最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド
※カテゴリー別のRSSです

2019年10月17日

コーヒーグラインダーの話

市 (2019年10月17日 02:32) │Comments(13)ヤフオク
♪わたしのアークーロー
アクロよアックロー♪

と、トトロの旋律で歌う朝です(^∇^)

今日は学校が昼過ぎに終わるので子供達を迎えにいって、そのままジョージ射場に行くんです。

そのまえのくつろいだ時間に
コーヒーをいただいてます。



起きるとまずは緑茶をいただく、
そして玄米朝食、
10時前後になるとコーヒーを・・・
だいたいこれが日課なのです。

で、たいていはこうしてなんらかの拳銃をお盆にのせて鑑賞しています。

ジュンのやつは反動を怖がるし大きいのもイヤがるので、ひとつコレを撃たせようか・・これならスライドを引く必要ないから非力でもおっけいだしな。本人はブラウニングの25口径を望んでいますが、あれでは撃ちにくいだろうと・・・しかしこいつの弾は高いからな・・あんまし撃たせられないな・・・

おっといけない、
今朝はコーヒーの話だよ。

コーヒーに凝り始めたのは22歳のころからだったとおもいます。
インスタントコーヒーの、あの不味さと喫茶店のコーヒーの美味しさとの差はなんなんだ?・・・

そこで、コーヒーの本を買ってきて読みましたよ。はぁ〜、グワテマラね・・キリマンジェロね、コロンビアンね・・ふんふんブルーマウンテンが一等なのね・・・なになに?・・コーヒーは挽いたの買っちゃダメ?・・豆をゲットして自分のコーヒーグラインダーで挽けだってぇ?・・よーし、買おうじゃないの、飼えばいいんでしょ買えば、かいますよかいます。

こうしてイギリス製のグラインダーなど二台持って楽しくコーヒーを飲んでいました。

そしてアメリカへ・・・

オイ、イーチ、コーヒー飲もうや、
キッチンにグラインダーあるから挽いてくれ・・

こう言ったのは、働いていたレストランのオーナーで、そこは彼の家で、彼から陶芸を学んでいたときなんです。

立派な古い家でした。
キッチンにいくとコーヒーグラインダーらしきものが置いてありました。

それを見たとたん、イーチはギョッとなりフリーズしました。なんと素晴らしいっ!!!

見惚れながら輪っかを回していました。

それはダブルホィールというタイプで

このようなモノでした。
これは今つかっているものです。

「エンタープライズ」という名でした。

おばあちゃんが遺してくれた家宝だと・・・

この話は長くなるのでハショリますが、それからというものダブルホィールのNO.2というやつを求めて20年間も探すこととなります。

そして、やがてイーチはグラインダーのコレクターになってしまいました。トモとヨシもうるさく欲しがるので四台ばかし譲ってやりました。


で、あんまし多いので、一台をヤフオクに出すことにしましたよ。「エンタープライズ No.0」です。ダブルホィールになる前のタイプです。






この写し絵みたいなのを「ディキャル」とよびます。これがキレイに残っているかどうかで価値が決まるのです。そして、これは上々のコンディションというわけです。






このオリジナルのかわゆい蝶ネジも大切!!
作られたのは1800年あたりではないかと。


ハンドルは木製なので破損したものが多いのです、が、そこはイーチですから良いものしか飼いません♪


もちろん完動品、感動するくらいの完動品♪

ちなみに米国にはグラインダーのコレクターは少なくありません。そして、これくらいのアンティックでしたら250ドルていどで売り買いされています。しかし、このごろは出物が少なく値段も上がっているんです。

これまでグラインダーについて語らなかったのは、テッポ好きはバイクとクルマも好きですが、コーヒーグラインダーとなると場違いではないかと想いましたので・・・でもね、たしかFumiさんがフォトをみせろと静かに強くコメントしてきたので。

フーミーさんっ!!
責任とってね、
これ落札してよねっ!! (^.^)

ダブルホィールを出してもいいのだけど、あっちはナイツのAR15一式くらいの値段となるのでムリかな・・・あっちは、よほど惚れ込んだ人でないとね。

しかし、楽しく使っているまに値段の上がるアンティックっていいものですよ。

ヤフオク↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t678753699

by 珈琲ミルのことをもっと書きたくウズウズしている射撃野郎の御老人  


Posted by 市 at 02:32Comments(13)ヤフオク

2019年09月10日

STSサイト

市 (2019年09月10日 22:58) │Comments(3)ヤフオク




昔のことですが、
シーモアサイトの社長さんがこう言いました。

「オレのサイトだけどな、イーチがディザインしたシャノンを逆さにしたんだよ、いいだろが♪」

実は、シャノンはシーモアのように上がオープンになったタイプで作ろうと考えていたのです。でも、当時のタスコの技術では発光部周辺がレンズに映りこむのを防止できず、雨滴が入ったらダットが滲んでしまうという状態だったので逆さにしたのです。シーモアは、その問題を乗り越えたのです。

シーモアの良さは軽いことです。
重いサイトを拳銃に搭載するとトップヘヴィーとなりバランスが悪くなります。反動後のもどりでグラグラ感が出るのです。なので早撃ちのためには軽いサイトが適しているというわけです。

そして年月は経ち、社長さんはこのSTSをプレゼントしてくれました。

より小型となり、使いやすそうでした。
しかし、イーチはスポーツ拳銃といえども、いえ、だからこそ、その能力の高さゆえ、イザとなったらそれを戦いに持ち込もうという気持ちを持っているのです。そうなると上が空いているのは使えないのです。

そんなわけで、このサイトは使われないままに古くなってしまいました。しかし最近になって、もしもコレを使うことでより早く撃てるようになるかどうか試してみようと想い、X5に載せて撃ったのです。


STSに対するアメリカンシューターたちの評価を読むと、中には「ダットが消えた」というコメントがあります。そういう場合は接触不良が原因です。そこで気になるのは、このバッテリーケイス、

バッテリーが引き出し式なのですよね。
ここは圧着方式でないと数千発もの実弾発射による反動には接点が耐えきれないのではないかという気がするのです。このあたりはタスコ時代に多くのテストをして学びましたよ。

とはいえ、このSTSそのものはダットが消えることはありませんでした。ダットの質も良いです。軽量なために銃のバランスが向上しました。

で、そこで、はたして常日頃使っているエイムポイントのマイクロと撃ち比べをした場合により速く撃てるのかどうかをテストしてみたのです。リロン的には重い方のマイクロが遅くなるわけですよね。

しかし、いざ撃ち始めると、タイムはまったく変わらないのです。1秒切りのドロウをしてもサイトの重量差を感ずることができないのです。つまり、これくらいの重量差は許容範囲内ということです。もちろん、大きい方のエイムポイントだとウンと辛くなりますけどね。

「うんうん、オマエも好い子だけどね、ワタシにはドロかぶりにツヲイ方が向いているからジャパンに渡ってエアソフトさんに奉公するんだよ」

そのように言い聞かせて送り出しました。

と、そんなストーリーがこのSTSにはあるのです♪

ヤフオク↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b412955705

by ダットサイトの育ての親といわれる御老人様  


Posted by 市 at 22:58Comments(3)ヤフオク

2019年09月10日

LAPD SWAT

市 (2019年09月10日 02:07) │Comments(18)ヤフオク
イシイさんのテキストによるとだすね・・・

“まさにSWATの中のSWAT”
それがLAPD SWATなのだが、実はマスコミの公式取材が許されたのは今回が初めてなのだという。その理由とは、まず他都市のSWATとはくらべようもない程、LAPD SWATは忙しいということ。そして近年は特に、犯罪捜査の方法や手順、また、銃撃戦に関する訴訟ごとが多く、相手側弁護士が警察官個人を相手に訴えているケースもあって、SWAT隊員の大半がマスコミに顔を出したくない······という事情があるらしい。ではどうして今回のフォトセッションが実現したのかといえば、それは新制式ピストル、「LAPD SWAT CUSTOM Ⅱ」に関して、現場の意見を充分に反映し、かつ良心的な条件での納入を行なったキンバー社に対して、LAPDが感謝の意を表明するために「LAPD SWAT主催」での記者発表を行なったからだ。もちろん諸般の事情から、「ごく一部のマスコミ関係者」を対象としたものではあったものの、“キンバーはこんなによいガンですよ!”と宣伝する役を、LAPD SWATが買って出たというわけ。さすがはアメリカン ポリス。民間に対しても協力的で、サービス精神旺盛である。素晴らしい!というわけで、2002年暮れの某日、LAPDの本部、「メトロポリタン ビル」前に招待された人数はわずか8名。NRA (ナショナル ライフル アソシエーション=全米ライフル協会)の会報誌や、アメリカ最大の発行部数を誇るガン雑誌 『Guns & Ammo』 など、超一流どころのライター&フォトグラファーのみが、極秘電話でヒッソリと呼び出された。そしてジャジャーン!!キンバー社の販売部長ドゥワイト氏たっての頼みとして「指名」を受けた我らがイチロー師匠は、堂々の「メインキャメラ担当」として出動! とあいなったわけだ。ドゥワイト部長からイチローさんへのラブコールは、“これ(LAPD SWAT への制式採用)は、我が社(キンバー) が始まって以来、最高の出来事だ!そして、その模様をドラマティックに記録できる写真家といえばイーチ、君しかいない。是非来てくれたまえ!”という熱烈なものだったのである。一行は迎えにきた小型SWATヴァンに乗り込んで数分、本部ビルとは別棟の建物の奥深くにまで案内された······。というわけで今回のイチローさんの写真は、現役のLAPD SWAT隊員や、本物の建物内部を捉えた超貴重なショットばかり。ファンの皆さんはキャプションともども、目を皿のようにして眺めて欲しい。
コンバットマガジン 2003年10月号より

・・・とゆー大スクープですたー♪
ウヒョヒョ━━o(゚∀゚)o━━ッ!!

by 睡魔にマケてイマゴロあいすいませーんなオトコ




















こっの忙しい時に不親切にもマロンパがやや向上した複写技術で違法にもカカラワズはっぴょしてくれました。

これであのシャーツが1.6千円まで上がれば二式を売らないで済むのだと占いに出ているのだとマロンパも想っているようですが、そういうのも変だとは想っています。

by なぜかマロンパにしつこく粘着するのがサーヴィスだと佐渡でサドを悟っためちゃくちゃなワタシ(^O^)  


Posted by 市 at 02:07Comments(18)ヤフオク

2019年08月27日

ハミルトン時計の特約店証

市 (2019年08月27日 00:11) │Comments(5)ヤフオク


ある時、
サンフランシスコでのガンショウ。
たぶん、20年以上まえのことです。

良いもの党アララギ派のイーチは
この盾をみつけました。

「うわー!!
ハミルトン時計の特約店のサインだ!!」

なんと美しい作りだろう・・・
225ドルか・・・
けっこう高いなぁ・・・
でも、ハミルトン時計は好きで
いくつか持っているのだから
これも飾りたいよ。

となりで他の客も覗き込んでいたので、
置いてしまうと彼に買われそうな気配が。

えーい!!
いただきーーー♪

こうしてイチローさんの机に長いこと飾られることとなりました。


オーソライズド ディーラーとは
特約店のことです。
時計屋さんに飾られていたわけです。

はじめは木彫りだと想いました。
すごい職人芸だと感じました。
だけど木にしては重いのです。

よく見ると、石膏かなにかの流し込みで作られているようです。


なんとセンスの良いディザイン♪
これは美術品です。
時代を超えていつまでも美しい。


ザ ワッチオブ レイロード アキュラスィー
鉄道で使える精度
これがハミルトンのスローガン。


仕事で疲れた時、
美しいものをみると心が癒されます。

裏側はこんなふう。


立ててもよし、
吊るしてもよし。


これを製作したのは、
この会社のようです。

これはいつ頃の作なのでしょう?

1960年ごろかもしれませんが、
ぜんぜん解りません。

どなたか教えてくださいな。


サイズは30cmくらい。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/s681978965
ヤフオクに出しました。

どうしてこの美品を奉公にだすのか自分でもよく解りません。射撃の腕が衰えているので死期を予感しているのは確かなことですが・・・。家に残しても、これを大切に保管してもらえるとは想えないとも考えています。

この盾はハミルトンを知らない人には無価値だと想うのです。

死んでから売り出すのではなく、今のうちに好きな人に渡して安心したいという気持ちもあるんです。

ともあれ、
フォトを鑑賞してくださいな。

by 多趣味すぎる欲張りイーチ
  


Posted by 市 at 00:11Comments(5)ヤフオク

2019年08月04日

ウィンチェスターのバックルなど

市 (2019年08月04日 21:30) │Comments(2)ヤフオク




こちらはウィンチェスターのバックルです。これまた立体感満点なすごい造りなんです。

商品:《市》WINCHESTER ベルトバックル(A)
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h412976153





オールドウエストの好きな人たちに人気のあるのがウィンチェスターのバックルで、その種類はかなりあります。そんな中で、これは素朴というか、すこし貧しい作りです。安いのを簡単に作ろうとした作者の気持ちがアリアリと出ており、そこが面白いと想って買ったのです。

イチはカラスのようで、光るものを集めるのが好きなんですよね(^O^)
ちなみにバックルの鑑賞どころは裏を観ることにあります。良いバックルは裏側に凝っているのですよ♪

商品:《市》WINCHESTER ベルトバックル(B)
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r339390464

他にも二点出しています。





商品:Remington COUNTRY ベルトバックル《市》
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f363607691








商品:UNITED STATES ARMY ベルトバックル《市》
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t663826074

  


Posted by 市 at 21:30Comments(2)ヤフオク

2019年08月04日

バックルのコレクション

市 (2019年08月04日 21:09) │Comments(0)ヤフオク

ちょっと素敵なバックルです。
デザートイーグルのです。



高級な作りで綺麗なんです。

アメリカに渡り、ガンショウに行くようになってから好きになれるバックルを見つけては購入するクセがつき、たまりたまってそれらの重さでとうとう引き出しの底が抜けてしまいましたよ
(^◇^;)

なので一部を除いてはヤフオクに出してるのです。

これなどはなかなかの逸品ですよ♪

商品:《市》DESERT EAGLE ベルトバックル
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j582746144  


Posted by 市 at 21:09Comments(0)ヤフオク

2019年04月20日

ダルトンさんのブロッカース

市 (2019年04月20日 11:59) │Comments(9)ヤフオク




倉庫を整理していたら懐かしいスターマシンが出てきましてね。リヴォルヴァを撃っていたころに使っていたリローディングマシンなんです。作りの良いモノなので今だに人気があるんです。それを見たマイクダルトンの甥っ子さんが興奮し、

「イーチ、これをどうするつもりなんだ!!」

「とくに考えてないけど・・・」

「マイクが欲しがると思うんだよね」

「んなら持っていって見せたらどう?」

するとダルトンさんは、
「ほしいほしいほしいっ!!!
いくらで売ってくれるんだ??」

「じゃあ、マイクの使っていたISIホルスターなどが残ってたら交換しようや」

こうして大きな箱が送られてきました。ホルスは2個、マグパウチ、ベルト、バックル、シャーツなどなど盛り沢山でしたよ。

このさい、それらを奉公に出すことにしました。知らない人にはただのジャンク、知っている人にはお宝。マイクダルトンが使い倒していますが、それがかえってい美しいと感じています。





ヤフオク↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p682089870

他にも色々と出してありますので探してみてくださいな。

  


Posted by 市 at 11:59Comments(9)ヤフオク