最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年11月25日

8インチのパイソン

市 (2017年11月25日 22:35) │Comments(23)てっぽ
おっはばんわぁ〜皆さん(^O^)/

テッポのフォト載せると お礼のコメントをいただけるのね?・・・
ヒジョーにメンドクタイけど、まあヤリガイあるわ(^○^)

んなら今朝は8インチも見てよね↓

コレ、買ったのかなぁ〜?
そして手放したのかな〜?
ぜんぜん記憶にございません(^_^;

ただいえることは、
好きにはなれんかった・・ということね。


スコープが載っていたわけだけど
この間延び感に堪えられなかった(^0^;)

完成度の高いモノには、
視覚的な説得力があるものよ。
鋭いたたずまいがあるもの。
凄味と一体感があるもの・・だと想う。

そのムンムンとした闘志がコイツには感じられないんだわ。

なのでスコープだけキープして手放したのだろうね。


こうして並べてみると
「視覚的説得力」という意味が解るだろ?
8インチはいかにもバランス悪そう
じゃないのよ・・ねっ?

それとさ、致命的なことは
6インチの方が命中精度が高いということ。

これ、霧のアカン固だわ(^◇^)

ストラウプさんは、拳銃の場合は6インチのバレルが最も精度が出ると言っていたよ。
そーいえば 精度を競うPPC用の拳銃はほとんどが6インチだったね〜・・・

で、スコープをバレルにジカ載せしているのはマズイと想うんだわ。
弾丸がバレルの中を突っ走ると、バレルはブルンと揺れるわけで、そのブルンの振れがスコープに阻害されてナチュラルな揺れができないと想うのだよね。そのために命中精度に狂いがでても不思議ではないという気がするんよ。


今にして想うに、イチロー兄イは、拳銃射撃を始めたころから「狙撃拳銃」というコンセプトを強く意識していたんだね〜(^^)


なんとFBIスナイパーたちと一緒にマンハンターを撃って、彼らの意見など聴きながら小さな狙撃銃を模索していたわけだ・・・そういうことも、このフォトを見るまではすっかり忘れていたよ。
おもえば良き時代だったなぁ・・・・・・

今は、トシとったよ・・けども、昔よりも深い幸福感に満たされているけどね (*^_^*)

 市



  


Posted by 市 at 22:35Comments(23)てっぽ