最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年10月14日

愚劣なヤカラ

市 (2017年10月14日 04:46) │Comments(9)語りのプラザ
http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

岐阜県の小学校にツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺した。
当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。
地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。

ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。


・・・のだそうです。

びっくりしましたよ(◎-◎;)
学校に入り込んだクマを殺すのはあったりまえ、ヘタに追うと被害がありうる。逃がしてしまうと、次は登下校中にやってきて子供を襲うかもしれない。
ハントして食うのが一番。

子供たちは、それで安心できる。
なので警察判断はまったく正しい。
これが良い教育というもの。

この出来事に わざわざ苦情を言ってくるという愚劣な日本人がいる、ということに驚いたのです。

こういう偉ぶったヤカラは、学校に庖丁男が来て生徒を刺そうとしたので体育の先生がブチ殺したとしても「殺すのは間違いだぁ〜」みたいに言い出すに決まっています。もしも自分の子が刺されるところを助けてもらったらお礼を言うのでしょうけどさ・・・。

 やれやれ疲れるわ・・・の市


同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 04:46Comments(9)語りのプラザ
この記事へのコメント
何かがあったら即座に対応、
これが教育にはとても有効。

人生でも急いで決断せねばならないことがあり、
我々生物は他の生物の命を食って生きていることも
同時に学べる機会となったことでしょう。
Posted by 須田浩之:・スダヒロシ at 2017年10月14日 05:04
御無沙汰しています。しっかり生存中のルシでございます。

報道内容を見るに、熊への対応は何ら問題はないと感じます。
物事の優先順位を考えれば、何はさておき子供の生命を守るのが最重要。時間を浪費して事態の悪化を招いてはならない。市街地ではなく、比較的見通しの良い校庭ならば、銃器使用時のリスクも下げられる。校舎の施錠をしたとしても、クマから見ればダンボールを破るようなもの…etc.
諸般の事情を総合すると、あの場で速やかに射殺するのがベストに近い判断だったのではないかと。(「ベストに近い」と書いたのは、まだ見ぬ天才が、画期的な解決方法を提案してくれるかもしれないからです・笑)

自然に近い場所で暮らすとか、よく言われる「自然と共存する」というのは、時に野生動物との生存競争も生むわけで、そこは綺麗事では済まされません。
自分の生存が他者の死の上に成り立っていること、自分もまた他者の糧になりうること。当たり前の自然の摂理を知ることが、自然と付き合っていくうえで欠かせないことだと考えます。
子供はたしかにショックを受けるかもしれませんが、「現実を隠す」のは逆に子供に対して失礼だと思いますよ。
今生きている、そして今後も生きていくであろう世界の現実から、目を背けない子供を育てること。それは教育の果たすべき大きな役目ではないかと。

それにしても、いわゆる「評論家」ってのが、私は嫌いです。後から言うなら、何とでも言える。安全な場所に身を置いて語るなら、どんな綺麗事も言える。当事者のことよりも、正論(ぽいこと)を述べることを優先させる…実にイヤですね~。
今や一般人でも評論家みたいな人がゴロゴロいて、みんな自分が正しいことを言っていると信じているような空気が率直に言って気持ち悪いです。取り敢えず「きちんと対案を出せ」「自分の案の妥当性を示せ」「グダグダ言う前に行動で示せ」と突っ込んでおきましょう。

アメリカで銃器を使った事件が起きた場合や、CCWがニュースで取り上げられたりすら際に、したり顔で論評する方々も似たようなメンタリティなのかもしれませんね。

追伸:今回の件で学校にクレームを入れるのは筋違いだろー(苦笑)と感じるのは私だけでしょうか?
Posted by ルシファ at 2017年10月14日 07:54
今回の件でグダグダ文句を言うヤツは生活の中で成獣のツキノワグマを見た事もない、ましてやその爪の鋭さ恐ろしさや、その爪を持つ身体の俊敏さを知らないヤツらでしょう。
知らずに本気でモンクを言ってるのだったらタダの「うましか」!。
家帰ってク○してねろ!。

あの爪を、幹に付いた爪痕を見てみろ!。
木の登り下り、走る素早さを近くで見てみろ!。
姿が見えず、薮の中から漂ってくる獣の匂い。
これらの恐怖で身体が竦まず、「大した事ないじゃん」って言ってみろ!。
ティディベアの延長の感覚?。「うましか」じゃないの?。
ヤバい事が分かってるいるからこその生徒がいる小学校での射殺。
ホント、アタマの悪いヤツが居るわ!。呆れるよ。

こちらも秋になりクマに最大の注意が必要な季節になりました。
最近は鈴の音、車の音、を警戒しなくなってます。里に下りてくる頻度が増え慣れたのでしょう。
人の話し声は警戒するそうなので、農作業の人達は携帯ラジオを下げてます。(今時携帯ラジオだなんてって思うでしょうね。)
里には柿をはじめとしたウンマイものが沢山ありますから、クマも万難を排して下りて来ます。
獣の匂いがしたらマジでヤバい!。
スグソコにヤツがいる!。

by ツキノワグマはご近所さん!なヲトコ。タイヘンなのよホントに。
Posted by MIZ at 2017年10月14日 08:12
ああっ!! あぁあ〜(◎-◎;)

さぬきじゃなくてタヌキソバね〜 (^◇^;)

・・・(@_@;)ニホンゴワ ムズカシーデェース(^0^;)

しっかし、ルーさんひっさしぶりね〜(^O^)/
お元気そうで嬉すいでぇ〜す!(^^)!
Posted by 市 at 2017年10月14日 09:56
特別支援学校で副校長をしています。
何をやっても異を唱える人はいるものです。自分の考えの正しい部分に囚われてバランス感覚を失ってしまうのでしょうね。
学校では不審者侵入訓練を警察の協力で行ってます。さすまた使って。数人が協力して鮮やかに取り押さえる演出ですが、教員も警察も現実がその通りに行くとは考えてません。警察の方も「さすまた持ってくるより手近にある○○で○○した方がいい。」と女性教員がドン引する事を教えてくれてます。教員達にも「確保しなければならないのは児童生徒の100%の安全。蛮勇で立ち向かって自分が負傷すれば、子どもの安全は守れない。事後の保身を考えても子どもは守れない。出来るだけ安全を確保しつつ、対象を無力化する事を考えよう。」と伝えています。
Posted by ヤマ at 2017年10月14日 10:01
アメリカで銃器を使った事件が起きた場合や、CCWがニュースで取り上げられたりすら際に、したり顔で論評する方々も似たようなメンタリティなのかもしれませんね。

そうですよ、
アメリカは「銃社会」だという言葉を使う日本人とメディアは、まず群盲が像をなでて愚かなことを述べていると考えてマチガイないですよ。
銃社会だなんて、そんな社会があるわけないじゃありませんか!!
アメリカ社会があって、銃を持って良いという憲法があって、それを規制すべきだと言う市民が半分ちかくいて・・・それをどうして「銃社会」と呼ぶのか??

NHKまでが無神経に銃社会と呼んでいるのを見ると、なんと日本人は洗脳されて自己の思考力を失ってしまったのかと辛くなってしまいますよ。

銃で自衛するというマインドをもったアメリカ人たちの存在がなかったら、いまごろ日本はロシヤとチャイナの植民地になっていたのだと考えられる日本人はどれだけいるのでしょうね。

北朝鮮をやっつけて拉致された日本人たちを救出できる可能性をもっているのは、ほかならぬNRAを好きなトランプさんだけであって兎のジャパニーズはなにもできませんからね〜
Posted by 市 at 2017年10月14日 10:24
日頃からいつも感じてます。民家に熊が出てハンターさんが子供の命を救ってくれても道具としての評価報道はなく、悪用された場合だけ規制方向の報道だけする。バランスのとれた社会ではないなと。
ウチの家内が言ってました。2チャンネルでイチローさんのことを「アメリカ社会の極論を日本に持ち込んだ」という書き込みを見て、この書き込みも日本社会の極論なんだけどね、と。「日本は刀狩りが上手くが機能したところから構築されていった、何も持たないところから始まった社会だから、物事を解決するのはお上の役目という意識になった人が多い。これはこれで正常な社会ではないと思う」みたいなことを言っていました。なるほど。
Posted by @HENLLY at 2017年10月14日 15:58
ご無沙汰してます。
自分の住んでる県もクマがよく出る県で、特に友人が住んでる場所なんか、数年に一度の割合で「近くの国道でクマが車に轢かれて死んでた」なニュースをTVですら報道されるほど、目撃例が多いです。
特に最近は人を恐れなくなったのか?これまでクマが出てこなかった地域での襲撃例や目撃例が増えてきており、友人と二人で「マグナムが欲しいな、せめてベアスプレー(売ってるけど高い)」と話したばかりです。

あと、これはネット上に出回ってコピペで実話ではありませんが、まさに、話の中でマタギさんは、自分らの言いたい事を代弁してくれてると思います。

ある日、マタギのところへ動物愛護団体の人が名刺を出して 「なんで熊を殺すのですか」と抗議にきたそうな。
マタギの爺さん曰く「生きていく糧と伝統」と説明するも、 愛護団体側は「動物を殺すなんて(以下略)」と聞く耳を持たない。
それから連日抗議に来るので、煩わしく思ったマタギは知人に頼んで一芝居をうつことにした。
今日も今日とでマタギに難癖を付けにやってきた団体様。
そのタイミングを見計らい、近所の知人がやってきて「里に熊が出てきた様だ、心配だなー」と一言。
それを聞いて青ざめたのは団体の連中。
どうやらマタギをこらしめに来たはいいが、熊に襲われることは想定してなかったようだ。
恐怖を感じた団体の連中は、マタギの爺さんに「私が熊に会っても・・・安全に帰れますでしょうか?」
と振るえながら尋ねる始末。
そんな情け無い連中に、マタギの爺さんはこう返してやった。
「熊に遭ったら、あんたの名刺を見せればいいじゃないか。動物愛護団体だとわかれば熊も襲ってこないだろう? 襲われてもそれはそれで、愛すべき動物の糧になれるんだから名誉なことじゃないか。 それとも、まさかあんたら俺を警護につけて、 『私達の安全のために、熊が襲ってきたら撃ち殺してください』
なんて言うつもりじゃねぇよな?」
Posted by Q太郎 at 2017年10月15日 14:26
Q太郎さん、
好きだなぁ〜 そういうハナシ♪

動物愛護の前にホームレスを救ってやれよ、と言いたいイチローさん(^◇^)
Posted by 市 at 2017年10月16日 11:04
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。