最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年06月04日

努力家のタクミ

市 (2019年06月04日 23:15) │Comments(3)ビアンキカップ
タクミちゃん、おめでとう❣️
タクミちゃんは、天才肌のシューターに見えますが、実は物凄い努力家なんですよね。 最初にシューティングを始めた頃はガリガリの中学生で、少ないお小遣いでガンを買ってしまうとタマやらガスが買えなくなってしまうので、射ったBB弾を丁寧に拾い集め、フロに入りながら洗ってはまた練習する、という日々を過ごしていたんだそうです。 そんな努力が実を結んでスティールでも入賞したりしてからはや20年余り、その頃に将来を見据えて買っておいたのがタクミスキーではなかったかと記憶しております。 すごいなぁと思うのは、その頃から夢をしっかりと持ち続けて、今日結実させたことでしょう。 今となっては、親友のタクマ共々すっかり◯げてしまいましたが、頑張っている姿を見るたび、オッサンもまだまだ頑張らねば‼️と思う次第であります。 ホントにおめでとう㊗️chatter box



ほんと、黙々と努力する男。
それがタクミです。

アメリカに渡って射撃をしたく、サンディエゴの近くにある日系の会社に就職しました。しかし、そこの上司が悪事をはたらき、その上司は正直で実直なタクミを恨み始めたので辞めざるをえなくなり無念の帰国をしました。そしてアメリカに駐在できる会社を探すもなかなか見つからず、苦しい年月を悶々と過ごしたのです。やがて遠くなりすぎた夢を諦めて東京のマックストアに就職することになりました。タクミはコンピュータの名人でもあるのです。しかし、仕事はじめの直前に、ある有名企業がオハイオ州に出向できる社員を募集しており、それに応募、美事に合格!!

ここで夢が一部もどりました。

理解ある妻子もタクミについて再び渡米します。しかしシンシナティーの冬は寒すぎて射撃場は閉鎖、夏は暑すぎて射撃はできないという悪条件。サラリーも普通なので家族を大切にするタクミは射撃に回すお金もままならず・・・そんな環境で気張り続けたタクミですが、あるときに長年チャレンジしてきたアメリカの永住権を獲得したのです!!

これは大変な成果で、タクミを見守り続けてきたイチとトモは大声あげて喜び、体温が急上昇したほどです。

練習はあまりできなくても永住権さえあればあとは腰を据えるのみ。焦る必要はなくなりました。よいことに周辺でいろいろな試合も開かれており、ビアンカップ会場まではクルマで7時間ほど(だったか)という好条件なんです。これからは本戦会場で毎月行われる試合にもたまには出られるはずです。

こう書くと、単純そうな成功物語ですが、タクミの人生も綱渡りそのものだったのです。常人にできる冒険ではありませんでした。妻子を連れてのサヴァイヴァルをやってのけたのには、猛烈な熱意、執拗な活動力、そして運命の女神を微笑ませるだけの人格があったわけです。


ムーヴァーを撃ちおわって晴れ晴れのタクミ。
今年からは屈託のない試合ができます♪


タクミに与えられた最高な日々。
これまでの人生で一番な黄金週間でした。

そして民部、

BB弾は洗いませんが、ヤッキョウは洗います。ニュージーランドには土を持ち込むのは厳禁なので、少しでも土がついていると持ち帰れないのです。
この元貴族も、やはり人並みでない苦労を経験してビアンキカップに出ています。それについてはオイオイ話しましょう。

そしてトモ、

来年は30回目を迎えます。
凄まじいまでの年月をビアンキカップに捧げてきました。その裏には、やはり苦労の連続があります。新しい仕事を開拓するに伴う辛酸があり、歳とった両親を引き取ることでストレスがあり疲弊もしています。これまでの最高成績は、やはり10位。今年は元気を絞り出して立ち向かったもののムーヴァーにやられてしまいました。願わくば心やすらかになって、よく眠り、強い身体を取り戻して30年目を迎えんことを!!

by 苦労の王様  


Posted by 市 at 23:15Comments(3)ビアンキカップ