最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年10月17日

コーヒーグラインダーの話

市 (2019年10月17日 02:32) │Comments(14)ヤフオク
♪わたしのアークーロー
アクロよアックロー♪

と、トトロの旋律で歌う朝です(^∇^)

今日は学校が昼過ぎに終わるので子供達を迎えにいって、そのままジョージ射場に行くんです。

そのまえのくつろいだ時間に
コーヒーをいただいてます。



起きるとまずは緑茶をいただく、
そして玄米朝食、
10時前後になるとコーヒーを・・・
だいたいこれが日課なのです。

で、たいていはこうしてなんらかの拳銃をお盆にのせて鑑賞しています。

ジュンのやつは反動を怖がるし大きいのもイヤがるので、ひとつコレを撃たせようか・・これならスライドを引く必要ないから非力でもおっけいだしな。本人はブラウニングの25口径を望んでいますが、あれでは撃ちにくいだろうと・・・しかしこいつの弾は高いからな・・あんまし撃たせられないな・・・

おっといけない、
今朝はコーヒーの話だよ。

コーヒーに凝り始めたのは22歳のころからだったとおもいます。
インスタントコーヒーの、あの不味さと喫茶店のコーヒーの美味しさとの差はなんなんだ?・・・

そこで、コーヒーの本を買ってきて読みましたよ。はぁ〜、グワテマラね・・キリマンジェロね、コロンビアンね・・ふんふんブルーマウンテンが一等なのね・・・なになに?・・コーヒーは挽いたの買っちゃダメ?・・豆をゲットして自分のコーヒーグラインダーで挽けだってぇ?・・よーし、買おうじゃないの、飼えばいいんでしょ買えば、かいますよかいます。

こうしてイギリス製のグラインダーなど二台持って楽しくコーヒーを飲んでいました。

そしてアメリカへ・・・

オイ、イーチ、コーヒー飲もうや、
キッチンにグラインダーあるから挽いてくれ・・

こう言ったのは、働いていたレストランのオーナーで、そこは彼の家で、彼から陶芸を学んでいたときなんです。

立派な古い家でした。
キッチンにいくとコーヒーグラインダーらしきものが置いてありました。

それを見たとたん、イーチはギョッとなりフリーズしました。なんと素晴らしいっ!!!

見惚れながら輪っかを回していました。

それはダブルホィールというタイプで

このようなモノでした。
これは今つかっているものです。

「エンタープライズ」という名でした。

おばあちゃんが遺してくれた家宝だと・・・

この話は長くなるのでハショリますが、それからというものダブルホィールのNO.2というやつを求めて20年間も探すこととなります。

そして、やがてイーチはグラインダーのコレクターになってしまいました。トモとヨシもうるさく欲しがるので四台ばかし譲ってやりました。


で、あんまし多いので、一台をヤフオクに出すことにしましたよ。「エンタープライズ No.0」です。ダブルホィールになる前のタイプです。






この写し絵みたいなのを「ディキャル」とよびます。これがキレイに残っているかどうかで価値が決まるのです。そして、これは上々のコンディションというわけです。






このオリジナルのかわゆい蝶ネジも大切!!
作られたのは1800年あたりではないかと。


ハンドルは木製なので破損したものが多いのです、が、そこはイーチですから良いものしか飼いません♪


もちろん完動品、感動するくらいの完動品♪

ちなみに米国にはグラインダーのコレクターは少なくありません。そして、これくらいのアンティックでしたら250ドルていどで売り買いされています。しかし、このごろは出物が少なく値段も上がっているんです。

これまでグラインダーについて語らなかったのは、テッポ好きはバイクとクルマも好きですが、コーヒーグラインダーとなると場違いではないかと想いましたので・・・でもね、たしかFumiさんがフォトをみせろと静かに強くコメントしてきたので。

フーミーさんっ!!
責任とってね、
これ落札してよねっ!! (^.^)

ダブルホィールを出してもいいのだけど、あっちはナイツのAR15一式くらいの値段となるのでムリかな・・・あっちは、よほど惚れ込んだ人でないとね。

しかし、楽しく使っているまに値段の上がるアンティックっていいものですよ。

ヤフオク↓
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/t678753699

by 珈琲ミルのことをもっと書きたくウズウズしている射撃野郎の御老人  


Posted by 市 at 02:32Comments(14)ヤフオク