最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2016年08月27日

市彦のXDが泥に・・・

市 (2016年08月27日 22:59) │Comments(10)てっぽ
何かが落ちた、
と感じた時は遅かった。
XDの緑のグリップが泥水の中に消えるのが残像としてあった。
市彦は素早くドロをまさぐってXDを拾い上げる。

XDは瞬時に変わり果てた姿を呈していた。
急いで水面でXDを洗うと泥は落ちた・・・

市彦は周囲をうかがう。1発目は発射できるだろう、だが二発目は撃てないだろうと想った。
周囲には誰もいなかった。
市彦は自分が射殺した男を埋めるために穴を掘っていたのだ。するといきなり水がわいて穴に広がり、足を滑らせたときにシャベルと一緒に握っていたXDを落としたというわけだ。

市彦は死体を捨てて近くの農家に行く。どうせ山犬が食ってくれるだろう。
うまい具合にボロニアンソーセージがあったので5パウンドほどを頬張りながら水道でXDを洗った。スライドを引くと砂の感触があった。これではスライドが戻るまいと感じたので分解して内部も洗う。弾倉からタマを抜き、弾倉の発条も出して洗ってタマをこめ直す。農家にはうまい具合にガンオイルもあったので錆止めに塗った。
しかし、そのままでガンファイトにXDを持ち込むような市彦ではなかった。充分にテストをする必要があった。しかし発砲音を聞かれると居所を知られて不味いことになる。
XDのスライドを前後させてみると滑らかに動いていた。まあなんとかなるだろうと想った。

そこに農家の娘が入ってきた。18歳くらいのあどけなさの残る美人だった。世間ズレしておらず、従順ながら恥ずかしくてたまらないという風情だ。市彦を観る娘のつぶらな瞳は憧れたように潤んでいる。ゾッするほどの美貌をもった市彦は仕方ないといった表情でベッドはあるかと尋ねる。娘は頷いてベッドルームに案内した。その部屋にはペルシャ絨毯が敷かれており、大型の丸い回転ベッドがあった。冷房はよく効いており、ミラーボウルに当てられたスポットライトの乱反射が流れ星の大群のように部屋をかけまわっていた。スイッチを入れるとベッドが滑らかに上下動を始める。うぶそのものな娘は初めての体験に心を震わせている。

市彦は、最近の農家や娘もたいしたものだと感心しながら彼女を抱き寄せる・・・・・・。


え?・・・
どうだい?
たまには こんなことぐれぇないとオモシロクはないだろが・・・(^◇^)\(^O^)/

  


Posted by 市 at 22:59Comments(10)てっぽ

2016年08月27日

血圧のハナシ

市 (2016年08月27日 21:23) │Comments(9)語りのプラザ
みなさーん(^-^)/


昨日の夕方はリンゴをかじり
ながら歩いていましたよ。
キャリフォニアでは
フジリンゴが人気で、
すごく美味しいのです♪

トシをとりますとね、
健康維持への興味がですね、
ますます高まるものですよ。

ワシ、死ぬ気で渡米したので
長生きには興味などまったく
なかったのですが、
じつは
人生の喜びを感じられるのは
トシをとってからなのだと
よく解りましたよ。

若いうちは忙しいし
様々な「欲」にふりまわされて
しまうので、
人生が味わい深く楽しいものだ
なんて想えないのですよね・・・
すくなくとも、ワシはそうでした。

でね・・・
せっかく輝ける老境に入れる
という段階にきて健康を害して
いたら、これはちょっとツライ
ことになっちゃいます。

ですから、皆さんも今のうちから
健康を意識していただきたいと・・・。

んで、
医者が気にするのは「血圧」
でしてね・・・
心臓から送り出される血圧が
140を越えるとヤタラと
血圧降下剤というクスリを
飲ませたがるのです。

でも、医者をやってる兄が
言うには、
「心臓にもどる血圧が90を
越えないかぎりはクスリはいらん」

ワシ、去年の訓練でアキリス腱を
断裂してからというもの
運動不足でね〜(◎-◎;)

射撃は欠かさなくても、
こんなのは運動などではなく・・・

やはり歩き走るの有酸素運動で
ないと人間の身体はナマルのです。

血圧も145/85くらいと
上がってしまい焦りがありましたよ。
ワシってクスリにコダワルので
心配でもありました。

血圧のクスリ飲むようじゃ
生きてる価値ないわい、、
みたいに考えてるので・・・(^_^;

でも、ようやくこの夏前から
小走りくらい出来るようになり、
セッセと酸素をとりこみましたよ。

そして、自己記録を更新しました!!!
↓これです(^^)(^-^)


みなさんはケツアーツカップに出たことなどナイのでピンとこないでしょうけど、この数字はもう「グランドマスター級」なのです!! 超一流の選手しか出せないという結果なのですよ(^○^)

ワシにとってはWCSのリミテッドで100secを切るよりも、はるかに価値のある成績なのです。

ひとつ皆さんも125を切って「至適血圧の世界」に突入するだけの勇気をもってくださいな、とても達成感がありますよ(^-^)/

人前でムリしてなにかやってみせるうちは青いのです。
自分の前で、自分のために努力するのが本当ではないかと。

青よりピンクが宜しいナリ。
ピンク→米国デハ「健康」ヲ意味スル色デアル。

市(^O^)/  


Posted by 市 at 21:23Comments(9)語りのプラザ

2016年08月27日

ガンとオイル

市 (2016年08月27日 01:47) │Comments(8)てっぽ


イチロー 様 久しぶりのGun写真、やっぱり良いですね。STI大好きです。 ブログの更新が楽しみでしかたありません。少年時代のGun誌やコンバットマガジンの発売日を待ち焦がれるあの感じです。 以前から気になっていた疑問なのですが、クリーニング無しでの1000発射撃後の汚れ、カーボン混入と、せん断劣化したオイルに砂がかなり混入している様に見受けられるのですが、射場の環境から考えても砂の混入は避けられないとは思いますが多少の噛み込みではジャムしないのでしょうか? 動画中でのスライドを手で引いた時の音が(カップガンですが)滑らかな透き通った金属音なのですが、汚れてくるとジャリジャリ感が出てくるものなのでしょうか? 骨の髄まで理系で技術屋なもので、不思議がいっぱいです。
MIZ


ほんと、ワシもテッポ大好きデス(^O^)/
さて・・・
拳銃を分解して本気でキレイキレイにしたいときには クルマのブレイククリーナーというスプレイで油気ゼロのマッサラサラにするのですが、その状態で撃つとさすがにスライドの動きはニブクなります。火薬を減らしたタマだとジャムる場合が多いですよ。

XDやグロックなどのような実用銃はオイルが少なくてもよく動くようルーズに出来ていますが、命中精度の高い1911やSTIなどのクラスになると油をほしがります(^^)

とくにバレルとスライドとが接合する部分のオイルが切れるとゴキゲンナナメになっちゃいます(^_^;
で、銃をキレイにしてオイルを塗って撃ち始めると塗ったオイルはどんどん黒く変色します・・・
これはどうしてなのかワシは知りません。発射ギャスのせいでしょうね・・・。
黒くなっても指で触って濡れているうちはモンダイなく動きます・・・が、たまにチェンバー上部が乾いてコピコピになっていることがあります←これは危険信号です!!→これはけっこうナゾですよ(^_^;

試合でのジャムが怖くてオイルをドボドボにかける人もいますが、なぜか急に乾いてジャムの連続になったりします。マックサカイ君もこれでスティル チャレンジの本戦で敗退したことがあります。

夏と冬ではオイルを変えたほうがよいのは確かです。暑い時は溶けて落ちない粘度のあるもの、冬は硬くならないオイルを・・・春と秋はその日の気温を観ながら・・・射撃の競技をする者はオイルの使い方に敏感であるべきなのです。

そこで、ここ1年ばかり使っているEWLというガンオイルですが、これはこれまで試した中では1番良いのですよ♪
真夏に撃ってバレルがフライパンのように熱くなっても乾きにくく、真冬はトロトロ感があるもののニチニチになってスライドの動きをハバムこともなく、四季を通じて使えるという珍しいオイルなのです。嬉しいオイルが出てきたものです(∩.∩)

そこで・・・
銃の出来不出来はスライドをシャコシャコと往復させてみることで ある程度は判ります・・・ジャリジャリ感があったりズリズリ感があったり、スルスル感があったりと、それぞれに個性があります。→このハナシになるとキリがないので・・・

ワシのSTIにかぎっていえば、もうとてもとてもスルッスルで、それはそれはトテモ気持ちが良いのです(^。^)
多少の砂ボコリをかぶってもオイルさえ切れていなければ千発くらいは軽く撃てます。試合前にクリーニングして、翌月の試合前まではそのまま撃ち続けるので、月によっては2千発もクリーニングなしで撃つことすらありますよ(^^)

で・・・
皆様としては、砂をぶっかけてテストしてほしいと想われることでしょう・・・けど、これはムゴイのでやっていません(^o^)
でもいつかXDとグロックとでやってみますね。

たとえば砂嵐のすごい中東みたいな場所では1911系は全滅でしょうね。
だってハンマーを起こしてあるとスライドとの間に砂がたまってハンマーが落ちなくなりますからね(^_^;
なのでデルタフォースはストライカー式のグロックを採用したわけだそうです。

えーー・・・
これからまた忙しくなりますので、今日はこのあたりで・・・(^-^)/

  


Posted by 市 at 01:47Comments(8)てっぽ