最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年11月28日

戦争の足音が

市 (2013年11月28日 02:36) │Comments(9)語りのプラザ
中国が尖閣諸島を含む東シナ海に防空識別圏を
拡大し、アメリカは爆撃機を派遣し
黙ってそこを堂々と通過して見せましたね〜

領土をふやしたるあるよー!
やれるもんならやってみろー!

共産党に対する中国人民の不満を回避する
ためには小さな戦争くらいやって危機意識
を植え込んでごまかしたいチャイナ政府、、

チャイナの横暴に危機感を持ち、可能ならば
叩きつぶして膨大な借金をチャラにしたい
気持ちもないとはいえない米国・・・

そんな争いなんかでカネを使いたくなく
できたら黙々と稼いでいたいジャパン・・

食い物がなくなると、盗みをはたらくしか
なくなるように、
経済事情が悪化すると、どうしても他国を
侵略したくなるのが国家というもの・・

限定戦争にとどめたい共産党、
オレが日本を守るから、そうはいかんぞ
と言うアメリカ・・・

今回の爆撃機通過は、凄惨な歴史の再開を
示す事件となるかもしれず・・・

ぶわかもの達よ、、
共産党は、次の一手をどう打つかについて
今ごろ必死に相談しているだろうけど、
0.01%の確率で、ホキマ作戦の遂行は
できなくなる可能性があるということを
心に含めておくように。

まあ日本製のコンドームに穴が空いてて
彼女を妊娠させちゃって結婚を迫られる
よりも小さな確率だけどね〜(*^_^*)

しかしチャイナのコンドームには穴あきが
多くてアフリカあたりでは問題になっている
というニュースを読んだが(^o^)

コレ、あんまカンケーないね(^○^)(^◇^)



同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
まだあるんです 珈琲ミル
文武両道
エンタープライズ No.2 極上品
ジュンのピアノ始め
旭日旗について
自信は百害の源
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 まだあるんです 珈琲ミル (2019-10-21 23:25)
 文武両道 (2019-10-19 12:45)
 エンタープライズ No.2 極上品 (2019-10-19 01:37)
 ジュンのピアノ始め (2019-10-14 23:02)
 フォトが満タンらしい (2019-10-08 09:47)
 旭日旗について (2019-10-06 11:01)

Posted by 市 at 02:36Comments(9)語りのプラザ
この記事へのコメント
イチローさん、オハ今晩わ!
日本周辺がきな臭くなってきましたね。私も複数のところから中国大使館が在日中国人に、直ちに所在地確認をして連絡をとるようにとの指令が出ている、と話を聞きました。まあ偽情報も出回ると思うので2~3箇所からとは言え、確定していませんが。
私としても今一度サバイバルキットを確認整理しなおし、電動ガンのバッテリーおよびガスガンのマガジンにガス充填し、万が一、億が一に備えています。在日の人数からして、十分サボタージュ攻撃が可能なので危険は高いと思います。左の人も多いので、アジテイターにも注意が必要ですし。日本の公安外事も人数が足りないのでは?
とにかくアンテナを張って、危険に備えて行きたいと思います。
Posted by TROOPER(村野 浩) at 2013年11月28日 05:56
イチローさんまいどです。
しかと心に刻んでおきます。
中国共産党による統治も限界が来ているみたいですね。彼らが事を起こせば、我々の生活はあっという間に変わってしまいますね。
Posted by 哲也 at 2013年11月28日 07:40
イチローさん

お元気なご様子で、なによりです!

中国の行動は気になりますね。
現在のところは、内政面で利用するためか、領土(資源)確保への本気の動きか、まだ判断できないようですね。

いずれにしても、突発的な紛争はいつ起こってもおかしくない、という覚悟はしておいた方が良いでしょうね。
Posted by 貸本屋 at 2013年11月28日 08:24
イチローさん。こんにちは。

ニュースや新聞で大変な事が。
と、知っていたはずなのに。。。

ホキマ作戦がなくなるかも。

そこまで、考えが及びませんでした。
まさに、平和ボケですね。

しかと心に。。。
(T ^ T)
Posted by だぶー at 2013年11月28日 11:46
お世話になります。渡邉智彦です。うーん、怖いですね。既成事実を作って、我々の方が正しい決まり!みたいな理屈には絶句します。戦争困りますね、人はどこまでも愚かです。水面下ではもっと危機的な動きがあるのでしょうね。子供達にキチンとして生きていける未来を残したいですね。これからも応援しています。
Posted by 渡邉智彦 at 2013年11月28日 11:46
こんばんようさんです。

シナの軍の暴走と報じられてますね、

いま、特をしそうなのは誰でしょう。
あくまで創造で想像ですが。

裏の裏に、我が国の作戦どおりな気がします。また、そうであってほしい。

プチ有事は、色んな法案や予算が通りやすいですし。同盟強化や世界の世論が味方になってくれる。

その後のシナの弱腰(空母の進路選択など)が、中央の思惑と違ったことを表してるのかな?

プチ事変になれば、ぶぁかもの訪米に影響が出るかも?という覚悟は、了解しました。
Posted by まう@東大阪 at 2013年11月28日 12:45
>いま、特をしそうなのは誰でしょう。。。そりゃなんといってもアメリカでせうな〜・・とにかくこの国は、特大の借金国で、チャイナに米国債なんか売られたヒには貧乏国にまっしぐらという状況ですやん。起死回生の一発は戦争ですねん。。まじ、アメリカの近未来には想像を絶するような事件が待ち構えているとワシは感じているのですよね。。喧嘩には強かった侍たちも商売人たちから借金をするようになってからは威信をどんどん持ち崩していったようですからね〜。そし廃藩置県という想像すらできなかったような革命的な出来事に発展しましたからね〜・・・
Posted by 市 at 2013年11月28日 13:45
今回アメリカが「防空識別圏」に飛ばしたのが、B52。
このブログに来る方ならご存じでしょうが、現在のB52と言えば、巡航ミサイルです。
絨毯爆撃の様な効率の悪い事はもうやらないでしょう。
湾岸戦争でこの手の爆弾、ミサイルの精度と威力を見せつけましたからな。
ところで、一つ思い出してほしいのは、ユーゴ空爆。
1999年5月7日、ベオグラードの中国大使館をB2爆撃機が「誤」爆。
NMDで弾道ミサイルを撃ち落とすのはほぼ不可能の様ですが、据え物撃ちの大使館を外しますかな?

今回のB52、恫喝以外の何物でもありません。
去年の反日デモの時、ヒラリー・クリントン国務長官が尖閣諸島は日米安保の範囲内と言ったのを思い出させたんです。

アングロサクソン系は長期的展望、計画に長けてると言われ今回も見事に実証しました。

中国嫌いの方がこのブログには多いことでしょう。
しかし、
アメリカも中国と同じ位、危険、獰猛、残忍、野蛮 心が汚い醜い。
アメリカの醜さがなぜ目立たないかと言うと、映画、音楽、スポーツのおかげです。
芸が有るんです。
例えば、『トップガン』。
プロパガンダ映画の傑作です。
ナチスでも「水晶の夜」(=Krisatallnacht=Crystal night)なんて天才的な言葉を生み出しましたが、
こんな空中戦訓練をスポーツと捉え若者の通過儀礼の物語にするなんてヨーゼフ・ゲッペルスさえ考え付きませんでした。

それに引き替え、中国じゃ「焚書坑儒」なんて直接的な言葉ですから、そりゃ、敵を作りやすわいなぁ。

日中の緊張状態を快く思ってるのはアメリカ以外どこに有りますかな?
中国が少々頭に乗ると脅してそれ以上行かんように牽制してるんです。
こういうのを「分割と統治」と言うんです。
Posted by CYPRESS at 2013年11月28日 20:53
>危険、獰猛、残忍、野蛮 心が汚い醜い。←これはアメリカだけというわけではなく、いずれの国の人間たちにも大なり小なりありますよね。世界は弱肉強食の摂理でまわっているのですから、これを変えることはできないかと想うのですよ。「貧すれば奪う」というのが戦いの歴史のパターンではないかと。
Posted by 市 at 2013年11月29日 00:15
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。