最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2011年09月09日

ポウル ハウ=サンダーソン

市 (2011年09月09日 09:44) │Comments(8)訓練

映画 ブラックホークダウンでは
サンダーソンとして描かれたらしいのが
ポウル ハウですが、

「映画はほとんどデタラメであり
小説はかなり事実に近かった」
と言ってましたよ。


ハウさんの訓練所はテクサス州にあり
その入り口には「イーゴウをここに残せ」
と書いたサインがあります。
イーゴウとはエゴのことで
「我欲」「頑迷なる心」
と、そういった意味です。


教室は他にありますが、ここは生徒の
溜まり場というか、ここでもよく
ミーティングをやりました。
すごく雰囲気のある部屋でしたよ。


コンバットメディックをとても大切だと
考えているのもハウさんです。
手足の動脈を貫通されても止血が正しけれ
ば必ず助けられると言います。


ショットガンでドアのカンヌキや
チョーツガイを吹き飛ばすについても
懇切テイネイに教えてくれました。
ドアが開かないことには戦闘もできません
からね〜
ところでモガデシューの闘いでの
ハウさんはM16の下側にショットガンを
搭載して使っていたそうですよ。
エーガでもそうすべきだったですね〜(-_^:)


ハウさんは装備に凝るというか、
凝らないことに凝っているんです。
「なるべく安いのがイイ」
と言います。でも使いやすさを優先します。
ミエ張ったカッコツケを嫌うんですね〜


ワシが170cmで、ハウさんは二回り大きいです(^_^)
でも戦場を離れたら太って困ると恥ずかし
そうに言ってました。
当時の写真をみると、ほんと別人のように
痩せていましたね〜(^o^)


これがDボウイのレディーの構え。
この姿勢で動きます。
皆さん、このフォトを見ただけでもオイラ
に感謝する価値がありますよ〜! (^。^)


射撃のスタンスはこれ。
すごく自然体というか「アイソサリース」
というかまえです。
今のデルタの拳銃は砂漠でもよく動くという
グロックだそうです。


ハウさんはボクトツな感じです。
飾り気なく乱暴そうでもなく正直な人です。

「初太刀で倒すべし」
ポウル ハウ訓練の特徴は、
たくさん走らせ、うんと疲れさせ、その間に
1発ずつしか撃たせないというものです。

まさにプロ向きかと。
しかしかなり練度が高くないと
クラスを受講しても無駄かもしれません。
練度とは「体力と射撃力」のことですよ。


ハウさんから無料招待を受けたお礼にクナイ
を贈りました。
すると「これは素晴らしい!」と目を輝かせ
て喜んでくれました。
「最高なタクティカルペンだ、しかも
そうは見えないところが良い」
というインプレでした。
そして、
「ワイフの分を買う」と言いました。
もちろんそちらへも贈呈しましたよ、、
だって美人だったんですもん (^。^)





  


Posted by 市 at 09:44Comments(8)訓練

2011年09月09日

船長 軟禁のおしらせ(^。^)

市 (2011年09月09日 06:11) │Comments(7)
東京裁判のベンブルース・ブレイクニー氏の映像を見ながらお名前を失念してますがやはり戦犯裁判でナチス将校の弁護をされたユダヤ人弁護人の言葉を想い出しました ユダヤ人としてはナチスドイツを絶対に許さない、しかし弁護人として弁護を受けたからには全力で弁護する と 仕事は違えど今の日本の政治家にどれだけ自らの職責に誇りと高潔さを持っている人がいるのか… いるのだろうか… 考えると目眩がしそうです 前原議員が中国のやり方を鋭く指摘しましたが日本ではスルーに近い報道… 尖閣問題の中国人船長が今は自宅軟禁なのも報道されませんし…

市より
圭太君、インフォをもらえて感謝〜!
下記のこれですね?
ワシも知りませんでした。
「マオ」を読んでおけば中国共産党がとる
いかなる行為も不思議ではなく、そこから
対処の方法が出てくるのですがね〜

しかし彼らの懐柔政策が日本の政治家に対して
それほど浸透していないみたいですね〜

小沢が600人からの議員どもを連れて
共産党参拝に行ったのに効果はなかったん
ですかね〜??

ところで
産経新聞って有り難い存在ですね〜(^_^)

【北京=矢板明夫】中国当局は沖縄・尖閣諸島付近での漁船衝突事件以降、自国漁船への監視を強化し不用意なトラブル発生
を防ぐ一方、日本の政治空白を利用するなど用意周到な「領海侵犯」を繰り返すことで、南シナ海のみならず東シナ海において
も海洋権益の拡大を狙っている。

昨年9月、衝突事件を起こした中国人船長、●(=擔のつくり)其雄(せん・きゆう)氏(42)は今、「国民的英雄」から一転
して自宅軟禁される身となっている。
●(=擔のつくり)氏は帰国後、福建省の「道徳模範」に選ばれ、地元の学校では彼の「愛国精神」を学ぶよう呼びかけられるな
ど、ヒーロー扱いを受けた。しかしそれはあくまでも「中国外交の勝利」を国民に宣伝するパフォーマンスにすぎなかった。
●(=擔のつくり)氏は、福建省晋江市の自宅に戻ると、すぐに地元当局の厳しい監視下に置かれ、漁に出ることもできなくなっ
た。今年5月、インタビューに成功した香港紙によると、●(=擔のつくり)氏は「政府は自分が外出するのを好まない。毎日
たばこを4箱も吸っている」と語った。
中国情報筋によると、当局は●(=擔のつくり)氏に限らず周辺の漁民に対し、尖閣諸島周辺に出漁することを厳しく禁止してい
る。ただ、こうした対応は日本への配慮が原因ではなく、●(=擔のつくり)氏が昨年起こしたトラブルが中国当局にとって痛手
となったことが実態のようだ。

衝突事件は日本国民の対中感情を悪化させただけではなく、国際社会における中国のイメージを低下させた。また、クリントン米国
務長官が「尖閣諸島は日米安全保障条約の適用範囲内」と明言したことは中国にとって大きな誤算だった。
その一方で、中国政府の公船である漁業監視船が8月24日、日本領海を侵犯。海上保安庁の警告に対し、自主的に領海を出たという。
菅直人前首相の退陣表明直後で、日本政治の空白のスキを突いた計画的な領海侵犯とみられている。
中国外交関係者は「昨年の事件は中国の外交にとってマイナスの側面もあったが、釣魚島(尖閣諸島の中国名)の領土問題を世界に知
らしめたことは意味が大きい」と語っている。

▽産経新聞(2011.9.7 00:04)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110907/chn11090700070000-n1.htm
  


Posted by 市 at 06:11Comments(7)

2011年09月09日

(^_^)豊作満作(^x^)

市 (2011年09月09日 05:40) │Comments(3)


熟れたトマトを畑からちぎってきます
サッと水で洗い まな板に並べると
幸せの光景がひろがります

魚錬包丁でサクリと切り分けると
とても良い匂いがします

たまりかねてガブリ、、う、美味しい!

日本では 包丁が人殺しの道具の主役です。

でも そんな包丁もこういった使い方なら
許されるのではないでしょうか・・・

なんてジョークも書きたくなる
今どきでアッタ。笑

♪ことしゃホォーネンまんさくでぇ〜♪

今年もイナゴが大量発生だったのでナナ農婦
は作付けをあきらめよーとしました。

そこでワシは温室栽培を提案し
1×2.5mくらいの小型温室を導入し
いろいろな野菜を植えてもらいました。

で 夏になったらトメイトオがこのとーり♪

他の野菜はガマーンできるとしても
トマトだけは自家製でないと食えないと
想うのはオラだけだんべえか?

というわけで
毎日毎日トマトを食しています
多い日にはワシだけで10個以上は食います♪

小さなミニトマトなんか20個も(^_^)

美味いこと美味いこと(^O^)/
美味すぎなんですよヽ(^0^)ノ

本能が教えるんです
「これこそ本当の食べ物だ」とね

そのムカシ、
鹿児島の町々では各家に菜園があり
四季折々の朝な夕なにナスやキューリ、
オクラ、ニガゴリ、ヘチマ、サトイモなど
などなどなどを子供たちがちぎって
お母さんに渡して料理してもらったものです。

高校に上がるために東京に出たとき
ワシはビックリして父親に言いましたよ

“とーちゃん! ナスビやキューリを
売っちょるよ〜(?_?)”

父は笑って頷いていました・・・

ワシのジョウシキでは野菜は自分たちで
育てるものだったのですね〜(@_@;)

で、菜園の企画をナナリンに話したときですが
神奈川育ちの彼女はこう言いましたよ

“野菜を作って食べる人ってイヤシイ人だと
想ってた〜”
(゜◇゜)ガーン!(゜ロ)ギョェ(゜;)エエッ

それから年月がたち、日々が過ぎ、
彼女は立派な農婦となりました(^_^)

もはやできるかぎり自作したいと
申しています(^^)

やがては米にも手をだそうかという
意欲さえもっています(^^)

ワシもリタイヤできたら野菜作りに時間を
捧げたいと願っています。




















  


Posted by 市 at 05:40Comments(3)

2011年09月09日

ヴァムパイア

市 (2011年09月09日 01:26) │Comments(3)
引越しされたのですね。以前、ちょこっとコメントさせていただいた者です。3.11から9.1まで、活動中でありましたので引っ越されている事も知りませんでした。  災害派遣活動は終了しているのでは・・・と思っていらっしゃるかとは思いますが、Rの対処のための専門部隊はまだまだ活動中です。日本では「除染」という言葉が一般的になりましたが、「除染」と名のつく小隊に所属しておりますので、誇りを持ちこれからも活動していきます。  さて、今回の活動で特に優秀だった、役に立ったアイテムついて紹介させていただきたいと思います。物選びの際、皆様のお役に立つかと思います。 ワイリーエックスSG-1J ほこり、強風下における飛散物から眼を保護してくれる。活動地域が海沿いであるため、風が強く、よく細かいごみ等が飛んできていた。着用しているときはありがたみがわからないが、掛け忘れたときによく眼にごみが入った。自分は2回ほど目にごみが入り、生理食塩水で洗い流さなければならなくなった。眼を保護するグラス・ゴーグルは常に着用しなければならない。必ず必要なアイテムである。 フラッシュライト(Night OPS グラディウス)  これにはかなり助けられた。管制灯火は関係なしなので、明るいことに越したことはなく、ヘルメットにガムテープで固定し使用した。ヘルメットライトも装着していたが、こちらのほうが使い勝手が良かったような気がする。特に優秀だと感じたのは、突然ヘリを降着させなければならなくなった事があった。LZに目標物がなく(芝の上だったため)、迷彩服着用の自分をパイロットが視認できるかどうかわからなかった。 ヘリのローター音確認後、無線で呼び出し、こちらが目視後、距離を確認。約1マイル。パイロットには「LZはストロボ。確認せよ。」とだけ告げ、グラディウスのストロボをヘリに向け照射。すぐにパイロットから、「確認した。ありがとう。」と返ってくる。晴天でも約1マイル離れていたストロボはみえたそうです。 シュア等のフラッシュライトも、もちろんこの様な使用も可能でしょう。 これはあったほうが良かったと思うもの。 ポータブル浄水器 飲み水にかなり苦労しました。 さっそく購入しバックにいれております。 また、思い出したら書き込みします。雑で申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。by ルパンⅢ世

市より、
ルパンさん、ご苦労様です!
さすが現役の方のリポートは臨場感があって
素晴らしいです。

今回の津波では自衛隊の活躍がスサマジ
かったようで誇りに感じています。


劣悪なマスコミは故意に自衛隊の活躍を報道
しませんが、サピオや志ある人たちの
特集などで漏れ伝わってきます。

ごく最近は新聞でも自衛隊のことを書き
始めており、ようやく愚劣民主党も小沢&鳩山
といては党がダメになると解ったようで
少しは良いほうに向かうかと。

しかし新首相もチキン男ですね〜(^。^)
どうどうと信念を張って靖国神社に参拝
すれば心ある国民はついてくるのに(^ニ^)

まあ自衛隊に敬意を表したので今は許して
おきましょう(^_^)

「除染」と名のつく小隊に所属しておられる
とのこと、愚かなる風評が流れているなかで
ご家族の心配などいかばかりかと。

想像さえできなかったカタチで存在感を
しらしめた自衛隊です。
これは自衛隊にとって大きなチャンスとも
想われます。

除染はまさに国家的プロジェクトで困難山積
かと想います。
どうぞ柔軟に「気張って」ください。
薩摩では頑張れ、のことを「キバレ」と
言います。

で、
このフォトを見てください。



シュアのヴァンパイア スィリーズで
手持ちタイプとウエポン マウント
とがあります。

ヴァンパイアちゅうだけあって夜に強い、
つまり可視光とIRの切り替えができるとい
画期的なライトですよん。

アタマのとこにあるリングを回すと
切り替わるんです♪

こんなのが導入されると夜の作戦や
ヘリコプターへの合図などに威力を発揮する
のですがね〜

でも自衛隊のヘリは夜は飛ばないの
ですかね〜??
だとしたら無用かと・・・(^_^;)
























  


Posted by 市 at 01:26Comments(3)