最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年05月06日

どイナカの風景

市 (2019年05月06日 09:44) │Comments(2)語りのプラザ
みーやん、
奥イナカのこと充分信じられるねん。
どイナカの風景
これがゲイトを出たとこよ、
こんな道が40キロは続くんやで。

どイナカの風景
45分走ったらマリポサ射場があるんや。

どイナカの風景
したら20人ばかしの鉄板射手が
集まっとるんや。

ただな〜・・・

竹の子はどこにも生えとらんのや(^_^;)

それだけは悔しいのぉ〜(´・_・`)

竹の子食いたいぞよ〜・・・

by 竹鋸鋤老

同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
T-20の曙
ステーキはステキー
令和元年のビアンキカップは76歳
さかぽん生きる
残念なミステイク
アップル二日目
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 T-20の曙 (2019-05-12 22:41)
 ステーキはステキー (2019-05-03 15:35)
 ヴェネズエラ革命初日 (2019-05-01 02:57)
 令和元年のビアンキカップは76歳 (2019-05-01 00:31)
 さかぽん生きる (2019-04-22 21:44)
 残念なミステイク (2019-04-19 08:54)

Posted by 市 at 09:44Comments(2)語りのプラザ
この記事へのコメント
えっ、こんな美味しそうなグラベルロードが40キロも?。
グラベル仕様のラリーカーで、なんてアホな事を考える私です。
でもキッチリ、写真から状況を分析してますヨ。
なんの分析?。
道の質が、自宅付近と射場付近では違いますよね。硬く締まった砂か、細かい粒子の集まりの土か。

ん?。
距離40キロを45分ほどで到着?。
こんなグラベルロードで?。
アベレージ約53km/h!。
ジャパンじゃ砂利道走ることなんてほとんど無いですから、初めてだと怖くてスピード出せないでしょうね。
( ハンドルの操舵感がフッと抜けて、ヒヤッ、って )
というか、ヤワなクルマだとすぐに壊れるワ。
私みたいなアホは「ヒャッハー!」なんて言って、クルマ壊すんでしょうね。

チョット真面目な話。
今のクルマは、横滑り防止装置 ( トラクションコントロールを含む )にABS装備が当たり前。すなわち、フツーに舗装路を走っている限り意図せずクルマが滑りアンコントロールになる事はありません。
大多数の人々は、クルマは滑らないもの、と思い込んでます。なので砂利道や雪道でクルマが滑ると「心の準備」がありませんから修正操作が遅れて、アララッ?、な状況に陥ります。
降りたての雪道、平らな直線から下りながら曲がるカーブ。カーブなので減速、クルマは前のめりになりながら下りのカーブへ。下りにさしかかった時、ブレーキで抜けたリヤタイヤの荷重が下り坂で一気に抜け、遠心力に逆らえずあっという間にスピンモードへ!。
こうなると横滑り防止装置なんて関係ありません。
クルッと回って止まればラッキー。
大抵は修正操作が遅れて、道の横にドーン!。
雪道あるある、です。
そんなにスピード出てないのに。
砂利道も一緒ですね。
Posted by MIZ at 2019年05月06日 12:10
イチローさんご無沙汰しております。
ゲートを出た所の風景、24年前を懐かしく思い出します。
あの時は人生の一番の青春時代?だったなぁなどと思ってますが、あの時の感動は今でも忘れません。
Posted by 長野の棟梁 at 2019年05月06日 20:24
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。