最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2020年01月01日

だぶー君の長年の夢かなう

市 (2020年01月01日 13:26) │Comments(12)てっぽ
二人とも‼️
アカン‼️
見せるの逆‼️
しかもグリップ見せなきゃ‼️(笑)
chatter box

あ、はいぃぃ!!
だぶー君の長年の夢かなう

だぶー君の長年の夢かなう
クリーニングが楽しいのだぶー(^O^)

だぶー君の長年の夢かなう
はい、見てちょうだぶー(^O^)

楽しんじゃってるよ〜\(^^)/だぶーー

by 二挺のリヴォルヴァがこんなに人を幸せにするものかと驚愕しているイーチ

同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
新P-210に逢う
SIGのマシンガン
ベイルを脱いだ ウィルコックス
フレズノ スティール
三種の神器を試射スル
トモピギ御一行 ヴェガスへ
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 新P-210に逢う (2020-01-26 11:17)
 SIGのマシンガン (2020-01-26 02:43)
 ベイルを脱いだ ウィルコックス (2020-01-25 06:36)
 フレズノ スティール (2020-01-19 23:32)
 三種の神器を試射スル (2020-01-18 13:18)
 トモピギ御一行 ヴェガスへ (2020-01-17 23:10)

Posted by 市 at 13:26Comments(12)てっぽ
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。遅くなりましたが本年もよろしくお願いします。

お二人とも楽しんでおられるようで良かったです。
Posted by @HENLLY at 2020年01月01日 13:29
ハッハッハッ(笑)
パイソンマンハンターは、コルトのエンブレムが付いたスコープも見せないと(笑)
コレ、ホントはパイソンハンターに付いてたヤツでしょうが、イチローさんが交換したのでしょうね。
元々付いていたエレベーションノブが低いのがプロっぽくて、好みですがね。
この、パイソンマンハンターが、狙撃拳銃コンセプトの始祖で、次がRストラウプのグランドマスターですね〜。
Posted by chatter b ox at 2020年01月01日 14:07
54歳にもなって、まさかこんなにも素敵なお年玉を頂戴出来るなんて・・・
これまで生きてきた甲斐があったというものだねぇ、だぶーよ。
Posted by カズヤ at 2020年01月01日 14:25
米国も明けおめですね~ ヽ(^。^)ノ

スマイソンのグリップもっと見せて~(◎_◎;)
そーそ~この前トモさんがTVに出たのですが (^O^)V  その時もスマイソンでしたね~ (#^^#)
Posted by ko-1 at 2020年01月01日 15:50
パイソンとスマイソンは今でもリボルバーの
逸品ですからね( ^ω^ )
Posted by 晴れ晴れショー at 2020年01月01日 17:39
イチローさん、ご家族の皆様、
新年明けましておめでとう御座います。
今年もよろしくお願いいたします。

パイソンさん! やっぱりカッコエエです!カリスマ性感じます。6インチは全体バランススバラシイ! 子供の時イチローさんの記事やジャックタクボさんの記事を目を皿のようにしてかじりつくようにG誌見てましたっけ。現実的にはS&W、所有欲や心の栄養と満足感にはパイソン。ブルーイング綺麗だったよな〜。今も実用性は別にして8インチハンターも好きであります。あくまで見た目ですが…しかし6インチパイソンのバランスは素敵です。プラモデルガンしか知らないワタシ、ホンモノ…どんなバランスなんでしょ? ダブーさんがうらやましいです。
Posted by ヨッシ at 2020年01月01日 17:54
2人とも!
アカン!
マイナスドライバー!
ネジのアタマが!

な〜んて思ってるの私だけではないはず。
ね、チャターさん。
こんなマイナスネジこそPBドライバーの良さが発揮されるんですよね。

昨晩からどうも食べ過ぎで胃もたれが・・・。
走りに行こうにもみぞれ混じりの冷たい雨。
今日は・・・やめとこ。
元旦の夜だし。
Posted by MIZ at 2020年01月01日 18:38
お世話になります、
渡邉智彦です。
開けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
ダブーさんうらやまし〜!
Posted by 渡邉智彦 at 2020年01月01日 20:46
イチローさん、ご家族の皆さま、明けましておめでとうございます。
そしてお久し振りとなります。
暫くコメントできませんでしたが、ブログはずうっと拝見しておりました。
今年もイチローさん、御家族共に幸多き一年になるよう御祈り申し上げます。
ダブーさんリョーさん達も夢叶えられておめでとうございます。いいないいな(笑)今年の自分は勝負?けじめ?決断の年にしたいと欲張りな事を思ってる次第でございます(笑)
Posted by 習勇 at 2020年01月01日 21:53
ホント、不粋なドライバーをおっ立ててネジを緩めたりしたらアカンよ。
リアサイトを下にして、ドライバーの先にユビを添えて回すんじゃ!
とムカシ、アル ガラバリヤさんにPFICでイチローさんが教わったのを愚直に守っています。
スマイソンは、良く見ると角のブルーが薄くなっているのですね〜。
ワタシがムカシ夢見たのは、コンディションの良いM 66にステンレスのパイソン6インチをネジ込んで、パートリッジフロントサイトを付けたかったですね〜。
年末、古いS&WのKフレーム用スムースグリップを手に入れる事が出来ました!
じっくりと時間をかけて、イチローさんのスマイソンに付いているグリップ見せなきゃ再現してみたいと思ったいます。
Posted by chatter box at 2020年01月02日 10:30
パイソンを褒め称える


、と言っても、性能とか品質ではなく(笑)、
見掛けね。
猛々しい、男らしい、外観。
これを形作っているのは何でしょう?
ハンマースパーとバレルです。
なぜ?
一番、目に付くから。
最初に視線を捉えるのがハンマースパーとバレルです。


ハンマーとハンマースパーと言う物は銃の後端に付いて空間に飛び出ていて、
意外と目立ち、形と外見と印象を形作っています。
私がハンマーとハンマースパーで最初に思い付くはパイソンと同じコルトのS.A.A.、ピースメイカーです。
リバウンド機能が無いと言う致命的な欠陥があるにもかかわらず、銃器史上でも最も優雅な曲線を描き、とても魅力的な銃になってしまいました(笑)。
冷酷無情で凶暴でありながら、衝撃的な美貌の女、です、ハイ。
では、パイソンはどうでしょう。
スパーの下側の曲線がフレームへと向かい、ハンマーを上下に二分しています。
リボルバーのハンマースパーでこれ程見事に見掛け上分断している物は他にあるでしょうか?
この強さと鋭さ、
と言っても実際に力ではなく、見掛けです。
見た目の強さと鋭さです。
更にハンマーの側面を磨いて銀色の鉄の地肌を見せる芸の細かさ。
ブルー仕上げの他の部分との対比を強くし、これまた見た目の強さを加えています。
これはガバメントのMK IVシリーズ70のハンマー、トリガー、チェンバーのエジェクションポートから見える部分へと繋がります。
無骨なコルトにしては、お洒落な仕上げ。


そして、「パイソンと言えばこれ」、のバレル。
これが、リボルバー史上、最高の見掛けの良さ。
究極の見掛けのデザインです。
上のヴェンティレイティッドリブと下の錘。
この二つの組み合わせが、最高の組み合わせで、究極の見栄えの良さを作り出しました。
S&Wの昔のアンダーラグ無しの細身で無駄の無い形も同じ位カッコ良いのですが、力強さで負けています。

三つの特徴があります:
同一面を壊し、バランスが崩れる
リズム感が生まれ、記憶に留まる
上向きの力で落ち着きを加える



力強さを生み出しているのが、下側の錘、アンダーラグ。
「力強さ」と言っても別に難しい事じゃなくて、真直ぐな丸太が2本あるだけの事で、1本より多く(笑)、面積が増え、主張が強くなっているだけなんです。
錘が主張を始めるのがエジェクターロッドより先ですから、2.5インチは、ありません、当然ながら。
4インチになると、突然、主張を始めます。
これが、中々の衝撃的なんです。
逆に6インチだと更に長くなってもっと主張が強くなりそうなんですが、上下のバランスが取れ意外と主張しません。
では、なぜ4インチが衝撃的で主張が強いんでしょう?
それが分かるのが左側、エジェクターロッドが入る窪みがある方。
右側だと殆ど分かりません。
エジェクターロッドが入る窪みがバレルの同一面を壊し、そこで視線の動きが止まるからです。
視線の動きが止まる=銃がそこで停まれと命令=主張が強い、って事なんです。
4インチの場合、この窪みとその先の錘の面積が大体同じ。
バレルの方は視線を捉える力が弱いので、上下でバランスが崩れます。
(同じく、
バランスが崩れる=銃が視線よ、そこで停まれと命令=主張が強い=猛々しい、
って事です)
バランスを取るには面積を増やすしかありません。
だから6インチになると、あらら、落ち着く、まとまる、猛々しさが消え大人っぽくなる訳です。
S&Wのアンダーラグ無しの場合、銃自身にエジェクターロッドが入る窪みに問題解決をさせず(笑)、
最初から諦め(笑)、背景にやらせて、直線と太めの線の美しさで勝負しています。


では、S&Wのアンダーラグ付きのリボルバー4インチはパイソンと同じく猛々しい外観になっているでしょうか?
いいえ、いいえ、いいえ、いいえ、いいえ、絶対になっていません(キッパリ)。
なぜ?
ここでようやく出て来るのが、上のベンティレイティッドラグです。
横長の穴がありますね、これがエジェクターロッドが入る窪みと同じく、同一面を壊し、滑らかな流れを壊し、バランスを崩しているのです。
下の窪みとの違いは、同じ大きさの横長の穴、それが等間隔で空いてます。
これが動き、リズム感を生み出しているのです。
4インチだと、
どん、えっ?、どん
6インチだと、
どん、えっ?、どん、えっ?、どん
6インチだと音やリズムに慣れちゃうんです。
4インチだと衝撃が心に残るんです。
だから4インチは猛々しくなるんです。

更にこのヴェンティレイティッドリブ、もう一つ隠し玉があります。
銃口やフロントサイトに向かって上向きの傾斜を付けている部分。
これが視線を上へと少々誘い、上向きの力を生み出しています。
下側の錘の重さの「重さ」を忘れさせ、心地良い「重量感」と感じさせる上向きの力を加えているんです。
下々の民の騒ぎを打ち消す、そんな感じです(笑)。
これもS&Wのアンダーラグ付き、無し共に無い物です。

もう一度パイソンのバレルの特徴をまとめると、

同一面を壊し、バランスが崩れる
リズム感が生まれ、記憶に留まる
上向きの力で落ち着きを加える

です。

どうです、パイソン、カッコいいでしょう(^^♪?
私CYPRESSがスミソニアン博物館の学芸員だったら、パイソンの2.5、4、6インチを永久コレクションに加え、
常設展示するんですが(笑)。
Posted by CYPRESS at 2020年01月06日 02:01
イチローさん。こんにちは。

(((o(*゚▽゚*)o)))♡(((o(*゚▽゚*)o)))♡
撃っちゃったよ!!
\(^o^)/
掃除もしちゃったよ!!
\(^o^)/

スマイソンは細身の芸術的なグリップが握りやすくて、構えるとバランスが良くリアサイトとフロントサイトがピタッと一直線になってとっても狙いやすい。
( ◠‿◠ )
トリガーに指をかけるとちょっと幅の広いツルツルスベスベのちょうど良い感じで。
(((o(*゚▽゚*)o)))♡
人差し指にチカラを入れるとそのツルツルスベスベが適度に指の位置をずらしてくれてとても引きやすくしてくれました。
トリガーアクションももちろんスムースで引いていくとハンマーとシリンダーが一緒に動いてシリンダーがカチッリと止まりそこからちょいと指チカラを入れればハンマーがパチンと落ちる!!

ああっ!し・あ・わ・せ
(((o(*゚▽゚*)o)))♡

撃ち味は、マイルド…
しかもとっても良く当たる!!
下手っぴなおいらでもプレートクリーンさ!
\(^o^)/

世界遺産と国宝に指定されているテッポを撃たせてくれてイチロー兄い、ありがとう!!
m(_ _)m
Posted by 駄武ー at 2020年01月07日 13:20
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。