最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年10月02日

グロックの後ろにパテ盛りだよ

市 (2019年10月02日 00:31) │Comments(5)てっぽ
グロックの後ろにパテ盛りだよ

これを見よーっ!!

グロックの後ろにパテ盛りだよ

わーーっ!!
みっともなぁーい(◎-◎;)

しかしね、
グロックバンバン撃っていたらどうにも試したくてさ・・・

グロックの後ろにパテ盛りだよ

ミーやん、みなさん、
ゼシとも試してくれろ。

人差し指の先くらいのパテを盛りつけるのよ。

グロックの後ろにパテ盛りだよ
親指と人差し指のつけ根の部分が当たる部分を5mmほど高くするんよね。

1911もそうだけど、グロックもこの部分に「空虚感」があるんだわ。グリップの下側は強く握れても、上の部分はキッチリと力が入らないのだ。

だからタメシにやってみてよ。
パテ盛りする部分にオイルを塗っておけばパテは簡単に取れるし跡も付かないからダメモトでやってよ。戻したかったらシュン着で貼ればよかと。

グロックの後ろにパテ盛りだよ
これでドロウしたらグリッピンが楽になり、銃との一体感が増したんだわ。

うーーーーむ・・・

Mk4もやらんとイカン?

そだねー(^_^;

困ったなぁ〜(!_+)(@_@;)

by 実用と見栄のハザマで苦悩するイチであった





同じカテゴリー(てっぽ)の記事画像
ブラックウィドウの腹は朱色なんです
ブラックウィドウをより撃ちやすく
強銃ルガーP09
5/5の日に明かす驚きの映像
受信料はどうなのルーさん?
スライドとフレイムを組んだ
同じカテゴリー(てっぽ)の記事
 ブラックウィドウの腹は朱色なんです (2020-05-25 02:13)
 ブラックウィドウをより撃ちやすく (2020-05-24 23:10)
 強銃ルガーP09 (2020-05-24 12:42)
 5/5の日に明かす驚きの映像 (2020-05-23 06:31)
 受信料はどうなのルーさん? (2020-05-22 22:33)
 スライドとフレイムを組んだ (2020-05-22 11:30)

Posted by 市 at 00:31Comments(5)てっぽ
この記事へのコメント
私は やられた方が良いと思います。
イチローナイズされて進化し続けるグロック を見てみたいです。
Posted by 晴れ晴れショー at 2019年10月02日 01:12
その通りです。
外観と性能、品質は全くの別物。
実用品は性能と品質を重視しています。
不細工でも性能と品質が良ければ、外面は気にならなくなるもの。
この点、40年以上ロードバイクをいじって身に染みております。
カッコいい物が高性能、高品質であることは非常に稀、珍しい。
機能美なんてもの、私CYPRESS、信じておりません(笑)。
高性能、高品質の製品の外観がたまたま自分の好みに合っただけです。
目で見て楽しむ物には性能と品質を求めないのが、
楽に生きていく方法の一つ(笑)。
Posted by CYPRESS at 2019年10月02日 01:28
ダイジョブ! 大丈夫! マクガイバーより創造性の塊である秘密工作員…ぢゃない緻密工作員のイチローさんなら無問題です笑
えっ? なんでそこまで言えるって?
だってそこは…
ワタシ達がイチローガンキッズだからです!!!(当然!)
いつもイチローさんの面白い事なにかないかな? 楽しい事何か無いかな? を毎回毎回楽しみにしていた我等です。疑う余地など無問題!(キッパリ!)
Posted by ヨッシ at 2019年10月02日 03:30
うっ。ココか〜。
実はワタシ、この部分気にならないんです、1911も2011も、もちろんグロック も。
ナゼ?。
握りが変?。

私、掌のわりに指が長いんです。
で、トータルで手が大きい。( いや、長い、か?)
でも、親指がかなり短い。
こんな手で、トゥリガーに対して人差し指の位置を決め、その状態で「ガシッ」っと握るとあら不思議、親指と人差し指の間が気にならない。というか、スキマが出来ない。
なので、イチローさんのようにグリップセフティーにパテ盛りしたものの何だか違和感でやめたんです。

やっぱり、どこか「オカシイ」のか?。
( ◯◯◯がオカシイのは認識済み )
Posted by MIZ at 2019年10月02日 08:38
イチローさんに教わったんだっけな…?機能的な物は美しい!自分には美しく観えますが!
Posted by かかし at 2019年10月02日 18:36
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。