最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年04月03日

フォトの価値

市 (2014年04月03日 12:43) │Comments(1)語りのプラザ
このテの話を聞く度に、ロシアの某カリスマフォトグラファーのことを思い出します。 彼もまた銃器やナイフを得意分野とする写真家でした。彼は安く買い叩こうとする雑誌社や新聞社には決して写真を売ろうとしませんでした。 良い写真が欲しければ相応の金を出せ、そんな当たり前のことを貫ける人は当時少なかったのです。 彼を守銭奴と言う人もいました。大成してリッチになってからも、彼は安請けはしませんでした。 それには理由があったのです。 それは、良い写真には相応の金を払うという“土壌”を作ること。フォトグラファーとメディアのフェアトレードとでもいったところでしょうか。 安くても誌面に載せたい、手っ取り早く有名になりたい、そんな理由でタダ同然の取引をしていた人も多い中、彼は生き残りました。それだけの実力があったからです。 彼がフェアトレードを実現したおかげで、後発の写真家達がきちんと稼ぎながら腕を磨く素地ができました。 安く買い叩くパブリッシャーには写真や記事を提供しないということも一つの選択肢かと思います。 意外と親切まがいの安請け合いが業界そのものを衰退させるってこと、ありますからね。
おろちん

ワッシのバヤイは、また違った考え方
をしているのですよん。

「好きなテッポのフォトに工夫を凝ら
すということで楽しませてもらった
うえに過分なギャラなどいただくなんて
オテント様にもうしわけねえですだ、、
汗水たらして働いているのに毎月の
生活費でいっぱいいっぱいの人たちに
対して澄まないという気持ちですだ・・・」

キャメラが大好き!
テッポが大好き!
銃器メイカーから新型銃が送られてきて
それをキャメラで撮って生活できる、、
これってずるいな〜(^_^;)
嫉妬されてもシャーないな〜(^◇^;)

と、そんな考えがあるんですよ。
大したフォトを撮ってるつもりも
ないですしね〜^_^;

ですから、ワシのフォトなんか観て
感動してくれる人がいたらホイホイと
なんぼでもタダで見せてあげたい・・
という気持ちなんですよね(^-^)

もしも他に充分な稼ぎがあったら
記事などもノーギャラで書きたい、
そのかわり好きなことを書きたい
ものだと想っています。

ただし空飛ぶ円盤や宇宙人を
単独で撮れたりしたヒにはもう
オモイキシ高く売りつけようと
いつも大空を見上げています(^○^)
市  


Posted by 市 at 12:43Comments(1)語りのプラザ