最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年11月05日

S&W M12

市 (2019年11月05日 22:49) │Comments(11)てっぽ
S&W M12

S&W M12

M12でしょうか?
フレームがアルミに見えますので。
そしてヨッシさん,M28に8.5cm のブルバレルにブラックホークのフロントサイトを載せたストラゥプカスタムの名はスラッガーです。フロントサイトのイエローインサートもカッコよく、グリップフレームのヒールを削り込んでラウンドバットにしたりも、FBIスペシャルよりも前の時代なのにしっかりと、当時の市街戦のデータに対応したデザインになっているところが素晴らしいです。レポートにはないですが、これでFBIのTRCに参加されたこともきっとあるのだろうなーと想像してしまいます。
@HENLLY

このヘンリー君のコメントを読んだピギたんは唸っていましたよ。ウーーン(°_°)あんな小さなフォトからアルミだと解るなんてすごい観察力だぁ!!・・・とね。まったく大した眼力だとイチも想います。

S&W M12
はい、エアウエイトでした♪

S&W M12
S&W M12
シリンダーはすっぽんぽん、実銃ですっ!!

S&W M12
オッポがかわゆいですね〜(^O^)

S&W M12
M12のライフリングです。

S&W M12

S&W M12

by リヴォルヴァって
やっぱり好いもんだなぁ〜♪
っと感動するイーチとヨシピギ

同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
あのマウントの飼い主は・・・
M1919を求めて・・・
ナイツの故障
今、米国ではライフルが熱いよ♪
衝撃的な贈り物
ヨシさんからの賜物
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 あのマウントの飼い主は・・・ (2019-11-22 01:01)
 M1919を求めて・・・ (2019-11-20 23:07)
 ナイツの故障 (2019-11-19 23:56)
 今、米国ではライフルが熱いよ♪ (2019-11-17 23:10)
 衝撃的な贈り物 (2019-11-15 12:20)
 ヨシさんからの賜物 (2019-11-13 05:39)

Posted by 市 at 22:49Comments(11)てっぽ
この記事へのコメント
リヴォルヴァってやっぱり好いもんだなぁ〜→ ですよね〜!今でこそイチローさんはオートのイメージですが我々世代はスナッブノーズリボルヴァを振り向きざまに抜撃ちされたりコイントスした1ダラ銀貨を撃ち抜いたり逆持ちして小指でトゥリガーを引きガンガンターゲットに当てるイチローさんが当たり前でした。リヴォルヴァのイチロー、オートのケイとか言われどちらが凄いとか周りでも侃侃諤諤でした。ワタシはリヴォルヴァ・オートに関わらずイチローさん寄り、太陽に吠えろ派にはケイさん推しの人もいました。けどギスギスしたものでなく楽しげにガンの話してました。良い時代でしたよね。まだ自転車の前籠にモデルガン入れて友達の家とかに普通に行けた時代でした。今そんなことしたら警察に止められますもん。オモチャやっちゅーねん!!!怒 モデルガンならシリンダーの穴は無理ですけどエアガンリヴォルヴァなら穴がスポスポ!なんかそれだけで嬉しさを感じるのはワタシだけでしょうか。
Posted by ヨッシ at 2019年11月06日 00:21
時間がイマイチ無くて最初の写真をよく見なかったんですが、
改めて最初の記事の写真を見ると、シリンダーと銃身の色、フレームとサイドプレートの色、色が違うのが写ってます(@_@)。
色が違うと言う事から考えれば、素材が違うと直ぐに答えに着く(@_@)。
流石イチローさん、ちゃんと答えを写真で言っている(笑)。
写真家は写真で語る、ですな。

このM12、シリアルナンバーからS&Wのフォーラムあたりを探せば生産年と大体の月が分かるはずです。
でも面倒くさい(笑)ので、外観の特徴から推測。

ピン止めバレル
シリンダーを凹み加工してない(=non-recessed、カウンターボアードでない)
グリップの中央にダイアモンドが無い
FサイトがM10とおそらく同じ形

ちょっとズルしてネットで知識不足分を補い(笑)、

M12と同じKフレームは1980年頃(?)、バレルのピン止めとシリンダーの凹み加工を廃止しています。
ジャックさんがGun誌の記事でM19とM66のカウンターボアードが無くなったぁと嘆いていました。

そう言えばイチローさんがGun誌のスナブノーズ特集か何かでアルミフレームのコルトエイジェントのバレルが緩んでいた記憶が…

鉄フレームと鉄バレルならトルクをかけられるので、ピン止め無しでも大丈夫そうですが、
鉄より柔らかいアルミにピン止め無しでねじ込むのは無理があり、
圧力と振動が加わるので緩むのでしょう。
と言う事でピン止めは生産年に関係無さそう。

シリンダーの凹み加工はこのモデルは空軍向けに開発されたそうなので、
最初(1953年)からコストカットでやらなかったのではないでしょうか?

Fサイトは厚さを厚くしたらしいですが、これは見ただけでは分かりません(笑)。

そうなると、最後の砦がグリップ。
S&Wリボルバーのグリップ中央のダイアモンドが無くなったのが1970年代前半なので、
1970年代前半から生産中止になった1986年、かなぁ~?
グリップの裏側のワッシャーが銀色のはずです。
4回マイナーチェンジしているそうなので、M12-3かM12-4。
フレームのヨークがはまる凹みに刻印があるはずです。
Posted by CYPRESS at 2019年11月06日 00:40
はじめてコメントさせていただきます。
いつも楽しく拝見させていただいています。
グリップが可愛いですね。
私が始めて買ったモデルガンがS&Wチーフスペシャルがこのタイプのグリップです。
Posted by ブルズアイブルズアイ at 2019年11月06日 05:35
この今や貴重とも言えるリボルバーの写真だけを おかず代わりにしてご飯3杯はいけます。
写真のイチローさんの顔が全てを物語っていますね( ^ω^ )
貴重なモデルの写真 有り難う御座いました
(^○^)
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年11月06日 06:47
私が始めて買ったモデルガンがS&Wチーフスペシャルがこのタイプのグリップです。←いらっしゃいませ♪ようやくこの銃がブルズアイさんの心の的を射止めたわけですね(^O^)
Posted by 市 at 2019年11月06日 07:10
さすがサイプレさんも高度な知識の持ち主だわ(°_°)マイッタ
Posted by 市 at 2019年11月06日 07:15
シリンダーとフレィムの仕上げが違うなとは思ってました。銃身のシリンダー側に爪を置いて先端からライフリングの具合見てたヲトコでした!
Posted by 佐伯 at 2019年11月06日 21:25
高度な知識などと言われると、汗顔の至りデス(^^;)、ハイ(^^;)。
イチローさんのブログを発見する前、今から10年近く前になりますかねぇ、
PCと光ファイバーをようやく揃え、ネットをウロウロすると、あるは、あるは(笑)、
興味のある物がザクザク(@_@)。
S&Wやコルトのフォーラムをあちこち興味の赴くままに読んでいました。
その時の記憶の断片と曖昧な知識をネットで確認しながら、あーだこーだ考え楽しんだだけでして…(^^;)
S&Wの代表的教科書の“Standard Catalog of Smith & Wesson”を熟読どころか、2年ほど前に知ったくらいですから(^^;)。


最近経験した、ちょっと、面白かった話。

とあるアメリカの家族経営を売りにした銃砲店。
はい、勿論ネットショップです、ハイ。
そこにパイソンのグリップがある(@_@)。
ウォールナットの2ndジェン、3rdジェンのエラく状態のいい物が(@_@)。
新品同様品!
お値段、$500程、高!
その中に3rdジェンでローズウッド製がある(@_@)。
パイソンのコルト製ローズウッドグリップは非常に珍しく、カスタムショップ用にごく少数作られた程度らしいです。
カスタムショップ用には専用のメダリオンが付いているのですが、このショップのにはコルトのお馬さんメダリオンが付いています。
しかも箱付きで、その箱がイーグルグリップ(@_@)。
箱書きの”rosewood”にレ点が付いている(@_@)。
つまり、あのイーグルグリップで作った別注品のローズウッド製!
でも、でも、でも、どうもおかしい。
裏側の写真を見ると、どう見てもローズウッド製ではない、ヘンダ…
そこで、ネットで知り合ったグリップに詳しい人に尋ねると一発回答(@_@)。

「あ、これね、まず、イーグルグリップ製のローズウッドではありません。
グリップでね、よくあるんです、こういう事。
グリップを買って、付け替えて、古いのを箱に入れてそのまま。
それから箱入りのまま、この場合はイーグルグリップの箱にパイソンのグリップを入れて売ったんですね。
店の人もそれを信じてそのまま売ってるわけ。
「それから、残りも純正じゃなくてリプロダクション、複製品。
良く出来てるけど、メダリオンが世代と合ってません」

ひぇ~、この方こそ、高度な知識の持ち主(@_@)。
コルトのグリップのメダリオンが時代によって違うとは…(溜息)。

欧米では銃文化が発展していて、流通量、売上高が日本と比較出来ない程大きい。
だから収入も当然少なくなく、親の商売が悪くなければ、銃ヲタクでなくても継ぐんでしょう。
このグリップの件もオヤジ殿ほど銃の勉強をしてないのは明らか。

日本では銃ヲタクでもなければトイガン界には入りません。
欧米では待遇と給料が希望に合えば、銃ヲタクでなくても銃の世界で働くわけです。
イチローさんが指摘するグロックの欠点なんかは、銃と射撃が好きなら最初から考慮されていて、存在しなかったでしょう。
Posted by CYPRESS at 2019年11月06日 23:25
お世話様です。
今日はちょっとした会合がありまして(⌒-⌒; ) これからある人の講演会がありま〜す♪( ´θ`)ノ
寝ない様にしないと〜(( _ _ ))..zzzZZ

M12と言えば⁉️ やっぱりペンシルですかね〜╰(*´︶`*)╯♡
違いましたっけ〜(@_@) って事でマルパソさ〜ん❣️ ペンシルのカキコお願いしますね〜ヾ(๑╹◡╹)ノ"
ダメなら( ̄▽ ̄) あの当時のいろんなリポルバカスタムの写メだけでもOK牧場〜♪(v^_^)v
Posted by ko-1 at 2019年11月10日 14:59
>ペンシルのカキコお願いしますね〜ヾ(๑╹◡╹)ノ"
↑↑
はいいーっ♪
ペンシル・・・紙に筆記するために使われる。明治初期の日本では「木筆」などとも呼んだ。のちにイチローさんがディザインしたテッポにもそう呼ばれるモノがある。(ペンシル地知る人ぞ知るUSOペディア文章)
・--------ヾ(๑╹◡╹)ノ" ----------‥…-o_(・_-) バン!

by “クロノコジェムノコテンキノコスキノコスピコムイーチノコ” と唱えるペンシルバニアから来たオトコ
Posted by マロンパ92 at 2019年11月11日 09:35
お世話になります。せっかく私の書き込みを載せて頂いたにもかかわらず、仕事の締め切りに追われてしまい確認が遅くなりました。申し訳ありません。そしてありがとうございます。
とにかく私は中学生の頃からS&Wのイチローさんカスタムを見て育ったと言っても言い過ぎではないくらいにS&Wリボルバーに惹かれて続けてます。
久しぶりに綺麗なお写真を拝見しました。ありがとうございます。
いつの日かイチローさんのスピードリボルバーの数々を是非、拝見したいです。
Posted by @HENLLY at 2019年11月17日 22:27
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。