最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2012年01月11日

Gun誌 解散の公告

市 (2012年01月11日 12:10) │Comments(5)語りのプラザ
http://kanpou.npb.go.jp/20111228/20111228g00285/20111228g002850134f.html

これが公告ですね。
これまでは黙っていた ある方が探してくれ
ましたよ。

どうやらワシの情報がガセではなかった
ようでホッ(*^^)

でもね、、
Gun誌休刊のことを書くたびにですね
「イチローはお世話になった古巣を攻撃
する悪者だ」
みたいなコメがくるのですよ。

汚い文章でね、押しつけがましくて
ですね、“アラ イヤダー!”というよーな
気味の悪いコメなのですよ。(>_<)
もう三度以上もポイと削除しましたがね。



実は江戸訓練の時に信玄さんに
さてはGun誌関係のことで急遽来日??と
聞かれてワシはナニクワヌ顔で通して
いました。
そして来日とGun誌とはまったく無関係
でしたよ(^o^)でも無関係なのにこういう
暗がりで極秘の会合をもうけて情報を
もらっていたことは白状します。
言わずハクジョーでしたね信玄どの(^^)

以下はこの背中を見せている正義の味方君
による案内です。

さて、弁護士ですが町の弁護士事務所で
相談すると30分で5000円~10000円
程度の相談料がかかります。
また、弁護士に依頼する場合、
着手金という手付がかかります。
相場で30~50万円。
その後、成功報酬が加算されますので
全額で100万円位かかる場合もあります。
裁判に持っていけばその費用も相手に
払わせることが出来るかもしれませんが、
相手が清算している以上、
それも難しいかと。。。

司法書士ならばもう少し安価ではあり
ますが、執行力としては弁護士より
弱いという表現で良いと思います。

結果としては
まず、荒井社長に内容証明郵便で
債権請求を行う事。
これは個人でもチームでも構いません。
その後、話し合いの場を持ち、
和解という流れではないでしょうか。

国が清算を認めている以上、
覆すのは難しいですし、
清算している以上、残資産にも限りが
あるはずですので。。。


という意見ですが、
アメリカのように被害者からは
いっさいもらわず、弁護士費用も
相手からとるという弁護士はいはない
のでしょうかね。
いわゆる成功報酬というものですが・・・

ともあれ 内容証明をすぐに撃たないと
期限切れで請求権を失いますよ。

まあ、でももうまもなく荒井社長から
リポーターさんたちに「解散したので
最後のギャラ二カ月分をふりこみます」

というメイルが行くはずだと想いますね。
だってもう債権者は申し出てくれと
政府の官報に発表したのですからね。

えっ??
官報なんて誰が見るかい! ですって??

そうですね〜
読書好きのワシも初めて読みました(^^)

というわけで、
イチロー 海の彼方からの
カンポウ射撃でした\(^O^)/ザブ3枚

でも モンダイなのはですね、
国際出版の事務所は既に閉鎖しているため
何処に請求の書類を取ったらよいのかが
現在は不明ではないかと、、
誰かが突き止めてくれるといいのですが。
  


Posted by 市 at 12:10Comments(5)語りのプラザ

2012年01月11日

Gun誌 解散と倒産の違い

市 (2012年01月11日 02:52) │Comments(1)語りのプラザ
で、続きですが、、そこで、ですね、、
Gun誌を出していた会社は「倒産」では
なくて「解散」と公告されているとの
ことですよ。

ここで大きな違いがあると専門家が教えて
くれましたよ。

倒産の場合、信用問題などがあり、今後
会社を起こすことや借金が出来にくく
なる。
解散の場合、単に辞めるので、
新たに会社を作ったりする事や借金なども
可能となる。

荒井社長には他の事業計画があるので
評判を落とさないでおこうという意志も
あるのですかね?

そこで、どうやって未払いギャラをもらう
かということですが、債権を代理請求する
には弁護士か司法書士(金額に上限有)
しかできないそうです。
債権者の皆様でティームを作って一度、
司法書士に相談する事が適当だろうとの
ことですよ。

ただ、気になることは、
こういう公告がありながら、各リポーター
にはまだその知らせが届いていないよう
なのですよ。

と、いうことは、ワシの公告に関する
情報がまったくガセなのか、、か、、
または、、、???

ちなみに、
公告の掲載日は
平成23年12月28日で
企業コード 29-086088-1
國際出版株式会社 
公告区分→解散

と、なっています。
どなたか確認していただけませんかね?
  


Posted by 市 at 02:52Comments(1)語りのプラザ

2012年01月11日

旧Gun誌 ギャラの支払いについて

市 (2012年01月11日 01:59) │Comments(0)語りのプラザ
あるスジからの情報ですが、、

国際出版社は昨年12月5日開催の
株主総会の決議により解散したので
Gun誌に貸しのある人々には
12月28日から二カ月以内に申し出る
ようにとの公告があったそうですよ。

この公告は政府発行の官報に荒井社長の
名前で載っているものだそうですから、
どうやらリポーターたちへの未払いギャラ
は支払いの意志があるということですね。

あ−、よかった〜(^^)
借金を踏み倒して逃げるのよくない
ですからね〜(^。^)
さすが伝統のGun誌を指揮してきた
荒井社長ですね〜(^_^)

でも二カ月間の期限がすぎると
清算から除斥されますからリポーター
さんたちは早く請求しないとイケマセン
よ〜、、念のためでした。。。
  


Posted by 市 at 01:59Comments(0)語りのプラザ