最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2015年01月04日

村野君のお母さん・・・

市 (2015年01月04日 13:25) │Comments(8)語りのプラザ
実はここに書こうか、個人的にお知らせしようか、隠したままでいようか迷っていた事があります。でも時間があるので、やはり皆さんにも見て頂こうかと。 6年前程から同居している母ですが、杖を突いて歩けていたのが体を支えるようになり、ここ2年程は通院など、私が車椅子を押していました。 ところが11月、何時ものように杖で壁を叩き、階下で私を呼んでいました。しかしこの日は全身が痛くて動けないと、少し上体を起こそうとしても「痛い、痛い」と全く動けなくなってしまいました。 ケアマネージャーさんからも「少しでも何かあれば、救急車を呼んでください」と、言われていたので、119番をコールしました。救急外来で6~7時間かけて調べてもらったところ、血液に炎症が見られて、股関節の内部に液が溜まりそこに雑菌の感染があるとの事でした。 入院加療が必要だが整形外科では大手術の患者でいっぱいの為入院できないとの事で家に帰ってきました。 地元の総合病院でもやはり無理との事で、市役所の方の計らいで介護施設に入所ということになりました。 ところが12月下旬に39度近い熱を出し、病院に運ばれました。主治医の方より肺炎であると告げられました。そして「ご家族で、人工呼吸器まで着けるか、それともこのまま自然に任せるか、どこまで治療するか考えておいてください」と。 ところが幸い抗生物質が効き、37度まで熱が下がりリハビリができるようになりました。 先日の「お題」人と出会うと言う事ですが、私には記憶がありませんが、人間まず母が最初でしょう。そして分かってはいる事ですが、出会えばいつかは別れが来ると。 病院のベッドに横になり、「もしもこのまま逝ったらごめんね」と話す母は、骨と皮だけです。やはり何時かは来る日が近づいているのでしょう。それでも私に変わりはないか、猫は元気か、2人ともちゃんと食べているかと、こちらの心配事ばかり話します。改めて、親の無償の愛という言葉が浮かびます。 今日も母の好きな「カルピス苺味」を持って、会いに行ってきます。 もう一度家に帰れるのか、それともこのままなのかは未だ分かりません。しっかりとした答えは出せません。でも会ってできるだけ話をして、顔を見ていようと思います。話といっても私には上手い話は出来ません。猫の話をするくらいです。 でも、血の繋がりは無くとも、人には見返りを求めない態度で接したいと思います。
TROOPER(村野 浩)

「もしもこのまま逝ったらごめんね」と話す母・・・

なんと素晴らしい言葉だろう、と琴線に触れる
想いがする・・・
まるで人生の極致を垣間見るようだ・・・。涙

君と出逢って、お母さんの話を聞いてから
というもの、ワシはずっと気にかけて
見守っているんだよ・・・

なぜかと言えば、自分の死に方が、
残された家族に与える影響を知りたいと
想っているから・・・も、ある・・

お母さんが逝ってしまったら、君は
どうするのだろうかと予測したり
お母さんには君のためにも早く逝きたいと
いう気持ちがあり、そのことで彼女はきっと
悩んでいるのではないかと考えてみたり・・・

“澄まないね・・ワシは他の父親たちよりも
ずっと先に逝く宿命なんだよ・・・”
と、子どもたちの眼をみながら心の中で
よくそう想うので、君のお母さんの迷える
気持ちはよく解る。

人間、生まれてくるときはドラマティックな
盛大さをもって生をさずかるものだけれど、
逝くときは(例外はあるとしても}
自分も周囲も もの悲しい別離の感情に
浸されることになるよね。

『親が死に、子が死に 孫が死ぬ』
と、詠ったのは一休さんだったと想うけど
彼はこの句を「目出度い句と」して詠った
と言われている。

たしかに、死ぬ順番が狂うのは
逆仏(ギャクボトケ)となってメデタク
なんかないよね・・・

ヒトは、だれでもが逝く、という覚悟は常に
もっておくこと・・・

で、ね・・・・・・
いよいよ将来の見込みがないという局面に
なったら、ワシの場合は決して延命措置など
しないでほしいのだ、、と家族にも告げてある。
ナナにはとっくに約束させてある。

これが親としての、子を愛する者としての
純粋な気持ちなんだ。

君に延命措置をするな、とは言わないし
したほうがよいとも奨めない。

ただ、覚えておいてほしいことは、
自分の存在が自分の息子にとって重荷と
なった場合、親の気持ちとしては
謝りきれないほどの葛藤に苦しむものだ
ということ・・・

生きながらえてごめんね、
早く死ぬけどごめんね・・・

この両方の狭間で親は哀しむわけだよ。

えーと・・かえって迷わせることに
なったかもね・・・

お母さんの容態についてはメイルで
知らせてくれ。もちろんここでも良いよ。
このひとつのストーリーを見守りたいヒトも
かなりいると想うから・・・。

厳粛なる気持ちにて。市


同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
退役軍人の日
とうとう現れた獲物
テンモク茶わんやでい♪
18時間の停電でした
チャスパーカーの珈琲ミル
茶わんの奨め
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 退役軍人の日 (2019-11-12 12:59)
 とうとう現れた獲物 (2019-11-11 23:39)
 テンモク茶わんやでい♪ (2019-11-09 00:27)
 18時間の停電でした (2019-10-29 11:25)
 チャスパーカーの珈琲ミル (2019-10-27 02:09)
 茶わんの奨め (2019-10-26 23:37)

Posted by 市 at 13:25Comments(8)語りのプラザ
この記事へのコメント
イチローさん、何か早速に取り上げてもらって、すみません。
病院で主治医に最初のカンファレンスを受けたときに、正直に母に話しました。そうしたら
「管に繋がれて生きているのは嫌だな」
と話していました。ただ母の妹、私の叔母は一時人工呼吸器を使いましたが、今また外出できるまでに回復したのを見ているので、悩んでしまいます。
私自身は子供を作らずに逃げていたので、自分の子供に対する気持ちは想像しか出来ませんが、やはり人間としての寿命というものには誰も逆らえないのは事実ですものね。
でも、ケンシロー君とジュンちゃんは普通の親よりも、より大きく深い愛を感じていると思いますよ。
私も30余年分の元気を頂いています。無理な延命は辛いですが、強力なDNAを持って居られるであろうイチローさんとこれからもお付き合いをさせて頂きたいです。
Posted by TROOPER(村野 浩) at 2015年01月04日 17:29
 お世話様です。
正月は自衛官が帰って来たので飲んで。弟家族とお好み焼き屋で飲んで。近所の同級生と飲んだりで! 飲み明かした毎日でしたねぇ~ (^〇^)/▽

 ノムさん
ノムさんとは日頃からメールしてるけど、自分!全然力になれなくて (**) それなのに自分がクビになって落ち込んでる時とか色々力もらって (><)
自分の母親は施設には入って居るけど、も~自分が誰だか何処に居るのかさえ! 況してや生きてるのか死んでるのかさえ解らない (~~)
親とは顔さえ見れば喧嘩ばかりしてました! 今思うともっと色んな話をしておけば (==;)
物は絶対に壊れる! 生きてる物は死んでいく。 今自分家の15歳になる猫が体調が悪い。 猫は3ヶ月で人間の1年に相当すると言われた。 春まで!? いやずーと生きてて欲しい (T_T)
何を話したいのか?言いたいのか? 自分でもよく解りません (? ?)
ごめんノムさん m(_ _)m
Posted by KO-1 「笛木 孝一」 at 2015年01月04日 18:25
どもです。
 過去にも死生観で書いたことがありましたが私も子を持つようになってから、死とは、生とはなんてことを考えます。ましてや死に近い職業柄今の一分一秒を大事に家族と過ごしたいといつも考えてます。
 もし自分が死を目前にしたら、死ぬだろうと悟ってしまったら、考えるのは残された人達への気遣いになるんだろうと思います。ましてやそれが親子の関係なら今まで言えなかったことや他愛もないことが貴重な時間に短い時間に思えてくることでしょう。そこで親不孝を考え親孝行だと考えるわけですかね。
 「親が最後に子にしてあげられる教育は自分の死を見せる事である。」
 人さまの死を題材にするのもよろしくないですがいい機会なので色々書いちゃってます。
 その死に方は大往生出来てますか?何も残さず逝けてますか?到底無理です。そこを補うのが子であったりします。そのように育ててますか?そんなことを考えるのも親戚や知人の死がある時くらいなもんですから、色々考えてみてください。私も最近環境の変化があって遺書の書きなおしとか残すべきものの選別とかを日々模索してるところです。
 村野さん、はじめまして。若輩者ですが思い立ったことを書いてみました。乱文ですので癇に障ることがあったらお許し下さい。ただ、死生観についてはある程度長く考えてるつもりです。

 今年もいつもどおり始まってしまいました。元旦や年度初めは年の境目ではなく時間も人もいつも通り動いてますよ。

人生は一本だけです。
Posted by TKS at 2015年01月04日 22:26
村野様、はじめまして笹原と申します。
ブログでお話しお伺いいたしました。
まるで自分の体験の様でした。というのもほぼ同時期、同様なことがありました。
救急病院に運ばれ、内視鏡検査しても原因不明?輸血を2パックして、何とか生還した母。
一晩付き添った時、いろんなことを考え、いろんな思い出が過ぎり、随分親不孝な息子だったと後悔しきりです。
いつかくる日を覚悟しなければ、と思いますが難しですね。
Posted by Fumi at 2015年01月05日 09:35
イチローさん、オハこんばんわ!

ここにいらっしゃる皆さん、今晩は。
何か私事ですみません。
KOちゃん、かえって気を使わせてごめんね。
TKSさん、はじめましてですが、此方ではよく拝読しています。ご意見ありがとうございます。
Fumiさん、弱っていく親を見るのは悲しいですね。

私も何をか言いたいのではなく、この数ヶ月で立て続けに起こったこと、正月は時間があったのでそのまま書いてしまいました。
人の生には期限があり、それはいつか終わると祖母の時にも経験したことなのですが、やはり母となるとまた改めて思うこともあり・・・。
大正生まれなので本当は戦争が嫌いなのに、モデルガンを持っていることを黙認してくれたなど、思い出が走り。

その時が近づいている事は心に留めていきます。
皆さん、どうもありがとうございます。
Posted by TROOPER(村野 浩) at 2015年01月06日 01:30
市朗さんこんばんわ。
この記事見て自分も2年前からお袋の介護をしています。
最初は戸惑いの連続でしたがやっているうちに、
お世話をしていられるのが幸せだなと思った次第で有ります。今は精一杯母親の世話をします。頑張らない程度に。
ゆるい介護。 (^^)
Posted by まぁ~ちゃん at 2015年01月06日 20:16
>今は精一杯母親の世話をします。頑張らない程度に。ゆるい介護。 (^^) そっか・・まぁ〜ちゃんもでしたか・・・やはりこういう話題は出したほうがいいのですね〜(^^)・・ホッ(∩.∩)
Posted by 市 at 2015年01月07日 16:09
介護とか看護は素人に出来るものではありません。
出来る事は大昔、医療や医学等の考えも無かった頃から変わりません。
「手当て」です。
手を当てる事。
「手当て」の語源は相手に手を触れる事だそうです。

相手が老齢の方なら肩を揉み、背中をマッサージすると大変喜ばれます。
咳き込んでいれば背中を擦ってあげる事。
手足をマッサージしてあげる事。

親子の関係が逆転する時が、遅かれ早かれ、必ず来ます。
その時、自分が幼かった時に親がやってくれた事を繰り返せばいいのです。
「手当て」です。

TROOPERさん、無理をなさらずに。
>頑張らない程度に。
ゆるい介護。 (^^)
まぁ~ちゃんが書かれた通りに。
Posted by CYPRESS at 2015年01月09日 22:58
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。