最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド
※カテゴリー別のRSSです

2017年12月01日

新 市ブログへの誘い

市 (2017年12月01日 10:00) │Comments(0)語りのプラザ
このところ、連日にわたって
新市ブログの作成を、
elan君にオニガイして
構築してもらっているのです。

新しいブログにしたい理由は、

1 コメントをくれる人にとって
禁止用語が大迷惑。

2 管理画面の文字が小さくて老眼の
イチローさんにはストレスありすぎ。
投稿するときの文字も小さくツラすぎ。

3 フォトのアップは1枚ずつやるので
手間がかかりすぎる。
いつも多くのフォトを捨てている。

4 読者によるフォトをコメント欄に
載せられるようにしたい。

こういった難しい課題をelan君は
イッショケンメに勉強しつつ
ことごとく解決してくれているのです。

彼は、ちょうど会社を破産させて、
そのことを小説にして売り出したばかり
なので時間も割きやすいのです。

で、どうやら公開する準備が
整ったようですから訪問してみて
くださいな。
そして、ためしにコメントを書き込んで
みてくださいまし。

初めはなにかと不都合が出るかも
しれませんが、順次解決して
もらえると想います。

アドレスは↓ここよん

http://ichironagata.com/wp/
  


Posted by 市 at 10:00Comments(0)語りのプラザ

2017年11月29日

弱くも強くも君しだい

市 (2017年11月29日 00:27) │Comments(9)語りのプラザ
永田市郎さま 昨年のハニビー訓練では大変お世話になりました。
長崎からkenでございます。
大変ご無沙汰しております。
遅ればせながら、ヤマさまのコメントは決して他人ごとではございません。 我が家の娘は現在、支援学校に通学しており、緊急時も介助なしでは一歩も避難ができない状態です(泣)
そんな子どもの親としては、学校での子どもの安全(生命)はすべて先生方の危機意識や危機管理に委ねられているのが現状です。多くの先生方はこのような認識を常に持たれているのか?いないのか? 但し、人間は実際に経験をしなければ危機意識を持ちづらいという傾向もあるかもしれません。そこで私が犯罪に対して危機意識を持つきっかけになりました事件について書かせて頂きたいと思います。 なお、数十年前のことで記憶を綴りながら書いており、記憶違い等もあるかもしれません。まとまりの無い文章で、読みにくいかもしれませんが、どうぞご容赦下さい。(方言も修正しております)

昔々の私が19歳の大学生の頃、九州の某地方都市で夜間のファーストフード店の閉店後の清掃作業等を一人で行うというアルバイトをしておりました。 当日の私はスポーツや武道の経験もない、貧弱で無口で大人しい、無力な青年でした・・・。 ある夜、店舗のマネージャーやスタッフが帰宅した午前1時過ぎ頃だったと思います。 店内で一人、ゴミを回収していたところ、裏手の勝手口のガラス戸をドンドンと叩く音に気付きました。 最初は怖いので無視して作業を続けていましたが、男性の声で「開けろ!開けろ!」と言う声とドアのガラスをガンガン叩くような音が聞こえてきました。私は恐怖感を抱きつつもガラスを割られても困ると思い、勝手口に近づくと、全身黒づくめの服を着た男性がドアの外に立って「開けろ!開けないと割るぞ!」と大声を出していました。 私は恐怖心から鍵を開けると制止する間もなく男性は素早く店内に入り、ズカズカと店の中ほどまで進み、店内の中央付近で私と向かい合う形となりました。そして男性は不意に私の方に右手を差出し、言いました。 「金を出せ!出さないと殺すぞ!」 薄明かりの店内でその手にナイフがあると分かった瞬間、心臓がバクンと強く鼓動し、初めて感じる強い悪寒が背中から頭頂部に走ると同時に、全身の毛が逆立ちました。と同時に「私の人生はここで終わった」と目の前が真っ暗になりました。 犯人の男性は店舗にあるであろう金庫と売上金を狙っていたようです。当時からその地域は暴力団による事件が多発し、かなり物騒な環境でした。実はその店舗の金庫も全く別の建物にありました。 私は犯人を刺激しないように出来るだけ丁寧でゆっくりとした口調で話をするように心掛け、協力的に振る舞いました。また、極力犯人に背中を向けないように注意しました。犯人は常にナイフを私の方に向けています。隙を見せればいつ刺しかかってきてもおかしくはありません。この時ばかりは全く生きた心地がせず、時間が異常に長く感じられました。 犯人はナイフを向けたまま、私に店内に金庫や金目の物がないか案内するように命じました。私は言うとおりに犯人と一緒に店内を回り、金庫や現金などが全く無い事を確認させました。犯人は金庫や現金が店内にないのが分かると私の所持金も確認しました。 しかし、このような緊迫した状況に私自身が耐えられなくなっていました。 そこで、現金が無いことは分かったはずだから、何かきっかけがあれば、犯人が現場から立ち去ってくれるのではないかと考え、犯人にある提案を持ちかけました。 「すみませんが、仕事(掃除)をさせてもらってもよろしいでしょうか?」  私は恐る恐る切り出しました。 これで犯人は諦めて帰ってくれるだろうと当時の私は安易に考えておりましたが、それが大きな間違いでした。 犯人はしばらく間を置き、「分かった・・」とぼそっとつぶやきました。 私は内心「やった、これで解放される」と喜びました。 しかし、結局犯人は立ち去らず、掃除に向かおうとする私の背後からナイフを向けたままついてくるのです。 その瞬間、心臓の鼓動はまたドクドクと壊れそうな位、高鳴り、脳みそはかって経験したことがないほどフル回転しました。  
「犯人との距離は? ナイフは? 刺されないか? 立ち位置、体の向きはこれで良いか?背中を見せてないか? どうやって窓を拭けば刺されないか?どうポリッシャー をかければ刺されないか?」などなど さまざまな自分の生命を守るための問いが頭の中を瞬時に駆け巡りました。そして、その限られた 数少ない選択肢の中で自分が一番危険が少ないと思う方法を取ることしかできませんでした。 その後、解放されるまで合計約4時間をナイフを持った犯人と二人きりで過ごす事となりましたが、結果的には金銭的な被害なし、身体的な被害もなし、器物損壊など物的被害もなしという大変運が良い結果となりました。(店舗の清掃も完了しました) 最後になりますが、今でも危険が伴う状況に近づくと犯人にナイフを突きつけられた時のあのゾクッとする感覚が瞬時によみがえる時があります。そしてこの感覚が私自身を危険から遠ざけ、助けてくれる場合もあります。今回の経験は、私に多くの事を教えてくれました。犯罪は身近に起こりうるもので、誰でもが被害に遭う危険性を常にはらんでおり、運が悪ければ、当然、命を落とすこともあるのだということ、また、何らかの備え(準備)が出来れば事前に備える事も重要だという事です。
ken from Nagasaki

市より、
とても貴重な体験談です。
ありがとう。

その犯人には殺意がなかった。
これはラッキーでしたね。

女性が道を歩いていると背中から庖丁で刺して逃げていったという事件、
これはよくありますよね。数日前にも新聞に載っていました。

犯人には二通りがあると想います。
物取りか暴力犯かです。
だいたいに物取りは他人を殺めるようなことはしたくなく、なにがしかのオカネが盗れたら静かに去りたいという願いをもっています。良心はありながら衣食住に事欠いての不本意な行動をおこすということで、充分に理解の範囲ではないかと想うのですよね。ワシもこのタイプには同情を禁じ得ないことがあります。

もんだいは暴力犯です。
いきなり襲ってきます。
もともと暴力によって他人を傷つけたいという願望をもっています。
人を殺したという欲望を秘めた人間、これが我らの敵なのです。
運転のマナーを注意されるとキレて暴力運転で襲いかかり、停車させて土下座させたり殴る蹴るしたりするのも日本では流行中ですよね。

一昨年のこと、夕暮れ時にトモが運転するクルマに乗っていたところ、後ろのベンツがパッシングを繰り返しながら小刻みなジグザグ運転でからんできたのです。高速道路は空いてはいなく、80キロくらいでみんなシズシズと走っていました。ベンツは苛々している様子でした。しかし先はクルマがいっぱいなので、いくら追い越してもキリはないという状態で、わざわざ道を譲ってやるほどの状況ではなくトモはそのまま運転していました。するとやおらにベンツは横から無理に割り込んできて我々の前方に出て急ブレイキをかけました。どういうわけかハザードランプも点灯しました。ワシはとっさに後ろを見て追突される危険がないか確認し、トモの持っていた1000ルーメンだったかのライトでベンツの後ろから照らしました。そのまま停車させられたらこちらも停まり、後続車からの追突を警戒しながら降りて暴力運転手を逮捕しようと即断したのです。タクシー経験がありますからね、高速道路上で停まるのは命の危険がすぐそこにあるのは熟知していました。でも回避のしようがなさそうだったのです。どんな相手か判りませんが、飛び道具なしでシュアファイヤとクナイを持ったイチローさんに勝てる可能性はとても低いと感じていました。さらにトモがいましたからね、相手が四人だったとしてもブチ倒すことが出来るという自信がありましたよ。ベンツが停まりかけ、トモも急ブレイキで停まりかけ、イチローさんはライトでベンツの後ろを照らしていました。すると、突然にベンツは急加速して逃げ出したのです。危険運転でジグザグに無理な追い越しを繰り返しながら消えてしまいました。たぶんメチャ明るいライトで照らされていたので自分がクルマから出るのはまずいと判断したのでしょう。
“あいつ、最悪な二人組に喧嘩売ろうとしたんじゃないか、まったく運のいいやつだな〜・・・”
とイチローさんは言い、
“ですよね〜(^o^)”
と、トモも笑っていました。
あとあと考えたことは、あの時に格闘能力のない人がこういった事件に巻き込まれたらどうなってしまうのだろうか?・・ということでした。

「ふりかかる火の粉は、はらわねばならぬ」という言葉がありますが、それが小さな火の粉だったり虫だったりしたら誰でもはらえるでしょう、しかし相手が自分よりも暴力で長けていたらボコボコにされるしかなく、土下座ですめば幸運だと受け止めるしかないのではないかと。
そして時として殺されるわけで・・・。

マナーが悪いので注意されたら逆ギレして殴る蹴るする。
自分から逃げた彼女が新しい男と交際すると、そのより良い人格をもった男を待ち伏せて殴る蹴るする。
誰でもいいから殴りたい。
だれでもいいから殺したい。
こういった、内なる闘争本能を制御できないヤカラはそこら中にいるのです。そんなヤカラの魔のツメから自分たちを守ろうと備える人々は少なく、備えのない大多数の人々が犠牲になるというわけです。

トラは、虎として産まれると一生トラとして弱い動物を食い続けます。兎はその生涯をウサギとしてまっとうし、猛獣に捕まれば抵抗することもなく おとなしく食われるという運命にあります。
しかし、人間はちがいます。
ネズミのようにおとなしい人間でも自分の決心ひとつでオオカミにでも豹にでもヤマアラシにでも成れるのです。なのに大多数の日本人は、そういったことすら考えることなく まったりと淀んだ平和そうな空気のなかで安心しきって生活しており、その中で運の悪い無毒な善人が暴力犯という猛獣に遭遇し殺され、周囲の人々はまゆをひそめながらも数日で忘れてまったり空気のなかに溶け込むわけです。

備える者には危機にあって生き延びるチャンスがあり、備えない人は、抵抗する知識も手段もないために犠牲となる。

弱者のまま生きるのか、強くなって生きるのか、
これは皆さんそれぞれのチョイスです。

 市   


Posted by 市 at 00:27Comments(9)語りのプラザ

2017年11月20日

New 市ブログの構想

市 (2017年11月20日 12:21) │Comments(3)語りのプラザ
http://araishimakoto.sakura.ne.jp/wp/blog/

まず、こちらが現在私が運用しているサイトのBlogのセクションです。 最新のワードプレスというツールで構築しています。 ユーザーが多いので、追加のモジュールも大量に出ており、アップデートも頻繁です。 カスタマイズも容易ですし、自分で管理するので、禁止ワードなども設定しない限りなんでも通ります。 画像などは、先にライブラリーに放り込んではりこめます。 既に、旧タクティカルライフでドメインとサーバがありますから、そちらに新しいデータベースをインストールして、構築するのがよろしいかと。 ヨシさんと、管理情報をシェアできれば、調べてかかれます。
elan


うんうん♪ にゃんるほど・・・(^^)

ブログの形態は進化しているのですね?

で、今のこのブログに入っている膨大な書き込みなどは持って引っ越しできるのでしょうか?

ぜひとも管理人のヨシとも相談してみてくださいな。

 市
  


Posted by 市 at 12:21Comments(3)語りのプラザ

2017年11月20日

どこが入力禁止じゃい?

市 (2017年11月20日 11:59) │Comments(5)語りのプラザ
>治安状況は昔より悪化しているんでしようか。

日系移民はおとなしくて武装などしていなかったのでヤラレ放題だったようですよ( -_-)
フレズノは大きな都市なのでギャングもはびこっており、交差点でいきなり撃たれるとかもあります。
着ているシャツの色で敵ギャングだと勘違いされて殺されるようなこともあります。

これをコメントに書いたら入力禁止だそうで跳ね返されました(メ-_-)

elanさん、
新しいブログの構想を聞かせてくださいな。

 市
  


Posted by 市 at 11:59Comments(5)語りのプラザ

2017年11月17日

トランプさんから手紙が・・・

市 (2017年11月17日 08:45) │Comments(11)語りのプラザ


ジュン宛にホワイトハウスからサイン入りのフォトと手紙がきました〜(゜◇゜)ガーン!!


かっちょ良い書式のていねいな手紙(^^)
でもサインは印刷っぽい(^o^)



いつだったか ジュンが手紙の書き方を習っていたときだったかも・・・

“せっかくならトランプさん宛に手紙を書いてごらんよ、いつかヨセミテに遊びにきてウチにも寄ってくださいと書いたらどう?・・・そうそう私のお父さんはウィルコックスの社長のお友だちなんだよ、とも書いておいてね・・・”
と、ジュンに告げたのです。ウィルコックスとトランプさんは仲良しらしいので(^^)

ジュンは キャー!!っと大喜びです(^○^)

ところでロシヤ疑惑ですが、

クリントンおばちゃんがウランの権益をロシヤに渡して多額のカネを受け取ったという記事が出ており、これが本当だったらクリントン女史は大変なことになるのではないかと。そしてトランプさんのロシヤ疑惑はクリントン側の捏造だったという記事もあるんです。

日本の嘘つきミディアは反トランプでクリントンの味方なので、このニュースは彼らにとってすごく不都合なわけですからダンマリしているのではないかと。

今後が楽しみですよ(^-^)


  


Posted by 市 at 08:45Comments(11)語りのプラザ

2017年11月06日

空気銃の想い出

市 (2017年11月06日 10:49) │Comments(8)語りのプラザ


あれはたぶん、小2のころだったと想う。

米軍の爆撃で家は焼け落ち、
しかたなく 燃えてなかった空き家を
みつけて一家は住んでいたんだよ・・・
空き家の主はおそらく全滅したのだろう。

でも、食い物がなくて、芋を食えるか
腹を空かしているかのどちらかだった。

そんな窮状にあって、兄の一人は
中学生だったろうか、、自分から
養子にもらわれていったのだ・・・

そして数ヶ月たったら兄は家族が
なつかしくてたまらず、飢えている
だろうと心配をしてタンス貯金を
かっぱらってアバラ屋にもどって
きたのだ。

サンタクロースも負けるほどの大袋に
食料をどっさりと入れて担いできたわ。

そして盗んできたカネで自転車を買い、
さらに中折れ式の空気銃を買った。

それを末っ子のワシに持たせてくれた。

その黒光りと鉄の感触、
ずっしりとした重さに末っ子は
衝撃を受けていた。

キレイとか美しいとか、
そんなもんじゃなかった。
胸の中が熱いものに満たされ、
ぐわーん、という衝撃を受けたのだ。

空気銃がほしい!!!
その気持ちは中学になっても
けして消えなかった。
空気銃のあの鉄の感触を想い出すだけで
頭の中がぼんやりとなったものだよ。

ど貧乏は中学を卒業するまで
続いたが、心は空気銃とキャメラの
カタログを観るだけで満たされていた。

そんなワシ、アメリカに移住して74歳
にもなった・・・
そして月に1度は幾挺かの拳銃を携えて
射撃場にむかうのだ。

射場のゲイトを開けて振り返ると
トヨタのタコマがある。

なぜか今朝は目頭が熱くなったよ。

なにをいまさら、
どうしてだろうね・・・

市 (;。;)





  


Posted by 市 at 10:49Comments(8)語りのプラザ

2017年11月05日

刺し違えのチャンス

市 (2017年11月05日 06:27) │Comments(1)語りのプラザ
私はジョンイルという名の父親のもとで育った。父は北朝鮮という国を誰からのジャマされることなく自由に操れる存在だった。
子分のなかに ちょっとでも気に入らない者がいると収容所に放り込み、気に入る女がいればまとめてメカケにしてダンスなど習わせながら飼っていた。大酒飲みで乱暴で短気で酷薄な父だった。

そんな父親だったが、心の中には常に劣等感をもっていた。
劣等感の原因はアメリカの存在だ。
世界一強大な大国、こいつが私のファミリーと国をめちゃめちゃにした。

もとはといえば「朝鮮戦争」だった。
私の父の父はイルソンという。
イルソンはもともとは小物な戦士だったが、朝鮮の国土を狙っていたソ連がイルソンを選び、ドサクサに紛れて北朝鮮のリーダーに仕立て上げたわけだ。

イルソンは血気にはやった人だったので、願うことはいつも「朝鮮統一」のことだった。
祖国が外国によって分断されている、、これは自分が解決すべきことだ・・と常々考えていた。

そういうイルソンを観た子分達は、ある進言をした。

「韓国の民はすべてがイルソン様が38度線を越えて韓国に攻め入るのを待ち望んでいます。我々が攻撃を始めると同時に韓国人もいっせいに蜂起して韓国政府を倒すために戦ってくれるのです・・・どうぞ攻撃開始の命令をくださいませ」

「ソ連と中国は侵攻に賛成か?」

「はい、中ソはスキあれば朝鮮の土地を取りたいと想っているので信用はできませんが、朝鮮がアメリカにとられるとなれば援軍を出して戦ってくれるはずです」

こうして祖父のイルソンは韓国を攻撃した。

いざ戦争を始めてみると韓国軍の戦闘能力は異常に低く、簡単に蹴散らして進軍できた。

ただ、我々の侵攻を待ち望んでいたはずの韓国人たちは ただ逃げ惑うだけで 共に戦おうという人民などはいなかったのだ。
祖父は、好戦的な取り巻きたちのデタラメにだまされていたわけだ。

しかし練成を積んだ北朝鮮軍は 資本主義でふやけた韓国軍などを壊滅させるには充分で,そのまま簡単に韓国を占領できるという状態だった。

ところが、とつぜんにアメリカ軍が介入してきたのだ。
第二次大戦で圧倒的な軍力をもって勝利したアメリカ軍は苦もなく北朝鮮軍を蹴散らした。

祖父のイルソンは慌てふためき、終戦を希望する。
アメリカは、この機会に南北朝鮮をまとめて米国の管轄下におくつもりだった。

ところが、そこに中国軍が入ってきた。それもアリの大軍をさえ上回る数で、撃っても撃ってもはい上がってくる中国人にアメリカ軍は多くの犠牲を出し、追い込まれることもあった。中国軍は戦いに慣れており、昼間に偵察機が飛んできても発見されない方法も知っており、戦い方も勇敢だった。

アメリカはこれに手を焼いて、退くしかなかった。

しかし戦闘が長引くと 制空権のない中国軍の兵士の数は減り始める。アメリカの飛行機によるナパーム弾投下で勝負がついてしまった。

祖父イルソンは、こうして中国軍に救われたのだ。

イルソンの悔しさは、父のジョンイルにも伝わっていた。

「どうしてオレは朝鮮半島を統一できないのだ!!」

ときおり、こう叫び、苦しい顔をしていた。

こうしてやがて父ジョンイルはヤケ飲みヤケ食いが重なって若死にする。

そして、あとを継いだのが私、ジョンウンというわけだ。

私も摂生などできない性格だし短気で大食らいなのだ。
兄の正男がチャイナと結託して私の政権を狙っていたので殺してやった。
叔父もチャイナ寄りみたいな態度だったので死刑にした。
北朝鮮という国は、私のものよ。
どんなことでも私が号令を出しさえすれば自由に動かせる。

そして、このところ また我々の上で戦争好きなアメリカが黒い翼を広げている。
韓国を統合して、新朝鮮国を作り、そこの長となるのが私の目的であり、これは先祖からの悲願なのだがトランプが邪魔をする。

周辺をみれば、ロシヤと中国も我々の国を狙っており、そんな敵どもに対抗するには核ミサイルしかなく、とうとうそれを完成させた。
これでもう北朝鮮に攻め入るような国などあるまい。

とはいえ、許せないのはアメリカだ。
統一を拒む韓国は弱いクセに生意気で腹がたち、米軍にへつらってホイホイと基地を提供している小動物のようなジャパンも火の海にしてやりたいものだ。

とまあ、そういった近況なのだ。

最近になって凄いニュースが入ってきた。

それはトランプが日本に来る・・・

そして韓国にも来る!!!・・・

初めはガセだと想った。

事実だとしたら、祖父の仇、親の仇をとれる絶好のチャンスではないか。

千載一遇の機会とはこのことだ!!!

・・・じつを言うと、私はイチローブログの愛読者なのだ。

イチローの戦闘理論は理にかなっている。
イチローの理論は ジゲン流からきているようで、そのコンセプトは最強だと想われる。

ジゲン流の戦い方とは、
相手を一撃で倒すこと。
もし一撃が外れたら死ぬまで戦うこと。
自分は助かろうと考えず、相打ちをもってよしとすること。

これまでのアメリカは攻撃するにはあまりにも遠かった・・・
だが、トランプが東京や韓国にいるとなればチャンス!!
敵の大将を倒すには またとないチャンスだ。

イチローが私だったら トランプが韓国にいる時に多くの通常ロケットを撃ち込みながら、ありったけの核ミサイルも混ぜて撃ち込むことだろう。同時にソウルに向けてあらん限りの大砲も撃つのではないか・・・。
イチローは、攻撃開始から1時間後には降伏宣言を出して国民の命を守るだろう。そしてイチローは隠れていた田舎の一軒家で拳銃を口の中に発射して自決する。

あとは北朝鮮の利権を巡って米国と中国とロシヤが冷戦すればよかろう。

いいか、イチロー読者たちよ聴け・・・
私ジョンウンにイチローなみの強いマインドセットがあるかどうかは自分でも解らん。なにしろ女たちは可愛くて優しくて御馳走は美味しいから世の中に対して未練はいっぱいで命は惜しいんだな〜・・・
しかしな、トランプが朝鮮半島の地を踏んだとたんに私は頭に血が上って「攻撃開始!!」と一言はっするかもしれないのだ。

この攻撃のチャンスを見送ると、トランプはチャイナを説得して私の国に奇襲攻撃を加え、結局は私を捕まえるか殺すかするだろう。
だから私は核戦争をしかけるかもしれないのだ。

そこのところを想定し、心構えをしておいてもらいたいぞ。

by ジョンウン NARIKIRI

  


Posted by 市 at 06:27Comments(1)語りのプラザ

2017年11月04日

ラーメン屋の構想

市 (2017年11月04日 03:53) │Comments(5)語りのプラザ
>MIZさん、市郎さん
もしかしたら、小規模の事業を起業しようと思う方にも、あらかじめ知識として持たれた方がいいのかもしれません。 これまでは、追い詰められて死ぬくらいなら、破産なんてオススメできることだと思い書きましたが、起業する前にパラシュートを持っていれば、私ほどひどいことになる前に決断できますものね。 もっとも、私は自分で作った借金ではなかったのですが、経営者になってしまうと、会社の借金は自動的に代表者の連帯保証がもれなくついてくるシステムなので仕方がありません。 今は、個人補償なしで借り入れできる制度もあるようですから、できるだけ資金調達の際は、公的資金の個人補償なしを使われた方がいいです。あるいはクラウドファウンディングですね。 そうそう、多分、太平洋時間の8時、つまり今夜0時から、Kindle版の電子書籍は40%オフで買えるようになるはずなので、セール価格になりましたら、興味のある方はご購入していただけると助かります。 何しろ破産してから、これが最初の仕事なのですが、正直まだ売れていません。 それから、http://araishimakoto.comでは、出版に関しても書いておりますので、できるだけご訪問いただけると嬉しいです。 以前と違い、気合いと根性があれば、お金は全くなくても、いきなりKindleで書籍を出版することが可能です。 それこそ、手間はかかりますが、市郎さんのタクティカルライフを分類して、電子書籍の形にして出版してしまうこともできてしまいます。 ブログとはまた違って、やはり書籍の体裁になると違うもので、読みやすくなりますよ。 以前市郎さんも、みんなのコメントや記事をうまくまとめられたらなぁ。という趣旨のことをおっしゃっていましたし、みんなで何か考えて実行できるといいですよね。
elan


先程、アマゾンで「ポチッ」とやっちゃいました。 この前書きを読んでしまうと、さすがに我慢出来ないでしょう。 届くのが楽しみ楽しみ。 仕事、職業。 大手企業のサラリーマンや公務員の安定か、本当にやりたい事へのチャレンジか。 選択の自由があるか無いか。 選択の自由ってのも重要ですよね。 友人にもいます、自営業を親から引き継いだのが。 子供の頃から家業を継ぐことを決められてました。大学も家業のための学校へ。 本人は当然の事と受け入れてましたけど、適性ってのもあると思うんですけど。 本当にやりたい事?。いやいや、本当はやりたかった事?。私はいまだに思いますよ、戦闘機パイロットになりたかった、って。 現実はフツーのサラリーマン。 まぁ、これはこれで良し!ですけど。
MIZ


それと、破産したelanさんが これからの現実にどう立ち向かってゆくのか、家族を飢えさせないためにどのようにしてしのぎ、低空飛行を強いられる状態からどのように上昇気流に乗るのか?・・・その闘争ぶりを見守っていますよ。

ウチの子ども達は あと八年もすれば社会に出るわけで、漫然と大学を出てもツマラナイ会社に入ってしまう可能性は高く、そのころは父親は他界しており家族は離れてくらすことになると想うわけで・・だったら母子三人でラーメン屋とか、なにか新しい健康食を出すレストランを、、まずは屋台を引きながらでもよいので始めてもらいたいと考え、アメリカ人たちの食の変化を観察しているところなのですよ。

アメリカでの寿司は大いに定着しており、ニューヨークやロサンジェルスではラーメンの人気が高まりつつあり、やがては周辺の小都市にまで伝播してくるのではないかと想うのです。小さな街で ウチの母子家庭がイッショケンメに美味しいラーメン屋を経営し、それぞれが結婚して同じ街に仲良く住み続けられるとしたら 亡きイチローさんも安堵していられることでしょう♪


30年後・・・
アメリカのスタバの近くに
必ずあるのが「イチローラーメン」

いらっしゃいませー♪・・・

うん♪ いい光景だわ ∈^0^∋

しかしケンシローは高卒と同時にランディーのいるロサンジェルスに駆け込んで動画世界につきすすむという意思もありそうで・・・まあそれもよいかと♪


  


Posted by 市 at 03:53Comments(5)語りのプラザ

2017年11月03日

破産のススメ

市 (2017年11月03日 11:18) │Comments(4)語りのプラザ
ご紹介ありがとうございます。
こちらに、「破産のススメ」の前書き全文をご紹介します。

はじめに 今年、平成二十九年三月、私が代表取締役社長であった会社の破産と、私個人の破産を決断しました。 裁判所の司法統計によると、平成二十七年度の破産申立件数は約七万件でしたが、私も今年の統計ではそのうちの一件になってしまいました。 タイトルの「破産のススメ」ですが、本来おすすめすることではありません。 なぜなら、すべての債務を踏み倒すことになりますし、私も今回の件では、たくさんの方々に、多大なご迷惑をおかけすることになりました。 御迷惑をおかけした方々には、この場をお借りいたしまして、深くお詫び申し上げます。 今回私は、どうにもならないところまでいって破産をしましたが、もっと早い段階でやめていたら、ご迷惑をおかけする範囲はもっと小さくできたと思います。その経験も踏まえて、今現在苦しい状況の方々にはよく考えていただけたらと思います。 破産にいたった経緯は本編でおいおい書いていきますが、実際のところ破産がどういうことなのかは意外と知られていないと思います。 私自身がそれまで破産ということに対して持っていたイメージは、なんだか大変な事、恐ろしい事、なにもかも終わってしまうのではないか? という漠然とした恐怖でした。映画やドラマに出てくるような、債権者が押しよせて責めたてられるようなシーンを頭の隅で想像していました。 とくに日本では、「借りたお金はなにがなんでも返さなければいけない」というのが倫理的にも道徳的にも強く、その為に途中で白旗を上げることもできずに、最後の血の一滴まで流しきってしまうような経営者の方も多いと思います。 私自身、今年の三月には、もうこれ以上資金繰りや経営を継続することは無理だと判断しましたが、それがすぐに破産の申立につながっていたかというと、必ずしもそうではありませんでした。 それほどに破産の実態も知らず、破産するための法的な手続きや、それによって生じるメリット・デメリットも知らず、それが行動にうつせない最大の障害になっていたようです。 それに、いざやめるにしてもそれまでの経緯がありますから、いきなり破産という結論に飛びつくのも難しかったのです。経緯はどうあれ、会社で仕事をしている従業員やその家族、継続中の仕事など、その時の自分の立場を無責任に放り出すということができなかったのです。多くの借金を抱えた赤字体質の会社経営の中で、私はとても長く惨めな時間を過ごしてきました。 それでも、どうにかしよう、なんとかしようと頑張ってみましたが、現実はドラマのようなわけには行かず、ダメなものはダメでした。 そしてついにもうこれ以上続けることはできないところまで追い詰められて破産を決断することになりましたが、いざ破産することになってみると、「なぜもっと早くしなかったんだろう?」そう思うほどに、破産することのデメリットは私にとって小さいものでした。 いずれにしろ、これ以上会社を続けることは無理だと判断し、三月に動き出してから約五ヶ月後の、八月九日に東京地方裁判所から免責が許可され、ようやくすべての手続きが終わりました。 この本の中では、私が実際に経験した体験談とともに、破産の実態や手続きについて書きました。 法律的な部分については、実際に本件を担当していただいた、藤田智弘弁護士監修のもと、できる限り正確を期しています。 東京地方裁判所から免責(債務に対する責任を免除される事)が許可された今、破産の実態をより多くの人に知っていただき、今も悩み苦しんでいる中小企業の経営者の方々に、少しでも本書がお役に立てれば幸いです。
elan   


Posted by 市 at 11:18Comments(4)語りのプラザ

2017年11月03日

elanさんのブログ

市 (2017年11月03日 04:17) │Comments(5)語りのプラザ
先月、突然作家デビューしまして、執筆からプロモーションまで、全てを自分でやった中の一つが、オフィシャルサイトの構築でした。

araishimakoto.com

なんでもやると決めてやれば、ある程度はなんとかなるというのが、これまでの経験からの実感です。 本はニッチすぎて売れませんけど、先に進みます。

公式サイトではお知らせに絞りましたので、一応拙い文章はこちらで公開しております。

https://note.mu/araishimakoto

市郎さんとの想い出も少し書いてます。

elan


ありがとう(^^)/

執筆された「破産のススメ」という
本のアラスジみたいなものを
ここに書いていただけますか?



追伸

あ、これですね♪↓
http://araishimakoto.sakura.ne.jp/wp/  


Posted by 市 at 04:17Comments(5)語りのプラザ

2017年11月03日

日本の司法は中世

市 (2017年11月03日 01:56) │Comments(3)語りのプラザ
職務中に身分証を持っていない軽漢もいるようです。 青森県警八戸署 警察官に職務質問をかけたら、なんと、警察手帳不携帯⇒警察法違反の現行犯

https://www.youtube.com/watch?v=LKIr_eQwMFs

続きの動画ですが、身分証の不携帯について、組織で隠蔽しようとしています(笑) アップ主が3:16で身分証明の不携帯について問い詰めたら「特殊な事情があります、今回の件については」だそうです。 青森県警八戸署 警察官に職務質問⇒その1 追及編 警察手帳不携帯事件の隠蔽

https://www.youtube.com/watch?v=rXHb0gWtPjg

例外として、携帯しなくてもいい時があるようですが・・・。 >この『携帯義務の例外』については,警視庁の規程類では非常に限定された解釈が示されています。 

https://www.mc-law.jp/keiji/17126/

制服の軽漢が不携帯というのは、随分変わった軽冊諸だと思います。 こちらは職質大会の模様ですが、1:35でとんでもない発言をしている女性系菅がいます。 「実際の現場で素直に職務質問に応じない人がいたら時間を割いてでも協力してもらえうよう実践したい」 (青森)警察官 職務質問の大会 2016年07月05日

https://www.youtube.com/watch?v=BUTuz6hu6f4

やはり日本の司法は中世です。
cal45   


Posted by 市 at 01:56Comments(3)語りのプラザ

2017年11月03日

欲は発揮捨てようではないか

市 (2017年11月03日 00:46) │Comments(5)語りのプラザ
うーん、禁止語に引っ掛かって投稿できませんねえ。 ちゃんとセフティが効いている証拠なので良しとしましょうか(苦笑)。

「欲を棄てたい」というのも既に「欲」なので、「生きること(生きるのを自分の意志でやめることを含む)=我欲にまみれること」という認識です。 どうせ我欲にまみれるなら、その内容を吟味しませんか?ということですね。
ルシファ

そうですよ♪
欲はオモイキシ発揮しないと人生は面白くないですわ(^○^)

無欲になりたいとムカシは想いましたが、今は死ぬまで欲をかいていたいと想っています。

欲は元気の源ノ為友ですから(^○^)
(ミナモトのタメトモ)

欲の発揮捨て、、これしかないかも・・・
(^◇^;)

ところで、禁止語にはイチローさんも困ってます。

「SEっクスフレンド」とカタカナで書いたら投稿できなくて「交尾フレンド」にしましたよ(^◇^)

だいたい、どの単語が禁止用語なのか書き込んだときに知らせてくれないのはダメですよね。

市ブログへのコメントは アップする前に確認するのですから禁止用語など規制しないでもらいたいです。

このところ、このブログに書き込むのことに疲れを感じています。

禁止用語などないブログがあったら転向したいと考えているのです。
フォトをアップするにも手順のクリックが多すぎてストレスを感じているのです。

なにか良い方法はないのでしょうかね?

(×市×)  


Posted by 市 at 00:46Comments(5)語りのプラザ

2017年11月02日

職質うけて30万円稼ごう♪

市 (2017年11月02日 03:26) │Comments(0)語りのプラザ
これ?本当かな まだ社会復帰出来ない今、試してみたいな。 職務質問断ったらお金もらえた。

http://blog.livedoor.jp/rom_soku/archives/4456495.html

ゴードン


これは事実ではないかと想う。
弁護士に頼めば もっと早く進行できるのではないかな。

皆さんは、警官の横暴を証明するための動画は必ず録りましょう→これは違反ではないので。

ゴードンはヒハビリで時間があるのだからゼシともやってほしいよ。

国民が雇っている警官が 無実の国民の人権を踏みにじることに対して抵抗しはじめないと警察はズに乗ってマイハシでさえも没収する事態になると想うので、自分にはどういう権利があるのかくらいは学ばないとね。

「ちょっといいですか?」

「はい」
ここで落ち着いて動画を撮り始める。
(待ってましたとホクソエム♪)

「お名前は?」

「まず警察手帳を見せてください」

「タナカさんですね? ワタシはナガタイチローです」

「どちらへいくのですか?」

「ミーティングに行きますが、時間に遅れるのでなんなら歩きながら話しましょう」

「そのバッグの中を見せてください」

「それは任意ですか、強制ですか?」

by とまあ、そんな話などしながらバスでも電車でもタクシーにでも乗って、警官には急いでいるので行く先まで同行してくれと頼むつもりのイチローさん(^o^)


  


Posted by 市 at 03:26Comments(0)語りのプラザ

2017年11月02日

お金持ちがお好きな女性は多い

市 (2017年11月02日 02:38) │Comments(10)語りのプラザ
https://www.youtube.com/watch?v=JVD7btb58-k

職質動画を観ていたら
急にこんなのがありましたよ(^o^)

わっはっはっはぁ〜(^○^)(^◇^)
と、大笑いしましたよ。

収入の少ない人と一緒になると経済的に苦労するのはたしかなこと、なのでお金持ちと結婚したがるのは責められないです。

しかし、貧しくとも愛せる人と共に困難に立ち向かって充実感がえられている女性も多くいます。

ショクン、
オナゴを選ぶ時は気をつけよう!!

できたら賢いオナゴが良いです。

でも、君はそのまえに賢いオナゴに選ばれるだけの人間性を備えなくてはなりません。

賢いオナゴは 親が金持ちでも、君自身の人間性を見抜きますからね (^_^;

・・・うーむ・・・
オカネと愛がほしいと願うのは人の常。
そのために、どれだけ努力をしているか?
ここんとこが問題だね・・・。

by こういったことを高校生のために一冊の本に書きたいと想うが、ズボラなので書けない市
(^^)/

  


Posted by 市 at 02:38Comments(10)語りのプラザ

2017年11月02日

外国人にはビビル警官

市 (2017年11月02日 01:32) │Comments(3)語りのプラザ
動画のUP、ありがとうございます^^
こういう時は弱気な軽漢です。 トルコ大使館前 乱闘騒ぎで9人けが

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3%E5%A4%A7%E4%BD%BF%E9%A4%A8%E3%80%80%E9%81%B8%E6%8C%99

>映像を見る限りでは警察は本当弱々しくてクズだな。血の気の多い外国人にはビビって何もせずそこらにいる人には強気か。 コメント主に同感です。 2分弱経過すると負傷した軽漢が出てきます。 何もしていないのにペンや車載のレスキューツールに言いがかりをつけている、普段の所業のバチが当たったのかもしれません。 逃げ足だけはすごく早いです。動画のようなしつこさは、どこにいったのでしょうか。

【逃げる警察官】お台場でベンツで突っ込み暴れる覚醒剤中毒犯人→逃げる警察官を尻目にパトカー窃盗未遂で逮捕!

https://www.youtube.com/watch?v=c3vRWtc7lVs ---------------------------------------------------------------------
これが正しい職質だと思います。いつまでも付きまとわないのが流石です。

UK cop harassment fail.
https://www.youtube.com/watch?v=GKavJVsPfpo
しつこい方もいるようですが、取り囲んで転び公房をやらないのがいいところですね。
一郎様がアップしてくださった最初の動画の中のような「協力してよ」などと気持ちの悪いことをしないのが流石紳士の国だと思いました。

PCSO want my name Fail!
https://www.youtube.com/watch?v=WMxsDpOx0Eg

しかも、イギリス警察は、IDをきちんと撮影させてくれます!

U.K Police Stop & Search Refusal

https://www.youtube.com/watch?v=JNLOhF-o2z4

埼玉県軽は拒否します。
理不尽警察24時 埼玉県警「職務質問・警察手帳不呈示編」自己解説付

https://www.youtube.com/watch?v=YrC2khOGaCA

もう軽冊を廃止して自衛隊が治安維持をやったほうが、国民の為かと思います。
cal45   


Posted by 市 at 01:32Comments(3)語りのプラザ

2017年11月01日

クボタンを知らない ド馬鹿警官

市 (2017年11月01日 11:24) │Comments(8)語りのプラザクナイ


護身、攻撃、撃退ですね。

絶対言ってはいけません。

出張が多いせいか、相変わらず職質は受けます。安定してますね。安定してなくてもいいんですが、、、

今年はまだ2回ですが,ヤッパリ渋谷は厳しいですね。今回はあんまり理不尽で態度がでかいので、ちょっとムキになって言い返しをしたらパトカー横付けされ警察署まで行かされそうになりました。

経緯は、 朝早い時間に銀座線に乗ろうとしました。階段を上がっていたら、
「チョットいいですか?」
と声かけられました。 当時の服装は、いつものようにリュックにグレゴリーのパッセンジャーバック、自分としては何時ものカッコです。

「なんか腰回りに沢山つけてますねー。見させてくれませんか?」

「どうぞどうぞ,でも朝一番の飛行機で帰りますので手短にお願いします。」

という事で始まったのですが、ポーチに入っていたツボ押しを

「これはクボタンじゃないですか?」
と言いはじめまして
(上の写真がツボ押しです)

「いやこれはツボ押しですよ。そもそもクボタンってなんですか??」
と 聞くと

「イヤ。これはクボタンだね〜 チョット派出所まできてくれ」

とはじまりました。。

「これは100均一で買ったツボ押しですよ。それにクボタンってなんなんですか??」
と聞いた所、、知らないとの事?。

自分も知らない物をクボタンと言うものに決めつけて派出所までいかなきゃいけないのですかと聞いたらそうだと言うので,トコトンやり合う事に。。。

ではコレがクボタンと言うもので、武器だと言うのであれば、どこがあぶなく、どうやって使うのですか?
と聞いても使い方も全く知らないとの事。

ともかくクボタンだからコイと言われ、
これは飛行機乗り遅れてもやってやろうと闘志が湧いてきました。 そこに応援を呼んだのかパトカーが来まして、一番偉い階級の警部補さんに聞きました。これはクボタンと言うものではありません。100均一で買ったツボ押しです。コレで警察署まで連行するのであれば、拒否します。なんなら一緒にダイソーに行きましょうと言ったら、色々調べられて、結局は無罪放免(当たり前だ‼︎)この言い掛り巡査長には厳重注意をお願いしました。

ところで件のクナイですが、、2本所持しておりましたが,眼中無いみたいで問題無しでしたよ。購入してからもう何回かシン交換しましたが、全然壊れる気配ありません。 もしクナイでの無実の判例が出来たら良いですね。(無実と言うかそもそもコレで検挙自体が問題)自分は喜んで協力致します。ハイ‼︎、

先日、目の前で車がひっくり返っていて、運転者もまだ乗っている状態で、コリャ、クナイの出番ダーと喜び勇んで出て行ったのですが、無事に裏からから引き出す事が出来て、、、、使い機会がなく、残念だった喜多長でした。。。。。


自分でも知らないモノを勝手にクボタンと決めつけて連行しようとするなんて、戦争中に強権で良民をいじめまくった特高警察と同じではありませんか!!!
警視庁には、あまりにも下劣な警察官が多いので東京では気をつけましょうね。
喜多長、こんど動画を録ってほしいよん。
市  


2017年11月01日

職質の動画を観て職質に慣れておこう

市 (2017年11月01日 00:30) │Comments(1)語りのプラザ
言葉使いの悪い警官
https://www.youtube.com/watch?v=wSp-JQ41-oY

ノーヘル警官
https://www.youtube.com/watch?v=-RNeerucqE8

職質されたら動画を録ろう
https://www.youtube.com/watch?v=mmG8k29-aK8

動画撮影は良民の武器です♪
https://www.youtube.com/watch?v=hQmJ_OeB084

職質への模範対応
https://www.youtube.com/watch?v=TtLUXmF34n0

出勤中にからむ警官
https://www.youtube.com/watch?v=J48in5ru1Q8

警官にも苦労があります
https://www.youtube.com/watch?v=LSnTJgu_lZU

職質を楽しもう
https://www.youtube.com/watch?v=3Ao_H8bmZlM


イチローさんは警察と自衛隊は好きですよ。
ただ、程度の低い警官や隊員たちの勘の悪さは税金の無駄遣いだと想っています。

とくに、ペンをもっているだけで武器扱いするような警官は公僕としての常識がないと考えています。



  


Posted by 市 at 00:30Comments(1)語りのプラザ

2017年10月31日

警察官の職質を観ましょう

市 (2017年10月31日 23:07) │Comments(2)語りのプラザクナイ
こんばんは

>そして、 「はい、タナカさん、ご用はなんでしょうか?」 と、相手の名前を呼ぶこと。

このようにするといいのですね^^
違法職務質問-3/4

https://www.youtube.com/watch?v=JNvC6BUhteM

>警察官はそんな危険な場所に行かなければ所持する必用は無い筈だ 地震や災害のことを全く想定してない馬鹿〇官です。 たとえ危険な場所に行かなくても事故や災害はどこでも発生する可能性はあると思います。 尤も、最近は、事故現場で交通整理もまともにできないようですが・・・。

警察にキレる消防隊員。転覆した車(東京 板橋区)

https://www.youtube.com/watch?v=N4WTEihF_Q8

>結局裁判費用は百数十万 もう本当に基地外国家です・・・。 取り調べの全面可視化や、弁護士同席の取り調べも制度化しませんし、海外からすると中世だそうです。 >国連での指摘 >日本では)弁護人に取調べの立会がない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8E%A5%E8%A6%8B%E4%BA%A4%E9%80%9A%E6%A8%A9

まさに”放置国家”ですね。。 そりゃ、えん罪が増えて、身内に甘いク〇ポリの不祥事がジャンジャン起きるわけです。 他・・・ 飲酒運転 警官、チューハイ6本飲み運転 追突事故起こす

https://mainichi.jp/articles/20171025/k00/00e/040/244000c

福井県警越前署は24日、敦賀署地域課の巡査部長、山浦英樹容疑者(53)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を認めているという。 容疑は、24日午前9時45分ごろ、南越前町大谷の国道8号で、酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転した、としている。 >相手がspか知らんけど違反は違反だろ? 【
警察】SP、警護車付の車を捕らえてしまった交機の白バイ

https://www.youtube.com/watch?v=-9WHMTa1ikE

【無能警察24時】 警察が公務中にパトカーでタバコ

https://www.youtube.com/watch?v=fCFM56sb_Q0

しつこい職質を行う輩には、リアルなターミネーターやランボーのような人が出てくれたらいいのに、と思います。 制服〇官がバッタバッタ氏んだりぶっ飛ばされたりするのをyoutubeで眺めてみたいものです。 ------------------------------------ 内容が変わってしまうのですが、クナイにそっくりな商品が販売されていました。 これは問題にならないでしょうか?

https://www.amazon.co.jp/Laix-%E3%82%BF%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%9A%E3%83%B3-%E9%98%B2%E8%A1%9B%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB-%E7%B7%8A%E6%80%A5%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AB-%E5%B1%8B%E5%A4%96%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%88%A6%E8%A1%93%E3%83%9A%E3%83%B3/dp/B06XDWZV2L/ref=pd_sim_21_6?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=J4ZRXVBY93MHBY5NG7K3

追伸: USサイト内でクナイを初めて見たのですが、やはり本物は輝きが違うと感じました。

http://www.tactical-life.com/firearms/kunai-tactical-pen/cal45 41.206.188.206

市より
これからこれらの動画集を観させていただきますね(^-^)/
  


2017年10月31日

タクマ食堂 訪問の巻

市 (2017年10月31日 10:55) │Comments(2)語りのプラザ




知られているようで知られていないタクマ。

知られていなそうで知られているタクマ(^^)

タクミと同じクラスで育ち、
タクミはアメリカの工場長となり
タクマは日本食の板前になりました。

それもロサンジェルスの有名所は
サンタモニカに出店です。

ここに行ったら
“ボク、イチローさんのファンでーす!!”
といいさえすれば、このまま酒を升1杯まで注ぎ続けてくれることウケアイ・・・だよねタクマ
(^O^)/







オイモさんたちの報告によれば、なかなか美味しいとのことですので、よろしくお引き立てのほどを・・・(^^)/

この晩餐をラストに、ヤキイモさん御一行のバカンスは終わりとなりました。

 市  


Posted by 市 at 10:55Comments(2)語りのプラザ

2017年10月28日

ラストサムライ

市 (2017年10月28日 14:07) │Comments(4)語りのプラザ
おやっとサーです。
そう言えばラストサムライもオファーがこられたのではなかったですか???? サムライ姿のイチローさんを見てみたかったですね〜
(^ω^)喜多長


ラストサムライではランディーがチラリと画面を横切りましたよ(^^)
(真ん中のハンサムな若者)

面白い映画でしたが、あれがもし西郷軍の戦いだとしたら写実性はゼロなので、まったくの創作だという考えで観ませうね(^-^)/

 市  


Posted by 市 at 14:07Comments(4)語りのプラザ