最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2020年02月20日

三軒の理由

市 (2020年02月20日 01:25) │Comments(8)語りのプラザ
アメリカってすごいぁって思います
このすごい世界の人を父親の友人として紹介されるKennyはラッキーだなぁって思いますね

タクマ

その昔、シュアファイヤがレイザーサイトを作るのをやめてライトを作り始めた頃にジョンに逢ったんだわ。小さな会社で30人だか50人だかが働いていてね。話をしたらジョンの人柄に惹かれてさ・・向こうもオモロイ写真屋だと感じて友人となり、その後でシュアファイヤはクライアントになってくれ、ポーキュパイン構想を話したら作ってくれて。
そしてやがてビデオで宣伝する時代となり、ランディーを雇ってくれ、ランディーが独立するために辞めたら、高校出たばかりの次男のジーンを雇ってくれ、そのジーンも独立し・・・ちょっと早すぎるけど12歳のケニーをジョンに観せておこうと・・。

三軒の理由

「創造力のある人間は社員として宝物だ」
と、そう想っているジョンは、相手が子供だろうがコジキだろうがかまわない。素質があると観ればチャンスをくれる。

三軒の理由

「ケニーは何を学びたいんだね?・・」

ジョンは頻繁にケニーに話しかける。

「あなたのようなエンジニアになるには、どうすればいいのですか?」

「大学はキャリフォニアの工科(キャルテック)を卒業したよ、だけどそこで学んだのは1%だけ・・あとは自分自身の勉強でやってきたよ・・・」

想ったとおり、ジョンは幼いケニーのために長々と丁寧に話をしてくれた。

偉大な人は、けして威張らない。
人を大切にする。
子供にも本気で接するもの。

「では、地下室に行こうか・・」

わーー!!
三軒の理由

そこには 25ydの射場が。

三軒の理由

三軒の理由

三軒の理由

なるほど、両隣を手に入れる必要があったわけだ。

三軒の理由

立派な工作室もある。

ここで作って、射場で撃って、また改良する。

ジョン社長の家は 「仕事場」だったんだ。

美しい環境のもとで
安らぎながら物事を考え
そして創作する。

これは贅沢ではないと想う。

81歳にして頭脳明晰。
下の川でカヌーに乗って運動をする。

そんなジョン社長のことは、ここではとうてい描ききれないけど、またの機会にしようかね。

by 急に忙しくなったイーチ




同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
引っ越ししました
バイクの季節
今日の発明
バッジを持とうぜい♪
コロナ休暇の最中
子猫の詩
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 引っ越ししました (2020-05-31 03:03)
 旧ブログが開通したかも!!! (2020-05-25 10:42)
 バイクの季節 (2020-05-23 23:13)
 今日の発明 (2020-05-23 11:08)
 いわゆる元慰安婦の怒りの矛先 (2020-05-20 23:19)
 バッジを持とうぜい♪ (2020-05-20 07:25)

Posted by 市 at 01:25Comments(8)語りのプラザ
この記事へのコメント
>「大学はキャリフォルニアの工科(キャルテック)を卒業したよ、
だけどそこで学んだのは1%だけ・・あとは自分自身の勉強でやってきたよ…」

→私の掛かり付け医はイチローさんと同い歳。
元心臓外科医ですが、現在はその辺の町医者です。
それでもね、今でも勉強熱心。
¥5,000もする「今日の治療薬」を毎年買ってるし、
何とそれだけでなく、”New England Journal of Medicine”を未だに定期購読して毎日読んでいる(@_@)。
これ、週刊誌なんです。
南江堂で定期購読すると年¥42,000もしている(@_@)。
世界中の最新の医療、医薬、術式とか発表されているとか。
その辺の町医者には無くても全く問題無い。

こういう真面目で凄い人がいるんです。
はい、尊敬してます(^^♪
Posted by CYPRESS at 2020年02月20日 02:27
イチローさんがケニー君にシュアファイアの社長さんを合わせたのはイチローさんがケニー君にとって必要な事だと思って行われた事なのだったのですね。
Posted by 晴れ晴れショー at 2020年02月20日 07:54
自宅建物内に射場に工作室!
凄いですね!

ジョンさん写真で見る限り81才には見えないですね、それに素晴らしいのは社員を宝にしている、自分の回りを見てもそんな経営者なんていない、ケニー君も凄い刺激になりますよね、有意義な春休みを過ごしているケニー君が羨ましいです。
Posted by 習勇 at 2020年02月20日 08:13
「創造力のある人間は社員として宝物だ」

よく言われますよね「どんな組織も結局は人だ」って。
私も大きな組織の中の一部。いろんな人がいます。あんな人やこんな人。
ジョン社長の言われる、「創造力のある人間は社員として宝物だ」、これはなにも経営者だけの思いではなく共に働く仲間たちにとっても同じ。
なぜ宝物か?。
まぁ当然なんでしょうけど、そんな人は極々少数だから!。
「創造力」ってのはチト特殊だと思うんですよね。真面目だけでも身に付かないし、勉強が出来るだけでも身に付かない。
スムーゼストの開発者のリョーさんみたいな人を「創造力のある人」って言うんですよね。
私は己の能力をフルに発揮してやっとチョビット出るかな〜「創造力」。でもね〜、独自のヒラメキがないからダメなんだな〜。自分の事だから良く分かる。
組織の中でキラリと輝く「創造力」に満ち溢れた人。ウン十年会社で働いて、何百人もの人と関わって、「この人、コイツ、スゲーや」って思ったの10人もいないですよ。それほど「創造力のある人間」って貴重!。
(若い頃の、先輩や上司スゲー、ってのとは違いますから。)

やっぱね、世界のオンリーワンの人々は違います。
ジョン社長もそうだし、イチロー・ナガタもそう。
「創造力」に満ち溢れてますよ!。

あぁ、溢れた「創造力」の僅かでも拾い集めたい!。
Posted by MIZ at 2020年02月20日 08:30
お世話になります。
>大学はキャリフォルニアの工科(キャルテック)を卒業したよ、だけどそこで学んだのは1%だけ・・あとは自分自身の勉強でやってきたよ。
そうなんですよね。良いのを安く作って、そして売れる物を考える。学校では決して教えてくれない部分が技術職では一番重要な部分です。なので、私の職場の設計の現場では、若い社員は高学歴の人ほど創造性のない人が多いのです。早く気持ちを会社としての意識に切り替え取り組まないと出遅れるのですね。
Posted by @HENLLY at 2020年02月20日 12:16
良いお話しをありがとうございます。
自宅に工作室、大変参考になります。作りたいもの、試作からPDCAをまわせるのは楽しいと思います。創造、想像力、芸術は紙一重ではないかと。
自宅に25mの射場はエアガンではかなり厳しそう。的を20㎝位ののクッキー缶で?楽しんでやってみます。
Posted by Fumi at 2020年02月20日 13:52
私が陸上自衛隊に在職していた昭和末期から平成の初めは、部隊装備が未完成状態で隊員個人の改良と工夫で訓練をこなしておりました!そんな中隊配属2年目の冬季演習で62式軽機関銃手を任されまして、歴代の先輩方が遺した専用のソリに62式軽機関銃をゴムチューブで固定して私はスキーやカンジキ(スノーシュー)を履いて脹ら脛に銃口で打撃を受けたアザを作りながら、牽引をして行軍をしました。他の機関銃手は白色シートを被せるだけでしたが、私は毛布を機関銃に巻いて白色シートで覆い絶対に雪で濡らさず凍結防止に気を配り、オイルスプレーは凍結するので解氷剤デフロスを使い潤滑剤の代用として使いまして、射撃号令が出れば直ぐに空砲で支援射撃が出来る状態にしていたので、中隊の上官より信頼をされました。でも、ここまで来るのには数々の失敗やアドバイスを受けて機関銃手として一人前となり、とても勉強になりました!今の隊員さんは完成された装備を教範通りに運用すれば良いので、自分から創意工夫する楽しみは無い様なので私が過ごした時代の方が、訓練は大変でしたが充実した自衛官生活を送っていたと思います。そうそう、北海道上富良野演習場でのマイナス31℃の中、寝袋に62式軽機関銃を入れて仮眠を取り、支援射撃で空砲100発をジャム無しで撃てた気持ち良さは今でも覚えております。
Posted by 速王 at 2020年02月20日 15:31
「創造力」ってのは、なかなか難しいですねぇ。
常々考えていることなんですが、「ゼロから新しいものを創る」のは、時代を動かすような一握りの天才(と呼ばれる人たち)の仕事なのではないかと。
我々が語ることのできる「創造力」のほとんどは、「既存の物から新しい物を生み出す」、「既にある物を、これまでとは異なる組み合わせで生かす」あるいは、「『どこかで見たような絵なのに、実際には誰も見たことがない画』を見せる」というような話です。凡人のすぐ隣にありながら、なかなか手が届かない領域ですけどね。
MIZさんと同じく(他業種ですが)、仕事で出会った人で「これは凄い」と唸らされた人は片手で納まる程度しか居ません。そういう人は、多分、どんな業種に就いても成果を残せる人なんでしょう。稀にいるんですよ、「才能の百貨店」みたいな人が。ビジネスマンだろうがTVタレントだろうが、教師だろうが、何でもできちゃう人が。
そんな人に出会えるのは、実に幸せなことだと考えています。多彩とはいえない我が身を振り返って、「では、自分は何で勝負するのか」を考える機会をくれるわけですから。

で、生誕から約半世紀の今、「オイラは努力型。真剣にやる以外に道は無い」が当面の結論です。本当に真面目にやってるかと問われれば…「眉間に皺を寄せるのが『真剣にやる』ということではないぞ」と答えておきましょう(笑)
Posted by ルシファ at 2020年02月20日 21:01
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。