最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年06月17日

猛獣たちよ・・・

市 (2015年06月17日 23:30) │Comments(7)語りのプラザてっぽ
人間はな〜
ジャングルではナマケモノよりも弱い
存在でしかない・・・

だがな〜
猛獣たちよ・・・
ハジキを握ったニンゲンは
まったく違う生き物だとUことを
オボエテおけよ〜(`_´)

むわっはっはっは〜(^◇^)(^○^)

同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
T-20の曙
どイナカの風景
ステーキはステキー
令和元年のビアンキカップは76歳
さかぽん生きる
残念なミステイク
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 T-20の曙 (2019-05-12 22:41)
 どイナカの風景 (2019-05-06 09:44)
 ステーキはステキー (2019-05-03 15:35)
 ヴェネズエラ革命初日 (2019-05-01 02:57)
 令和元年のビアンキカップは76歳 (2019-05-01 00:31)
 さかぽん生きる (2019-04-22 21:44)

この記事へのコメント
アフリカ像にの親分に敵うかな?
( ̄+ー ̄)

と猛獣たちが唸ってますΣ('◉⌓◉')
Posted by 和田 at 2015年06月17日 23:35
イチローさん、お疲れ様ですmightyshrikesです。
ジャヤングルって、またピューマの奴が出没したんですか!!
そんで山狩りでM629を持ち込んだとか、あとバックアップにglock34なんて鬼に金棒じゃないッスか。
もしピューマが出てきたらブラスナックル投げ打ちand直蹴りのサービスもお忘れなく。
それでは、また。
Posted by mightyshrikes at 2015年06月18日 00:47
熊やトドを仕留めるのに44マグナムで事足りるのでしょうか?
Posted by ハラハラショー at 2015年06月18日 05:42
あの~ ジャングルだけに、だいぶ迷っているようなので、そろそろ道に戻りましょうか(^○^;)。 
Posted by ももすけ at 2015年06月18日 07:09
その昔、マタギさんの取材で、同行して色々ききましたけども、人によるのですけど、38の、リニューアルで、7,7mmの99ばーじょんのような、つまりは、精度の良い99といいますか、獅子撃ち(イノシシですね)にはこれが、、、トイウ感じで。猟友会の方々が、、、多くはM700とかホーワアリサカとか、M870も, M1100も、マグナムスラグは、多人数で、山狩りの場合はおつかいに成るようですね。
マウザーKer98Kも、よくあたって、評判が良いです。
で、リロードがなかなか、厳しいながらも、鉛いがいに、ステンチップやらで、徹甲弾化してるかたもおられ、銃刀法上、どうなってるか、デスが、山狩りでは黙認というのもあって、様々です。HY鋼のチップを先端に埋め込んでるのも有りました。タングステンチップも有りますたね。銃身をえらびますが、、,重いんで。。炭化タングステンの粉末冶金棒のカッパージャケットも。文字通り、徹甲弾。頭蓋骨用で。東芝製の材料をスプリント形状にしておりますた。
 そのおじいさんが言っておられましたが、44マグナム位、手軽にリロードで、徹甲弾と、鉛弾と、混ぜて速射できるうえにエネルギー量豊富なら、其れはそれは大変に魅力的だろうということでありました。
 同じ体重ならば、おしなべて、4つ足のほうが、装甲は厚く、攻撃力は圧倒的につよく、家畜と野生では全然話にならないくらい、圧倒的に戦力がちがいます。人なら余計に、差がつきます。
ただ、こちらに、一瞬、突進してくる時の、目線の固定時の最も装甲の厚いところを正面にしている時の、
両目の照準が、安定して停止しているとこに(一瞬なんですけれどね)、速射して一発でも、当てられたら、致命傷ですので、これは有力であります。それに、一斎射した時に、一瞬の敵側のためらいが図れるエネルギー量が、44マグナムならば望めますので、之は、大変な火力なのである、ということです。
M500の12.7mmですと、斉射するのに、二発目までに、インターバルが出てきますし、
何より、ワンショット目が、時間が掛かります。
ヘッドショット1秒練習は、629や、29ならば、出来ました。ライトロードではなく、フルロードでも。
アーマーピアシングも、弾頭が重くても、二発目に、若干時間、テンポが違っても、ボルトアクションの比じゃないのが,魅力であります。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2015年06月18日 10:03
須田さん。はじめまして。何かありがとうございます。
Posted by ハラハラショー at 2015年06月18日 12:51
ハラハラショーさん、こんにちは

いえいえ、昔から、この威力談話は
つきない話の種ですよね。、たのしいですし。

それで、アメリカにいた時も、ニホンでの実銃の世界の専門の人に、経験値をお伺いするのも、やはり楽しゅうございます。

何つっても、命かかってますから、机上のお話しではないとこが、すばらしいわけで、であるからして、ぷらくてぃかるから、コンバットシュートに広がり、当たらないとイカンことなるんで、競技の頂点に向かうんですよね。
それだからこそ、「ほんものが、ほしいっ」(By,ボッチ党党首)つうことになって、ここに、皆集うわけでありまして・・・・。
Posted by 須田浩之スダヒロシ at 2015年06月18日 15:03
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。