最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年10月14日

ジュンのピアノ始め

市 (2019年10月14日 23:02) │Comments(17)語りのプラザ
いやはや・・・
10月半ばに発生した台風19号の被害を見ていて心がダウンしていましたよ。
異常気象が常態化した今、雨の少ないキャリフォニアの冬も渇水期が終わったかのように雨量が増えつつあり、もしも1日に200ミリも降ろうものなら草原に伸びる道路は冠水し、集落は孤立すると想うのです。停電で冷蔵庫が停まり、ネットもなにも切れてしまうのはよくあるので慣れており、気をつけてさえいれば命の危険もないのですが、やはり文化生活が阻害されるのは辛いものです。玄米の貯蔵は充分なのでオカズのカンズメとカップラーメンを増やしておこうと考えているところです。火の確保も重要なので、薪も山盛り集める計画です。そーか・・コールマンのガスコンロも手入れしようかな・・・。

で、昨日は日曜日でね、
ちょっと好いことがあったんですよ。

今まではピアノに興味をしめさなかったジュンがケンに教えを請いました。負けん気の強い娘で兄とは張り合っているのに素直に学びたいと言うので驚きました。習い事はけして強制などしないのですが、10歳となると、ナニかをやりたいと想うようになるのでしょうね。ダダも10歳のころからキャメラが気になって気になってシカタがなかったものですよ。


今ごろはピアノの独学用にアプリがあり、演奏のやりかたをうまいこと教えてくれる動画があり、音楽の先生に基礎から叩き込まれるのとちがって、好きな曲を好きなときに練習でき、どんなに長くも練習でき、いやならずっとやらないでよく、お金もかからないわけで。

タブレットでゲイムをやって無為に過ごすのか、ナニか好きな事を見つけて学ぶのか、この年頃の子達はここからが勝負の始まりではないかと。

ウチでもほっておくとゲイムをやりだすので、それよかほかのことをしようよと諭すのに苦労してます。でも、ゲイムにふけっている友達が発達障害に陥るのを見ており、それなりに自己反省はしているようです。

親としては、なんとかゲイムをするヒマがないくらいに生活を楽しく忙しくさせているのです、けど、これもけっこう大変ですよ(^_^;


ジュンは自らの意思で水泳部に入っており、年中試合をさせられており・・でも遅いほうなので勝つことはありません。しかし勝てなくていいのだということが解るということは良いことなので・・・。

試合に出るなら勝たなきゃ意味ない!!

みたいにオッシャル日本人がいますが、
これは精神を病んだ人だと想います。

なによりも大切なことは、

「いかに生きるか」

これですよ。

勝つ者は必ずいつの日にか負けるわけで、勝ちにこだわる者の終わりは哀れなものですよ。

普通の生活、普通の幸せが・・・

いえ、できたら普通より豊かめで
普通よりは自由がある、
子供達には、そういう生活ができるようになってほしいです。


で、去年までは体力不足でチェインソーを扱えなかったケンシロウですが、この秋からは薪のカットを引き受けています。この1年でぐっと逞しくなりました。

しかしね、アメリカのイナカでは塾というものがなく、高校までは義務教育で入学試験もなく学費は無料。したがって子供達の学力はとても低く、ジャパニーズとは比較になりません。ここが元日本人としては気にはなります。

しかし・・よく考えるに・・・

ウチの両親は息子のイチローに「勉強しろ」と言ったことは1度もないのです。ですから予習も復習も宿題もせず、模型作りに打ち込んでいられました。鹿児島の中学校での成績は中くらい。これで東京のデケン坊が集まる高校には合格。夏休みの日記に「学習は嫌いだ、写真だけ深く学びたい」と書いたら、それが職員会議にかけられ、その結果「勉強せんでええから自由に写真撮ってろ」という許可をもらえ。

つまり、ダダは学校教育の軋轢をまったく受けずに育ったのです。このために一般的な日本人とは気の合わないという人格が形成され、アメリカに渡ってからは金魚鉢から大海に放たれた闘魚のように伸び伸びと暮らせるようになったのです。

自分の子をこのように育てるには危険性もあります、が、では学習を無理強いできるかといえばノーなんです。

話が跳弾したかな?

じつはパソコンで不具合があって困っていますので、またね・・・(^_^;

by 嬉しくもお疲れの市

  


Posted by 市 at 23:02Comments(17)語りのプラザ

2019年10月14日

グロックの欠点 (続

市 (2019年10月14日 01:13) │Comments(10)てっぽ
おはばんわん♪

さて、グロックの欠点ですが、
グリップ形状とテイルディザインの稚拙さに加えて、トゥリガーがユーザーフレンドリーではまったくないと考えられます。




上と下のフォトを見てくださいな。

上はファクトリーそのまま、
下はローガン君の「ゼロ」というもの。

上はツメが前に伸びていますが、これがトゥリガーガード内の前方面積を減らすクセモノなのです。
下のはトゥリガーの前方にゆとりがありますよね。

これも1秒ドゥロウをやってみないと判りにくいことですが・・ドゥロウした直後に人差し指をトゥリガーガード内に入れます、が、この瞬間に指の先がツメに当たってしまうことがあるのです。このためにトゥリガーを引くのが遅れたり、指先が痛かったりと・・
もうアッタマにきますよ(^_^;)

最初の拳銃がグロックで、グロックしか知らないという純粋培養のグロック育ちだと、この欠点は認識できないことですが、拳銃の基本である1911の経験者にとってはグロックトゥリガーは受け入れがたい欠陥なのです。

そこで下のフォトを・・・
トゥリガーはストレイトになっており、ツメの出っ張りも最小限に抑えてあります。これでまったく別物のようにドゥロウが楽になります。

ネットで「Glock trigger」と検索してみてくださいな。ワンサカワンサワンサッサと数々のグロックトゥリガーが売られています。これがまさにグロックトゥリガーのダメさを証明しているわけですよね。
ディザインの段階で、このトゥリガー形状ではいけないと識っていたら制作費は同じで下のようなモノができていたわけで・・このためにユーザーは150ドルとかかけて新しいトゥリガーを買い、オリジナルは放置され、やがて捨てられる・・・まあ、このために市場は活性化し、グロックのおかげで儲ける会社も(^O^)そしてグロック社は観察力のある優秀なシューターを雇ってテストなどさせないで終わらせ、予算削減にも成功と(^_^;)


ともあれ、
イーチのグロックもカスタマイズが進んで、とても撃ちやすくなりました。だぶー君が不親切にも緩ませてくれたマウントも固定できたようです
(^O^)

でも、我慢できないのはトゥリガーです。キッ!!

しかたないわ、ゼロを購入しますよ。

これがほんとの・・・・・・

怪傑ゾロではなく、解決ゼロだね(^O^)

by ザブ市舞  


Posted by 市 at 01:13Comments(10)てっぽ