最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年11月01日

クボタンを知らない ド馬鹿警官

市 (2017年11月01日 11:24) │Comments(8)語りのプラザクナイ


護身、攻撃、撃退ですね。

絶対言ってはいけません。

出張が多いせいか、相変わらず職質は受けます。安定してますね。安定してなくてもいいんですが、、、

今年はまだ2回ですが,ヤッパリ渋谷は厳しいですね。今回はあんまり理不尽で態度がでかいので、ちょっとムキになって言い返しをしたらパトカー横付けされ警察署まで行かされそうになりました。

経緯は、 朝早い時間に銀座線に乗ろうとしました。階段を上がっていたら、
「チョットいいですか?」
と声かけられました。 当時の服装は、いつものようにリュックにグレゴリーのパッセンジャーバック、自分としては何時ものカッコです。

「なんか腰回りに沢山つけてますねー。見させてくれませんか?」

「どうぞどうぞ,でも朝一番の飛行機で帰りますので手短にお願いします。」

という事で始まったのですが、ポーチに入っていたツボ押しを

「これはクボタンじゃないですか?」
と言いはじめまして
(上の写真がツボ押しです)

「いやこれはツボ押しですよ。そもそもクボタンってなんですか??」
と 聞くと

「イヤ。これはクボタンだね〜 チョット派出所まできてくれ」

とはじまりました。。

「これは100均一で買ったツボ押しですよ。それにクボタンってなんなんですか??」
と聞いた所、、知らないとの事?。

自分も知らない物をクボタンと言うものに決めつけて派出所までいかなきゃいけないのですかと聞いたらそうだと言うので,トコトンやり合う事に。。。

ではコレがクボタンと言うもので、武器だと言うのであれば、どこがあぶなく、どうやって使うのですか?
と聞いても使い方も全く知らないとの事。

ともかくクボタンだからコイと言われ、
これは飛行機乗り遅れてもやってやろうと闘志が湧いてきました。 そこに応援を呼んだのかパトカーが来まして、一番偉い階級の警部補さんに聞きました。これはクボタンと言うものではありません。100均一で買ったツボ押しです。コレで警察署まで連行するのであれば、拒否します。なんなら一緒にダイソーに行きましょうと言ったら、色々調べられて、結局は無罪放免(当たり前だ‼︎)この言い掛り巡査長には厳重注意をお願いしました。

ところで件のクナイですが、、2本所持しておりましたが,眼中無いみたいで問題無しでしたよ。購入してからもう何回かシン交換しましたが、全然壊れる気配ありません。 もしクナイでの無実の判例が出来たら良いですね。(無実と言うかそもそもコレで検挙自体が問題)自分は喜んで協力致します。ハイ‼︎、

先日、目の前で車がひっくり返っていて、運転者もまだ乗っている状態で、コリャ、クナイの出番ダーと喜び勇んで出て行ったのですが、無事に裏からから引き出す事が出来て、、、、使い機会がなく、残念だった喜多長でした。。。。。


自分でも知らないモノを勝手にクボタンと決めつけて連行しようとするなんて、戦争中に強権で良民をいじめまくった特高警察と同じではありませんか!!!
警視庁には、あまりにも下劣な警察官が多いので東京では気をつけましょうね。
喜多長、こんど動画を録ってほしいよん。
市  


2017年11月01日

職質の動画を観て職質に慣れておこう

市 (2017年11月01日 00:30) │Comments(1)語りのプラザ
言葉使いの悪い警官
https://www.youtube.com/watch?v=wSp-JQ41-oY

ノーヘル警官
https://www.youtube.com/watch?v=-RNeerucqE8

職質されたら動画を録ろう
https://www.youtube.com/watch?v=mmG8k29-aK8

動画撮影は良民の武器です♪
https://www.youtube.com/watch?v=hQmJ_OeB084

職質への模範対応
https://www.youtube.com/watch?v=TtLUXmF34n0

出勤中にからむ警官
https://www.youtube.com/watch?v=J48in5ru1Q8

警官にも苦労があります
https://www.youtube.com/watch?v=LSnTJgu_lZU

職質を楽しもう
https://www.youtube.com/watch?v=3Ao_H8bmZlM


イチローさんは警察と自衛隊は好きですよ。
ただ、程度の低い警官や隊員たちの勘の悪さは税金の無駄遣いだと想っています。

とくに、ペンをもっているだけで武器扱いするような警官は公僕としての常識がないと考えています。



  


Posted by 市 at 00:30Comments(1)語りのプラザ