最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2014年12月18日

審美眼を磨くベシ♪

市 (2014年12月18日 03:51) │Comments(4)語りのプラザてっぽ
審美眼を磨くベシ♪

審美眼を磨くベシ♪

『SAOの原画』ありがとうございます! 修正前・修正後があると、
凄く勉強になります (`・ω・́)ゝ

2枚の写真を並べて観察し、「そうか… グリップの見えなかった
部分を見せるようにしたり、実に細かく補正をかけているんだなぁ」と、
イチローさんがやっていることを学ばせていただきました <(_ _*)>

…でも、「ちょっとライティングが狂っていてハズカシーのですが
アエテサラス(^()^)」というのが理解できないのが自分の浅さ (;´∀`)
正直、修正前の写真でもキレイに見えてしまいます。もっと眼を
磨かなきゃですね。

自分の最新作と原画を添付します(ちなみに、自分のこの写真も
ハイパー道楽さんの記事で使う写真ですw)

イチローさんやトモさんに伺ったあれこれから、自分なりに部分ピントが
合っている写真を合成したり、目線を誘導させる明暗を付けたり、
いろいろライトルーム&フォトショップの勉強をしています。ほんと、この
2つのソフトは魔法のようにいろいろ出来るんだなぁと驚きます (≧▽≦)

…でも、今回の『SAOの原画』を拝見させていただき分かりました。

「写真は原画をしっかり撮らなきゃ、修正もくそもない」ってことが (^^ゞ

もっと、ライティングを試行錯誤し、写真の勉強、自分の商売に必要な
「いかに銃を格好よく撮るか」を追求し続けます (`・ω・́)ゝ
バットン

そうね、「審美眼」を磨かないとね。
ブタに真珠を見せても感動しないしね(^^)

真珠の一粒をしげしげと眺めて
「暖かき潮の流れに生いたちし
汝は真珠よぉ♪・・・」という唄が浮かぶ
くらいの感性はもたないとアーティストには
なれないしね・・^_^;

毎日飲むお茶を100均の湯飲みで飲める人と
一万円の萩茶碗(これでも安いほうダガ(^_^;)
でタシナムのとでは審美眼の差が出るしね。

バットンのフォトは今の段階では
「アヴェレイジ」というところで、
いわば「可」という成績なんだよ。

ワシは自分のフォトを「アクセプタブル」と
周囲に言っているんだよね。
Acceptable→「なんとか使える」という
意味だね。
ワシは強く生きているように見えるだろうが
「美」に関しては自信などないのだよ。

だからアクセプタブルなのかどうかで
判断しながら撮っているわけ・・・

しかしさて、バットンとワシでは
アクセプタブルの基準が違うわけで、
ワシがもしバットンのこのフォトの
ようなライティングをした場合、
そのままシャッターを切ることは
あり得ないのだね・・・

光がフラットすぎる、個性に欠ける、
パッションが感じられない、
「これじゃ絵にならん」と感じるわけね。

「まあいいや、どうせ広告写真なんだし
ブツがよく見えていればいいんだし
オレってプロじゃないんだし、締め切りは
今日なんだし・・」
 と、妥協するわけだけど、それを続けて
いたら「20年の経験を持つと自慢しながら
その実はクフウのない同じ事を営々と続けて
いたにすぎない能無しな男であった」
みたいなものでね〜 (^o^)

なにごとも、しばらくするとバリヤーに
当たってしまうもの。
それをペネトレイト(貫通)できるのが
心の強さというもので・・・

とにかく、毎回、真剣に反省しながら
撮影しないと決して巧くはならないよ。

それは時間があるとかないとかの問題
ではなく「態度が素直であるかどうか」
というものでもある。

人は、自分の作品は他人のより良い、と
考えたがるように出来ており、それが
エゴであり自信過剰という罠でもある。

自分に厳しく、他人を敬うという気持ち
を失ったら「まともな人間」とはいえない
わけで・・・・・

あ ^_^; ハナシが跳弾した〜(^0^;)


しげしげと見ると、背景が美しい色。 こういう色をオフセット印刷で紙に表現出来るでしょうか?
背景と主題を同系色にまとめながらも、主題を際立たせています。
写真の背景の処理、その難しさを我等素人が想像するかてになる写真ですね。
ところで、 スライドの天辺の線が背景に溶け込んでますが、いいんでしょうか? 鉄の硬さ、鋭さを表すには「バフだれ」してるみたいで疑問符が付きますが、 パート1の記事にスライドの面取り加工について書いてあるのでこれもいいかも。
CYPRESS

^_^;(^_^;(^_^;)・・・
スライドの上のラインにちゃんと気が
ついているところが素晴らしいデス(^^)
で、アレは最初に撮ったモノで、
こっちが次のフォトなんですよ↓
審美眼を磨くベシ♪
なので次のこれは反省してレンブラント
を控えめに・・・(*^_^*)
コレデヨロシーデショーカ? (^o^)
ハンマーにも光を当て、グリップ前方
の表現も向上させました(^-^)
背景は漆黒に灰色を少し加え・・・

オロカな人は、裏表のフォトの背景は
統一しろよ〜(-_-;)と言うでしょうが、
果敢に挑戦するイチローさんは自由闊達
なカタヤブリ人なんです(^。^)

でも、自分ではイマヒトツと・・(×_×)

え?・・なんで撮り直しをせんかったか
ですって?・・・
ワシ、完全主義にならないように
気をつけているんです(^_^;

だって完全な作品なんて無いし、
ちょいとハタンのあるほうが
人間味が感じられるじゃないですか(^^)

一見して「おう! いいじゃん♪」
と感じてもらえれば、アクセプタブル
なんだと考えているのですよ(^-^)

大衆芸術ですからね、
体臭のある芸術なんです(^○^)

出た!!
小雪さんの大好きなオヤジギャグ(^◇^)

















同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
愛用のシュアファイヤ
イ ウヨンさんが国連で発言
韓民族のリーダーと決着つけた!!
2.嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判
反日主義団が韓国を没落させる
哀しみの果てには輝く人生があります
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 愛用のシュアファイヤ (2019-07-22 01:49)
 韓国の若者から竹島のことを習う (2019-07-19 06:27)
 Googleは中共に浸透されているのか??? (2019-07-19 02:49)
 イ ウヨンさんが国連で発言 (2019-07-18 01:11)
 韓民族のリーダーと決着つけた!! (2019-07-17 23:12)
 2.嘘の国民、嘘の政治、嘘の裁判 (2019-07-17 02:28)

この記事へのコメント
ありがとうございます! バットンです。

はい、良いものが分からないと、なにをどうすべきなのか分からず、現状に満足し進歩がないですもんね。自分にはスライドのラインは気づけませんでした…

少なくとも反省し続けられるように、目を磨き、上を目指したいと思います。いま、イチローさんのおっしゃっていることの全部の意味が分からなくても、きっといつかそれが分かる日が来ると信じて、一語一句噛みしめ、消化吸収に努めます (`・ω・́)ゝ
Posted by バットン・オーツカバットン・オーツカ at 2014年12月18日 04:31
イチローさん、タクレット使用レポートが前に進みまなくって、すみません!
なぜなら…いつも目に付くような、リビングのソファーに置いて眺めて満足しているからです\(//∇//)\
綺麗…(*^^*)満足…あっという間に時間が過ぎ去ってしまって…エヘヘ。
私が使用していた、タクレット初期型から色々と改良工夫されていてビックリしました。
イチローさんがデザインされたタクレット。使うとイチローさんの美の感性がチョットずつでも自分に染み込んでいくようで、嬉しいデス。
Posted by 薩摩小雪 at 2014年12月19日 14:08
>コレデヨロシーデショーカ? (^o^)

→恐悦至極に存じ奉ります<m(__)m>。
スライド天辺とハマーに青系光を当てるとは…(溜息)。
1枚目と違いスライド先端の面取り加工が分かる光(、と言うか、影)になってますね。

陶器は、どうも個人的には心に響くものがないですねぇ(涙)。
先日も尾形乾山と野々村仁清の展覧会があったので行ってきましたが…
乾山と仁清に限らず陶器では絵画と違い絵や模様に鋭さが無いのが目につき過ぎましてね。
それでも備前にトマトやイチゴ、リンゴを盛ると美しいし、
テイカカヅラをモチーフにした富本憲吉の色絵は気に入ってます。
Posted by CYPRESS at 2014年12月20日 00:07
ご無沙汰しております。
仰ることが水のように体に染み渡ってきます。
その中でも特に「毎回、反省しながら撮影しないと上手くならない」というお言葉、まさにその通りだと、日々の実習の中でのことを思い出し痛感しております。
Posted by キース at 2014年12月21日 23:49
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。