最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2019年05月15日

ニョッキーファアラ19号

市 (2019年05月15日 16:25) │Comments(12)てっぽ




ジョン プライドっちゅう男を知っとるかい?

LAPDの爆弾処理班にいてPPCのチャンピオンだったオフィサーよ。ビアンキカップでも優勝したことがあるんだよね。

このジョンプラが、この銃を欲しければ200ドルで売るぞいイーチ・・とゆうたさ。速攻ゲットしたわ。だってウォーレンのマウントが載っていたので、それだけでも200ドル以上の価値があってね。そしてこれは当時としては新しいメカニズムのカップガンだった。けど撃ってみておもしろくもなかったのでほっといたさ。でも、一昨日フと思い出して引っ張り出してみたらバレルが使えそーじゃないのよ。これだけでも200ドルの価値はあるな♪

ジャービスの6インチバレルで先端にはコンペ用のネジが切ってある。ためしにマロから譲り受けたチタンコンペをねじ込んでみたらピッタシカンカンなんだわ。そしてF-19のスライドに入れてみたらバレルラグの削りが合わなくてキツキツよ。スライドが閉じ切れなくてサムセフティーもかからない、が、少しラグを削ったらなんとか撃てそうだ。タコマのヘッドライトでターゲットを照らしながら撃ったらジャムはするが動くには動いた。

今朝は早々と目がさめて茶も飲まずに外に出た。


朝日を浴びるニョッキーファアラ19は威風堂々に輝いていた。


ブッシング式だぜい。
次期のバレルはこの式でいこうと決めていたのでオアツラエ向きというわけよ。

これでどんくらい当たるのだろう・・・
バンバンバンバンバン

げげげ(°_°)
なんだこりゃあ???
もち50ydよ
とんでもない当たり銃!!!

しかし、どうにもタイトフィットすぎてスライドを閉じたらマズルを地面か何かに押し付けないとスライドが開かない。これだとチェンバーの弾を安全に抜けないので試合には使えない。そこでスライドストップの径の細めのヤツを入れてみたらスライドは抵抗なく引けるようになった。

だが、めんどくさいことが起こったのだ。

50ydでXリングを狙って撃つと初弾がこれだけ右下に着弾し、2発目からはXリングに入るという症状が起こったのよ。

これは、1911ではよくあるケイスだ。
撃っているうちに治ることもあれば治らないこともある。

しかし、いくら試合は10ydから始まるといっても、これだけ逸れるとヤバイのだよ。

さあ、こまった困った困ったよぉ〜!!
いらしゃい いらしゃい、
はいっ!! 困ったぜーい!!!

たまにジャムるしな〜(;_;)

by 駒田 市郎之助
  


Posted by 市 at 16:25Comments(12)てっぽ