最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年07月11日

アルミのX-5でカップガンを・・・

市 (2019年07月11日 22:21) │Comments(9)てっぽビアンキカップ
X-5→1187g
タクティコォ935g

ええっーーー!。

重さ違うの?。
タクティコォはアルミフレームとな。
知らなかった。
ん〜、アルミは素晴らしい!。
で、アルミ屋の私の小ネタ。
なぜ色々な部品をスチールからアルミに材料変更するのか?。 一般的な答えは「軽量化」。 もう1つ重要な面が「剛性の向上」。 なぜ剛性の向上?。 スチールより柔らかいアルミなのに?。 アルミの重量はスチールの約1/3。 つーことは、同じ重量なら3倍「ゴツく」作れるってこと。板厚も上げれるし、断面積も増やせる。結果、剛性の高い部品が作れる。 1番身近なのがクルマの「アルミ」ホイール。 アレ、軽量化よりも剛性確保なんです。 実際、鉄ホイールより重いの有るし。

ハッキリ言えること。 どちらもーーー!。
両方飼って楽しく暮らす!。
あーあ。 やっぱりな。 そーかな〜?って思ったんだ、イチローさんのことだから。 あーあ。 やっぱりな。 でも。 SAOまでプラスとは思わなんだ!。 どこまで強よ・・・はぁ。 ターゲットを狙うイチローさんのこの目!。 この顔つき!。 こんな「翁」になりたいもんだ。
MIZ

ほほほほーー(^O^)
アルミはツオイとな?・・・

するとナニかい?
アルミのX-5でカップガンを・・・
これの復活をタクティコォベイスでやってのけるコンセプトもアリとな???

by またなにか企ンデルタール人、
またはアルミニア人


同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
SIG何梃かだって?
このX-5はなんだい???
X-5の撃ち比べ 其の参
X-5の撃ち比べ 其の弐
X-5 TACTICAL
アマガスの夏
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 SIG何梃かだって? (2019-07-15 13:23)
 このX-5はなんだい??? (2019-07-13 21:40)
 X-5の撃ち比べ 其の参 (2019-07-11 13:14)
 X-5の撃ち比べ 其の弐 (2019-07-10 11:04)
 X-5 TACTICAL (2019-07-08 22:39)
 アマガスの夏 (2019-06-14 00:02)

この記事へのコメント
って言うか以前P226の取り外し可能なコンペセイター作ってはりましたけどアレってどないなりましたか?
226特集を見ていて急に思い出した小生でありました。
それでは、また。
p.s
小生のglock病はさらに進み今度はフロントセレーション入りの34を作ってしまいそうです。
ところでイチローさんってglockのカラーロアフレームってお好きですか?
今度の34カスタムバージョンはデザートTAN色でいったろかーって思うのですがどんなもんでしょうか?
Posted by mightyshrikes at 2019年07月11日 23:46
イチローさんってglockのカラーロアフレームってお好きですか?→ええ、まあ好きですよ♪ じつはキレイなのを持っていますが、それは秘密なために内緒のままになっていますぅ(^O^)
Posted by 市 at 2019年07月11日 23:53
「じつはキレイなのを持っていますが、それは秘密なために内緒のままになっていますぅ(^O^)」
ってヤッパ持ってはりますねー。
では次のglock特集の時にでも公開してくださいませー!!
では34のスライドを組みに行ってきます。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2019年07月11日 23:59
又、何かこう わくわくさせて頂ける企画が進行中なのですね。
楽しみにしてます(^○^)
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年07月12日 05:36
またなにか企ンデルタール人?。
イヤイヤいけません!。
コヤツをまたどうにか、なんて考えてはいけません。
コヤツはこのまま永久保存しなければならないのです。タマを撃つなんてとんでもありません。できることなら、スコープも乗せて完全動態保存で。

by 現世人類に企ンデルタール人の遺伝子を残す会会員。
Posted by MIZ at 2019年07月12日 08:08
このページの内容ではないのですがイチローさんのご意見が聴きたくて書き込みます。今日テレビニュースでアメリカの沿岸警備隊が麻薬組織の潜水艇を追跡、飛び移り上部のハッチをバンバンと手で叩いて出てくるように促すと中から運び屋が両手を上げて観念している…犯人はモザが掛かっています…なのですが! 沿岸警備隊隊員はガンをハッチに向かってポイントしてないのです。後ろにバックアップの隊員がいるのが一瞬確認できたのですが、当の本人はハンドガンはホルスに入ったままが映像で確認でき、かつホルスが右にあると言うことはこの隊員は右利き、でもM4等のメインウエポンも握られたように見えない…犯人がハッチを開けた途端ガンを向けられ撃たれる事を考えるならこの隊員の行動は問題があるのではないのではと…場合によっては撃ち殺される可能性有りかと。ワタシ心配しすぎでしょうか? 彼らのアプローチこれで良いのでしょうか?ご意見お聞かせ下さい。
Posted by ヨッシ at 2019年07月12日 14:05
知さな巨人ヨッシ様の仰る通り太平洋で米帝の沿岸警備隊のエージェントが勇猛果敢に潜水艇への飛び乗りを決行したんですがコレって本当に必要なんでしょうか?
エージェントの隊員にだって妻子は居るでしょうに、確かに確認はあるに越したことは無いでしょうが?
既に内定情報があるのであれば米帝の攻撃機や潜水艦からの直接攻撃で撃墜したとしても国際社会からは非難されることも無いでしょうにと思うのですが。
今回の米帝の戦士の勇敢な行動だけに、イチローさん
に意見を仰ぎたくなりました。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2019年07月13日 01:01
今回の米帝の戦士の勇敢な行動だけに、イチローさん に意見を仰ぎたくなりました。←昨夜、その映像を見ましたよ。あの状況にあって、あの闘犬のように勇敢な戦士はこう判断したと想うのです。麻薬の運び屋は警察との撃ち合いは避けるもの。なぜかというと運び屋の罪はたいしたことがなく短い刑務所暮らしですむ。なのでみつかったら抵抗せずにおとなしく捕まるもの。だから自分が潜水艇に飛び乗っても攻撃はしないだろう。潜水艇から落ちても仲間がひろってくれるだろう。それにしてもどこまで逃げる気だ、もう逃げきれないことを教えてやろうじゃないか・・といった判断だったのではないでしょうかね。あの小さなハッチが開いて内部から銃撃してきても、その銃弾を避けるのは難しくはなく、もし発砲があったら潜水艇を破壊して皆殺しにする理由が成り立つわけで、そういう理由もあったのではないでしょうか。
Posted by 市 at 2019年07月13日 23:02
なるほど! 運び屋の罪は軽い…捕まった方が死なずに済むだけでなく場合によっては麻薬仕入先・製造先を司法取引の材料にした方が得策…確かに! 下手に反撃してショットガンのOOバックを数発お見舞いされるよか良いですよね。納得です。この辺の考え方の差がぬるま湯ジャパン育ちとと生きる事にサバイバリティが必須なアメリカの差なのだと…ちょっとカルチャーショックであります。イチローさんありがとうございました!
Posted by ヨッシ at 2019年07月14日 09:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。