最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年02月17日

イイシバ元大尉もマネクリご愛用♪

市 (2012年02月17日 21:49) │Comments(7)ウォーレン トーマス


イイシバ大尉はウォーレン トーマスの
マネクリを以前から愛用していたそうで
画像と記事を送ってくれましたよ。
ショッショウで皆に元気な姿を見せてくれ
日本人一同はとても嬉しかったそうです
(^_^)では記事をどうぞん♪



WTマネークリップ・レビュー
マネークリップ(以下マネクリ)、日本人では使用者があまりいない小物ですが、私は以前から愛用していました。それは2003年アフガニスタンに赴いた時の話です。私は何らかの理由で部隊からはぐれた場合に備え、非常用に米ドルで$500ドルほど($1、$5、$10、$20、などに振り分け)をマネクリに挟んでZiplock Bagに収納し、胸のポケットに入れて携帯していました(自著『82空挺師団の日本人少尉』並木書房刊188ページ参照)。幸運にもタリバンに拘束されなかった場合、その米ドルで最寄の米国大使館/領事館までの駄賃として使用するつもりでした。これは先輩の特殊部隊員(82空挺出身者)に教えてもらった方法です。この他にも純金のコインやジュエリーを携帯したりしている特殊部隊員も存在します。また特殊部隊員にロレックスの愛用者が多いのも同様の理由です。E&Eの状況下で、まとまった現金が即手に入るからです。
マネクリは一般人の日常生活においても役に立ちます。路上強盗に会った際に、財布を差し出すと面倒なことになります。現金は奪われてもダメージは少ないですが、運転免許証、クレジットカード、その他の物を再発行してもらわなければならず、非常に面倒です。私の場合だと財布を奪われるとさらに困ります。なぜなら一般人に加えてCACカード(軍のIDカード・キャックカードと発音)、政府発行のクレジットカード、機密書類運搬許可証、などの物も入っているため、財布ごと奪われるわけにはいきません。ですので強盗が“とりあえず仕事をした” と思うだけの額($200ドル程度)をマネクリに挟んで、財布とは別のポケットに入れておくのは賢明な対処法だといえます。
鼻と口の間にある人中というのは、人体の急所の中で最ももろい箇所です。ここにまともに打撃が入るとかなりのダメージがあり、瞬時に戦闘不能となります。ボクサーが試合でマウスピースをするのも、この人中を守る意味合いがあります。ですのでマネクリで人中を突く、というアイデアはElement of Surpriseの要素を含んだ非常に効果的な対処法といえます。路上強盗もまさか金を奪おうとした瞬間にマネクリで人中を突かれるとは予想だにしないでしょう。私自身、マネクリで打撃を加えるという発想は全く頭の中にありませんでした。歴史を見ても、官渡の戦い、赤壁の戦い、桶狭間の戦い、など、絶対に負けると思われていた少数側の軍勢が、敵の虚を突いて勝利を収めた例は古今東西数多くあります。そのどれもが敵の予想外の攻撃をするというもので、奇襲がどれだけ重要かが理解できるというものです。つまりイチローさんがマネクリビデオでデモを行った方法は、まさにこの桶狭間の戦いを個人レベルで実践したものと考えていいと思います。
ただしだからと言って安易に真似をしないでください。人中というのは非常に小さい的で、正確に打撃を加えるのは非常に困難です。ボクシングの試合を見ても、人中どころか顔面をまともにクリーンヒットするパンチは12R 中にそう何発もありません。世界タイトルマッチを闘うほどのプロボクサーですらそうなのですから、素人が不用意に真似をすると、急所を外して逆上した相手の反撃を喰らって大怪我もしくは死亡する可能性があります。おとなしく金を渡して相手の特徴をできるだけ正確に把握し、できるだけ早く警察に通報するのが正しいやり方です。またそれ以前にチンピラがうろつくような場所と時間帯に意味もなく歩き回らない事が重要です。最大の護身術は『君子危うきに近寄らず』だということを頭に入れておいてください。孫子の兵法にあるように、『戦わずして勝つ』のが最良の勝ち方です。それを理解したうえで、マネクリを安全に活用してください。
飯柴智亮

以下は以前にも載せましたが
タクレーヌへの感想です。市

タクレットNインプレ
昨日、自分の手元にイチローさんからタクレットNが送られてきました。タクレットに関しての自分の基本的な感想は、イチローさんの旧ブログに書いてあるとおりです。今回はその“使える装備”であるタクレットが、よりベターなタクレットNとなって市場に登場しました。それについて私の意見を述べてみたいと思います。
私が米陸軍中尉時代に行ったペリカン作戦(イチローさんの旧ブログ参照)において、『あの時タクレットがあれば…』と切実に思ったのは前回述べたとおりです。今回の改良点はまるでそのペリカン作戦のために改良されたのでは、と思ったほどです。ではその理由を述べてみましょう。
ペリカン作戦は複数の車列でコンボイを組んだ移動でしたので、各車両間の交信は無線機で行われていました。その無線機を取り付けられるループが新たに左右両端に取り付けられました。これによりより素早く無線機を取り扱えるようになりました。イチローさんはビアンキカップのレンジオフィサーの意見を取り入れて改良したそうですが、それが上手い具合に我々の任務にも適している改良点になったのは偶然のPositive Effectとしか言い用がありません。
そして非常時、不幸にもM9拳銃を抜かなければならなくなった時、私服だった我々は瞬時に身分を周りに示す必要がありました。タクレットNにはシースルーのIDカードホルダーがオプションで付いてきます。つまりカードホルダーにIDカードを入れてポケットに入れておき、非常時に前方に取り付けることにより、自身の身分を示せます。またより分かり易いようベルクロにU.S.ARMYのネームテープと階級を付けてもいいかもしれません。ちょうどイチローさんの友人の警察官が“POLICE”のネームテープを付けていたようにです。これは現場に駆けつけてきた制服警察官からの誤射を避ける意味でも非常に重要です。余談になりますが、数多くのアンダーカバー(私服)の法規執行官たちが、制服警察官から誤射を受けて負傷・死亡する不幸な事故が起きています。
素材にリップストップ・ナイロン生地を採用したことにより、強度を保ちながら軽量化された点も見逃せません。タクレットNを手に取った瞬間に“軽い!”と感じました。ペリカン作戦では重装備の必要はありませんでしたが、どのような装備でも重いより軽い方がいいのは言うまでもありません。さらに下部にはドレインホールが4個追加されました。これにより雨で濡れた場合や河川に飛び込んだ場合などにおいて、水が下部から排水される仕組みになっています。Water Survival訓練を経験した人間なら誰もが知っていますが、ドレインホールが有るのと無いのとで行動のスピードと身体への負担が大きく違ってきます。非常に重要な改良点です。
オープントップだった後部のスペアマガジンホルダー部分がジッパーによる開閉式になった点もGOODです。以前はタクレットを外した時に、傾けるとスペアマガジンが脱落する可能性がありました。ですがジッパーで閉じることにより、その危険性は完全に回避されています。また着用中にスペアマガジンが露出して、拳銃を携帯していることを周囲に悟られる可能性も無くなりました。
ひとつだけ残念な点は、フラップの内側にあるペンホルダーが省略された点です。私は中央のペンホルダーにグラスブレイカーのクナイペンを、そしてフラップの内側には筆記用の3色ボールペンを携帯していたかったので、この点が省略されたのは少し残念です。
またこれは実際にテストしてみないとわかりませんが、内側の身体に触れる部分に何か滑り止めの加工を施せば、拳銃をドロウする際により安定するのでは、と思いました。ですがそれ以外は何も言う事はありません。タクレットの完成形とも言えるのがこのタクレットNです。“使える装備”が“さらに使える装備”に進化したのがタクレットNと言えるでしょう。
飯柴智亮

ペリカン作戦・タクレットNパッキングリスト
 
メインコンパートメント-M9拳銃
後部ポケット(後部)-地図、作戦指令書、部隊の電話番号のリスト、輸送物のリスト、その他の書類
後部ポケット(前部)-スペアマガジン2本、SOGパワーツール1本
右側ホルダー-ICOM
左側ホルダー-First Light製Tomahawk NV フラッシュライト
左側ポケット-小型GPS1個、123Aリチウムバッテリー3本、Wildmil製暴風ライター
左側メッシュポケット-DROID スマートフォン
右側ポケット-噛みタバコ、目薬、スマホ充電器
右側フラップポケット-WTマネクリに挟んだ紙幣数枚
中央部-クナイペン
フラップ上-U.S.ARMYのネームテープと大尉の階級



同じカテゴリー(ウォーレン トーマス)の記事画像
魚錬のマネクリ入荷
ウォーレン トーマスのハッシー
マネークリップはこのよーな・・・
$マネークリップ$ 堅き爪
ウォーレンからの放送
市彦の道具
同じカテゴリー(ウォーレン トーマス)の記事
 魚錬のマネクリ入荷 (2012-02-17 04:13)
 ウォーレン トーマスのハッシー (2012-01-28 00:22)
 マネークリップはこのよーな・・・ (2011-12-31 01:15)
 $マネークリップ$ 堅き爪 (2011-12-26 11:04)
 ウォーレンからの放送 (2011-12-16 03:46)
 市彦の道具 (2011-12-15 14:05)

この記事へのコメント
マネークリップは軍での活動でも役に立つんですね。
ジュエリーを携帯している屈強な特殊部隊員というのもシュールですが、
密かに携行しているのはカッコいいかも?w タクレットも陸自の
輸送隊で使ってる人がいて、便利そうでした。自衛隊では拳銃いれることはできませんがw
でも、米軍と自衛隊の意識の差は大きいですね。自衛隊も海外派遣を
するようになってから、少しは変わってきていますが、飯柴大尉の意識の高さを見習って欲しいものです。
Posted by JGSDF at 2012年03月01日 22:07
こんにちは

ウォーレントーマスとイチローさんのタッグが生み出したチタン(タイタニウム)製マネークリップについてですが、
現在、どこで購入すればよいのでしょうか。

よろしくお願いします。
Posted by 西田 at 2014年06月16日 18:16
結構前の入荷ですからね〜、もうウチでは在庫無いですね・・・
ぴぎたんのお店(LEMサプライ)ならあるかも・・・
Posted by ヨシのひきこもり(山下刃物) at 2014年06月17日 13:35
西田様、ヨシさん、ありがとうございます。
こちら宣伝も殆どしなかったのでウォーレントーマスのマネクリ”ブルーアナダイズド”なら在庫3個ございます。
値段は16,800円に送料が別途掛かります。
シルバーモデルは売切です。
ホームページ上には出していないのでメイル頂けると助かります。
宜しくお願いいたします。
L.E.M.サプライ 矢田
info@lem-shop.com
Posted by ぴぎ@LEMサプライ at 2014年06月17日 13:43
L.E.M.サプライ 矢田様

今回は無理をいってすみません。ありがとうございます。恐ろしく丈夫なウォーレントーマスのマネクリ”ブルーアナダイズド良いですね。
使用するか、鑑賞用にするのか迷ってしまいますね。

クリップの留め部分だけでも高価な作りとなっていると、イチローさんがいってますね!
Posted by 西田 at 2014年07月05日 04:41
>クリップの留め部分だけでも高価な作りとなっていると、イチローさんがいってますね!(^-^)はぁ〜い♪あれは良いモノです!!・・・持ち歩くとどうしても擦れてきますから二つお持ちでないかぎりは安い方をもち歩く・・・というのはセコイですかね?(^o^)
Posted by 市 at 2014年07月05日 11:35
君子危うきに近寄らず

あまりにも重き言葉、と拝聴するところであります。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2014年07月06日 00:34
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。