最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年03月03日

タクレット L プロト3号完成

市 (2012年03月03日 23:40) │Comments(4)タクレット

そして一方、あのタフ風呂では、、
この道30年というあのルースさんが
パーツを縫い上げ、これから組み合わせ
をしようとしていた・・・
この女性はイーチの難しい要求に応えら
れる名人だといわれています。。。
(ガイヤの夜明け風に読んでね(^^))


バーツひとつひとつの製作にしても
工場長の羅門(ラモーン)さんが立ち会う。
初めての作品に対して彼は心配そうだ。


しかしルースさんは淡々と仕事をこなす
その顔は自信に溢れていた、、
もうすぐにタクレットLは姿を見せる


社長もやってきた、
乏しい下絵と型紙は見ている、だが
完成した姿はまだ誰にも判らない


それまで工業用ミシンで縫い続けていた
ルースさんは機械を止めて最後の糸を
切った、、それを社長に渡す。
これがその瞬間だ。
これを見たイーチが何と言うのか?
3人ともそれが気がかりなのだ、、

イーチはそういう製作メンバーたちの
表情をキャメラに収める。
写真とは歴史の一コマを精密な絵として
記録する機械なのだとイーチは言う


そこに警察官がやってきた
あの名物警官のマニー刑事だ!
タクレットLを個人的な理由からずっと
見張りつづけていたのだ、、
そしてマニーさんはタクレットL子の
取り調べを開始した・・・
モノにうるさい彼の尋問は厳しかった
慎重にスカートの中にまで手を入れて
まさぐるのだ・・・

“うむむ、これは使えるぞ”
と、マニーさんは太鼓判を押した!!!

合格らしい!!!

こうして外野は夜明けたのである(^○^)


同じカテゴリー(タクレット)の記事画像
タクレットでキャリー
ヌボーは凶ボー
ブラックホールのご案内
タクレット L 入荷♪
ブリッジにしますた
1.7sec ビデオ録
同じカテゴリー(タクレット)の記事
 タクレット動画 (2017-11-15 02:04)
 タクレットでキャリー (2017-10-07 11:09)
 ヌボーは凶ボー (2017-09-21 01:15)
 ブラックホールのご案内 (2017-01-06 01:10)
 タクレット L 入荷♪ (2016-12-24 13:26)
 ブリッジにしますた (2015-01-24 01:20)

Posted by 市 at 23:40Comments(4)タクレット
この記事へのコメント
市郎 様
タクレットLは立派な佇まいですね!
この感じだと、ガンは縦方向に入るみたい。
SIGの226やG19辺りのピストルが丁度よいサイズでしょうか?

しかし、マニーさんが付けてる感じからすると、タクレットと言うよりステイジバッグのコンパクト版のような感じですね。
この大きさだと、ストラップとは別に取っ手が有ると便利そうですが・・・。
もしくは、レンジバッグ様なハンドル兼ストラップが付属していると良いなぁと思ったり。
(個人的希望ですみません)
徒然と失礼しました(汗
Posted by to-ryo at 2012年03月04日 00:34
意見です。
ずっと興味を持っていました。ホルスター的に考えるとべリィ具!!!日本的?わたし的には、バッグを手に持つ、持ち替えるのに、チョットしたハンドルが欲しいなと思います。でも、欲しいなと思います。是非使ってみたいです。今使っているバッグ(ショルダーバッグ)オール申すと不ぃにっしゅです。ノドから手が出るくらい直ぐに星い!です。
発売待ってます。
P.S.桜ブレイドショウ3/3で山下さん(ヨッシー)にお会いしお話しする機会がありミッキーファラーさんのお名前が出て来たり、とても楽しいひと時でした。
Posted by 笹原史敏 at 2012年03月04日 02:56
市郎さん。
う~ん、素晴らしいルポですね。(^O^)
何よりこのベテラン縫い子さんの名前がルース(Ruth)さんてのが気に入りました。
だって私のボスと同じ名前やし。

優しくも仕事では妥協しない姿勢が一緒のような気がして…。

何かBGMは“未知との遭遇”で聞きたいようなショッツでした。(^_^)v
Posted by kimi at 2012年03月04日 04:16
え~と、ここにコメントしても良いのか解らないのですが・・。やっとボーナスが支給されます。タクレットLは何時ごろ発売でしょうか?Nも欲しくてたまらんのですが、グッとこらえてます~。
Posted by Arakawa Toshikazu at 2012年06月13日 20:41
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。