最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年12月04日

誤発射の動画

市 (2019年12月04日 01:46) │Comments(2)てっぽ
イチロー・永田先生は、玄米よりも"偶六区"の取り扱いに注意した方が長生き出来ると想います。
12年位前、ラスベガスの隣 中金持ちの街「Boulder City」にて「HK USA」社協賛のファンミーティングがあったのですが、その中にて"「DEA」の射撃教官がホルスタ-からの抜き撃ちの座学の最中に、自分の「偶六区 23」にて右足を撃ち抜いて"しまう動画を見せられました。ファンミーティングの参加者達は同情するどころか口々に「SHIT!」と冷ややかな笑みを浮かべていました。基本的な安全策を怠るPROシュ-タ-には手厳しいのがアメリカの銃社会の総論なんですネ.....。 ・・・・・・もっとも、その動画を観させられた後に"「HK USP」シリーズの商品説明"のオチがついていましたが.....。 二度あることは三度ある.....かもしれないのでイチロー永田先生お気をつけてください。
通りすがり

https://www.youtube.com/watch?v=vfONckOPyaI

これのことですね?
このニュースは全米で放送され、とても有名です。

「私はこのスクールでただ1人、グロック40をキャリーするに充分なプロです・・」と言ったところで
バンッ!!!
ここんところで爆笑されています(^O^)


銃を触るときは弾が入っていると想え。
まずはマグを抜き、スライドを引いてチェンバーが空なのを確認する。
これは鉄則なのですがね。

https://www.youtube.com/results?search_query=gun+show+accidental+shooting+youtube

ここを見ると誤発砲のオンパレードなので学んでくださいな。

でもね、この事故とグロックの危険さとは関係などないと想いますよ。最も安全な1911でだってバカが使えばいくらでも事故しますから。

ちなみに、イチロー先生は特別な場合を除いてはグロックのチェンバーは空にしたままキャリーしていますよ。だって、グロックはとくに怖い拳銃ですもん(^◇^;)

by 銃はけして暴発しない、人が発射させるのだ!! と信じる老射手


同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
あのマウントの飼い主は・・・
M1919を求めて・・・
ナイツの故障
今、米国ではライフルが熱いよ♪
衝撃的な贈り物
ヨシさんからの賜物
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 あのマウントの飼い主は・・・ (2019-11-22 01:01)
 M1919を求めて・・・ (2019-11-20 23:07)
 ナイツの故障 (2019-11-19 23:56)
 今、米国ではライフルが熱いよ♪ (2019-11-17 23:10)
 衝撃的な贈り物 (2019-11-15 12:20)
 ヨシさんからの賜物 (2019-11-13 05:39)

Posted by 市 at 01:46Comments(2)てっぽ
この記事へのコメント
イチローさんはCCWを開始されてから正確には何年かは忘れてしまいましたが各々の銃の特性に沿ったキャリーの仕方をされているのですね。
S&WのスナブノーズやSTIの場合なんかにおいても それぞれに見合った装弾の仕方をされているのでしょうね。
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年12月04日 07:06
A modern handgun is a precision, lethal weapon.
It is a mechanical device which does not have a mind of its own.
They do not go off by themselves!
Accidental shootings are caused by the carelessness of an individual not by the gun.
You can take a loaded semi-automatic pistol, cock it with the safety off and leave it untouched in the Smithsonian Institute
and a thousand years from now it will not have discharged.


現代のハンドガンは精密で、命を奪う武器だ。
機械仕掛けの装置でそれ自体の思考や認識などの精神は無い。
銃が自ら弾を撃つことはない。
暴発は使用者の不注意によるもので銃によるものではない。
皆さんがスミソニアン博物館へ行き、装填されたセミオートのピストルを手に取り、安全装置を外しハンマーを起こし、展示ケースの中に置いておくのは可能だ。
そして1,000年経っても発砲されていることはない。

Handguns and Self Defense “Life Without Fear”  Chapter 2,  “Why the Handgun – Myth Versus Fact”  p,25


“Life Without Fear”の翻訳をお待ちの皆様、安心して下さい。
遅いですけどやってます、翻訳。
只今第Chapter 3, ”Woman and Self Defense”をやってます。
区切りが付く毎にイチローさんに連絡していますので、ご安心を。

途中でもいいから読みたい?
ダメです。
まだ下書きだから。
え~、出来るまで何してたらいいの?

practice, practice, practice.
p,37

その時に備え練習です。
Posted by CYPRESS at 2019年12月04日 20:52
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。