最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年08月10日

剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!

市 (2019年08月10日 11:35) │Comments(5)訓練タフプロダクツ
剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!

この数日というもの、剣士郎はエアソフトで拳銃の訓練を始めていました。実銃だと高価なタマ代がかかるのでエアソフトが1番適しているのです。エアソフトでは射撃の訓練にはならないと言うヤカラがいますが、そいつは何の根拠もなしに偉そうに言うだけで物事を考える能力のない愚か者野郎なのです。

そこに銃がある、それを握ってターゲットを撃つ。
この動作は易しくなどありません。
難しい理由は、精度とスピードへの挑戦だからです。
エアソフトであるレベルに達していない者は実銃だとなおさら射撃が下手なんです。こんな簡単な論理が解らない大バカ者が自衛隊に大勢いるので呆れてしまいましたよ。警察官は、現場を踏んでいるせいか、だいたいにエアソフト訓練を好みますけどね。

そこで今日、ダディーはフと想いつきマグマグパウチを渡してやりました。

剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!

さっそくドロウ練習です。

剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!
おおう(^.^)

マグマグにはシリンダーと六角レンチ、それとマガジンが入っています(^O^)♪

剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!

剣士郎、エアソフトデ練習ス!!!

ダダァ〜!!
これいいよ♪
ほんとにいいよ、
ボク嬉しいよ!!!

で、ですね、
マグマグにCO2のシリンダーを入れてみたところ、鉄なのでピタッとくっつくではありませんか(*゚∀゚*)

だけどさ、マグパウチにシリンダーなどは入れないものではないかと(^_^;)

でもね、マガジンが二本しかないので空きがあるんよね。

ピギタンよ、ブラックホールでバットン将軍を見つけてマグを3本もらってくれないかい?
代金はナニかブツで返すと言うといてな。

by 交換ブツのあてがないので
踏み倒すかもしれないダディー(^O^)


同じカテゴリー(訓練)の記事画像
スモーク&ホープのコールドショット
コントロールドペアの訓練
初弾を速くする方法
ケンの練習初日はペンジュラム
剣士郎軍曹、もどりましたっ!!
強兵は富国を護る
同じカテゴリー(訓練)の記事
 スモーク&ホープのコールドショット (2019-10-04 00:27)
 コントロールドペアの訓練 (2019-10-01 01:11)
 初弾を速くする方法 (2019-09-18 01:31)
 ケンの練習初日はペンジュラム (2019-07-23 20:02)
 剣士郎軍曹、もどりましたっ!! (2019-07-01 23:07)
 強兵は富国を護る (2019-06-26 23:38)

この記事へのコメント
ケンシ君、構え方がやはりイチローさんの教えもあって良いですね。
ケンシ君の、使っているエアガンも気になります。
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年08月10日 12:11
4枚目の写真がめっちゃカッコいいです♪
Posted by 赤シャツ@奈良 at 2019年08月10日 12:50
おーおっ、ケンシロウ君凛々しいではないですか!。
いよいよ、ただ撃つから、ルールのもとで撃つ、へ移行ですね。
当てるにプラスして「時間」というとてつもない強敵が立ちはだかるコンペティションの世界、めげることなく頑張って!。

「時間」という制約が加わるとどうして物事はこんなにも難しくなるんでしょうね。
時間を意識した途端に、当たり前が当たり前でなくなり、容易が困難に。
まぁ、問題点は時間ではなくて自分なんですけどね。
Posted by MIZ at 2019年08月10日 19:16
弊社社長のバットンが不在につき、私カズヤがお応えいたします。

ご所望のマガジンは現在品切れ中なので、すぐにはお届け出来ないのですが、間もなく再入荷しますので、どうか今しばらくお待ちくださいませ。

ケンシロウ君にM45A1を気に入ってもらえて嬉しい限りです!
Posted by カズヤ at 2019年08月11日 00:33
↑、激しく同意。日本のLE、ミリタリーの人、とりあえず自分のデューティガンのトイガン買ってみたら?操法訓練なんて構え無くても、家で弄んでみるのよ。”あれ!俺今暴発させた。”なんてこと経験するかも?今訓練に様々なトイガンが登場してるが。昭和のころから某県警察学校には寮での訓練用にMGCのM29、4インチバレルが有ったよ!予算で買ったか、だれか寄付したかまでは知らんヲトコでした!
Posted by 佐伯 at 2019年08月11日 07:12
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。