に乗るのは何故と思いますよね。自分自身が乗りたい車を作るのがプロでしょ。自分自身が読みたい本を作らなきゃダメでしょ。もしも今回の本が自分自身が読みたいと思う本を作ってのことであれば、価値観が違い過ぎます。だからハンです。対象としてあげると、田村装備開発は間違いなくプロです。なぜか? 彼等は自分自身が本当に欲しいと思う物しか作らないからです。確かに万人受けする物の方が儲かるかもしれません。しかし、彼等は自分自身の経験と価値観と真実を追求して最高の物しか作らないと決めて会社を立ち上げています。本当に本物が欲しい人にとっては世界にたった一つだけの宝物と出会うことができます。自分自身が欲しいと確信できるものだけを作る。これが本物のプロの物作りの仕方。AKBのプロデューサー秋元?さんが言うてました。大ヒットを続ける彼が考えていること。それは自分自身が見たいと思う物だけを作ることですと。他人が横から何を言うてこようが、自分自身が好きなものだけを作るから売れるのだと。この時にはその人のセンスが一番左右しますが、もしハイセンスな人が作れば間違いなくヒットします。今回のSATマガジンは編集長以下の方々が自分自身が買いたいと思う本物の本であったかどうかが一番の問題です。もし自分自身が買いたいと思う本であれば、編集者と読者の間にはかなりの距離があります。さらに言えば、もし自分自身が買いたいと思わなかったのであれば、それを人に売ろうとした時点でプロ意識に欠けていると言わざるを得ない。お客様に物を売る以上、本物以外を売るのはそもそもプロとしてダメでしょう。どちら(前者、後者)にせよお客様と価値観の距離があるか、プロとしてダメかといったところに感じております。大好きなイチローさんへ
アツイ男

毎度! ジョッシュです。 今回のSATマガジンですが、僕は好きです。 まず、本のサイズが大きくなったので、写真が大きく観られるのが嬉しいです。テカテカしない落ち着いたマット紙も好きです。インクを吸ってドットゲインが大き(インクがにじみ)そうなこの紙で、良くここまでシャドウを出しているなぁと感心しました(良く良く見るとそうでもありませんが)。 自衛隊のUNの話はそれなりに想像してみることができましたし、「エアソフトガンの起源と進化」はここ四半世紀の進化をもっと詳しく読みたくなりましたし、「GORUCK CHALLENG」は自分も参加してみたくなりました。 大塚さんのインタビューにはAppleのようなトイガンメイカーになって欲しいと思いました。単にオモチャの銃というだけではなく、オモチャの銃を通してライフスタイルを提案できるようなメイカーです。JWCSCもその一環になりますね?! お! ここでいきなり市郎さんの記事ではありませんか。そっかぁ、ここまではコンサートの前座みたいなもんだったんですね(ゴメンナサイ!)? 僕は、市郎さんの記事がここに掲載されていてラッキーだと思っています。どうしてかというと、本を見開いたまま置いておけるからです。巻頭だと、見開いたまま置こうとすると、左側にペーパーウェイトか何かを置かないと、ページがフリップしてしまうので、、、 76〜77ページの迫力のある見開き写真を堪能したあと、もう一度75ページの右下の写真を見て、この写真が一番良いなぁと思いました。ここに市郎さんのサインもらえたらなぁって。この写真に1680円払えるなぁって。 で、今はどうなっているかというと、72〜73ページを見開いたまま、もう何日も枕元にあります。寝る前に眺め、起きたら見ます。昼間も観て、午後にもチラ見します。 どうしてここばかり観ているのかって? いつ買えるかなぁと思って。SIGのウェブサイトで値段を見てみたりしながら、どうやったら買えるようになれるかなぁとか、どれが良いかなぁとか、グロックとどう違うのかなぁとか(全然違うらしいですね?)、マガジンはとりあえず何本必要かなぁとか、ホルスタはどれにしようかなぁとか、、、所有している自分をイメージするためです。 正直、今すぐに買えるような状況では決してありませんが、準備しておかないと、チャンスが来た時に受け取れませんからねぇ。 八重の哲学、読んでいません。 先進技術推進センター、読んでいません。 Beauty Beast、ボーダーシャツにシルバーのリング(ティファニー?)がかわいいですね。早速、何枚か買って、誰が一番似合うか試してみますね(ウソ)。 オメガセブン、反対側から読まさせずに、天地逆にして掲載しませんか? 本を逆さにしてそのまま読み続けられますよ。 ヒロさん、ご無沙汰しております! 葉隠、トモちゃんスゴイ! ナイフ、カッコイイ! 新商品紹介、ヘェ〜! 映画紹介、ほぉ 警察、読んでいません。 イベント情報、了解! SWITCH、読んでいません。 「桜の咲く頃に。」、読んでいません。 007、「初弾1.2秒」って、測ったんですね?! こういうの、楽しいですね。 台灣、髪の毛が真っ黒ですね〜! キレイだなぁ。 次号の特集、「あの時、そして今」って、311ですかね? で、あらためて、どうして好きだなぁと思ったかというと、第一印象がとっても普通だったからです。いろいろな切り口で表面だけサラッとなでているだけかもしれませんが、その薄っぺらさというか無害さというか、毒にも薬にもならない内容と、すき間がいっぱいあるデザインが、僕にはラクだったのです。 要するに、僕は普段からあまり何も考えていないので、難しいことが極めてめんどくさく、今の僕にとって今回のSATマガジンは、できればリラックスするために眺める雑誌だったのだと思います。 僕はテレビもラジオもニュースも新聞も観たり聴いたり読んだりしないので、なんだか普通の雑誌を手に取った感じが心地良かったのかなぁ〜なんちゃって。 皆さんのコメントを読んでみて、今回のSATマガジンに対する受け入れ難さ=銃への情熱の高さって感じだとしたら、僕の銃への情熱なんて、かなりへなちょこなんだなぁと思いました。 僕が雑誌や書籍を買う時のポイントですが、値段が2000円くらいまででしたら、1枚のヤバイ写真や筆者のひと言で買っちゃいます。 自分がインスパイアされるような写真や言葉って、誰かにお願いして撮ってもらったりお話ししてもらおうとしたら、一体いくらかかるだろう? とかって想像したら、2000円は安すぎだと思うからです。 最後に、丁か半かですが、市郎さんの本当に好きなように、ページネーション(台割り)から装丁、紙の質や重さ(厚さ)まで、市郎さんの自由にやって良いとなれば、SATマガジンで無料で執筆するのがベストだと思います 市郎さんの原稿料として浮いた分は、他のライターさんやスタッフに還元されれば、もう最高&カッコ良すぎます。そうでなければ、MJマガジンですよね。
Josh


  


Posted by 市 at 00:24Comments(9)語りのプラザ

2014年02月21日

痛快な人生を選ぶべき

市 (2014年02月21日 16:05) │Comments(4)語りのプラザ


痛快な人生を選ぶべきですよ、何よりも。
旅立ちの近い男

心に留まる一文です・・・
ありがとう!!

正直なところ、
SATを辞めるのは痛快だと感じています。
もしも残るなら、SATを痛快な雑誌にするよう
努力しますね。

旅はどの方向なのですか?
よかったら聞かせてください。

マリポサの夕日を贈らせていただきますね。


ここ最近は,毎月欠かさずに買っていた雑誌を買わないことがあります。 どうしてだか急に魅力を感じなくなっています。それは何故かをずっと考えてました。 昔はリポーターさん人気で雑誌が成り立ってた気がします。 でもなんだか今は,編集者さんは会社の社員さんで企画/運営の実権があって・・。 で,社員さんから見たリポーターさんは,もしかして非正規雇用のパートさんくらいの感覚なのでは,と感じることが紙面からも伝わることがあります。 私の感覚では,最近の雑誌離れの原因は,ウエブや動画配信の普及とは関係ない気がしてます。 今でもA4サイズ時代のモデルガンチャレンジャー誌を見ると,心がときめきます。 イチローさんがPPCグランドマスターを目指してた頃のGUN誌や,ボブチャウ2くらいの時期のコンマガも, リポーターさんも編集者さんも,みなさん楽しそうにお仕事されてた気がします。 誌面の魅力(というか仕事の成果物)って,働く環境が大きく影響しているのではないですかね。 雑誌の名前とか,会社の方針とかではなく,そこで働いている方同士の繋がり方とか,人の環境とかが大切な気がしてます。 SATマガもスタッフを一新するというのであれば,そこでしばらくお続けになられてから決めてもいいかもしれないです。 もしかしたら,ここを訪れる方ような,イチローさんの大ファンの方が大勢入いられるかもしれませんし, すごい居心地の良い環境に変化するかもしれませんし。 お辞めになるのは,いつでも出来ますし。 いかがでしょうか。
@ヘンリ−

そのとおりですよ。
テッポを好きでもない人がビジネスとして
テッポの本を出している場合が多く、
そうなるとリポーターへの愛着も尊敬も
なにもなく、安くこき使われるというふうに
今はなっているようです。

リポーター稼業というのは、本人が好きで
それをやっていられるだけで嬉しい、、
という場合が多く、収入ときたら微々たる
もので、それだけで生活できるようなもの
ではありません。
ワシの場合はラッキーで、ギャラもよかった
のです。そして、それよりも米国の雑誌で
フォトグラファーとして働けているので潤沢な
生活が可能となりました。

もともと、どの分野でもフリーランスでやって
いくのはイバラの道で、いつ仕事を失うか
しれたものではなく、そのためには複数の仕事
をキープできるように頑張らないと・・・

そんな生活で活き活きとした文章をひねり出す
なんて、難しいことですよね。
もっとも、難しいことをやってのけられないと
成功などはおぼつかないのですがね・・・

SATマガにはスタッフを一新するだけの
下地といいますか体力といいますか、もはや
そういう活力はないかもしれません。
現スタッフで価値観を統一し
マインドを強くもって進むように変えることが
できないと先はあぶないのですよ。
まあ、そこはどの雑誌社でも似たり寄ったり
というのが現状なんです。

日本の場合、モデルガンブームが何回か
あり、エアガンブームも何回かあり、
サバゲも全国的に広がって
それは常に浮沈をくりかえしてきました。

今は冬の時代という気がします。
やはりコンピュータに若者が流れており
外に出て競技をやろうといったのは
流行らないという気がしています。

しかし小雪さんとこの子供たちを観ると
ゲイムなんかより外でエアガンを撃ちたい
などというので未来への希望がもてる気が
しています。もっとも小雪さんとこはお父さん
からしてテッポ系なので、下地が違うとも
いえるのですがね。

それと、エアガンマッチに出てくる若者達
を観ると、なかなか活力があり輝いている
部分も大有りで、WCSのようなチャレンジの
場を提供すると、それこそ家族総出で熱く
なることもあるかもしれないと想うのですよ
ね。テレビゲイムで銃を撃つのとエアガンで
プレイトを撃つのでは、現実感や迫力や、
なによりも身体の複雑なコーディネイション
が必要となり、チャレンジする意欲がわいて
くるのではないかと想うのですよ。

そういった流れをリードするのが雑誌の
役目であり、エアガンメイカーも未来に投資
するために結束していけば、エアガンマッチも
侮り難いスポーツとして認知されてゆくと
想うのです。

ですから、ワシが台割りを担当できたら
エアガンマッチは最大もらさず記事にして、
サバゲのあり方も新分野を増やして活性化
させていきたいというヴィジョンをもっています。

しかし、何をやろうとしても民主党的に
ネチネチといちゃもんをつけてくるのが多く、
そやつらにアベカワモチを投げつけてでも
推進しないとならないわけで(^〇^)

アメリカでは「プラグを抜いて外に出よう」
(コンピュータなどを消すこと)みたいな動きが
あるので、そのうちに日本にも波及して
くるかもしれませんね。

そうなったら我々のテッポ雑誌も深呼吸が
できるようになるのですがね。

今夜はちょっと酔っています(^_^;(^_^;







  


Posted by 市 at 16:05Comments(4)語りのプラザ

2014年02月21日

進退の条件・・・

市 (2014年02月21日 14:12) │Comments(6)語りのプラザ


あの、CYPRESSさんお気に入りのフォトに
キャプションを入れてみました♪

これがNext MJマガのオープニングです。
こんなフォトなんて他社ではゼツタイに
使わせてはくれないでしょう、、
ケンはワシの好きなように
させてくれます♪
なにしろ
無料原稿ですしね〜(^()^)


イチローさん(^^) 我が家の三兄弟の意見です。 今月号は紙の質がよくなく、イチローさんの写真を堪能できなかった。と購入した直後にいわれて気になってました。 今月号は変だよと…。
美しいテッポの写真をみたいのですね。 記事も面白くなかったと申しておりました。 いろいろとあるのですね…。
薩摩小雪

子供たちは、まっすぐに観ますからね(。◠‿◠。)
では、次の号で、ワシが
“牛がナーと鳴いた”
という暗号を送ったらSAT購入を止めるよう
つたえてください。
その心は・・・・?

「カウナー」(^〇^)/

「モー」と言ったら 「カウー」(●^o^●)
(マルポサ低級ギャグより)

↓おまけ
フトンがふっとんで、ネコがねこんだら、モー牛が来た。


♪チョー チョーチョー いい感じィ~♪ ……とはならない様な。 そう囁くのよ、ワタシの‥ゴーストが。 なのでボクは「反」です。 ルシファさんの言うように、 “救済のため、というのは何か違うような・・・ SAT誌も変化を求めている。 イチローさんもチャレンジを求めている。 もし両者の方向性が違うのなら、袂を分かつしかないわけで” また、CYPRESSさんも言うように“イチローさんがSAT誌から稿料を得なくても生活出来るなら、MJ誌に移るべきです” お二人の意見にボクも同じ気持ちです。 “彼らは総出でワシをないがしろにした・・・ 聴けば、イチロー外しの案もあったという・・・ ヒロまでも酷い目に遭わせた・・・ 突然にギャラも半分ちかくに落とされた・・・ この冷酷さはナンなんだ(。・?_?・。) これではイチローさんも筆が進まない気持ちもわかります。 売り上げが落ちたから、手の平を返したように、やっぱしイチローさんが必要です♪SATはもとにもどしますぅ~(^w^)” 今さら手もみされて笑顔で迎えられてもこの不信感と不快感は消えない” SATマガの貧弱な収入で生活している人たちもいるから守りたい・・・ 彼らも裏切り者一派という見方もできるが 彼らとて被害者でもある。 薄情と言われるかもですが、イチローさんが常々言われてるように。 “世界中で一番大切な自分と言う存在”そうです、自分をもっと大切にした方がよいと思います。 MJマガでのびのび、ウキウキとした気分で原稿をかきましょう。優しすぎるから、SATに残された方々を憂う気持ちもわからなくはないですが。 自分の気持ちに素直にイキましょうよ。 もしも‥ このまま、またSATに残ったとして。 何やらいつぞやの国際出版の様なドタバタになりゃせんかいな‥と心に暗雲がモクモクと漂う気配を感じずにはいれません。 トモさんやヒロさんのブログ♪読みたいナァ~(*^o^*)
信玄

これ読んだナナリンが言ってたよ〜

“信玄さんって、あれでかなり感受性が高い
のよね〜”

「あれで」ってとこ、すごーく ヨまれて
いるんだよね〜(●^o^●)

たしかにテッポの本に女の肌はいらんといった
エロ信玄には、ワシも感心した。

ワシだったら乙夜モデルに長いスカートと
長袖を着せて撮りたいと想っていたもの。



今迄のSATマガジンは「所有していたい」表紙と中身でした。
ここにきて続いていた他のライターさン達の記事も連載が終了していたのは刷新の為だったんでしょうが、それで何が新たに生まれたのかがさっぱりな内容になってしまいました 白く塗ったモーターグレーダーと子供の写真を持ってくる「ストライク アンド タクティカル」マガジンって何だそりゃ?と脱力です ゲンブン漫画や田村装備の記事、水月道場やボディガード、トモさンのナイフやヒロソガレポート、「銃で撃たれるということ」とレーション紹介も好きでした そして何よりイチさンの、写真と文章が沢山載っているところが良くて購入していたのであの白い表紙の雑誌が今後も続くなら要りませんし、打ち切りされた(様に見える)各コンテンツが復活又はそれ以上の記事が登場しないなら値段分の価値を見出せません 確かに出版物のレスポンスは作り手には伝わりにくく、数少ないメールや手紙の内容に左右されがちなのは分からないでもありません しかし出しているものが何の本で何故一定数売れているのか?を見誤ると、こうも不思議な本が出来上がるんですね… ナカムラアキヲ

うんうん♪
まさに嬉しく同意ですよ〜(^▽^)

日本では銃→悪デスからね。
アメリカでは正義を守る道具ですがね。

そんな日本の隅っこで小さくなりながら
細々と息もたえだえに刊行している雑誌を
普通のハイカラさんに売ろうというのは暴挙
だとワシは想っているのですよ。

そしてハイカラサンもバカではないので
ペラリとめくって棚に戻すわけですよ。

でもって、SATのファンってかなりコアな
人が多いわけで、バカヤロー!!って・・
怒らないほうがフシギではないかと。

でも、なぜかウチにいるジョッシュ君は

“う〜ん♪ こういうの好きですね〜♪”

と、うきうきしてSATをベッドルームに抱えて
行きましたね〜

“いいと想うのぉ〜???”
と聞き直すと
“はあ〜い、好きですよぉ〜”
とたしかに答えましたよ。

そーだよね? ジョッシュ???
その後の感想を聞きたいな〜
というと書きにくいだろな〜
だが、ここで根性をみせなさい!!

彼はハイカラさんなんだな〜と
常々想うことがあったのでインタレスティング
でしたね〜

ハイカラさんって何?・・・
う〜ん、しいていえば「都会人」または
City boy or City girl デス。
ようするにスマートな人たちデス。

ちなみにワシは「田舎人」です。
スマートでない人間です。

カツラも化粧も長爪も茶髪もブランド品なども
まったく解らない単純なタイプです。

えっ?? アグの長靴はいてるじゃないか、、
ですって??
あれは暖かい靴を見つけてくれと細君に
頼んだら特価80ドルで買ってくれ、
ピギタンに言われてブランド品だと知った
ので無罪ですよ〜 (^w^)
値段8000円ですしさ(^∀^)

田舎人って、でも落ち着きがあるんですよ。
流されませんし、不動ですしね〜
マネーゲイムにも手を出しませんし、
闘うときもツオイですし・・・ ◠‿◠ϡ

まあ、タイプの違いなんですよ。

あ・・じつは仕事に区切りができて
今夜はビアを飲んでくつろいでいるんです♪
明日は家族とノンビリできるんです(。◠‿◠。)
だからこうしてのったりと書いています♪



イチローさんまいどです。 最近、仕事が忙しくてくたばってました。(@_@) こちらに来てみると大変な事に(*_*; で、チョーかハンですが、以前より待遇が良くなるならチョーで。m(_ _)m
メタボ哲也

なんで早くきて助けてくれないのだ?
テチヤだったら瞬時に手足をもぎるだ
頭をちぎって投げつけるだの得意の解決法
をもってヤッツケテくれたろうに?・・・
でも、そういうのは止めてほしいから
ただ見守ってチョー(●^o^●)

ところで待遇が良くなるとは何か?
具体的に例をあげて示せ(^。^)



あのヒロさんまで冷遇されていたとはなんか腹立ってきたきましたね。イチローさんも24日までには結論を出すと言ってはりましたし。トモさんやヒロさんのブログ見てみたいのでアドレス、アップでお願いいたします。個人的にはイチロー さんはsatマガをみかぎっても罰は当たらないと思いました。ではまた。
ハラハラショー

冷遇というか、自分たちの取材がキャンセル
になったので穴埋めをヒロに押しつけて、
それがワシから観てどうみても無理難題で
してね〜・・・
そのドタバタが遠因となって白い本に
なっちまった可能性があるのですよね〜(°□°;)

いきなり国内ライターやディザイナーも切られ
ちゃったらしく、そういうことをワシには
まったく知らせてはくれず(; ̄O ̄)

読者受けのよくないライターを切るのは
当たり前のことですが、読者が楽しみにして
いる記事を調べもせずに切るというのには
大反対なのですよね〜

そういうのを観たワシは「明日は我が身だ」
と感じるタイプで・・・そういうことならサッサと
身を引こうという気になっちゃうのですよ。



ハウディー! ええと、、、(;^-^) 今回は買ってないのに、イヤそれどころか内容を見てもいないのに表紙があーだ、サイズがコーダ、レジのお姉さんがドーダと(面倒くさい客)ツベコベ言ってスンマソン。 m(;>_<)m ハンセイ 買わなかったのはSATマガが末期だからというよりも、おいらのお小遣いインジケーターがマッ黄ッキーに点灯していたからだし、 次は元のSATマガにサササッと戻るそうだし、 イチローさんにサササッと30ペイジが用意されるそうだし、、、。 ここはひとつ、 “SATマガめぇ、油断はせぬぞ!君子豹変なのかドーカ見せてもらうど!” ( `Д´)/ ミテルカラナ なーんてスタンスで、継続の方向でオニガイできないもんだすかね~。 (;`〇´)/ チョー 隔月とはいえ、イチローさんのフォトが表紙になっている書籍が本屋の店頭から消えちゃうのはマズいというか、勿体ないと思うんだす~。 本屋っていろんな世界との出逢いがあるじゃないだすか~♪ マンガコーナーに直行だったお子ちゃまが、フト立ち寄った大人のカホリ漂う書籍コーナーで、クルマやバイクや音楽やスポーツや裸族(吸引力は最強!という余計な文章)の本に出逢い、手に取って、誌面に引き込まれて、その世界に足を踏み入れるコトってあると思うんだす。 自分語りになるんだすが、毎週火曜日の少年ジャンプの立ち読みに燃える少年だったおいら。やがてスーパーカーブームに燃えて大人の書籍コーナーに足を踏み入れ「モーターマガジン」なる本を購読するようになりますて。で、その時イチローさんが在籍時の月刊Gun誌に出逢ったんだす♪ 「一冊まるごとテッポの本だあ♪」とか ♪(;◎∀◎) ナンダコリャー 「ホンモノのテッポって青いんだあ!」 !(;◎〇◎) シラナンダー と、78年7月号の表紙を飾るロイヤルブルーのパイソンにビックリしたもんだす。 イチローさんが撮られた表紙に見蕩れたもんだす。 ♪( ´∀`) ウットリ イチローさんが撮った表紙にはそんなパワーがあると思うんだす♪ ( ´∀`) ウットリ MJマガジンもそういう新しいガンファンを増やしてトイガン業界を活性化していきたいという想いがある(と思う)んだすが、現在はまだガンショップの店頭を中心に並んでいるのでね、一般の本屋に並ぶまではもう少し時間が必要だと思うんだす。
イチローさん&ナナ姫にはご苦労をおかけするんだすが、ジャパンとタイワンの為にも、今しばらく頑張ってホシー、 願わくばイチローさんが飛び立ってもダイジョブな様に後進を育ててホシーと思うおいらなのですた♪ (;^皿^)b ワガママカキコ by 10年後、今回のSATマガがハドソンの金ピカスコーピオン級の珍品、、あイヤ、貴重品になったらイイナ♪と思っているオトコ
マルパソ85

うむうむ・・・・・・(*´д`)
たしかに次の条件をキキもしないで嬉々として
危機から逃げるように去るのは人ギキが
わるいな〜(^_^; キキキキ(^。^)

それはともかく、原稿書きも校正段階にきた
ので、今はビアを飲みながらゆっくりと自問自答
しようしているところだなんだよ。

“ではイチローさん、どうすればSATに残って
くれるのですか? それを言ってください”

と、永田営業部長はイチローに聞いたのでアル。
するとイチローは遠い目をして考えていた。
遠い目とはいかなるものか想像さえできないが
ここではそういうことを詮索するゆとりは永田
にはなかった。なにしろここで返事を受け取ら
ずにもどったらマルパソから靴で9回は叩かれ
ることは明白なのだ。
靴で9回叩くというのは九州独特の罰則で
あった。靴はシューであり、9回はナインで
あることを考えれば、あながち
この刑が残酷だとは想えないだろう。

イチローが熟考するにはそれなりの
理由があった。
心情的には辞めたいのだ。米国での
仕事は充分にあり、年金も入る。ここで不快な
気持で残るのは精神衛生によいとは言えない。
むしろMJマガジンでライターを集めて楽しい
展開をしてみたいと想う。はじめはノーギャラ
でも採算がとれだすとオカネは後からついて
くるものだ。
などなどと書きながらイチローはなおも
思考する。
辞めて問題なのは、そのことでSATマガが
廃刊になることだ。いずれは先細りとなって
沈むかもしれないSATかもしれないが、
自分がトドメのトゥリガーを引くということは
芳しいことではなかった。
夢見がワルい、、というものだ。

かといってSAT編集部の冷たさに触れる
のはこりごりという気持は強い。
ここに問題の核がある。
SAT内にイチローを暖かく受け入れる気持が
あるかないか・・・?

“あまり期待できないな・・・だが・・・”
イチローは独り言を言った・、永田は
身を乗り出す!
“ハッ? なんでしよう??”

“指揮権をワシに渡せるか?・・・”

“??ええええっ??(°□°;) ”

“記事の台割り権をくれるか、と聞いている”

“なななな、なんですってえ〜(^◇^;)”
永田は仰天した。

“そ、それは編集長のやることデスゥ(~_~;) ”

“今月はサバゲ記事8p、エアガン記事20p、
エアガンシューティング記事6p、自衛隊
または警察記事16p・・・とそういった割り振り
をワシがやるということだ・・・”

“それはダメです、ムリです!!!”

“しかしそれをやる係は君達が出入り禁止に
したばかりで空席だろう?・・・ようするに
台割りの失敗が今回の災害を引き起こした
のではないのか?・・・それを考えろ”

“オレさ、それイイ考えだと想うぜぇ!!!
やっちゃえよ!!”
と、いきなりテラロッサが半身を突っ込んで
きた。あいかわらず乱暴気味な口調だった。

イシイは顔が青ざめた。
内心では良いと想ったが、不可能だと
感じていた。

“それが一番デス”
と、トモは即座に賛成する。

“し・・しかしですね〜・・一介のリポーターが
編集権を持つなんて常識に反していますよ・・・”
(この分からず屋の頑固じじいめ( `д´)
と永田は内心で怒っていた。

“そうか・・・では一介のリポーターは
あとイッカイで記事を終わることにする・・・”

イチローはそう言い捨てて神田神保町から
X5の入ったステイジバッグをさげて
マリポサ射場に降りて行った。

“チャンスはやった、墓穴を掘るのは
彼らであってワシではない・・・”

うわはははははヽ(。◠‿◠。)ノ

これでワシの気持は決まったね(^∀^)

次のコンタクトではこれを要求しますよ。

どうです? これでも百歩さがっての
条件だと想いませんか?・・・

  


Posted by 市 at 14:12Comments(6)語りのプラザ

2014年02月21日

心に影さして・・・

市 (2014年02月21日 04:41) │Comments(13)語りのプラザ


イチローさんが日頃書かれているように、人生は分かれ道の連続。その都度いずれかの道を選択して、歩を進めて行くようなものでしょう。 今回のSATマガジンは結果的に、選択を誤ってしまったのかもしれませんが、何、ちょっと戻ってハンドルを切りなおせば良いだけのことではありませんか。 イチローさんの写真と文章がたっぷり楽しめる次号は、売り上げ3倍増間違い無し! ナナさんやお子様たちには申し訳ない限りですが、イチローさんには、いつまでもSATマガジンの金看板でいていただきたいと、心より願ってやみません。 以上、直感というより、願望を書いてしまったカネでした。
出二夢カズヤ

思い切り無責任に言わせていただきますと。 「もーこの際、好きにしちゃっていいのでは?」です(笑)。 救済のため、というのは何か違うような・・・。 SAT誌も変化を求めている。イチローさんもチャレンジを求めている。 もし両者の方向性が違うのなら、袂を分かつしかないわけで。
ルシファ

答えは出ています。 イチローさんがSAT誌から稿料を得なくても生活出来るなら、MJ誌に移るべきです。 打算と妥協の無い人生はあり得ません。
CYPRESS

いずれも、まっとうな思考だと感じます。
まさに、目の前に現れた二股の道ですね。

ちょっと振り返ってみましょう、、

彼らは総出でワシをないがしろにした・・・
聴けば、イチロー外しの案もあったという・・・

ヒロまでも酷い目に遭わせた・・・

突然にギャラも半分ちかくに落とされた・・・

この冷酷さはナンなんだ(。・ˇ_ˇ・。)

そして売り上げは40%減という報告・・・
あわてふためいて責任者を追い出し、
新しいディザイナーも切った。

“やっぱしイチローさんが必要です♪
SATはもとにもどしますぅ〜(^w^)”

今さら手もみされて笑顔で迎えられても
この不信感と不快感は消えない。

SATの収入ではタマ代にしかならない・・・
辞めた分、ほかの仕事をすればもっと稼げる。
かゆくはあっても痛くなどない。
辞めたほうがサバサバするのは確か。

先週はMJマガの記事を書いたが、
うきうきと楽しく書けた。

今はSATのラスト原稿を書いているが
熱い気持は失せており、筆は進まない。
いっそ先月でやめて、子供たちを湖につれて
いけばよかった・・・

とはいえ・・・

SATマガの貧弱な収入で生活している
人たちもいるから守りたい・・・
彼らも裏切り者一派という見方もできるが
彼らとて被害者でもある。

イチローをないがしろにするなら辞めてやる!!
なんていうほどの強い心があったらSATなど
で働いているわけもない。
期待してはいけない、が、守ってやるべきか
どうかは解らない・・・

しかし・・・そもそも今度のリニュー悪(^∀^)
で大損害を被ったのに、どうしてSATマガは
存続できるのだろう。

米びつの中は、底板が見えており
借金取りは毎月やってくるのだと聞いている。

どうして金策し、今後も続けていけるのか
そういったことは聞かせてもらえない。

なんとなく皆が曖昧に、そして微妙に
事実を曲げて語る・・・

あいかわらずのツンボサジキだ。。。

と、いうことなのですよ。

ワシの心はこの街角のように安定して
いるのですが、異様な影がさしていている
わけなのです。

さぁさ、皆さんっ! はったはったぁ〜
チョーかハンかぁ!!!(=゜Д゜=)
やめっか、のこっか???・・・・・・・

さぁさ、はったはった〜

ハレルゥヤ♬はれるぅやっ
はぁーれるやっ♬
(^∀^)(;゜▽゜)(^。^)

で、ふつうは、こういう時点で心は決まって
いるのですがね・・・
ワシはまったく決まらないままに
二股手前30mまで進んでいるのですよ。

でね、このブログを始める前にトモやヒロに
言ったのですよ、、

“あのな、雑紙はつぶれる運命にあるので
ワシはブログを建てて読者とのキズナを今の
うちに築いておくから、おまいたちもそのように
しないと後悔することになるぞ〜”
・・・とね。そうだったよねトモ?・・・

でも、SATの延命がワシの進退によって
決まることになるとは(~_~;)

自分の手を
染めて殺すのは
イヤダナ〜(•̥̀  ̫ •̥́)

しかし・・・でも24日には決めようと
予定しています・・・

そのまえに、皆さんの声をもっともっともっと
聞きたいですよぉ〜m(__)m

この、ちょっとしたターニングポイントで
チョー(長→残る)
ハン(反→反抗して辞める)
ではってみてくださいな〜(●^o^●)

笑いごっちゃないのですがね、
だいたいにこういうのは喜劇として
ワシは受け取っているので(^。^)

あ〜、そうかー♪
用心棒のように棒を投げて、先の向いた方
に行くのもアリですね〜(=^ェ^=)



  


Posted by 市 at 04:41Comments(13)語りのプラザ