最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2016年08月16日

本日の行動

市 (2016年08月16日 12:33) │Comments(14)語りのプラザ
5時起床
6時 子どもら起床
7時まで野球の練習

タマネギ1個とニンニク数個をオリーブ油で炒め、玄米の上に乗せた「オニ丼」と鮭の塩焼きを食う♪

午前中はハロゲンのセキュリティーライトを外し、新しいLEDのものと交換、セキュリティーキャメラを増設する。
そしてR26をドライファイヤしながら男子の卓球を観賞♪


気温が上がったころを見計らってXDを握りながら一時間歩く。

汗でどろどろになった自写像を撮る・・・だけど汗をかいてるようには映らないノデアル(汗


と、いうわけで一時間歩きを完遂しましたヽ(^0^)ノ←と、ことさら宣伝するほどのことでもないのですがね〜 ^_^;
きっとまた必ず市ブログのオシュートさんであるチンガンさんにオコラレルでしょうしサ(^0^;)(^◇^)

しかし、この汗をかいた後の身体が軽くなった爽快感ときたらコークやビールを飲んだりするのと比べたら千倍も素晴らしいものでね〜♪
で、野球練習でアキレスに負荷がかかっているので走るのはやめて歩きばかり、、そうなると7千歩ていどしか稼げないのですよね〜(^◇^;)
キャッチボウルというのもクセモノで、かなりの運動量なのに歩数は2千歩もいかないわけで(^_^; この件ではダブー君に苦情をいうか、野球をすると歩数が10倍になる万歩計をホースィー君に作ってもらうことにする(^o^)


歩きが終わり、ミルクを飲み、シャワーを浴び、ケンシローのブラズィリアン柔術の道場に迎えに行きました。

“さっき習ってたワザはすごくいいと想うよ♪ 帰ったらダダによく教えてよね(^^)”
“うん、やろうやろう(^o^)”

そして夕食前にトックミアイを少し学ぶ(*^_^*)

そうこうしている間に8時です。
キャリフォニアのサマータイムでは この時刻が日の入りなのです。

さあ、早寝をしませう(^^)

たしか今夜の10:50から女子卓球の銅メダル戦があるので観たいのデスヨ♪
ということはこちらの朝6:50かな?・・・野球を早く終わらせないとね〜^_^;(^_^;(^_^;)

ということですから元卓球部のヘンリー君&皆さん(^-^)/
今夜はひとつテレビの前で、いけー!! だの ヤッターー!!だのとワシと一緒に声を涸らして叫んで楽しみましょうよ〜(^O^)/

さあ、寝るぞ寝るゾー(^○^)

by
オリンピックでは卓球ばかり観ていた市老さん
  


Posted by 市 at 12:33Comments(14)語りのプラザ

2016年08月16日

ステイ ハード

市 (2016年08月16日 00:10) │Comments(38)訓練
いや、けっこう真面目な質問なんですよ。 以前も同趣旨で質問したと思うんですけどね、拳銃射撃ってのは痛む手でひたすら繰り返し撃ち続けたり、わざわざコンディションの悪い中で健康を害しながらでないと上達しないのですか? 趣味でたまにカリフォルニアの熱い太陽の下で撃つってんならまあ理解はしますし、機材のテストとかもまあ必要でしょう。 でも、気温38度の中で射撃練習ってのはなんの目的でやるのか理解できないんですよ。 他のスポーツの実業団などがそういうトレーニングを否定している昨今、拳銃射撃という競技を何十年も続けたイチローナガタ氏が、命をかけてまでクソ暑い真っ昼間にわざわざ練習する意味を知りたいんですよ。
チンガン


まあ、君の想像力をつかって以下の事を考えてみてくださいな。

イチローさんは日本で日本拳法を習いました。
その目的は、暴漢が暴れるのを傍観(^^)しないでヤッツケル能力を身につけたかったからです。
合気道や空手の道場も見学しましたが、直感としてこれでは役に立たないと思い、フルコンタクトでハードな殴る蹴るを主軸とする日拳を選んだのです。
でも、それだけでは複数を相手にするストリートファイトでは足りないと考え、ヌンチャクや短い鉄棒などの使い方なども練習しました。

日拳時代はケガだらけでしたよ。
他の生徒や選手たちもケガだらけでしたよ。
これはあたりまえなんです。
フルコンタクトですから。
でも、全力で襲いかかってくる相手と闘うには、ケガを怖がっていたら練習にはなりませんからね。

で、スポーツとはちがってルールのないストリートファイトでは、当然ながら自分より背が高くて重くて力もある相手とヤリアウことになるわけで・・・しかも相手はナイフを握っているということを想定しないとならないわけですから、対ナイフ訓練は必須であり・・・アメリカではアチコチでナイフ訓練に参加し、手が野球のグローブくらいに腫れたこともあります。

ワシの学びたいことは、スポーツではなくて「喧嘩の方法」なのです。
ケガもなしに喧嘩が強くなるなんて難しすぎるのですよね。

さてさて、
ストリートでは、どんかなヤツにいつ襲われるかしれたものではありません。
家にいたって安全とはいいきれませんし。

そこで、ストリートファイトではある種の武器を持つほうが有利となります。
帽子、マフラー、手帳、鉛筆、ペン、ハンカチ、ベルト・・・などなどは使い方を練習すると役立つ味方になります。

でも、なんたって拳銃ですよ(^o^)
これは簡易でチョーツオイ武器です(^-^)

日本での喧嘩は庖丁を使いますが、
アメリカでの喧嘩は拳銃です。
でも、相手も拳銃を持ってくるので
かなりの練習と銃撃戦の知識が必要なんです。

そこでイチローさんは
自分と家族を護るために
拳銃を習いまくりました(^o^)

トシをとった今も、イッショケンメに自分を鍛えているのです。

イチローさんのやっていることはスポーツではないのです。
護身術の訓練なのですよ。

まあ、カッコ良くいえば
「正義を護るため」です。

街で暴漢が発砲し無実の人が殺されていたら、ただちに暴漢をストップさせるという技術を磨いているのです。まあ、月光仮面の予備軍だと想ってくださいな(^◇^)

で、射撃のワザを磨くには試合に出ないとなりません。
単独でいくらやっても本当に上手くはなりませんからね。

ほんでもって試合というのは、冬は氷が張るなかで撃ち、夏は40度という暑さでも終日かけて撃つのですよ。

なのに冷房の効いた屋内射撃場で練習などしていたヒにゃ身体が軟弱になってしまい、夏は日射病にかかってばかりになっちまうじゃありませんか。

それとですね、自分の近所にテロリストなんどがやってきた時なんか、ヤツラを追って終日闘わないとならんことも想定されるので「クソ暑い日にはくるなよ〜(-_^:)」なんて言えないじゃないですか(◎-◎;)

練習もですね、人一倍やらないと一人前にはなれないので筋肉や骨が痛くなっても頑張るものですよ。
その点ではスポーツ選手も同じで、自分の身体をギリギリまで追い込んで訓練しないと強くはならないのですよ。

ま、それはさておき、
イチローさんは Be STRONGという標語を掲げながら生きてきたので「STAY HARD」タイプの人なのですよね(^^)
ステイハードとは「ハードさを保て」という意味です。いつも頑丈になってろということです。
そのためにハードにトレイニングするのが根っから大好きなんですね(^◇^)

暑い中でなんの目的でやるんだ(-_^:)というご意見ですが、生まれつきのチャレンジャーであるイチローさんは暑いからといって引きこもるようなお方じゃないわけですよ(^o^) 天よ艱難辛苦を与えたまえなんちゃって飛び出して行くのがイチローさんなんですよ(^-^)

と、そんなわけなので「元気なやっちゃ〜!(^^)!」という気持ちでイチローさんを見守ってあげましょうよ(^。^)ねっ?・・・

by ナリキリマロンパ∈^0^∋
  


Posted by 市 at 00:10Comments(38)訓練