最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年06月24日

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」についての考察

市 (2019年06月24日 01:46) │Comments(10)語りのプラザ
「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」についての考察

カデットコォを観ながら、
改めて考えたことがあります。

写真学校時代に広島の取材にいきました。
そのとき、

「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」

という、あの有名な言葉に出会いました。

そのときのイチは、その言葉を咀嚼しようと近くにあったベンチに座り、たっぷりと1時間以上も考え込みました。

「過ちは繰返しませぬから」

この意味についてです。

過ちとはなんだったのでしょう?
誰が犯した過ちだったのでしょう?

原爆を投下されたことかな?
戦争をしたことかな?

この言葉を考えた人は何を想ったのだろう?

この疑問はずっと付きまとっていました。

そして、日本には平和が訪れ、
それは長きにわたって続いています。

この平和は、アメリカが作ってくれたのではないかと考えています。

日本を占領したのがソ連だったら、いったいどうなっていたでしょう。

敗戦に乗じて中国共産党が日本を支配していたらどうなっていたでしょう。

ともあれ、
今の日本が戦争をしないでいられるのはアメリカが防護していてくれるからではないかと想うのです。

さて・・・
この状態は「過ち」ではないのでしょうか?

戦争をしないと決めるのは過ちではないのでしょうか?

戦争を仕掛けない、という考えは正しいと想うのです。しかし戦争を仕掛けられても戦わないという考えは危険ではないのでしょうか? それは植民地化を意味しますからね。

用心棒に高額な金を払って血を流す役目を与えている金持国の繁栄は、いつまで続くのでしょうか?

人類から戦争をなくさせるという考え自体が「過ち」のような気もします。
だって戦争がなくなったためしもなく、今世紀にいたってはますます戦争が多くなっていますからね。

話せば解る、
それは迷信ではないかと。

街を歩いているとチンピラが恐喝してくる。
それはカネですむ。
しかし愛する人が犯される時、どうするのか?
それでも戦わないというのか?
戦う能力を持たない者は戦えませんね。

愛する人が殺されたら、その墓に
「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」
と、刻むのでしょうか?

この場合の「過ち」とはなんでしょうね。

こうしてよくよく考えてみるに、
こういう場合の過ちとは

「戦いに負けること」

これなのかもしれませんね。

どんな犠牲をはらおうとも戦争に勝った国は、戦争が過ちだったとは言わないと想うのです。

みなさんも、考えてみてくださいな。

by 過出徒子尾



同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
まだあるんです 珈琲ミル
文武両道
エンタープライズ No.2 極上品
ジュンのピアノ始め
旭日旗について
自信は百害の源
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 まだあるんです 珈琲ミル (2019-10-21 23:25)
 文武両道 (2019-10-19 12:45)
 エンタープライズ No.2 極上品 (2019-10-19 01:37)
 ジュンのピアノ始め (2019-10-14 23:02)
 フォトが満タンらしい (2019-10-08 09:47)
 旭日旗について (2019-10-06 11:01)

Posted by 市 at 01:46Comments(10)語りのプラザ
この記事へのコメント
お世話になります。検索するとWikipediaに碑文論争という項があって、この過ちとは何かについての誰かの解釈が誰かに否定されてを繰り返して書かれています。これを先に読んでしまったばっかりに自分の感性もブレてしまいました。検索しないで感じたことを書いてみれば良かったです。そして私がこのブログで感じたことは、戦争かなくなったためしがないのにそこに解を求める空論を言い続けているという指摘です。戦争は本来は避けるべきだが起こり得るものとして備えること。自衛隊を否定するという発想は健康保険を否定するのと同じくらいに極端だと思うのです。すみません。お問いかけの答えになっておりませんでした。
Posted by @HENLLY at 2019年06月24日 07:22
正しくても卑怯でも勝てば官軍…なのですよ。残念だし悔しい。 この先中国、韓国、朝鮮、ロシア…これらの国がいつ侵略しにくるかなんて解らない。かつて日本は元寇という侵略に遭っているし対馬や隠岐の人々も殺され奪われ犯され連れ去られました。世界各国でこれらの事はいまだに当たり前の如く行われ辛い目に遭っている。せめて襲いかかる火の粉に対して対峙できるようになりたいしその技術を学びたい。個人レベルでは学んだりできても公はそんな危機感を持って行動する我らを危険人物としか見ていない。テロリストと一緒くたにされてしまう。一般人は喧嘩するな争うな、犯罪に遭ったら出来るだけ酷い目に会え、できれば殺されてくれ。後は我らが正義の名の下に法を執行するから…犯罪者は出来るだけ軽くさばいて人権にうるさい奴ら多いから。殺され損を受け入れろ…としか思えないんですよね…全く犯罪者に対して抑止力が無い警察。舐められてますもん。然もかなり偉そうだし。日本の拳銃携帯にも問題ありですよ。必ず年に何回か襲われ銃が狙われ、又警官が自殺に使う。何かあった時はSATやSITみたいな組織に任せて一般警官は拳銃無くてもいいんじゃないかなぁ?イギリスも一般警官は持ってないし。威圧感なくてええのでは? アメリカみたいに一人でパトロールしたりする事が多く犯罪者が多いわけでも無いのに。脱線した…すみません。
Posted by ヨッシ at 2019年06月24日 08:42
「過ちは繰返しませぬから」。
これは過去に(現在も?)これでもかっ!ってくらい議論されてますけど、個人と行政の思いが一致することなど無いのでしょうね。誰が?から過ちとは?まで。
一つ言える確かなことは、犠牲者個人の墓碑に故人親族が決して入れない言葉。私は決してこの言葉は使いません。

この碑文に決めた側の人々(あくまで組織として。決して個人ではない)は「過ち」を認め、その「過ち」に対して懺悔の気持ちなんでしょうけど、私が犠牲者で墓の中で反論出来るものなら「オイオイ、過ちってなんだよ!。オレはおめーらの過ちのせいで死んだのかよ!。やってられっか!」ってなると思うんですけど。

「過ち」= 戦争 。
なんでしょうけど正確に言うならば、過ちとは「考え無しに無茶な戦争を仕掛け、けちょんけちょんにやられているにもかかわらず我が身可愛さのあまり負けを認めないため、原爆使用まで状況を悪化させた軍指導部と、それを認める以外の選択肢が無かった国民」ってことでしょう?。
そしてイチローさんが言われるように決定的なことは「負けた」なんですよね。
この先の日本の歴史から「敗戦国」が消えることはありませから。

人類史において争いが無かった時代はありません。
今の日本の平和は、氷河期と氷河期の間の極々短い間氷期みたいなもの。仮初めの平和。
個人の自衛すら許されない日本、平和を維持する唯一の方法が選挙で「それなりの人」を選ぶのみ。
「それなりの人」が居ればですけど。
なんとも危なっかしい平和ですよね。
Posted by MIZ at 2019年06月24日 09:03
「過ち」=「戦禍による惨状」

要するに、原因ではなく結果に対する嘆きではないかと。あくまで『感情』でしかないのです。だから「誰の」「どんな」過ちなのか不明瞭。論理から生まれた言葉ではないので。

ただ、日本人の宗教観として、死者に何か言葉掛けをせずにはいられない……のも理解できますけど。

この言葉を以て、現代の国際情勢に対応するのは無理があると考えます。
Posted by ルシファ at 2019年06月24日 20:08
そうなんですイチローさんの仰る通り侵略戦争はダメですが、防衛戦争は国を守る為に戦うべきなんです。
その為の交戦権をとアベ先生は以前から言っておられます、コレは当然の事なのです。
未だに上記の事を分かろうとしない政党や政治家が多いのにはゾッとします。
そうです真の平和ボケ野郎です、とにかくコノ先どこが攻めてくるか分からないのだから準備は整えて然るべきかと思うのですが如何でしょうか。
平和はタダじゃねえ、この事を何時になったら理解できるようになるんでしょうか?
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2019年06月24日 21:02
一般警官は拳銃無くてもいいんじゃないかなぁ?←そうね、テイザーの電気ビリビリで充分だね。そのうちに警察官の撃った弾がそれて民間人に当たるだろうから、したら論争がおこるだろう。人が死ねばやり方を変える、死ぬまでは待つ。予防はしない。→これが日本人気質というものよ(^◇^;)
Posted by 市 at 2019年06月25日 10:26
お久しぶりです。
自分は、「過ち=戦争」というよりも、「過ち=戦う事」だと思いますね。
日本では、子供が学校でイジメられて自殺するってニュースが度々流れます。その度に…
「なんで自殺したんだ?どうせ死ぬなら戦ってとは思わなかったのか?」
って思うんですよ。自分自身が中学1年の時にイジメを受けてて、それを返り討ちにしてやめさせた経験があるから。
でも、「過ち=戦う事」って小さい頃から教え込まされてたら、そういう選択肢は出て来ないんですよね。
自分でも、「反撃しよう」と思うまでに半年かかりましたし、返り討ちにした後も罪悪感でいっぱいでした。きっと、当時の自分の中にも「戦う事=過ち」って考えがあっただと思います。

PS
「戦う事」と言えば、先月、帰宅途中に親父狩り(なのかな?)を撃退しました。
持ち続けて良かった「セルデの心構え」
Posted by Q太郎 at 2019年06月28日 00:53
自分は、「過ち=戦争」というよりも、「過ち=戦う事」だと思いますね。←Q太郎くん、これは書き間違いなのかな?
Posted by 市 at 2019年06月28日 21:00
「過ち」=「戦争」というよりも、それを通り越して、戦う事自体が「悪」になってしまって、しかも、それが多くの日本人に染みついてしまっていると書きたかったんです
Posted by Q太郎 at 2019年06月29日 11:19
Q太郎君、一般的な日本人の感覚が「過ち=戦う事」になっているということだね。わかったよ♪
Posted by 市 at 2019年06月29日 11:51
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。