最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年04月11日

父親として対応します

市 (2013年04月11日 23:55) │Comments(9)語りのプラザ
市郎さんが写真学校で勉強なさっていたのは既に以前の記事などで読んだことが有りますが、まさか中退なさっていたとは知りませんでした。 最近自分の回りのサバゲ仲間やミリブロの僕と同年代の方々のブログを拝見したりすると殆どが大学へ行ってらっしゃる方が多く、高校卒業迄しか学歴がない僕は若干焦ったりしました。 以前の記事で「売れる知識や技術」ということについて読んだ際にも考えました。僕自身の将来は2年以上前に話したときとは何ら変わりありません。しかし渡米してその間どう食いつなぐのか。はたまた叶わなければと思い、その事についても考えました。 例えば資格はどんなのを取ろうか、どのような仕事につけばいいのか等・・・。それでもやはりどうしたら良いのか分からなかったりします。僕のいた高校は工業系を専攻していた高校だったのですが、資格もろくに取らず出たので資格は何が良いのかと言うことを最近は考えてしまいます(汗) 以前のブログでカーネギーの本についての記事の際、日記を書くようにアドバイスを頂き、暫くの間書いていたのですが、その後は毎日書かなくなり、しまいには全く書くことがなくなってしまいました。 しかし最近自分の気持ちに整理をつけたい、自分の心境を吐露したいと思い、再び書くようになりました。
HiroSauer

HiroSauerさん、
今まで、ワシは君に対して正直ではありませんでした。
というか、ワシの本当の気持ちをストレイトに書くことを避けてきたのです。その理由は、君の夢をワシの手で壊したくないという、いわば自己保身的な考えからでした。
しかし、アメリカに渡ってタクティカル インストラクターになるために渡米した君の将来を想像すると困難を極めることが眼に見えており、、、これはフランスに渡ってお菓子作りの名人になるとか、外国でダンスの達人になるとかよりもハードルが高いと想うのです。なので、君の件に関して突っ込んで書くことは避けていたのです。
でも、今回の君の書き込みを読んで、いよいよハッキリと書く時がきたと感じています。
「オマエの子供がHiroSauerだったらどう対応するんだ?」
と、昨夜寝る前に自問自答をしました。したら答えは明確で、「知っていること、想うことをすべて話す」というものでした。

ワシもズルイので身内に厳しく他人には優しいのです。(^_^;
他人には「タバコはやめた方がいいよ」「食べ過ぎはよくないよ」と言いますが、ランディーたちには「デブの息子なんか持ちたくないぞ。タバコや麻薬をやったらお前達を殺して自分も死ぬ、それが父としての責任だから・・・」と伝えてきました。。トモやヤダピにも、体重を落とせ、でないと一緒に歩いたり共に訓練するのが恥ずかしいから、、と幾度も幾度も幾度も幾度も言い続けてきました。しかし、体重を減らすということは至難の技らしく、ぜんぜん聞いてくれません(^0^;) もう諦めており、代わりに「ワシの言うこと聞かんくせに師匠なんて呼ぶな」という言葉に集約させています。
一方、他人のことを思いやって助言なんてするのはオコガマシーことだという気持ちもあります。それはエゴの押しつけでもあると考えているのです。

「言って解るようなヤツだったら、言わなくても解るのだから放っておけ」というのもワシのスタンスのひとつなのですよね。

しかし、同じ道をたどろうとする後輩には先輩の見た風景情報は貴重であり、役立つものでもあるわけで、、

で、、まあそこで、これからは君に「自分が親だったら息子にこう話す」というコンセプトで返事をすることにします。

では、始めますね(^^)
いやだったら返信しないでくださいね。

“おい、ヒロや、タクティカル教官になりたいだって? それっていったいどんなことをやるのか解っているのか?・・アメリカに行くのか?・・カネはどうするんだ?・・この2年間で英語はどこまで学んだのか?・・”
by 市親

「その途上でいつ死んでもよいと決心した
者には、道はある程度開かれる」
イーチェ


同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
トランプさんから手紙が・・・
空気銃の想い出
クボタンを知らない ド馬鹿警官
タクマ食堂 訪問の巻
ラストサムライ
まにあった♪
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 新 市ブログへの誘い (2017-12-01 10:00)
 弱くも強くも君しだい (2017-11-29 00:27)
 New 市ブログの構想 (2017-11-20 12:21)
 どこが入力禁止じゃい? (2017-11-20 11:59)
 トランプさんから手紙が・・・ (2017-11-17 08:45)
 空気銃の想い出 (2017-11-06 10:49)

Posted by 市 at 23:55Comments(9)語りのプラザ
この記事へのコメント
名無しの21歳改め、広木洋介。

市郎さんは僕にこう教えてくれましたね、ターゲットは何かを見定めそれを撃つにはどういう武器と戦術が必要か考えろと。
言葉は単純ですがこれが物事を進める上での明確な答えです。
自分は今までターゲットを見失っていました、いや何を撃つかも分かってない状況です。
武器もありません。
戦術も知りません。
やっていたことは妄想だけです、ただ頭のなかで自分が活躍してる図だけ。

生まれてから今日まで自分は親の元で過ごしています、ですが転機がやって来ました。
一週間ほど前、Web上でWEB COMMANDという古いページを見つけました。
その中にあるケン野沢さんのビアンキカップへの道を読み、下火だったシューティングの熱が燃え上がったんです。
「彼は銃を持ち、ビアンキという大会でトロフィーを勝ち取った」
夢が叶った話を聞くといつも頭でこう思い始めます「実銃で競技がしたい」「アメリカに行きたい、住みたい」「本物のガンが欲しい」「大会で優勝してやる」
でも僕が印象的だったのは大会の前と後です。
野沢さんは日本での生活を捨ててまで渡米し、ビアンキに挑んだということ。
仕事をやめて帰った先に元の生活は無く、借金と家族を養うことの責任があったこと。

野沢さんは挑戦しました、自分のためです。
何もかも引き換えにする覚悟で。

自分には何かをする覚悟があるだろうか?
去年”生きる”を見た後何かに命を賭けている自分を想像して酔っていました。
ですが何をするわけでもない頭だけの人間はすぐに暗闇に沈みます、アメリカに行きたいという思いからやっていた英語の勉強も止まりました。

改めて考え直します。
自分に今できる挑戦は何か、目標はあるのか、またそれを見失わずに自分がいられるか。
思い立った自分はノートにターゲットと武器、戦術を書き写しました。

現実:目標を撃つため今すべきことをしているか、今できることに手を付けているか。手段、方法は。武器は持っているか、それは有効か、手段に沿っているか。また目標に対しそ

れは何故かを答えられるか。

何故か、とういうのは好きか嫌いかという事です。
目標が銃だとするならそれがどっちかというだけ。
二択しか無いはずです、でも答えられない人が多いと思います。
どうするかという話ではありません、何を撃つんだという話でもないです、何故かを答えるんです。

そしてやりたいこと、成し遂げたいこと、欲しい物、全てをターゲットに見立てました。
その中で今、自分が成し遂げたいと思っていることがあります。
先のシューティングの話です、何もなく真っ暗だった道が目標という光に照らされます。

射撃競技:何に出るか、必要なガンは、練習は、時間は、資金は。

これらを書き上げたあと湧き上がってきた思いは”何故やりたいのか?”です。
何故か?好きだからという理由だけです。

映画”生きる”で主人公は死んでいました、自分が胃がんだと悟り始めるまでは。
僕も今まで死んでいたようです、頭が妄想で侵されて何の手もついていない状態でした。
彼が生き初めたのは目標を持ち、何故かを答えた人間だからだと思っています、そして彼を取り巻くものは彼自身だけだったということを知ったのだと。

まず国内で出来るシューティングはどういうものがあるか調べます、今の自分にできる最初の目標です。
地元にシューティング関連のイベントはありません、ほとんどの主要な競技は東京に集中しています。
「では東京に行く資金を集めよう。」1つノートに書き写します。

資金:いくら必要か。今の自分が手に付けられる仕事は何か。アルバイト先を探す。不要なものを売る。

これを書き写すと途端に現実味が増します。
俺は本当に行けるのか、家を出る勇気があるのか、中でも不安で怖いと思っていることが働くことです。
でも気づきました、自分を縛っているのは自分だけだと。
何も持っていないんだから、失うものは何もない。
こう思うと何でもやろうという気になります。
勢いで履歴書を出しました、面接の予定もすぐです、必要な資金を集めるために、目標を遂げるために迷いはありません。
恥ずかしい話ですがこんなことが壁になっていつまでもいたのです、普通の人は当たり前に出来る事を僕は怖がっていました。
でも本当に怖がっていたのは仕事ではなく目標がなかったことだったのかと思っています。

そしてまたノートを見返します
「目標を撃つため今すべきことをしているか、今できることに手を付けているか。手段、方法は。武器は持っているか、それは有効か、手段に沿っているか。また目標に対しそれは

何故かを答えられるか。」

僕は今年の10月にあるJSC、ジャパンスティールチャレンジに挑むつもりです。
今出来る事は壁にダンボールを貼り、ステージを書き写し、持っているガンと少ないガスで撃ちこむことです。
最初の給料でシューティングタイマー、レース用のベースガン、外部ソースを買い更に練習します。
ベースとなるガンを撃ちこみ、タイマーで自分の早さを測ります、外部ソースは先行投資でガス代を切るためです。

そして次は、次は、次はと、明確なビジョンを繋げていけば東京への道が開けると確信してます。

JSCという大きな目標が喜びになって立ち上がれました、大会で勝ちに行くんだという思いに胸が熱くなります。
しかしその先にもまだ目標があります、銃を扱う仕事です。
これは大きすぎる目標なので倒すにまずするべき事があるはずです、銃に取り憑かれた人はここに気づけません、かく言う僕も目茶苦茶になっていた部分です。
どういった仕事があるか調べます。

銃器インストラクター:日本人でこれに該当する者は極めて少ないでしょう、特出した知識と技術が必要なカテゴリで一般の人間は不可能です。
可能性を探りましょう、まず武器に精通してなければなりませんから自衛隊からなどと考えていては無理でしょう。
軍歴などの実歴が如実に反映されるでしょうから、米軍に入隊するなどの考えが出てきます。
その為米国人になることは必須だと思いますが、その先が全く不明瞭です。
しかし積極的に銃に関わるために必要なことを考えましょう。

ガンスミス:前に教えてもらったのですがこれには専門の学校があり、そこを出ても創造性や独創性を持っていなければ廃れるという世界らしいです。
ガンスミスキャッツという漫画もありましたが薀蓄だけで店は開けないと思います。
各分野に専門が有り、それを熟知するにも時間と銃の付き合いが必要でしょう。

現実問題として銃を所持したり射撃に挑戦するには多量の資金がいります、ではこれを乗り超えている人はどういう人か?

日本人で射撃をしている人はどういう人なのかを調べてみます。
イチローGUN団の皆さんは他に本職をお持ちですね。
雑誌の編集長であったり、写真家であったり、プログラマーであったり、経営をしていたり、ライターであったりと。

となると自分にも技術、仕事が必要です。
でも僕はサラリーマンみたいに働くだけの人間に成りたくない、自分の思うように生きてみたいと思い始めました。
自衛隊に入ろうと今まで思って生活して来ましたが、自分のやりたいことが自衛隊で全て終わってしまうんじゃないかと思い始めたからです。
技術を学ぶべきでしょうが、ここから先も米国人になった後くらい不明瞭です。
「エアソフトで日本一になれば世界で撃てるんじゃないか」こういう考えも浮かびますが、直結するわけではなくやはり資金の問題を見直すべきでしょう。

難しい話ばかりです、でも手前の目標から見つめなおして撃ち倒すだけなんです。

野沢さんはビアンキカップへの道の後、コンバットマガジンに受け入れらたそうで他にも新たに開業できたりと道が開けたようです。
今はSATマガジンやMJマガジンに書いておられますが、輸入品マーケットも経営されてますね。

「ぼくは、ビアンキカップもひとつの経験だと考えている。多種多様の経験を積むことによって人は成長できる。
人生は、どれだけ生きたかでは価値が決まるはずもなく、どう生きたのかが問われるのだと思う。
そのためにもチャレンジし続けたい。熱く生きるために。」

ジャパンスティールチャレンジが僕にとってのビアンキです、今挑戦することが始まりなんだと。
Posted by 広木洋介 at 2013年04月12日 06:25
どーも。TOMです。
いいなぁ
hiroさん。

こんなに師匠に思われて…。
私もイチローさんに救われた一人なので、今日のこのブログは久々に頭のてっぺんに45ACPをダブルタップされた位の衝撃でした。

感の鋭い方はお分かりだと思います(私の正体が誰だか?という事。ま、最近の方々はご存知ないと思うので、興味のない方はスルーして下さい。)が、私は過去に大きな過ちを、犯しました。
多くの人を裏切り、傷つけたとおもっています。
そこには私なりの理由もありましたが、最後の一線を超えたのは私であり大人であったわたしはその責任もとらなくてはなりませんでした。
それからの数年間…。
私はこの業界から遠く離れました。
過ちの後に手を差し伸べてくれた方々をもう一度裏切る様に…。

それから更に7年の月日が流れ
たまたま、イチローさんのブログを発見し、私なりの気持ちの整理もあって、何度かコメントをしたり、バックアップできる事を匿名でしたりしてました。
そして、ある時、自分はTOMであるとカミングアウト。

怒られるか?拒否されるか?
でも、それも自分の責任!と思っての行動でしたが、イチローさんの言葉に
「まさに救われました」
「ワシには関係ないし、こうやってもう一度、連絡が取れた事が嬉しい」
電話でです。
忘れもしません。
日本時間で深夜2時過ぎ。
電話を切った後、ワンワンと大泣きしました。

失われた7年間がバンっ!と戻ってきた感じでした。

人は言葉で救われます。
ただ、人はその言葉をあまりに軽くみており、垂れ流してしまいがちです。
前にも話しましたが、イチローさんの言葉には時限爆弾的な要素があります。
ある意味このブログは地雷原です。
その地雷を踏む勇気のある人だけが、前に進めるのだと思います。

アメリカに行く事もどんな仕事に着くのもhiroさんの自由。責任のない周りの人は不用意に勧めたり、批判したりします。
でも、イチローさんの言葉は
心配です。
まるで、ツーメンセルの様な寄り添いの言葉です。

長くなりました。
自分の路を不安になるのはよくある事で、「今しか」見えない私たちは不安な未来に恐怖心を持つのも、わかります。でも、私たちは毎日生きていて、残念ながら残されいる時間はこの瞬間にも削れていきます。
不安に負けるくらいなら実際の困難にも勝てないですよ。
自分の人生と戦ってください。
Posted by TOM at 2013年04月12日 08:17
お疲れ様ですm(__)m

市郎さんのブログは咀嚼が必要な投稿が多く、時折スルメを口にしこたま突っ込んだ様な状態になりますので、暫く市郎さんのこれ迄の投稿に内包されるメッセージを自分なりに噛んでました。

しかし、先日マルパソさんに、昨日からこうさんに謎を提示されいぢめられ、久しぶりに読ませて頂きました。

こうして文章として残るというのはふと読みたい時に読めるので都合が良くて助かります。

持っていたら生き辛いであろう父性を市郎さんからはやはり強く感じます。
Posted by むうた@逃亡者 at 2013年04月12日 10:02
Tomさん、すこし気持ちが揺れているような文章ですね〜(^-^)なにかつらいことでもあったのですか? それとも恋をしそうなのかな?・・いずれにしてもツライことには変わりないですがね(^_^;) しかしTomさんくらいになると苦しみを快感の一種として呑み込むことができるのでは?・・・メイルで最近の気持ちなど書いてくださいな!(^^)! ちなみに、オイラの地雷は軽い人が乗ってもハレツしません、が、重いものを抱えた人が踏むと、かなり威力のある爆風を与えるように設計されていますよん∈^0^∋まずは自分を粉砕しないとナニも始まりませんからね〜(^。^)
Posted by 市市 at 2013年04月12日 10:58
むーさん、ワシは逡巡し、迷いやすく悩み深いヤローなんです、、でも天性の明るさがあり、これが復元力のバネになっているんですよ。むーさんは深く潜るけど上がる時のバネ力が足りないと想う。。もっとKOちゃんやマルバソさんから軽薄な押しつけがましさを学んで\(^O^)/(^◇^)(^o^)彼らのような単純で好ましい善人になってください(^^)(^-^)うわはははヽ(^0^)ノ
Posted by 市市 at 2013年04月12日 11:09
 お世話様です。
今日で今期の除雪が終わりました~ \(^0^)/
思えば今期は自分がマリポサに行ってる時に降り始め! 多くはなかったですがダラダラと降り続きましたね~ (@@)

>軽薄な押しつけがましさ。
>単純で好ましい善人。

これってホメ言葉ですよね~ !? ありがとうございま~す m(_ _)m

自分も今凄く悩んでまして。何をどーしたら良いのやら (**)
でもこれは自分で蒔いた種ですので、自分で解決しないと (~~)

明日は休みですので!! 今夜は除雪の打ち上げを兼ねて。ゆっくり飲みながら打開裂くを考えるとしますかね~ (^〇^)/▽
Posted by KO-1 「笛木 孝一」 at 2013年04月12日 19:08
KOちゃんが悩むなんてKOちゃんらしくないゾ(^^)いったいナニについて悩んでいるの? KOちゃんは考えるよりも先に口を開くので、そのためにこれまでいろいろとトラブルがあったハズ・・そこは直さないといかんね〜。雪閑期になったところで八海山でも眺めて考えたらいいよ。おっと八海山って山の方だよ、酒を見つめて思考したら変だと想われるよ(^○^)
Posted by 市市 at 2013年04月13日 00:31
 お世話様です。
この前区の総会がありまして。その時の議事録成る物を作ってまして (**)
自分こーゆーのって苦手なんですよね~ (~~)

悩みと言っても。もー結論は出ているのですよ!! ただ自分がまだ納得いかないのと!? 別な解決策が有るんじゃないかな~って (^^;
ま~たまには悩むのも良いのかな~?? 日頃悩んでませんからね~ (^皿^)
Posted by KO-1 「笛木 孝一」 at 2013年04月15日 06:59
返信遅くなりました。色々と考え、どう返信したら良いのか悩んでいました。

市郎さんがまさかそこまで考えていると知ったときにはかなりビックリしました。

広木さんの記事を読むと自分が非常に未熟で勉強不足だったと感じます。僕自身は自分が本来目指していた道から逃げていましたから(汗)

射撃のインストラクターに成りたいとは思っていましたが、時期が過ぎるに上、今はそれ以外の選択肢でもいいんじゃないかなと思っています。しかし銃の所有ができ、かついざというときは確りと自衛ができる権利が確立されている国にいつか移住できたらと考えています。

一応色々と射撃のインストラクターに成るための事を調べて見て回りましたが、リリコさんが既に書かれている通りでしたし・・・(笑)僕は射撃のインストラクターになって銃を用いた護身術を教えたいと感じていました。しかし今はそうじゃなく、「実銃を趣味にするためアメリカに移住したい」と考えたいなと思っています。

しかしリリコさんが書かれている通り、アメリカにはNRAインストラクターの資格を持っている人は沢山いて、雇われようにもすんなりとはいかないと言う現実を伺い、理解が出来るようになりました。米軍への入隊もと言う話に関しては、仮に米軍に入ってもしっかり訓練や実戦に付いていけるかも疑問ですし、軍出身のインストラクターも最初からインストラクターに、なりたくて軍に入るわけじゃなく、国のために戦いたいなどもっと違う観点で軍に入隊すると思いますから。永住権の確保も考えないとダメですし・・・。

永住権に関してはリリコさんの仰るような抽選永住権を考えています。渡米のための資金ですが、恐らく100万以上、あるいはもっと掛かると思っています。勿論貯金もやっていますが、残念ながらまだそんなに貯まっていませんから、今後も確りと貯金を続けようかと思います。

英語力は2年半前からスピードラーニングと言う聞き流して覚える教材を導入してやってはいますが、劇的には上達していないが現状です。他の方法も検討してみる必要があります。ある程度は単語や表現はわかるような感じにはなりましたが、それでもかなり不安定です。

このコメントの始め辺りにも書いたと思いますが、渡米して射撃のインストラクター以外も考えていると書きましたが、セキュリティや警察関係の仕事、あるいは全く変わって何かしらの技術を磨き、それで経験を重ね、それを仕事にするかとも考えています。ですのでかなり移住までには時間がかかりそうです(汗)

しかしそれ以外にもむうたさんが他所で僕に対し、

「今、Hiroさんに必要なことは市郎さんブログの アドバイスを軸に、裾野を広げることがチャンスを得るチャンスの取得率あがることだと思い ます。 山の頂に辿り着くには直角では負荷もリスクも 大きいです。 (山を 眺めることで得られた感想)

夢の実現には人との出 会いとそこからの作用が 必要で、まずは日本にいる世界を知る方々と「 有機的」な交流を築くことが必須に思えます。

葉隠れに参加してみたり等、その世界に詳しい 方々との「縁」を手にすることが成就を促すの だと思えます 」

・・・と仰ってくださいました。

僕自身は永住権、英語の勉強だけじゃなく、そうした「世界」を知る方々と交流出来たらと思っています。他にもATPFと言うシューティングマッチにも興味があり、今年中には参戦したいなと思っています。そこからも何か学べたらいいなと思います。

http://www.atpfshooter.com/J/

色々と浮かんだり、考えたことを書いてみましたが、かなり稚拙でとりとめなく書いてしまいました。
Posted by HiroSauer at 2013年04月21日 01:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。