最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年02月04日

WCSの幕開けです

市 (2014年02月04日 12:51) │Comments(15)訓練


スティルチャレンジに来たんですね?

いいえ、ちがいます。WCSに来たのです。

えっ? WCSもスティルチャレンジも一緒では?

はい、それは去年まで、
今年からはコースが変ったのですよ。
マイクが創立したスティルチャレンジは
USPSAに売却され、さらに大きくなるハズ
でしたが、会場がフロリダに異動したことに
より参加するシューターが激減し、今年は
どうなるのかまだ判らない状態なのです。

このままではスティルチャレンジはアブナイ。
そう感じたマイクはコースを一新することに
しました。

スティルチャレンジは撃つのが難しく
なりすぎて新しいシューターやその家族たち
にとって苦しいものがある、、
賞金や賞品を目当てにやってくる上級の
シューターたちにはそれでよいが、
賞品などはどうでもよくて、ただ試合を
楽しみたいシューターの方が人口は多く
彼らのために別な流れを創ってやりたい。

マイクはそのように考えて
7つのコースをデイザインし、1月に
お試し試合を開催し、それに改良を加え
たのが、この2月試合というわけなのです。

つまり 「本式」になった最初の試合なのです。

このコースの正式発表は今週にはなされる
予定だそうです。

WCS
この意味は「ウエストコースト スティール」
その内容は「射撃を楽しむファミリーのための
始めやすいコース」
賞品は成績順にもらうのではなくクジビキで
もらうのです♪

そういったフレンドリーな試合にマリポサ
クラブも賛同し、反対メンバーなしという
カタチでスティルチャレンジを捨てることに
なりました。

毎年、パイルーで開かれるスティルチャレンジ
を目標としていたマリポサのメンバーたちは
フロリダ行きを拒否、マイクのやり方について
いこうというわけなのです。

これは多分にキャリフォニア全体で起こる
流れになると感じています。

これは、ワシにとっても転換期なのです。
長年撃ってきたスティルチャレンジを辞めて
リセットボタンを押すのです。

こうして始まるのがWCSというわけです。
71歳になる時、新たなるチャレンジを
始めるのですヽ(^。^)ノ

なので、ウチの射場に来ても、
もはやスティルチャレンジは・・・
明後日までは撃てますが、それ以後は
撃てなくなります。

だってもう新しいターゲットは届いており
あとはオッタテルだけ(^▽^)/

マリポサ ピストルクラブでも
この日曜日にあるスティルチャレンジの試合
が最後となる予定なのです。

心残りは、難敵ペンジュラムを
コロセなかったこと(●^o^●)

コロサレタままで去りますが
WCSでは100秒斬りは約束されて
いるのですよね〜(^▽^)

だってWCSはスティルチャレンジよりも
1コース少ないのですからね(^〇^)

で、、そしてこのWCSを日本で始めるという
企画を立てました。
実行するのは他でもない、
バットン将軍なのです。

もちろん、本場同様の鉄砲作法を守って
いただく格式ある試合にしたいです。

バットン将軍よ、初めぇぇええええぇぇぇ!!!

まったくいいところで出逢ったものです。
この企画はバットンが来てから出てきた
真新しいものなのですよ(=^ェ^=)




同じカテゴリー(訓練)の記事画像
魅力の多弾拳銃
5秒を切る!!
XD-9で護る
初めてのスティル チャレンジ
ベンジュで冬弾のテスト
練習ラストデイ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 魅力の多弾拳銃 (2017-11-30 01:35)
 5秒を切る!! (2017-11-15 15:44)
 XD-9で護る (2017-11-15 00:34)
 初めてのスティル チャレンジ (2017-11-13 10:14)
 ベンジュで冬弾のテスト (2017-11-08 13:38)
 練習ラストデイ (2017-10-21 14:01)

Posted by 市 at 12:51Comments(15)訓練
この記事へのコメント
運命ですねえ。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2014年02月04日 13:04
イチローさん

おお!これは楽しそうですね~
参加者が景品なんかを持ち寄って楽しむのもありですね。
ジャパンでの、マッチ運営のお手伝いとかしたいですね。とーぜん、手弁当ですよ~

ジャパンでは、これまでのスティルチャレンジと両方楽しめる?ことになるんですね!(かな?)
Posted by みっくん at 2014年02月04日 13:05
>ジャパンでは、これまでのスティルチャレンジと両方楽しめる?ことになるんですね!(かな?) (^w^)トーゼンながらスティルチャレンジには続けてもらいたいので日程など検討しあいながら仲良く永続してもらわんといけませ〜ん♪みっくんはバットン将軍か金やんに連絡して名乗り上げてくださいな〜(^▽^)
Posted by 市 at 2014年02月04日 13:20
>運命ですねえ。(^。^)うんめぇ運命で須田ね〜(^。^)
Posted by 市 at 2014年02月04日 13:27
はい、承知いたしました ( ̄^ ̄)ゞ

詳細は明日、書きますが、すでにJSCの小林さんにはご相談させていただいており、これからJSCと、新マッチが並立することになります (^O^)/

自分もJSCをいっぱい練習しましたから、今度こそ100秒を切りたいし、日本で開催するのですから、アメリカと違って、「遠くて行けないからこっちにする」というわけではなくて、両方出ちゃえばいいだけですもん (^_−)−☆

では、詳細の発表をお楽しみに!
Posted by バトン・オーツカバトン・オーツカ at 2014年02月04日 15:34
71歳からの挑戦!!
すばらしい、勇気が出ます。
私も頑張ります!!
Posted by 宇宙三十郎 at 2014年02月04日 17:37
イチローさんまいどです。
形式主義的な事が嫌いなイチローさんにこのような事を申し上げるのは礼儀に欠けると思われますが、お許しください。

イチローさんお誕生日おめでとうございます。末長くお元気で。(*^▽^*)
Posted by 哲也 at 2014年02月05日 00:14
ハウディー!

「ウエスト コースト スティール」ですたか~!
そういや信ちゃんが
“ドォルトンさんがホニャラララ~”
とか言ってますたっけ。
(:・ω・) スルドイナア

トコロデ トコロデ♪

「イチローさんの誕生日」とかけますて、

「ケンシローくんの大好きな人々」と解く。

そのココロは・・

「ナナ♪ジュン♪イチ♪」
(ナナジュウイチ♪)

おめでとーございまァ~っす♪
( ・∀・)(^〇^)(^〇^)(・▽・ )

by 去年フト思いついてスゲーカキコしたかったけれどまだ使えなくて、そのうち忘れちゃったらドーシヨウと思ってケータイのメモに書き留めて一年間モンモンと悶えてきた、という面倒くさいオトコ
Posted by マルパソ84 at 2014年02月05日 02:47
>そのココロは・・「ナナ♪ジュン♪イチ♪」
(ナナジュウイチ♪)←やるなぁ〜(;゜▽゜)ついでにケンも入れて「ナナジュンイチだけん」にしたら(^()^)
Posted by 市 at 2014年02月05日 08:43
イチローさま
おそようございます!みっくんで、ござます。

>みっくんはバットン将軍か金やんに連絡して名乗り上げてくださいな〜(^▽^)

かしこまりました!!(≧д≦)ゝラジャ!
Posted by みっくん at 2014年02月05日 09:07
“ドォルトンさんがホニャラララ~”
とか言ってますたっけ。



そう囁くのよ。
私の、ゴーストが‥
Posted by 信玄 at 2014年02月05日 10:10
>「ナナジュンイチだけん」にしたら(^O^)
↑うわぁぁ~完璧だあああ!!
タマランディー♪♪

(ノ∀・。) ワタシマケマシタワ

by ケンちゃんメンゴ~と泣き叫びながらオワビに懸垂を71回やったオトコ(ココロの中で)
Posted by マルパソ84 at 2014年02月05日 16:30
イチローさん、お誕生日おめでとうございます。

かつて、毎月のGUN誌を読むこととモデルガンを手にすることとが人生最大のヨロコビだった時代がありました。
中でもイチローさんのレポートは、閉塞したこの世界に光を届けてくれる窓のような存在でした。
あれから幾星霜。
今もその窓は開き続け、その向こうではイチローさんがあの頃と変わらず、精力的にGUNの新しい世界へのチャレンジを続け、素晴らしいレポートと写真とを魅せてくれるとは。
しかも、こうして直接メッセージを届けることまで出来るとは。

「面白くないことばかりの人生でも、こんなに楽しい時があるものなのだなあ」(昔のGUN誌より)

これからも元気にGUNライフを送ってください!!
Posted by 神武 保具 at 2014年02月05日 21:54
T-1の本物は買えなかったので、いままで、もっと大きなダットサイトで、慣れておいたので、
今度はT-1のパチを購入。今待っています。
なにせ、本体の686がやわなので、重くすると、ねじれるのが判るんです。
まずはせぶんてぃーん、、、、、、、いや、せぶんてぃ
オメデトウございます。
一日前には僕も53をすぎました。
MJマガジンの1月号も、枕元で見つめてくれています。
善きかな、人生。

そして、ありがとうございます。




ここからはおまけです
ごきげんよう。

生まれ変わりガ、なんだか、ぜんぜん違うところに言ってる人が多いように感じるのは
僕だけでしょうか。
女性に代わってるのも半数以下ですが1/4よりは多いですし。

あと、前に、お聞きした、写真の方に、少し、聞いてみるのはとても強みになる気がし
ています。お返しとしては、お話をすることなんじゃないかと思います。

死語のお願いは、役所に、身内との折り合いが悪いので、公証役場で、ぶんしょうを、
あずかってもらうと、死語に、公開、あるいは、確認をしてくれます。連絡先があれば
、はがきなり、電話なりしてくれるようです。


ツイッター、すごいですね。

僕の能力、広島の、仁井本 敏明さんに、ある程度大半の能力を伝授してもらっちゃっ
たんですが、、未だ、うまくまでは使いこなせていませんが、10年以上の付き合いで
、互いの役目を元に動いています。

小沢さんと、小泉さんが組んで、次は亀井さんが警察方面に手を回して、
総務省内の、心あるOBのかたがたに、声がけをするように、心の動きをこめましたら、

3日目に、合流することが出来ました。以外に影響力のあるヤッシーや、水面下の山崎
さんも、合流してもらい、オリンピックまではいきていない森さんにも合流してもらえ
たら、選挙違反、
対、安倍の暴走による国民皆兵は抑えられると考えます。
老人たちに、一番、違和感が大きいのが、この、国民皆兵、兵役ですから。

心では、小泉さんは好きではありません、ですが、使えるものは使える。飯島さんも、
きらいですが、飯島さんには動いてもらう。今最大の懸念は選挙票のすり替えです。

仁井本会長には機械のマルファンクションを、何とか、起こしてもらい、
そちらの方向に行かないよう要請します。

民主党つぶしには選挙違反は僕は賛成でした。しかし、今回は反対です。

安倍さんには出来れば、倒れてもらいたい。内臓疾患で倒れてもらいたい。
菅さんにも、倒れてもらいたい。かなり、糸を引いている姿が見えます。
後ろに、ナベツネの一塊連中がうごめいています。経団連に大きく巣食う連中です。
そして、それが、旧大蔵省に、旧通産省に、内通しています。
間に、中国スパイが入り込んでいます。
旧郵政省にも其の時代から、組合、連合を通じて、赤軍とテロ組織が
中国政府と組んでいます。、つぶしたい。僕らの上の世代の残党
団塊のニヒリズムテロリストたちです。悪の秘密結社といっていいでしょう。

どこまで出来るか。
刺し違えてもかまわない。  本当に必要な其の跡につなげたいですが。
・・・・・・・・・・・・・・ここまで
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2014年02月06日 01:14
都知事選で、一番の問題は票すり替えです。

それが阻止できなければ、ほかのすべては無駄です。
心ある検察、公安、警察、総務省のかたがた。
あなた方の子や孫の、苦しみもがく姿をあなた方の生きているうちに見たいですか?
先のない老人(永田市郎という方は先があるんです)
立ちはそんなことは平気の平左なのです。今が変わらず後ろに行きたいだけ。
中国に虚勢を張りたいだけ。
其の中国だって一枚岩ではなく、三枚の板、
太平洋プレート、フィリピン海プレート、ユーラシアプレートという、軍、党、海岸線海外渡航組金融資本家群
のあいだで、いつ起こるかわからない自身に、うそ偽りで押さえつけているだけに過ぎません。
鉄槌を下すような簡単な方法などないのです。
ゆれをおさめ、先に未来に目を向け、未来に使える人類の英知を考え続けていかなければならないのです。


暴走による国民皆兵は抑えられると考えます。 老人たちに、一番、違和感が大きいのが、この、国民皆兵、兵役ですから。後がつづきませんよね。ヘノコ中止(中途半端な広さでMACが無いから意味を成さないヘノコの地主が虚勢を張っている、これをたたくしかない。この地主に、税金が個人に支払われる構造なのだ。)、キャンプシュワブ内でOK(そぐ横のキャンプシュワブには一通りのそうびがあり、宿舎エリアをつぶして、V-22用滑走路とすれば、懸案だった、街のど真ん中の空港は即刻閉鎖でき、今の問題の一番の懸案が消えてなくなる。),那覇にC5Bおろせば、半年以内に問題解決。民間空港といったって、C5Bがでかくたって、国際空港。B747もえあばすA-380だっておりられる。すでに、鳩山政権時に、
小川和久先生がワシントンとことを取り付けてあり、OKは出ていた、のを鳩山がぶっ壊して、中国に擦り寄った。民主内の中国人一派が工作したのだろ、。
マリンコは、日本を自衛するためにいるのではないという論理。じゃんけんのグーとチョッキをのぞくと、彼らになる。狭い最強の部隊がそこに存在するのが抑止力でっしゃろ。そしてその動きをモアスピーディーにするためのV-22.これが怖くて仕方がない、というのが答えです。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2014年02月06日 03:11
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。