最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年06月16日

ある女性の死

市 (2019年06月16日 21:22) │Comments(7)STEEL CHALLENGE
昨夜は子供達よりも早くバタンキューと眠り込んでしまい、今朝は4時に目覚めました。

空の西に美事な月が浮かんでいます。

どういうわけか若い頃から六月の満月は1年中で最も好きなのです。

煎茶をもって外にでました。

寒いくらい涼しいです。

山蔭に落ちかかった大きな月を観ながら昨日のスティルチャレンジを想い出していました。

この二年くらいでしょうか、射撃仲間の妻でスコア係をやってくれる50歳くらいの女性がいました。彼女は、めったに見ないほどな優しさにあふれ、知性も高く、逢ってハグをするのが楽しみだったのです。彼女の旦那もこれまた日本ではお目にかかれないほどの立派な男で、いつも心をこめて握手していました。

先月のスティールのときです、
旦那は独りでした。

「奥さんは?」

「私の妻は癌なんだよ」

「えっ? どんな癌?・・・」

「あちこちに転移して手遅れらしいんだ」

「いいから射撃に行ってらっしゃいよ」
そう言われて彼は独りで来たのです。

ああ、なんということだ・・・あんな素晴らしい女性が病床にあるなんて・・・と、悲しい気持ちでした。

そして昨日、二人は現れませんでした。

・・・そうだろうな、自分だって家族が重い癌にかかったら射撃などには出かけられないから・・・

そんなことを考えながら、任された新人たちにスティールのルールを説明しながら撃ち進んでいました。

すると仲間の1人がやってきて
「イーチ、彼女が亡くなったそうだ!!」

「オーウ!! ノー・・・」

しばし絶句でした。

随分と様々な射撃場に行き、多くの女性と出逢いましたが、彼女ほど素晴らしい白人女性はいなかったのです。毎回、彼女はどこにいるだろうかと探し、わざわざ挨拶のハグをしに行くような女性なんて他にはいません。

生きた観音様のような、あの微笑み・・・

ありがとうと言う時に見せる、そのかすかな恥じらい。

なんと豊かな女性でしょう。

月を失ったような気持ちです。

そんなことで、彼女の想い出をたぐりながら六月の月が沈むのを眺めていましたよ。

友人知人といえば、そのほとんどが射撃をたしなむ人々で、歳をとって1人消え、2人消え、5人が消え、20人もが消えていきました・・・。想えば、このワシだってそう長くはないはずです。

幽玄な月の入りを眺める早朝です。

しみじみと人生のはかなさを感じていますよ。

独りになった旦那は射撃を再開するのでしょうか・・・

みなさん、どう想像します?





同じカテゴリー(STEEL CHALLENGE)の記事画像
スティルチャレンジにCOとUのがあるそーだけど
熱鉄板、夏の陣。
剣士郎がペンジュラムを撃つ動画です
謎のX-5、その正体!!
剣士郎、招待試合を見学する。
剣士の二日目は5 to Goとアウター訓練
同じカテゴリー(STEEL CHALLENGE)の記事
 スティルチャレンジにCOとUのがあるそーだけど (2019-09-22 12:04)
 熱鉄板、夏の陣。 (2019-08-18 22:52)
 アウターリミッツ (2019-08-15 01:11)
 剣士郎がペンジュラムを撃つ動画です (2019-08-13 15:06)
 謎のX-5、その正体!! (2019-07-28 23:16)
 剣士郎、招待試合を見学する。 (2019-07-27 15:27)

Posted by 市 at 21:22Comments(7)STEEL CHALLENGE
この記事へのコメント
50代で奥様がお亡くなりになられたのですね…。
ご夫婦で奥様の癌と戦ってこられたのですね…。
毎日、不安で怖かったと思います。
検査結果に一喜一憂して、励ましあってこられたことでしょう…。
仲の良いご夫婦で、きっとこれから夫婦でやりたいことも沢山あったかと思います。
想像するだけで、辛い気持ちになります。
Posted by 薩摩小雪 at 2019年06月16日 21:55
小雪さん、そういえば指宿一家もオシドリ夫婦だね。もしもアメリカに住んでいたら2人でローカルマッチに出かけてきて、小雪とイチは毎回ハグしながら心を通わせることになっただろうね。辛いけど、そういう想像をすると楽しくなるよ♪
Posted by 市 at 2019年06月16日 23:26
ワタシも十年ほど前に先輩をなくした経験があります。結構大きな事故で大手重工業でのあってはならない事故でした。夜仕事中、店内のテレビで彼の名前をアナウンサーが喋ったその時思わずテレビに振り向きテレビに映るテロップを見て、ああ、間違いない…嘘だろ…思わずその場にしゃがみ込んでしまいました…その時はまだ泣かなかったけど遺体の損傷が激しかった為近しい親族以外は参加できず、後に別で会社が告別式を出したのでそこに参加しました。個人の顔を見ることができなかった為、先輩が未だ死んでおらずまたふっと顔を出し
おう!元気か!しゃんとしろよ!と誰よりも元気で誰よりもガタイが良く、誰よりも怒りっぽく、誰よりも涙脆く、誰よりも優しいひとでした。今も電話したら携帯に出てくれそうな…そんなひとです。良い人ほど先に逝かれ、悪くどうでも良い人ほど長生きする…腹が立つ。当時彼は新婚で小さな女の子の父親になったばかりでした。そろそろ中学に上がるくらいにはなったかな。会社から大金が渡され奥様も看護師でしたので生活には困らないのが唯一の救いでした。もうじき彼の命日です。ワタシも静かに彼の冥福を送ろうと思います。
Posted by ヨッシ at 2019年06月17日 02:30
医学が進歩した現代、50代で亡くなられるのは早すぎだと感じます。
でも、私の知人にも乳癌が転移して30代で亡くなった人がいます。
肺やリンパ、脳に転移すると若く代謝が良い事が災いし、癌の進行が早く手遅れになりがちだそうです。
癌は遺伝が半分、残りを生活習慣と運が半分半分みたいな感じでしょうか。検診を受けて注意するに越したことがないですかね。

素晴らしき女性のご冥福をお祈りします。
Posted by MIZ at 2019年06月17日 06:33
別れというのは大抵、辛く苦い物が伴います。
親父が亡くなって直ぐは、その様な感情は伴わなかったのですが、
今は その時に、その様な感情にならなかった事を後悔しています。
この、ご婦人を亡くされたシューターの方には時間はかかるかも知れませんが又是非とも復帰なさって欲しいですね。
合掌。
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年06月17日 20:15
お世話様です。
昨夜は久々に少し揺れましたね〜(⌒-⌒; ) ま〜自分の所は揺れただけで何ともなかったですよ〜(╹◡╹)

先週ですが叔父さんが亡くなり東京まで行ってきました〜( ̄▽ ̄)
30年以上も前に東京に出たばかりの頃色々お世話になって♪( ´θ`)ノ まだそのご恩も返してないのに(T_T)

その時に従姉妹が肺ガンで医者から後6ヶ月と言われたと(@_@)
20日から抗ガン治療をするとか言ってましたよ( ̄ー ̄)

産まれたからには絶対に死ぬとはわかっていますが⁉️ やはり知り合いとかが亡くなったりすると(>_<)

いつかはイチ様ともどちらが先かは解りませんがお別れの時が(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
その前に是非直にまたお逢いしたいです(#^.^#)
Posted by KO-1 at 2019年06月19日 07:16
最愛の素晴らしい奥様を亡くされたこの男性に、まずはお悔やみ申し上げます。
彼も素晴らしい男性との事ですので正しい判断をして、射撃を再開されると思います。
それが奥様の望みでもあると思います。
『残された人は一生懸命生きないと
時々泣いても
また笑って
たくましく生きる
それが
愛してくれた人への礼儀よ』
韓国ドラマ『トッケビ』の中に出てくるセリフです。
Posted by ロビンパパ at 2019年06月19日 21:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。