最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年12月05日

最高なインストラクター!!

市 (2019年12月05日 01:49) │Comments(8)動画
イチローさん
こんにちは 
リョーです

エアソフトガンで 使うシューティングタイマーの
センサー無線化ができましたので、
報告します!(^^)!

ケンシロウくんが庭で練習している写真を見まして、
使っているタイマーはポケットプロと判明。
同じものを2台用意しました(テツヤさんに借りた新品)

これに市販の無線マイクを改造して、センサーの信号を無線で飛ばしてやり、
シューティングのタイム計測として問題なく使えるかを検証しました。

<センサー感度>
ストッププレートに貼付け、弾のヒット音で反応する必要があります。
これは、国内のシューティングマッチで使って実績のあるパーツを
使うことでクリアしました。
 買ってきた無線マイクの発信機側にあるマイク部分を取り去って、
代わりに圧電素子をセット。さらに、素子に並べてネオジム磁石を貼付けて、
スティールのターゲット板にピタッと貼りつくようにしました
(写真1: 黒くて丸いのが圧電素子、銀色は磁石)
最高なインストラクター!!

このセンサーで試射してみて、無線であってもポケットプロでタイムが記録できました。
念のためコンデンサマイクと磁石のタイプも製作。こちらも動作OK。

これでストッププレートにセンサ(発信機)を付けてタイム計測できるようになりますが、
 無線ですので電動ガンに発信機つけて、実銃射撃のように全弾の発射音を記録したくも
なりますよね。そこで、ガン本体に付けて発射音を拾えるコンデンサマイクも用意しました。

発信機の配線にコネクタを付けて、圧電素子、コンデンサマイク、合計3種類のセンサを
交換できるようにしました。
(写真2 : 3種類のセンサと発信機)
最高なインストラクター!!


<使用方法>
非常に単純です。
ポケットプロにあるセンサー取付ジャックに、受信機を差し込む。
受信機の電源ON、送信機の電源ON あとはセンサーをターゲットに貼り付けるだけ、です。

<電池の持ち具合>
送信機、受信機ともにバッテリー内蔵で、USB充電器をつないで充電します。
iPhoneの充電器でOK
満充電までおよそ1時間、動作時間は連続で3時間くらいでした。

たくさん練習するでしょうし、破損させるかもしれないので、
送信機、発信機を2、3セット用意します。

<無線伝搬による遅延の心配>
一番心配していたのは、センサが反応したのに 無線回路を経由することで
タイム表示が狂う(遅延する)と使い物にならないな、ということです。
 これは実験して確認する以外になく、BATONレンジにお邪魔してテストしました。
その結果、有線式タイマーと無線式を比較して
タイム差(ポケットプロのタイム表示の差)は、0~0.01秒でした。

 これならば無線でも信頼できる物になったと考えています。

<遅延のテスト方法>
優先式タイマーと無線式タイマーを用意して、
同時スタートからセンサーを反応させれば、タイム差を比較できると考え、
この方法で実験しています。

ポケットプロ2台を用意して、スタートスイッチの端子から配線を取り出し、
一つのスイッチを押せば2台のタイマーがスタートできるよう改造しました。
一方には有線式のセンサー、もう一方には無線のセンサーをつなぎ、
それぞれのセンサーを一枚のストッププレートに取り付けます。

スタートスイッチを押してやり、このストッププレートに向け5発を発射。
レビューしてタイムを見比べてやると、誤差なしか、0.01秒差となりました。
何回かトライしてみて同じ状況です。

テストの様子を動画で撮影しました。
シロウト映像ですが見てください。 撃ってっくれているのはBATONレンジに
居合わせたシューター よしむねさんです。
 (ターゲットは5枚映っていますが、ストッププレートのみ連射してます)
動画
https://www.youtube.com/watch?v=cTJwzDReRKM
 
いかがでしょうか?
 佐々木リョウジ


やってくれたね〜\( ˆoˆ )/

イーチが射撃を教える時、こう言うのよ、

「射撃の腕を上げるのは 自分の鍛錬次第だ。
最も優れたインストラクターといえばタイマーだよ。
自分のタイムをタイマーが教えてくれる。
この寡黙な道具が示してくれる君の成績を
君がどう受け取って正しく努力できるかどうか、
そこに懸かっているんだよ」

シリアスなシューターとドンクサシューターの違いは、タイマーを持っているかどうかの違いでアル。シューターに向上心と情熱を与えてくれるのもタイマーに他ならない。
イーチェ

と、射撃のテツガク者が言うのは正しい。(^O^)

で、エアソフトのライフルを撃ち始めて痛切にほしくなったのがタイマーで、これ無しにはケンシロウを向上させるのが難しいのです。自分でも練習していますが、タイマーが無いと撃つ気さえ起こらないのです。過去の自分を超えるのが鍛錬の目的なので、過去の成績を知らずしてどうして向上できようか、できない。

ライフルによるスピード射撃という新しい分野において、これは必需品です。ただ、通学前の5分間だけで練習するとなると センサーのコードを毎回セットするのが時間の無駄だしメンドくさいのです。けど、このワイヤレスキットがあればツカツカと行ってササッと練習、撤収も素早い。

そんな夢をリョーが叶えてくれました♪

by リョーがリョー子だったら抱きすくめてチューーー!! したい絶倫老人


同じカテゴリー(動画)の記事画像
良子さんと全力で戯れました♪
THE VERY BEST COMPETITION HOLSTER
スターンを撃つ!!!
サバゲから学ぶもの
3人で22口径の試合にでました
市街地での乱戦
同じカテゴリー(動画)の記事
 良子さんと全力で戯れました♪ (2020-01-13 12:34)
 THE VERY BEST COMPETITION HOLSTER (2020-01-11 14:26)
 スターンを撃つ!!! (2019-11-29 02:28)
 サバゲから学ぶもの (2019-11-26 01:57)
 3人で22口径の試合にでました (2019-11-24 08:15)
 市街地での乱戦 (2019-11-18 21:56)

Posted by 市 at 01:49Comments(8)動画
この記事へのコメント
う〜ん。
これは凄い(o^^o)
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年12月05日 03:39
素晴らしい!。
持つべきものは信頼できる友!、ですねイチローさん。

やっぱこういう場合はピエゾ素子なのね。
トランスミッター/レシーバーは2.4GHz帯のAD/DA変換なんでしょうね。遅延表示の10㎜sec.は無視して良い誤差でしょ。この手のワイヤレスマイク、最近のは低遅延(10㎜sec.以下)をうたってますから。
UHF帯域を使うB帯のワイヤレスセットならA/D変換ないですから遅延はゼロになりますけど・・・サイズと値段がね。
(B帯を使うワイヤレスセット、ビデオ用に持ってます。トランスミッターはキヤノン端子でコンデンサーマイクに接続、レシーバーはVマウントでビデオカメラにセット。サイズは言うまでもなく、値段はタイマーセットが楽に買える値段に。)

実銃だと発射音がストップ入力になりますよね。(距離と弾速から発射音=着弾と考えれる)
エアーガンだとストッププレートへの着弾がストップ入力。だと、発射〜ストッププレート到達までの時間分が実銃よりもプラスされるので、A/D変換での遅延より影響が大きいような気が・・・。
エアーガンの発射音でのストップ入力と、ストッププレートへの着弾でのストップ入力でどのくらい差が表示されるんだろう?。
テストしてみません?。

そんなもん弾速と距離で計算すればいいだろ!、って?。
イヤごもっとも。
だけど、初速の計測値は色々ありますけどターゲット到達時の弾速って知らないんですよ。それこそタイマーがないと平均弾速を測れないので。
スゲー簡単な例で考えると。
平均弾速70m/sec.、ターゲットまでの距離7m、到達までかかる時間は0.1秒!。
(平均速度=移動距離÷経過時間)
これは誤差とは言えず、死ぬ気のドローや勝負!の振りしてやっとこさ詰めれる時間。

ちなみに瞬間速度はスゲー厄介!。
(v=Δx/Δt=ds/dt 。位置座標を時間 t の関数 x (t ) とみなしたとき、それを時間 t について微分・・・ってヤツ。微分・・・あぁヤダヤダ!。脳内微分は皆やってるとはいえ。)
Posted by MIZ at 2019年12月05日 09:14
イチローさん。こんにちは。

\(^o^)/
おおっ!
ついに完成したんですね!
\(^o^)/\(^o^)/
おいらがたまたまバトンレンジにおじゃました時にテストしてた物ですね!
おつかれさまです。
m(._.)m

テストするのにいろいろ考えて実施検証してるんですね!
:(;゙゚'ω゚'):

さすがです!
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

実際に使ってみての感想が楽しみですね!
m(._.)m
Posted by 駄武ー at 2019年12月05日 10:40
MIZさん
今回のはUHF帯ですよー(^o^)
Posted by リョー at 2019年12月05日 12:10
もうひとつ、イチローさんが昔からよく書かれていることに、「良いガンスミスはすべからく良いシューターである」というのがありました。漠然と「細かい説明がいらないからだろう」くらいに思っていましたが、リョーさんの投稿を見て、「相手の要望をマキシマムに拡大解釈できるから」だということがやっと分かりました。
ストッププレートのセンサーを無線化したい、というだけの要望に対して、「どうせパータイムも計りたくなるんでしょ…」とか「1個じゃ足りないんでしょ…」とか「電池は使ってれば切れるんだから、モンク言われる前に書いとくよ…」とか、ブツブツ言いながら楽しそうに作業する製作者の姿が目に浮かびます。
Posted by 北山田 at 2019年12月06日 00:08
「1個じゃ足りないんでしょ…」とか←これがホントのリョー産だね、量産(^O^) ザブ市枚
Posted by 市 at 2019年12月06日 00:47
リョーさん、ケンちゃんのテスト結果、早く聴けると良いですね!(喜ぶ顔が浮かびます^_^)
P.S. MIZさんの示唆される遅延の件は、イチローさんの所だったら安定してるのかなぁと思います。 ただ、帯域が混んでいると ホッピング分の影響は何とも…。 こないだ私が聞いてたのは、一応UHF帯は〜3GHzだからなのです…。
Posted by Masa at 2019年12月06日 03:53
イチローさん、お疲れ様です。
確かにジャパンのショップではシューティングタイマーは見かけませんし販売に注力していませんね。
小生も自分の感覚で練習しているに過ぎません。
だもんでバトン社長にシューティングタイマーの販売を促してもらえないでしょうか?
彼は変わった、とイチローさんが評価してれしたんですが数か月前にパーツの確認でtelしたときも彼は大変丁寧に応対してくれました。
それは先日の彼の渡米でイチローさんも見ている通りナイスガイです。
シューティングタイマーがバトンショップから発売されたら速攻でオーダー入れます。
次回バトン社長に合われた時にでも薦めて頂けると幸いです。
それでは、また。
p.s
やっとトランプ閣下が北に苛立ちを見せてくれましたね、通常兵器の保管期限が迫ってる米軍なので北には降参してもらえると良いのですが。
Posted by mightyshrikes at 2019年12月07日 01:39
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。