最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年09月14日

終わりそうな夏・・・

市 (2013年09月14日 23:19) │Comments(4)語りのプラザ


なみなみとマグカップにいれた緑茶を飲む・・
これが朝の習慣なのです。

ゆとりのある朝は、
6億年前に創られた、という(あやしい推定)
石の机にお茶を置き、こうしてホキマ射場を
眺めるわけです。

イプシロンがうまく飛んでよかったナ・・

北極の氷は増えているそうで
温暖化は人間のせいではなくて
地球の自然サイクルにすぎないのかな・・

自分としては、地球は氷河期に向かっている
ような気がするのはなぜだろう?・・・

人間って、どうして長生きをしたがるの
だろう?・・・

どうして、見た目を気にして外見を装う
のだろう?・・・

昨日、修理したマックガンは動くかな?・・

ちょっと気前良く、今日は200発ばかり
撃ってみなくっちゃナ・・・

こうして拳銃の早撃ちタイムを少しでも
縮めようと頑張る姿を宇宙の彼方から観ると
さぞかしコッケイなことだろうな。

スポーツ、芸術、そして戦争・・・

これらすべてが滑稽な行いだと宇宙人に
想われても言い訳のしようもないナ・・・

それにしても、
地球人って、どうしてこんなにまでも
オロカなんだろう・・・

などと思索・・らしいことをめぐらす
のですよ。

あ・・お茶が空になった・・
こんだコーヒーを飲もうかな・・・

というわけで、
涼しくなった朝を楽しんでいます♪



  


Posted by 市 at 23:19Comments(4)語りのプラザ

2013年09月14日

ハンマーフォール

市 (2013年09月14日 12:27) │Comments(5)てっぽ


昨日、撃っているときハンマーフォールが
ありましてね・・

スライドが戻ったショックでハンマーが
セフティーコックに落ちることを
ハンマーフォールというのですが、、
これはトゥリガープルを軽くしすぎると
よくおこるのですよ。

明後日は試合なので今直さないとまずいと
思い、マックガンを分解しました。



この板スプリングの左側のリーフが
スィアを押さえているのですが、これを
ちょいと曲げて圧を増してやるんです。

で、直ったかどうかのテストは、トゥリガー
を引いてハンマーを落とし、トゥリガー
を引いたままでスライドを引いてガチンと
放すわけです。これを数回やります。
これでハンマーが落ちなければOKです。

どうやら直りました♪
でも、トゥリガープルが少し重くなって
しまいましてね〜(;゜▽゜)



このブライリーにはキャスピアンのフレイム
が使ってありました。最も良いフレイムだと
言われているヤツなのですよね〜(。◠‿◠。)  


Posted by 市 at 12:27Comments(5)てっぽ

2013年09月14日

グリップの整形

市 (2013年09月14日 12:03) │Comments(0)てっぽ








マックの作ったギョーザで基本的には
ワシにもOKなのですが、もちょっと整形
したくなって、このよーに変えました。
ほんとはまったく新しいグリップにしようと
想っていたのですが、マックガンは特殊な
構造となっており、改造するしかなく・・・

これで安心してドロウができます♪
だども、こうなると下部のバンパーも
キレイにしたいですね〜(`∀´)
  


Posted by 市 at 12:03Comments(0)てっぽ

2013年09月14日

なぜ専門誌を買わない??

市 (2013年09月14日 11:24) │Comments(1)語りのプラザ
イチローさん、大変ご無沙汰しております。 ちょっと、興味があり、久々にコメントさせていただきます。 「なぜ、専門誌を買わないのか?」という事。 結論は、「面白いと感じないから」だと思います。 私もGun誌を、イチローさんの記事見たさに毎月27日を一日千秋の思いで待ち焦がれ、学校の帰りにダッシュで買いに行き、イチローさんがCOMBATに移籍してからは2冊買い、チャレンジャーに移籍してからは3冊をまとめて買っていました。  ただ、面白い事に当時創刊したばかりのArmsマガジンは食指が動きませんでした。理由は、内容がちぐはぐで、深みがなく、一番は「写真が汚かった。」からです。  もともと、Gun誌を買い始めたのは、「テッポウが買えない」からで毎月、見た事もないような、迫力ある、美しいテッポウが載っているからであり、地方に住んでいる人はみんなそうだと思いますが、近所にモデルガン屋さん(これも死語ですね)なんでないので、いつでも見れる専門誌は貴重な存在だったと思います。 (だから、イチローさんの記事だけはすべてスクラップしてとってあります。昔は本棚全部テッポウ関係の本でしたが・・・)  それがいつのことか、気づいちゃったんです。特にモデルガンやエアガンの記事は、「広告主」であるメーカーの「宣伝媒体」って事を・・・。  だからこの時点で、「専門誌」ではなく、「雑誌」になっちゃったんですよね。  そうすると、パラパラっと見て、「おっ、今月はこの記事か!」と見たいものがあると買うという程度になってしまうんだとおもいます。  その他にも、ネットやDVDなどで最新の情報や「動く」 銃やイチローさんの姿が見れるとなると、敢えて1,000円出して、幾許かの情報を手に入れる必要があるのか?と思ってしまうんだと思います。  特に、COMBATマガジンなどは、広告がページの半分以上を占め、記事の内容も2~3年前のローテーションを見ているような感じがしてしまうので、ビアンキカップの特集号以外は買うことがなくなってしまいました。  比較的買おうと思うのは、SAT、ガンプロ、ガンマガで 私の場合、購買理由が(主に) 1.イチローさんの記事がある 2.USシューティング関連の記事がある 3.トシさんのリポートが面白い(いつにも増して) 4、その他、何か面白い記事がある 場合になります。 イチローさんの記事というより、リポートと写真は やはり、今にも動き出しそうな写真と文章を合わせ、 写真が語りかけてくるような迫力があり、引きつけられる 魅力があるから「欲しい」「手許に置きたい」と思うのです。 言ってみれば、イチローさんの写真や記事は、私にとって心の「CCW」なんだろうと思います。  SATでのイチローさんは比較的好きな事を書かれているのではないかと思いますし、ページも多いのでうれしいのですが、これもやはり「広告主」という名の圧力団体がいないからなのかも知れないと思ってます。 日本国内の「取材元」からの圧力はあるかも知れませんが・・・。  それでも、なるべくなら、私は「雑誌」を買おうと思ってます。何故なら、最前線でリポートを書いているみなさんの評価のバロメータは発行部数だからだと思うからです。だれも買ってくれない雑誌は、存在しなくなります。 立ち読み程度の内容が多くても、「これは」という記事が ある時は極力買っていれば、「このテの記事が出たときは、よく売れるから」ということで編集方針が変わるのではないかと信じているからです。それに、リポーターの方の原稿料の一部は(ほんとは全部であってほしい) 我々が払った購入代金であるはずだからです。 我々が欲しいと思う「専門誌」がつくられ続ける事を切に願います。 長々とすいませんでした。
chatter box

市より
専門誌のあり方に関して多くのコメントを
いただき感謝していますよん♪
じっくりと読ませていただき、あれこれと
考えています(◔์◡◔์) 

「いったい誰を意識して書くのか?」

ということは記事を書く者として
まずは想うことです。
読者には個性があり好みがありで
皆が満足する記事なんて書けるわけは
なく・・・
したがってリポーターと価値観の合う読者とが
意気投合できるわけで・・・

皆に喜んでもらおうなどとすれば
通りいっぺんのダラダラ文となり、想うところ
を辛口で書くと必ずや批判がきます。

そこでGun誌に投稿し始めた頃は
「20人の好き者の心を捉えることができたら
ヨシとしよう」
と、決めていました。

読者の内、20人が感動してくれたら、
他の読者がギャーギャー言おうが気にしない。
世の中には知人は五万といても「友人」と
なれば極めて少ない。
日本の読者20人と友達になれたら大収穫だ。
だから想うところをズバズバと書こう。
もとより自分は八方美人タイプではなく
大勢と交わる気もない・・・。

といった気持ちだったのですよ。

なのでイチローを嫌う人はいっぱいいます。

だいたいに読解力と思考力のないバカは
イチローぎらいです(^▽^)/
わはははははは〜(^。^)

ともあれ、
もはや専門誌の人気が沸騰するという時代は
こないのだろうとワシは想っています。

読者の好みは細分化され、多様性は乏しく
なり、ほそぼそとやっていくしかないのでは
ないかと・・・。

SATに投稿するワシの記事は「ターゲット」
という台湾の専門誌にも載ります。
中国語に訳されているので台湾、香港の読者
が読んでくれます。たまに、かの国の読者達と
会うのですが、日本の読者よりも熱い人が
多いと感じています。
ショットショウなどでばったりと出会った
時、彼は立ち止まって目ん玉丸くして
フリーズして「イチロー、イチロー・・」
とだけ数回も連呼してくれましたよ(^∀^)

つまり、昔の日本の読者のように純情で
イッショケンメな人が多いのですよね。

時代には、その時の流れというものがあり、
それを「時流」というのでしょうね。

たとえば、今の時代に渡米した若者が
「テッド今井を紹介する」だとか
「44マグナムを撃つ」などとやっても
人気投票の最下位になってクビになるだけ
だという気がするのですよね (;゜▽゜)

あ・・・ちょっと用事ができました。。
またね〜




  


Posted by 市 at 11:24Comments(1)語りのプラザ

2013年09月14日

また ぶわかものめが・・・

市 (2013年09月14日 10:28) │Comments(2)語りのプラザ
イチローさんこんにちは。コハヤカワと言います。 初めてコメント入れます。 突然ですがお願いがあります。 ぶわかもの達の集いに参加希望です。 m(_ _)m 初めてコメしたやつがなにを言っとるんだ! ぶわかもの! (♯`∧´) となりますよね。 イチローさんには以前一度だけあったことがあります。 (だからなんだ?ぶわかもの!) 83年の後楽園のガンショーです。 その時はサインをもらって握手もしてもらって コースリボルバーの事を聞きました。 当時は雑誌の写真でしか見た事がなかったので動くリアルイチローさんを見た時はチョット不思議な感じでした。 (これを感動というのでしょうか?) その時のイチローさんの動きやモデルガンが不発した時にふてくされていた事、声はあんなに優しいと言うかカボソイ感じなんだ。 と、今でも覚えています。 ぶわかもの達の集いの首謀者カネコとは中学からのテッポウ仲間で悪党じゃなくて悪友です。 もう、テッポウで遊び出してから35年になります。 中高生の頃は学校から帰ればモデルガンで暗くなるまで遊びました。 暗くなるとリボルバーはマズルフラッシュがいいんだよね。 中学生の頃、みんなが長物を買った時、銃をむき出しのまま背中にかついでチャリンコで5〜6km離れた公園まで撃ちに行きました。ガンケースってなに? てな、おおらかな時代でした。懐かしい思い出です。 そのうちに彼がC☆M誌の仕事をし始めました。 おいらはお手伝いなんておこがましい、誌面で一緒に遊び始めました。当時の誌面にはチョイチョイおいらの写真が載ってます。 その彼がなんと! (;゜0゜) ガンマニアのアイドル、イチローさんから 「ウチへ遊びにおいでよ、一緒にテッポウを撃とうじゃないか!」 と、誘われてるじゃないか! ((((;゚Д゚))))))) 羨ましくて、 「おいらも連れてって」 とコメントを入れようと思いましたが、そんな事をしたら俺も俺もと、イチローさんのブログが大炎上になると思いしばらくは眺めてました。 でも、日が経つに連れて 「できる事ならおいらもイチローさんのところでカネコやてっちゃん達と一緒にホンモノのテッポウを撃ちたい!」 気持ちが段々と大きくなって行きました。ブログのコメントもイチローさんが承認しなければ公開されない事もわかり今回勇気を出してコメントをいれてしまいました。 おいらの海外旅行歴についても沖縄や佐渡島くらいしかなく、いま行きたい気持ちがなくなったらもう、外国へ行く機会も無いだろうな…と。 ぶわかもの達の集いの首謀者カネコたちと一緒にイチローさんのところに着いて行きたいのです。 長〜い、つまらない文章を読ませて申し訳ないありませんでした。 m(_ _)m
だぶー

市より、
どうするテチヤ??・・・
カネやんの熱烈な推薦状もほすいぞよ(^∀^)
  


Posted by 市 at 10:28Comments(2)語りのプラザ