最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年04月01日

より売れる別冊・・・

市 (2014年04月01日 23:14) │Comments(10)語りのプラザ


こんばんようさんです。 永久保存版 BOOK of 1911 が発表されたのは、 2010年5月号のSATマガジンでした。 限定1911部 ¥5,800- 限定販売 鋭意製作中! すかさず、近所のFirstさんに予約いれました。 それから毎号に広告が掲載され、2011年3月号で広告が消え、巻末の編集後記に「販売予定数をクリアできすに発行中止。」のお知らせが載りました。 え?! 1911部の予約が入らないの?? うそぉ~ と思いました。 今は、honyaclubという書籍、DVD、CD等のネット通販があります。 そこだと、ネット注文ポイントと、宅配か近所の本屋への配送かを選べ、本屋購入場合、注文時と購入時に別ポイントがつくサービスもあります。 割引もあったりします。 こんなところに販売を預ければ、1911部なんて予約殺到だと思うんですが、、、、素人考えでしょうか。
まう@東大阪

http://www.sat-mag.net/blog/2011/10/-vol2hp.html

2011年10月20日のSATブログに
この広告が載っているから
するってえと1911の別冊は
より利益のあがる「じ〜く」に変更
されたのかね〜??・・・

まうもこれ飼ったかい?
テチヤは何冊?
カズヤは萌えたかな〜??・・・(^_^;

よーするにワシらの時代はSATタ
のだよ(^o^)
市  


Posted by 市 at 23:14Comments(10)語りのプラザ

2014年04月01日

立ち消えの 1911本

市 (2014年04月01日 22:12) │Comments(2)語りのプラザ
SATの1911本は、しっかり予約してましたが、悲しいお知らせがきました。(T_T)
まう@東大阪

おはばんわ やね〜ん♪・・・

どのような知らせがきたのか
おしえてくれへんかぁ〜?
いつごろのハナシなんやろ?・・・

ワテにはなんの連絡もないままに
おとさたきえましたねん(>_<)

  


Posted by 市 at 22:12Comments(2)語りのプラザ

2014年04月01日

別冊 HANDGUN まう編

市 (2014年04月01日 15:06) │Comments(2)




金&哲が、HAND GUNのネタを送ったようですねぇ。 
もちろん、ワテも持ってまっせぇ!!

昭和62年5月に発売された当時は、入社4年目ですわ。
当時は$1:¥160と本文中に記載がありますね。M66-2.5inが¥46,000-で、PYTHON2.5inが¥91,000-もすると。
ワテの当時の仲間は、モデルガンで今でいうサバゲをやってた連中で、イチローさんの記事でサバイバルゲームという呼び名が定着してきたころです。
モデルガンからエアガンのタンク式とボルトアクション、KG-9のようなポンプアクションが主流になってました。
ワテもエアタンクを担いで、M60を振り回してた記憶があります。
モデルガンのサバゲは紳士的に生死判断をしてました。びっくりしたら負けとか。。。
おかげで、草むらでのアンブッシュや、敵の背後2mくらいまで気づかれず近づくテクも身に着けました。
しかしエアガンになってからはゾンビが出だして面白くなくなり、「やっぱモデルガンのほうがいいな」という気分になって、エアガンから離れました。
だからシューティングマッチとかの創成期をしりません。
イチローさんの記事で紹介されるテッポを参考にカスタムする日々でした。
イチローさんの試合で使用されるテッポが、リボルバーからオートに代わっていくのですが、日本ではモデルガンが下火になりエアガンばかりが発売されていく、悲しい時代に突入してると思ってました。
エアガンを始めたのは、15年くらい前からで、モデルガンが出ないから仕方なく買ってました。それからシューティングを始めて10年ほどしかたちません。SATマガとほぼ同じ年なんです。
ハマりだしたら早いもので、イチローさんのブログの存在を知ってからはというもの、あれよあれよとお伺いすることになった次第でございますぅ。

巻末近くに、イーチが好きなリボルバーとオートのベスト5を書かれてますがご記憶ありますか?
イーチの好きなリボルバー 1位M686-6in、2位 M65-3in、3位 M66-2.5in、4位 M60-2in、5位 SMYTHON-6in
イーチに好きなオート 1位 CZ75ショートレイル、2位SIG P210-1、3位 INGRAM MAC11、4位BERETTA M84、5位 S&W M645

今もワテの好きなテッポ順位に影響してます。

好きなフォトを1枚選べと言われても、やはり好きな銃がモデルさんの至極の1枚になります。それは62、63ページの見開きで、ロンパワーさんカスタムのグランドマスターデラックス、エイムポイント付きです。ほかのページの芸術性あふれる写真が、今ではこれは撮れんぞ!と思いますが、テッポの全景をとらえたこの1枚が若いころの刷り込みのように好きです。

こんな写真集が、発売されたら嬉しいなぁ。 今時のデータDounloadでもいいなぁ。
そのな時がくるように、夢にみて待ってます。
まう

まうがじっと見つめたせいで
あの丈夫なパワーカスタムのバレルが
曲がっているのがイト面白し(^o^)

しかし・・・さすがにヴワカモノ組は
筋金入りだね〜(^○^)(^◇^)∈^0^∋

おとーちゃんは嬉しいよ〜!(^^)!
市  


Posted by 市 at 15:06Comments(2)

2014年04月01日

別冊 HANDGUN テチヤ編

市 (2014年04月01日 14:57) │Comments(1)語りのプラザ




イチローさんまいどです。
カネちゃんがイチローさんに別冊ハンドガンの写真を送ったんですってぇ?(^^)/
私もイチローさんのサイン入りのを持ってますよー。(^_^)v
このサインは私のビアンキカップ初出場の前年、ケンさんと一緒にミルピタスのプレイトマッチに出場させていただいた後いただいたモノです。イチローさんは4インチのリヴォルヴァーにダットサイトを載っけた小ぶりなガンで、楽々クリーンでした。イチローさんはどのマッチでも高速プローンで簡単そ~にクリーンしていて。
「さすがイチローさん凄いなぁ」
と、ケンさんと一緒にいつも感動していました。そういえばイナバさんとコタさんとタロサ軍団の皆さんも参加されていましたね。
プレイトマッチはこれがたしか二回目で、クリーンは逃しましたが、記念にいただいたサインです。

この写真集の中で好きな写真は、というか好きなページなのですが、イチローさんがリヴィングルームで届いたばかりのパワーカスタムを見つめている写真とその上のパワーさんご本人の写真。そしてその隣のグランドマスターユニヴァーサルの大きな写真の組み合わせが好きです。
パワーさんの温かい人となり、彼に想いを寄せるイチローさん、そしてパワーカスタムの息を飲むような美しさ。
そんな事を感じさせてくれる大好きなページです。
何度見てもジーンときてしまいます。

別冊ハンドガンは私にとって大切な宝物で、この本にイチローさんのサインを書いていただこうとアメリカまで持って行った私も相当好き者ブワ~カモノですが(≧▽≦)その宝物がイチローさんの直筆サインで更に大きな価値のあるものになり、色褪せる事のない楽しい思い出となりました。
ありがとうございます。m(_ _)m

ところでこのような別冊写真集は今後出る予定は無いのですかねぇ?出て欲しいなぁ。
テツヤ

出ないでない・・・出ないとこが
いいんだよ∈^0^∋

でも、キャノン1Dsの新しいのが出たら
元気が出てやるかも・・・(^◇^)
市  


Posted by 市 at 14:57Comments(1)語りのプラザ

2014年04月01日

別冊 HANDGUN

市 (2014年04月01日 14:35) │Comments(6)語りのプラザ


AR-180の資料を探すべく実家の納戸を探ったところ、とんでもないお宝を発掘してしまいました。
今から26年前の昭和62年に、コンバットマガジン別冊として発行された幻の名著、HANDGUN by ICHIRO-NAGATAでございます。それまでイチローさんがレポートしてこられた歴代の名銃を、美しい写真と珠玉の文章でじっくりたっぷり堪能できる、我々のような世代のガンマニアにとってはまさに至極の一冊。こんな素晴らしい本を永年しまいこんで自分の無神経さがまったく理解できません(汗)
このHANDGUNが発売された当時、22歳だった私は、鉄砲系フリーライターとしての修行に明け暮れる毎日で、イチローさんと同じコンバットマガジン誌上に記事を書くという光栄に浴しておりました。この頃のイチローさんは現在の私よりもお若い45歳でいらしたわけですが、その年齢をとうに越えてしまった今の自分を省みると、あまりの進歩の無さに恥じ入ると同時に、イチローさんの凄さを改めて思い知らされるばかりです。
それにしてもこの写真集の力強さと言ったら・・・発行から30年近くが経過しているなどとはとても信じられない内容です。当たり前のことながら、広告などは一切なし。全てのページに渡ってイチローさん渾身の写真が、ふんだんに、贅沢に配され、宝石のような拳銃たちの魅力を存分に味わわせてもらえます。
どこをとっても最高に楽しめる一冊なのですが、特にページを割かれているカスタムビルトリボルバーの項が、見ごたえ、読み応えともに突出しているでしょうか。パワーさんとイチローさんの電話からはじまるくだりは、特にたまらないものがあります。
この至高の作品群の中から、好きなフォトを1枚選べと言われたら・・・。好きな銃を、ということでしたら、デホーンドハンマーのついたS&W M65 3インチを、いやいや、やっぱりボブチャウ1をと、結局迷ってしまうわけですが(笑)何時間でも見つめていたくなる、やはり表紙のパイソン2.5インチの写真になるでしょうか。払暁の空の蒼を映した湖面のような、指で触れたら波紋が生まれそうな表面の、したたるような質感がもうたまりません。
こんな素晴らしい写真集がまた見たい! 
イチローさんのエキサイティングな発表を、心より楽しみにお待ちしております。
カズヤ

なんか見たよーな表紙だな〜(?_?)・・
むにゃむにゃむにゃ〜(^^へ)
ナツカシー(*^_^*)

考えてみれば 別冊って一人舞台なの
で好きに作れるよね〜(^-^)
でも今どき出しても大して売れない
だろし、出してくれる出版社もない
と想うのだよね〜(^_^;)

感動してくれてありがとぉ〜!(^^)!

  


Posted by 市 at 14:35Comments(6)語りのプラザ