最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年01月29日

小説 SIG PRO

市 (2014年01月29日 23:38) │Comments(7)記事
事件や災難といったものは、前ぶれなく突発的おこるものだ。日頃の平和な生活の中で考える「死」は、現実感などなくて、遠い未来のことか、または他人事くらいにしか思えない。 しかし、長い人生のある瞬間、それも唐突に、人はどうしようもなく災いの渦に巻き込まれてしまうことがある。まるで運命のツメに引っかけられたように‥‥ 先日、こんなことがあったのだ。最初のところから詳しく書いてみるよ。 6月28日の夕刻、ワシはサンフランからサンディエゴに飛行機で飛んだ。 空港で、ニューハンプシャー州から着いたばかりのジム社長と落ち合った。 ジムは、ウィルコックス社の社長。秘書のバーバラと営業部長のボブも一緒だった。 大型のペリカンケイスが3個、スーツケイスは四個とうい大荷物だったので、社長はクライスラーのミニヴァンをレントした。 “ハイアットリージェンスィーなんてイーチの気に入るかな‥?” 7人乗りのゆったりしたミニヴァンでダウンタウンのホテルに向かう途中、ジムがワシに聞いた。運転はボブだった。 “そんな高級ホテルは好みじゃないな、そんなカネがあったなら火薬とブレットを余分に買って、もっとカップの練習をしたいよ” ワシは、遠慮なしに言った。 “まあ、そう言うなって、ウィルコックスはキミのスポンサーなんだから、ブレットなんか家の床がヒシャげて地面が窪むほづ送ってやるからさ…たまには南キャリフォニアの豪華な空気を吸って、楽しくやろうよ… といっても明後日からはミリタリーベイスに閉じこもっての仕事が続くんだがね…”  ワシは、ウィルコックス社の開発アドヴァイザーだった。特殊部隊向けのプロトタイプができると、それをテストして、改良点を指摘するのが役目だった。 ウィルコックス社には、多くのエンジニアが働いているが、彼らが造った製品が実際に役立つかどうかのテストができる人が居なかった。そこで、スワットやシューティングの経験豊富なワシに役がまわってきたのだ。 その報酬として、ウィルコックスはワシのビアンキカップのスポンサーになり、試合参加の費用などをヘルプしてくれるのだった。 今回の仕事は、サンディエゴの基地でパワーグリップとM4の組み合わせでナイトシュートのテストに立ち合うというものだった。
テストをするのはスィールズの隊員達で、月曜日の夜から始まることになっていた。 サンディエゴには、大規模な軍港がある。空母や潜水艦も多く出入りし、トップガンのスクールもあればスィールズの訓練基地もそこにあった。 “まだ陽も高いし、どうだ? ホテルに入る前に国境線でも見物するってのは…” “まあ、いいわね、私初めてよ…” と、若くて美人のバーバラがはしゃいだ。 “よーし、じゃあ、そこのフライドチキンに寄って、チキンナゲットとアイスティーを買おう。遠足気分を出そうってわけだよ”  それを聞いたボブは、機敏にミニヴァンを駐車場に停め、チキンを買うためにサッとクルマを降りた。営業という仕事がらなのか、頭の回転や身のこなしも良い。 “ヘイ、待ってよボビー、私も行くから…”  バーバラが小走りでボブの後を追った。 “…可愛いよね、バーバラは…” と、ワシはあたりを見回しながら言った。 “ウン、あれで頭の回転も良いしね…忙しい時の残業や土曜出勤もイヤがらずにやってくれるんだよ” “仕事を大切に考える女は、男もそうだけどさ、やはり魅力があるよね…” そんな会話をしていた。 あたりには人がいなかった。 駐車場には一台のクルマさえ見えない。日曜日の午後はヒマな時間帯らしい。その静けさが気になってワシは外に注意を払っていたのだ。 そして。 まさにその時だ、一台の古いワゴン車がゆっくりと現れた。そして、植え込みの向こう側に停まった。50mほど離れていた。 チキンを買う客だったら、もっと近くに停めるハズ。かと言って他に店があるわけでもなかった。樹木がさえぎっているので見えにくかったが、ワシもジムもジッと観察した。 “あのエコノラインは、30年モノのアンティックだよジム…” “…よく知ってるな…” “モーターサイクルをアレに積んで野山に出かけるのが夢だったんでね…” “…だけど、今どきあんなのに乗ってるヤツは、犯罪に関係してるのを宣伝してるようなもんだぜ…” ジムの言葉は、半分真剣だった。 そして、その時、別のクルマがエコノラインに寄りそって停まった。これも年代モノだった。60年代の大型なアメ車だった。 ワシはスッとウィンドウから顔を退けた。ジムも同時に同じことをした。 何が起こるか、あるいは何も起こらないのか知らないが、あの連中と視線を合わせるのは不必要なことだった。

つづく(信玄殿 早うお頼みもうすぞよ)  


Posted by 市 at 23:38Comments(7)記事

2014年01月29日

戦闘拳銃

市 (2014年01月29日 02:20) │Comments(5)てっぽ


自分も職場でこの記事読んで、仕事帰りに慌てて本屋に行ってました。 今回の小説も大変面白かったです(「第一章 完」って事は続編あるんですか?!)。 それと丁度、この前のブラックホールで、タスコジャパン(現サイトロン)のミニミルダットが安値で買えました。 やっと「狙撃拳銃」に出来るようになった喜んでたところなので、余計に興奮してました。 でも、現在、ダットサイトを載せたハンドガンが入るホルスター無いんですよね…(汗) 「タクレットL」って、どうなったんでしょう? >曲がり角で迎撃するスィグのストーリーなどなど夢がモリモリ それって、確かSIG PROの時ですよね? 自分もまた読みたいです。
Q太郎



今回のストーリーでは人間模様を深く
書きたかったのですが、イメイジはどんどん
膨らんでSAT記事に入りきる短さではなく
なってしまいましてね〜(。・ˇ_ˇ・。)
そこで困ってしまい、二日間ばかしホットイタの
ですよん。
でもって諦めて、第一章というカタチにして
しまったのです。

つづきはSATマガではなくて、もっと
ペイジのもらえる場所で書きたいですよん。

狙撃拳銃は素晴らしく当たるので
ワシは とても気に入っていますよ♪

でも、エアガンで作るとなれば
マウントとダットサイトとでかなりの出費と
なるためフツーの人だとゲットしにくいのが
ナンテンのど飴ですね〜(;゜▽゜)

Q太郎さんは偉いっ!!(●^o^●)

本物だとマイクロだけでも5万円はしちゃい
ますし、X5だって並の拳銃よりずっと高い
ですからフトコロが暖かくないとね〜(^_^;

で、ワシは3Gunマッチの競技に出るときは
このタフプロのホルスタを使いますが、
とりあえず使えていますよん。
これでオートバイに乗ってもダイジョブです
からね〜♪

えーと、このホルスが日本でまだ売られて
いるのかどうかは知りませんが・・・(^_^;

タクレット Lですが・・・
今は円高なために値段が高くなるのと
販売数がそれほど見込めないので
タフプロの生産ラインに載せるのを
タメラッているんですよん (;^ー^)

20個限定とかで出すことも考えています
が・・・折りをみてナット社長と相談して
みますね。






  


Posted by 市 at 02:20Comments(5)てっぽ

2014年01月29日

離婚ファーム

市 (2014年01月29日 01:24) │Comments(7)語りのプラザ
>コレがホントの 「KO辛料」♪♪
o(^▽^)o ナーンテネ

おもろいじゃないのぉ〜(^○^)
よし・・じゃあこんなのどう?

KOちゃんが離婚したって
ほんとかな〜??

あれ? 知らなかったんですか〜??

いや、聞いてはいたけどね〜・・

聞いていたんなら事実でしょ??

でも確認とらないとね〜・・

慎重なんですね〜(^-^)

そう、これがほんとの「離婚ファーム」
ってやつだよ(^○^)(^◇^) 

注:コンファーム=確認
リコンファーム=再確認→reconfirm

どーだ! まいったか○パソや(^o^)

ダジャレやってるヒマあったら
SIG PROを早くやっちけれ、、
CYPRESSさんと Q太郎君もお待ちだど

しかし、KOちゃん、離婚は本当かい?
離婚の困難さはワシも体験しているから
気にしているんだよ。

開高健という有名な作家は
ある女性をはらましてしまってね、
そこで彼女が母親を連れてきて結婚を
迫ったそうだよ・・
そして結婚したわけらしいが
夫婦仲は良くはなく、癌の告知は
奥さんによってなされたそうで・・

そして開高健の死後、娘は自殺し、
やがて奥さんも哀しい死に方をした
ようだよ。

なにかの理由で奥さんを嫌いに
なったら、早々に離婚しなさい・・
と、ワシは息子たちに教えていたの
だけど、ランディーも実行してね〜
(^_^;)

  


Posted by 市 at 01:24Comments(7)語りのプラザ