最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2011年10月25日

さらなる訓練を

市 (2011年10月25日 22:15) │Comments(2)訓練
市郎様、キタチョー様、薩摩訓練関係者様訓練日は本当にありがとうございました。 現在、学校講師と保育士をしています。物騒な事件が続く某県にて、児童を守る方法を研修できればという思いと、「あの」市郎さんにお目にかかれる絶好の機会ということで参加させていただきました。 私の属する教育界ですが、悲しいことに、防犯意識はかなり低いと言わざるを得ない状況です。神経質にはなっていますが、教えを請うのにぴったりの警察、自衛隊を本質的に拒絶しがちな組織体質ですので「子どもたちを守ろう」というスローガンを掲げるだけで、具体的に何をどうしようかというところまで行っていないように思えます。 学校で行われる形だけの防犯訓練。台本通りに犯人役の先生を、使いこなせないサスマタをメインウェポンとして、決められた演技手順で捕まえて終了。これで児童が守れるだろうか。 *サスマタは廊下で取り回すと壁面につっかえる、石突き部分で予期せず児童を叩く、階段や踊り場では集団転倒の原因になる等、訓練を積んだ警官でないと使い物にならないと思います。 何より緊張感なく笑顔で役を演じてますから、市郎さんが薩摩訓練でおっしゃっていた「リアリスティックにいきましょう」とはかけ離れたありようです。 Ignacio,M.D様が取り上げておられる池田小襲撃事件では、恐らく全教職員が本気で対応にあたったと思います。ただ、対処法を知らなかった。刺されてうずくまっている子がいるのに事務室に電話で警察を呼びにいく教員。火災訓練の要領で児童を並べ、誘導しているつもりで「自らが先頭に進んで逃げて」しまった教員。一生懸命動いたけれども、どう動けばいいのかが分からなかった。 教員の死亡はなく(死を望んでいるわけではありませんが)、守るべき児童が多数犠牲になってしまった。これは大人であり、子どもを守る教員としては全く恥ずべきこと。 この件、結局は、「俺の子どもたちに何してくれるんだ!」と刃物男に向かっていった副校長が取り押さえています。彼は責任感、とマインドセットの出来た人だったんだと思います。 「逃げずに前に進んだ」ことで解決をみたという事で、市郎さんのおっしゃっていたマインドセット、向かってくる刃物男を見たら前進すべし、の教えの通りであったと思います。 私の願望ですが、教職員こそ、組織ぐるみで市郎さんの薩摩訓練の内容を習得する必要があると思っています。国旗国歌強制の悪影響から児童を守る、何て言う開いた口がふさがらないようなすっとぼけた事を延々会議で計るよりは余程児童を守ることになると思うわけです。 初参加の身で、長文、生意気、申し訳ありませんが、驚嘆したことの感想をどうしてもお伝えしたく、続けさせてください。 「ものを教える人」として、市郎さんはものすごいと思いました。自分にとって、不思議な体験でした。汗まみれになるほどの運動量をこなしているのに、「やらされている感」や「気合いと根性で我慢しろ」というたぐいの不快感がまったく感じられないんですよね。もっともっと学びたいと思う欲求がかき立てられる雰囲気。そして、私のようなズブの素人でも理解できる簡単な言葉、変なもったいぶりが全くない誰がきいても納得できる合理的な根拠に基づいた指導や助言の数々。 恐喝訓練の演技以外で市郎さんは終始柔和で、大声を張り上げるのは最初と最後のチェストのみ。 中高生の部活武道でありがちな指導者の押しつけや、怖いから言うことを聞かざるをえない、という風では一切無く、自然と「もっと聞きたい」「聞かなければ損だ」と思い、熱中してしまう。 この一日が、たったの1000円。お金の問題ではないのでしょうが、いくらお金を積んでも得られない、ネットにも雑誌にも載らない内容の訓練が実費だけで受けられるとは、恐ろしいほどの幸運でした。市郎さん、運営をしてくださった皆様。感謝のしようがありません。 自分の都合で夕食会まで参加できなかった点だけがすごく心残りです。薩摩訓練の次回が予定されておりますなら、必ず参加させていただきたいです。本当にありがとうございました。
by dnag


市郎様、薩摩訓練関係者様 昨日は、宝物のような時間を有難うございました。訓練後には、市郎様や関係者の皆様と語らいながら、夕食という、非常に貴重な時間でした。 悲しいことに日本の外傷治療は、病院によって技術が大きく異なります。極論ですが、運ばれた病院により生死が別れます。被害者にならないことが大切です。 今回の訓練では、未熟さを痛感しました。市郎様と参加者の皆様が素晴らしい方ばかり。終始和やかな雰囲気で、楽しくマインドセットや最初の一撃を防ぐ大切さを深く感じました。 親子で訓練に楽しく参加されている姿を拝見し、この訓練の精神が少しずつ広がって行けば、通り魔や大阪教育大附属池田小学校でのような事件から自分や周囲の人を守ることが出来るという希望が見えました。 私は微力ながら、外傷治療の技術を研きます。更に消防訓練と同様、持凶器者へのリアルな訓練を病院でも実施するよう働きかけなければと痛感しました。 リリコさんがいらっしゃれば、更に華やいだ訓練だったかと。笑 今度は、市郎様の本拠地アメリカで訓練が受けられるよう精進します。 長文、駄文、失礼しました。by Ignacio,M.D.



この子たちを置いてけぼりにし、
鹿児島の兄のところに泊まる日までも短く
してまで他人の訓練などをしてなんとする、
、、といった疑問は常にあります。

でも、ワシの書くことに共感してくれる
人々は、これまた わが家族ではないかと
いう気もします。

そんな迷いがある中で皆さんからのよう
な嬉しいコメントをいただくと
「報われるなぁ〜」
と感じます(^_^)力も湧くんです。

訓練して強くなる喜びをもっと広めて
いきたいと考えています。



じつは、最近は病院で暴れる
「モンスター患者」が増えており、そんな
かれらを看護婦さんが中心となって
取り押さえるという実験訓練をやりまし
た。彼女たちも警察が置いて行ったサス
マタが使えるなどとはまったく想って
いません(^o^)
この訓練は記事にできると想いますので
ご期待ください。

それに江戸と薩摩で行った訓練だけでは
まったく足りず、技の実用化までには
さらなる錬成が必要なわけで、
やはりDVDによる映像で見て
自分の練度をあげ、その上でクラスに
参加してもらえたらスムーズに覚えられる
のではないかと考えています。

さーて、
DVDを作る計画をたてなくっちゃ
イケマセンね〜(^^)
  


Posted by 市 at 22:15Comments(2)訓練