最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2013年09月12日

嬉しい負けレイス

市 (2013年09月12日 22:40) │Comments(15)語りのプラザ


近いうちにケンシがランニング大会に
挑戦するのだそうです。

競争や勝負というものは
勝つと嬉しく、負けるとクヤシイものです。

ケンシロウはかけっこでワシに遅れると
イヤそうなので、ワシはいつも後ろを走って
いました。

だって、走ることにハリをなくすと
やめてしまいゲイムをやりたがります
からね〜

しかし、この夕方に父は言いました。

「ケンシやダダが本気で走ると早いんだぞ、
どうだレイスをやるかい?」

「うん!」

「負けても悔しがってはいけないよ」

「うんっ!」

彼は嬉しそうに瞳を輝かせていました。

「用意・・・ドン!」

距離は600m。アップンダウンのある
砂利道です。

ケンシは跳びだしました。

は、早い!!・・・汗

加速して抜くと相手はさらに加速します

なーに、すぐにバテルさ・・

上り坂ではスピードが落ちます
えっさえっさと苦しいのです

ワシも目一杯頑張るのですが
ケンシは数歩先を・・・

300mで折り返して下り坂になりました。
転がるようにケンシは駆け下ります。

ワシは足がもつれるといけないので
多少減速・・・

その間に距離をあけられて・・・

そしてまた上り道、
ワシは追いました。

やっと追いつき、抜き去ろうとします・・
するとヤツは加速、、
ワシもさらに加速、、
するとまた加速!!
もう追いつけないと感じました。

結局、5mほど遅れてゴール。
タイムは600m/3:48秒でした。

「ケンシ、よく走ったぞ!!」
ワシはケンシを抱きしめました。

ワシが遅くなったとはいえ、
6歳の我が子がワシに勝つとは・・・

ここまで育ってくれたことに
感謝の念がわくのです。
試合で負けて悔しいという感覚はワシには
あまりないのですが、この時ばかりは
嬉しくて嬉しくて(。◠‿◠。)

「ケンシが早くてダダは嬉しいよ〜♪」
そう言いました。すると・・

「じゃあ もう一回走ろうよぉ〜♪」

う・・負けた・・完全に・・(汗
  


Posted by 市 at 22:40Comments(15)語りのプラザ