最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2011年10月28日

ストリート ファイト

市 (2011年10月28日 20:48) │Comments(1)訓練
我が息子32歳(シューター1号のパパです。)、剣道5段でフルコンタクト空手茶帯。先日例のスポンジナイフと対決しました。
勿論あいてはこの私めでございます。
感じとしては 『 カラテVSスポーツチャンバラ 』ってとこかな?
ルールとしてはスポンジナイフが当たったところは”全て斬れる”。2度何処でも刺したらゲーム終了とのことで開始しました。
*当然顔面へのパンチは無しです。
息子は相手がスポンジナイフでも技が出せません。
2戦やって私のカチカチ山でした。
そこでイチロースクールでのことを教えてあげました。
① 他人の間合いより自分の間合いを作れ
② 空手の下段、上段構えからの攻撃。
③ 裏拳での攻撃

前述3点を練習した後の息子めは強かった。だてに剣道&空手はやっていないと思いました。
息子めは『イチローさんってDVD出さないの?』と言っておりましたよ。

出たら観る?と聞いたら、ミルミルと・・・。
Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野

市より

おーちゃん、さっそくやって見ましたね、
いい子だよ♪

ナイフ訓練もコンバット射撃も
なんらかの武術をやっていた人だと下地
ができているので上達は早いですね。

ムカシ、サンフランでテコンドーの名人が
ナイフで脅され、そいつをやっつけようと
したら刺されて死んだという事件が
ありました。

殴る蹴るの達人でも、庖丁を払うという
技は欠落していることがあります。

テニスと卓球とでは動きが違うように
対庖丁も空手や拳法技を応用できながら
ちょっと違うカテゴリーともいえます。

まあ、もともとスポーツとしての武道と
ルールの無いストリートファイトとでは
かなり異なるものですからね〜

クルマで道路をブロックされて「降りろ」
と言われたら、そのクルマの端の部分に自分の
クルマのバンパーの片側を当てながら加速して
逃げなさい、、と妻に教えてあります。
こうすれば相手の車はズリッと向きを変える
のですり抜けられるのです。
もち、クルマにはすごい傷がつきます、
でも修理代は葬式代よりも安いかと(^◇^)

座っているところを攻撃されたら珈琲でも
コップの水でも相手の顔にかけながら
立ち上がりなさい、と教えます。

もちろん、キケンな場所と状況は察知して
離脱しないとイケマセン、、と教えます。

ストリートでの危機から生き延びよ、、
これが市スクールというわけです。

とにかく、対庖丁訓練ではなるべく多くの
相手とやってみることを強くオススメです。

同じカテゴリー(訓練)の記事画像
剣士郎軍曹、もどりましたっ!!
強兵は富国を護る
サージェントに面会しました
最も良かった訓練
マロ対トモ
渋滞知らずのマリポウザ
同じカテゴリー(訓練)の記事
 剣士郎軍曹、もどりましたっ!! (2019-07-01 23:07)
 強兵は富国を護る (2019-06-26 23:38)
 サージェントに面会しました (2019-06-23 15:35)
 最も良かった訓練 (2019-05-14 01:08)
 マロ対トモ (2019-05-10 22:31)
 渋滞知らずのマリポウザ (2019-05-05 13:34)

Posted by 市 at 20:48Comments(1)訓練
この記事へのコメント
ストリートファイト 2

実は『カラテVSスポーツチャンバラ』的な詳細でありますが、私も息子めも相方とも空手着を着て、そこに剣道の『面、胴、小手、垂れ』を着装しました。

当然怪我防止の為です。

イチローさんとも『かもめ亭』でそんな話がでましたので、ちょっと実践してみました。

確かに『素手VSナイフ』とはかけはなれる処ではありますが、仕事持つ身であり怪我は出来ません。

そうですね~『防具空手』のいでたちに似ています。出来れば『硬式空手道』の胴やスーパーセーフ着装の方が見やすいかも知れません。

トゥルーパーさんなら分かるけど、LEKOさんには理解できないだろうなぁ~。

しかし、このスポンジナイフが如何に相手に脅威を与え間合いを取れないか、息子めは実感したと思います。

逆に息子めにスポナイ(あれ、こう呼んでも良いかも・・。)持たせたら私が出た瞬間に剣道で言う『小手』攻撃に来ました。

完璧に斬られました。

剣道技恐るべし(汗)

最初は息子めにコンナコトシタンダヨ!位の感じでしたが、『空手着』を着だして『防具』つけて1時間程。

おーちゃんこんなつもりでなかったに・・・。
Posted by おーちゃん じぇい じぇい 中野 at 2011年10月29日 00:02
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。