最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年12月24日

バワー拳銃 25口径

市 (2013年12月24日 02:27) │Comments(3)てっぽ
バワー拳銃 25口径

ハウディー! イチローさ~ん。 ハイな♪あれはバワーをパチンパチンと空撃ちしていたら銃口からファイアリング・ピンの先端が小さなピースとなってこぼれ落ちたんですたねー。 で、ガン・エクスチェンジのジョンさんがボブ・チャウさんを紹介してくれてツルツルに研磨してあるファイアリング・ピンを入れてもらったんですたねー。 ・・って、さかぽんさまよく覚えてらっしゃいますね~♪ おいらはカキコを拝見してからハッとしてレポートを読み直しますた~。 (ノ∀`;) デヘヘへ
マルパソ84

> それは「バワー」じゃないですか? だよねマルパソや? →その通りです。 Ignacioさんのコメントは、「誰が為に鐘は鳴る」とは程遠いこの人の世で医師としてのご自身の覚悟が溢れてるとお見受けします。 我等一般人と違い、棺桶の中まで持って行かねばならぬ事も一つや二つおありでしょう。 夏目漱石の名言(草枕から) 智に働けば角が立つ。 情に棹差せば流される。 意地を通せば窮屈だ。 とかくこの世は生きにくい。
CYPRESS


バワーン!!
はぁ〜い♪
これがバワーちゃんだよ〜ヽ(。◠‿◠。)ノ

でも今日は忙しいので引っ込みますが、
いや〜、今読む漱石の名言は素晴らしい
ですね〜(*^^*)
高校の時に読んだのですが
なんのことやらほとんど
解らなかったですからね〜(^◇^;)ゝ

智に働けば角が立つ・・・!!

すごすぎ(;゜▽゜) 感服。




同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
SIG何梃かだって?
このX-5はなんだい???
アルミのX-5でカップガンを・・・
X-5の撃ち比べ 其の参
X-5の撃ち比べ 其の弐
X-5 TACTICAL
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 SIG何梃かだって? (2019-07-15 13:23)
 このX-5はなんだい??? (2019-07-13 21:40)
 アルミのX-5でカップガンを・・・ (2019-07-11 22:21)
 X-5の撃ち比べ 其の参 (2019-07-11 13:14)
 X-5の撃ち比べ 其の弐 (2019-07-10 11:04)
 X-5 TACTICAL (2019-07-08 22:39)

Posted by 市 at 02:27Comments(3)てっぽ
この記事へのコメント
「アノー、ガン・エクスチェンジから聞いて来たのですが・・・・・・」と、バワーを差し出すと、奥の方で何やらゴシゴシやっていた小柄ながらどこか貫禄を感じさせるオヤジさんがゆったりとした足どりで、メガネ越しにジィーッとこちらを見ながら近付いてくる。「ハハァー、この人だな」と思いながら、私も相手の目をのぞきこむ。ボブは、その眼光の奥に強いものを持っていながら、全体としてはフワーと相手を包み込むような優しさを感じさせる人だった。「これは良い人だ!」私は確信しながらボブの差し出した右手をしっかりと握り返す。心の優しさ・・・・・・これに欠けた人からは何も学べないし、心から交わることが出来ない。『優しさ』と『厳しさ』を兼ね備えて持ちたいものだと、私もかねがね思っている。
「フム、フム、この彫刻はビューティフルじゃないか、アイボリー・グリップもなかなかだ・・・・・・ヨーシ、ファイアリング・ピンを入れてあげよう、待ってくれよ、ちょっとばかりヤスリをかけてピッタリにフィットさせるから・・・・・・」

ハウディー!

イチローさ~ん
薩摩のガストでお会いできた時、席を立って“よく来たね”と言って手を差し出して下さったイチローさんに、おいらもこんなコトを感じたノデアル♪ホントだすよ。
(=^▽^=) へへへ

とかくこの世はおもしろい♪

CYPRESSさんってスゲーだすなぁ・・。
(・ω・) シミジミ
Posted by マルパソ84 at 2013年12月24日 03:41
完全に勘違いしておりました。
イチロー様、皆様、申し訳ございませんでした。
実家にもほとんど帰らず、
Gun誌も何十年も見ていませんでしたのですみませんでした。
しかし20歳位まで、てっぽう&イチロー様命で何月号のどの辺に何が書かれているかも、あれだけ自然に頭に入っていたのに、記憶の曖昧さに我ながらビックリです。笑
Posted by さかぽん at 2013年12月24日 09:27
>記憶の曖昧さに我ながらビックリです。笑(;゜▽゜)ワシなんて記事を書いたとたんに何書いたか忘れており「忘れる角に福きたる」でコーコツのブルースですよん(;;゜д゜)はっはっは
Posted by 市 at 2013年12月24日 13:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。