最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年04月06日

明日はスリーガン♪

市 (2014年04月06日 12:41) │Comments(3)訓練


明日、スリーGUNマッチがあるので準備に
行きました。
前回はすべて鉄板ターゲット使用でやったら
好評でアンコールというわけです♪

今回は人質をとった犯人のヘッドを撃つと
いうのを加えました。


これは200m超の距離です。
まあ、誰でもカンカンと当てちゃいますが
タイムを競うのでかなり早撃ち競争と
なるんですよん(;゜▽゜)

いわばライフル銃によるWCSと
いうわけです♪

8:30夜・・・もう寝床に入ってコレ書いて
います。早く寝なくっちゃ〜・・・

だってさ・・明日はさ・・
ピストル バババンバンでしょ♪
ライフル ガンガンガガガでしょ♪
シャッガン ガシャポンのドンカドンカでしょ♪

遠足の前夜って気分なんですよね〜(゜▽゜)

ではお先にグンナ〜イ(^〇^)/
市  


Posted by 市 at 12:41Comments(3)訓練

2014年04月06日

まず合焦させよ

市 (2014年04月06日 11:58) │Comments(4)






つづきだす~♪ でもだすね・・ 揺れる花を息を止めて真剣に撮っているうちに、雨に濡れてしゃがみにくくなったズボンにイライラしたり、花を揺らす風にムカムカしたり、SDカードに保存するのに掛かる2~3秒が待てなくてカリカリしたりと、なんだかスゲー不機嫌になってきますてね、すっかりくたびれてしまいますた(不審者の文章)。 (`ε´) ンモー 違うハナも撮って、びしょ濡れでウチに帰って撮った画像を見てみると・・ みーんな横向き!! ∑( ̄口 ̄)!! ガーン しまったあ~!! ケータイは画素数を上げて撮ったら横向きにとかサカサマに写るんだったあ~!! 50枚み~んな横向きだ~っ。 (;_;) ダイシッパイ “スタンドイーズィー・・・” と花に声をかけながらその場でチェックすれば良かっただす~。 o(;x_x)o シッパイシタ イチロー先生。 見ていただくのに横向きのヘンなフォトでスンマソン。 また撮るだす~。 m(;_ _)m ヒラニオワビ by まあ7000歩ホド歩けたからイイヤと想うコトにして泣き止んだオトコ
マルパソ86

いろいろ事情はあるだろうが、

いろいろ言い訳もあるだろうが、

そして、マルパソなりに感動もして
シャッターを切るのだろうが・・・

写ってないっ!!! びしっ!!
撮れてないっ!! ばしっ!!
平凡に過ぎるっ!! べしっ!!

感動しないと写せはしない
だが感情的になると写らない

これがフォトグラフというものだ。

冷静に撮る
すぐれた技術で・・・

この意味は、レンズがどのように描写し
君が感動した場面はキャメラの眼にはどう
映るのか・・?

ということを熟知すること。

キャメラは機械なので感動などしないし
情緒もない。喜怒哀楽という人間の産物
などにはトンと興味ないのだ。

おおお〜(;゜▽゜)かんどーした〜!!!
撮るぞぉ〜(●^o^●)

と、君は夢中になって撮る、するとキャメラは

“ふんっ(~_~;)独りよがりのバカめ〜 ”

と、きったないフォトをよこす(^◇^;)

構図は変だし、撮ったつもりのないジャンク
がオモイキシ出しゃばっており、写したモノ
にはなんのインパクトもない (°□°;)

これは機械と人間との大きな隔たりと
いうわけだ。

かくして君の感動は空回りする。

いずれはヤンナッて撮れなくなる。
撮るのが怖くもなる。

このあたりから、良いフォトが解りだす。

いや〜、写真って難しいデスネ〜(;゚Д゚)
と、言えるようになる。

これで一年生というわけ (。◠‿◠。)

と、まあそういうことだから、
キャメラとは どういう機械なのか
もっともっと考えてみないとね( ^ω^ )

んで、キャメラを操作するとき、最も
大切な初歩の初歩の初歩は・・

ピントを合わせる、、ということ!!
ブラさないということ!!

この練習をすべし!!!( `д´)/

ピンボケはダメ〜!!(ʘ≙ʘ)!!

合焦とは、ピンを合わせること。

合焦したフォトとは人物の場合は
まつ毛を鮮明に数えられること。
モノだったら質感が明瞭に出て
いること。

ピンの外れたフォトなんてUFOの写真でも
ないかぎりメッタなことで
人様に見せるでないっ!! (`・´)/

ソフトフォーカスやブラしなどの効果を
ねらったものはもっちろん別だよん。

で、オートフォーカスというやつが
くせ者でね〜(。・ˇ_ˇ・。)

だからフォーカスするときは独立
したボタンをワシは使うわけね。

マルパはもっとうんと撮りなさい (^w^)
シャッター速度は1/250以上を使おう。
1/125ではブレると想っていいよ。

気持悪いので外でのワシはスタビライザー
は切ってるんだ。

  


Posted by 市 at 11:58Comments(4)

2014年04月06日

組写真

市 (2014年04月06日 01:47) │Comments(5)語りのプラザ


何年か前にちょっと流行った? ど根性なんたらを!! 自分も見つけましたよ〜ん\^o^/
名付けて:ど根性フキノトウ!!
あ〜春だな〜o(^-^)o
KO-1

これかぁ〜!!

説明が判らないんだけど、これがフキなの?

それはともかく、これは良い被写体なので
「作品」に仕立ててみたらどう?

こういうのは1枚のフォトでは説明できない
ので、複数で表現する。

まずは、生命の感動を伝えるイッパツ!!
そして状況を説明する描写だ。

起承転結という4枚でもいいし
起転結の3枚でもよいよ。

こういうのを「組写真」という。
クミシャシンと読む。

テッポを撮る時も、裏表と各部のアップで
説明するわけで、これが組写真だね。

もちろん1枚1枚の描写力が強いほど
組み写真の威力は増す。

ゆうこさんとバットンの「美女と銃」の場合も
美女主体と銃主体とに明瞭に分けた表現の
フォトを組むことで見る人に伝わるものは
大きくなるわけよ。

強いパッション(情熱)
冷静な観察
すぐれた撮影技術

こういう要素がそろわないとダメね。

でね・・・
最後のところだけどさ・・・

イチローが撮ったように撮る、、ところまで
はわりと簡単に行けるもの・・・が、!!
それではマネでね、、無価値なんだよ。

“あ、このフォトは市さんのかな?”

と想われたとしたら「模倣」となってしまい、
本当のプロフェショナルではない。

「イチローとは異なるスタイルだが良い!!」
と、そういうフォトでないとアートではない。

シューベルトはベートーヴェンに憧れて
すごく模倣し・・・やがて自分の繊細な
スタイルを構築した・・・

だから君達は、はじめはワシのことを
聴いてベンキョする、、でも「自分流」を
創るということを目指す必要がある。

アーティストの価値は技術力ではなく
創造力なんだよ。

ゆうこは、ゆうこのフォトを撮るべし。
その果てしない夢を見つめながら
ワシから基礎を学ぶこと。

そういう想いがあるから
ゆうこさんの構図については慎重に
語ったわけだね。

自分はアマチュアだから、、
プロには ならないんだから、、

もし、そう想ったとしたら・・

アンタ あきまへんな〜
心はプロっちゅうコンジョは
ないんけ〜(; ̄O ̄)
ワイはあるでぇ〜(^∀^)

と、まうが怒りまっせ〜!
ねえ、だぶー君?

あ、ひさしぶりに出たね(゜▽゜)

市  


Posted by 市 at 01:47Comments(5)語りのプラザ

2014年04月06日

自分は二人いる

市 (2014年04月06日 00:26) │Comments(3)語りのプラザ
 お世話様です。 今週も無事に仕事が終わりました~ (^0^)b ホント何処の誰が! 自分に心無い事を言ったのですかねぇ~ (==;) >もう一工夫して、感動的に撮り直してごらん。 って?? 心とか~!? 感動的と言ってもその事じたいが解らないんですよ~ん (@@) ちなみにお堂は自分の家に代々有る 千手観音堂ですよ~ん !(^0^)!  マルパソさ~ん!! G12って~ (?_?) もしかしてグロックの22LR撃つヤツですかねぇ~ (^皿^) そんな物を蛇ポンに持ち込むとは (**) 自分も欲しい~ (☆ ☆)
KO-1 「笛木 孝一」

この植物、名前はしらないけど、
土管かなんかで暮らしているの?
それとも植木鉢?
そこらを説明しながら撮れないか?

なにかを見つける、
そしてその姿をキャメラに収めよう
とする、、ということはその被写体
に対して作者はなんらかの感動を
覚えたわけだ・・・

なんとなく撮る、なんてしないハズ、、
自分でなんとなくだと想ったとしたら
自己観察ができてないということ・・

「撮るための動機」
「撮りたいという欲求」
「撮ろうという感動」

それらがあるから撮るんだろ?

つまり感情に動きがあった。
心に波が立った。

そういうこっちゃろ??

自分の心って二人が存在するだろ?
この二人が意見を述べ合って
心はニギヤカになるだろ?

そのうちに片方の自分が
アレを見ろ〜 すごーい!!

と言う、、すると片方も

おおーう、ほんとだー!!

と共鳴する。

これが感動のはじまりだ。

えっ?
自分の心はひとつで二人はいない
だって??・・・

そうかな〜・・・
そいつは初耳だな〜

いるよ〜、、二人居るよ〜・・

自分への観察が足りないんじゃ
ないのぉ〜

もっと自分の世界を観察しなよ〜

独りだと感動できないんじゃ
ないの〜??

二人いるから心が高まるんじゃ
ないのぉ〜??

走る自分、それを見つめる自分。
泣いている自分、それを慰めて
勇気を与える自分。
笑っている自分、その先を観ている
自分。
問題を出す自分、そして解こうとする
二人・・・。

そういう二人が君の中にいるよ〜!!
でないと君はエゴのカタマリでしか
ないんだよ〜(>_<)

ただ、君がまだ自分を認識できて
いないだけのこっちゃよ〜

写真を撮るつもりだったら
自分の世界を紐解いて読むくらい
しなよ〜 (^_-)-☆

難しいかぁー??

そりゃそうよ〜

71歳のサクセスしたゲージツ蚊が
熟考しながら書いているんだから、
そう簡単にワカゾー諸君に解るはずも
ないんだよね〜(^。^)

これ以上に易しく書けって、できない
からね〜・・・

ここからどれくらい咀嚼できるか、
それは君たちの資質によるんだな〜

でもさ・・
少ぉ〜しくらい感じ取れるだろ?
ヒントにはなるだろ?・・

ま、いまんとこはそれでいいさ(^-^)

市  


Posted by 市 at 00:26Comments(3)語りのプラザ