最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年12月24日

車から「出られない」

市 (2013年12月24日 15:27) │Comments(12)


http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131223-OYT1T00466.htm

22日午後7時40分頃、埼玉県三郷市戸ヶ崎の中川で、「車が川に落ちて出られない」と男性が110番した。
駆けつけた吉川署員が水深約2メートルの川底に沈んだ乗用車を発見、車を引き上げたところ、車内に心肺停止状態の男女2人がおり、搬送先の病院で死亡が確認された。同署で2人の身元を調べている。
発表によると、2人は60歳代くらい。女性は運転席、男性は助手席で見つかった。女性が運転を誤って川に転落し、男性が携帯電話で通報したとみられる。
(2013年12月24日07時51分 読売新聞)

うーん、なんという悲劇かと・・
川に沈んだクルマの中にとじこめられ、
水が入ってくるのにドアも窓も開けら
れず、必死に警察に電話をし・・・

どんなに恐ろしく、どんなに苦しく
死んでしまったか・・・

想像するだけで胸苦しくなって
しまいます。

お二人は、どうか天国に昇ってほしい
ものだと(。・ˇ_ˇ・。)

そしてワシは想うのですよ・・
この男性がクナイを持っており、その
使い方を知っており、電話をかけるような
落ち着きが残っていたら、車内に水が
満たされる寸前にグラスを破って
入ってくる水が止まったところで窓から
女性を押し出し、つづいて自分もひらり
と水中に出たら助かっていたのにと・・・

クナイ愛用の皆さん、どうぞこのことは
覚えておいて、たまに頭の中で演習をして
おいてくださいね。
イメイジをしっかりと持っていれば
身体はそのとおりに動くものですから
大丈夫なのですよ。

クルマが水中に落ちたら、ばたばた動かず
呼吸が荒くなるのをふせぎ、
上の方で深呼吸を続けながら、
どの窓を破ろうかと吟味し、
水が満杯になる前に息を止めて潜り
窓を破って枠の周囲のガラスを払い
それから同伴者を押し出すのです。

風呂に入っているとき、
そういう状景を心に描きながら潜り、
じっさいに身体を動かしながら
やってみてください。

だれでも1分くらいは息を止めて
いられるはずで、それだけあれば
かなりのゆとりがあると想うのですよね。

ワシはプールで泳ぐたびに25mを
潜ったまま進めるかいつも試して
いるのですが、自分の能力を知って
おくことも大切ですよ。

平和にあって乱を忘れないことは
予防の精神ですからね。

  


Posted by 市 at 15:27Comments(12)

2013年12月24日

データ改ざんした機関銃の写真

市 (2013年12月24日 14:28) │Comments(8)語りのプラザ
http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54685643.html

「自衛隊は長年、定年を迎えた幹部を日本の防衛産業に受け入れてもらってきているため、防衛産業にうるさく言えないのです。
それで書類の精査も、企業が準備した事項を確認するだけで済ましてしまう。
住友重機をめぐっては昨年、機関銃の製造にかかった作業員数と労働時間をかけた〈工数〉を水増しする過大請求が発覚しています。
この一件がきっかけで、試験データの改ざんが出てきたのでしょうが、チェック体制が甘すぎるのです」
(引用元:http://gendai.net/articles/view/news/146738

友人がこれを見つけてくれましたよ。
やっと問題の機関銃を見る事が
できました。

メイカーに天下りの面倒をみて
もらってはうるさく言えないのですね?
そしてこれはそのままずうっと続くの
ですね??・・・

どうなのですかね〜 案山子さん??

そしておまけはこんなのも・・・
まあこちらは大した事だとは少ししか
想わないでもないこともないとはいえなく
はあるようなないようなでありますが
↓ (;^ー^)

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54674937.html

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54657028.html

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54563078.html

http://blog.livedoor.jp/aokichanyon444/archives/54672383.html

  


Posted by 市 at 14:28Comments(8)語りのプラザ

2013年12月24日

くだんのバワー25口径

市 (2013年12月24日 12:46) │Comments(5)てっぽ


「アノー、ガン・エクスチェンジから聞いて来たのですが・・・・・・」と、バワーを差し出すと、奥の方で何やらゴシゴシやっていた小柄ながらどこか貫禄を感じさせるオヤジさんがゆったりとした足どりで、メガネ越しにジィーッとこちらを見ながら近付いてくる。「ハハァー、この人だな」と思いながら、私も相手の目をのぞきこむ。ボブは、その眼光の奥に強いものを持っていながら、全体としてはフワーと相手を包み込むような優しさを感じさせる人だった。「これは良い人だ!」私は確信しながらボブの差し出した右手をしっかりと握り返す。心の優しさ・・・・・・これに欠けた人からは何も学べないし、心から交わることが出来ない。『優しさ』と『厳しさ』を兼ね備えて持ちたいものだと、私もかねがね思っている。 「フム、フム、この彫刻はビューティフルじゃないか、アイボリー・グリップもなかなかだ・・・・・・ヨーシ、ファイアリング・ピンを入れてあげよう、待ってくれよ、ちょっとばかりヤスリをかけてピッタリにフィットさせるから・・・・・・」
ハウディー! イチローさ~ん 薩摩のガストでお会いできた時、席を立って“よく来たね”と言って手を差し出して下さったイチローさんに、おいらもこんなコトを感じたノデアル♪ホントだすよ。 (=^▽^=) へへへ とかくこの世はおもしろい♪ CYPRESSさんってスゲーだすなぁ・・。 (・ω・) シミジミ
マルパソ84

ボブ チャウさんに逢う前には裏話があり
ましてな・・
あれ? これもう書いたっけ?・・
まあまた書くだす。

“あのさテッド、ボブチャウという人に
逢いたいのだけど、彼を知ってる?”

とテッド今井さんに聴いたんよね、したら

“あー、あれは日本人がきらいだよー
チャイニーズだからね〜・・”

“ええっ? オリンピックのメダリストなのに
そんな人なの?!”

“ああ〜チャイニーズは日本人きらい
だからね〜”

“で、テッドは彼に会って嫌いだと
いわれたの?”

“いや、会ってないけどわかってるよ〜”

“会って確認してからそう言おうよ・・・”

“・・・・・・・・・・”

以後、この話題は何回も持ち出し
どうも明確ではなかったので自分で確かめよう
と想っていたやさきにバワーのピンがポロリと
折れましてね〜・・・

で、そんな予備知識みたいなのがあった
ので、嫌われる用意はしていたのだす。

それだけに逢った瞬間の挨拶で
テッドさんの誤解だったことが解って
嬉しくてね〜(⌒▽⌒)

「心の優しさ」という言葉には、
人を差別しないという気持ちをこめて
書いたのですたよ(*^^*)

でも、テッドさんの誤解については記事では
触れないでおきたかっのだす〜




こうして比べると
バワーってベイビーブラウニングの
デッドコピーなのがハッキシ・・

でね、このバワーはどうしてほしかったかと
いうとね、この彫金をやったのが
SHIRO OGAWAということだったから
なんですよん♪

当時、サンフランスィスコ界隈では
オガワ シロウという日本人の彫金に
すごく人気が集まっており、ガンショウ
で観るたいていの立派な彫金は彼の
作品だったわけで、持ち主達はとても
自慢してましてね〜(=^ェ^=)

で、その人に逢おうと想って聴き回った
ところ、もう日本に帰国したとのウワサ
でね〜(。・ˇ_ˇ・。)

オガワさんの彫金がなかったらナマバワー
などには興味はなく、したがってピンも
折れなく、ボブチャウさんとこにも行く
チャンスもなく・・・

人と人とが出逢うということは
ものすごく複雑にからみあった運命の糸
による奇跡的な出来事なのですよね〜

みなさん、よう言うように
人生とは出逢いによって始まるドラマだぜ。
出逢いを自分で作るくらいの気概をもって
前向きに生きると夢にも近づけるという
もんだぜ。

ワシら、100年先はチリアクタだぜ。
きれいに燃えて新鮮な灰になったほうが
ましだぜい。

どうしていきなり「だぜ」になったか
わからんけど、これでいいんだぜ。

じつは書いている途中で仕事の電話が
入って小さな脳みその半分はそっちに
イッテルノデス(^_^;(^_^;

  


Posted by 市 at 12:46Comments(5)てっぽ

2013年12月24日

バワー拳銃 25口径

市 (2013年12月24日 02:27) │Comments(3)てっぽ


ハウディー! イチローさ~ん。 ハイな♪あれはバワーをパチンパチンと空撃ちしていたら銃口からファイアリング・ピンの先端が小さなピースとなってこぼれ落ちたんですたねー。 で、ガン・エクスチェンジのジョンさんがボブ・チャウさんを紹介してくれてツルツルに研磨してあるファイアリング・ピンを入れてもらったんですたねー。 ・・って、さかぽんさまよく覚えてらっしゃいますね~♪ おいらはカキコを拝見してからハッとしてレポートを読み直しますた~。 (ノ∀`;) デヘヘへ
マルパソ84

> それは「バワー」じゃないですか? だよねマルパソや? →その通りです。 Ignacioさんのコメントは、「誰が為に鐘は鳴る」とは程遠いこの人の世で医師としてのご自身の覚悟が溢れてるとお見受けします。 我等一般人と違い、棺桶の中まで持って行かねばならぬ事も一つや二つおありでしょう。 夏目漱石の名言(草枕から) 智に働けば角が立つ。 情に棹差せば流される。 意地を通せば窮屈だ。 とかくこの世は生きにくい。
CYPRESS


バワーン!!
はぁ〜い♪
これがバワーちゃんだよ〜ヽ(。◠‿◠。)ノ

でも今日は忙しいので引っ込みますが、
いや〜、今読む漱石の名言は素晴らしい
ですね〜(*^^*)
高校の時に読んだのですが
なんのことやらほとんど
解らなかったですからね〜(^◇^;)ゝ

智に働けば角が立つ・・・!!

すごすぎ(;゜▽゜) 感服。


  


Posted by 市 at 02:27Comments(3)てっぽ