最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年08月14日

CCWトレイニング

市 (2017年08月14日 09:49) │Comments(3)訓練動画


https://www.youtube.com/watch?v=7pVD0z9Ruf4

久しぶりの動画です♪

CCWの訓練と
たんなるターゲット射撃とはかなり
違うのですよね。

あぶない雰囲気になったら
まずは銃を抜いておかないと
対処が遅れます。

襲われるのは突然ですから
危機に敏感でないといけません。

相手がナイフとか銃などの武器を
もって攻撃しようとしている時で
ないと撃ってはいけません。

撃つか撃たないかの判断は瞬時に
決定し実行します。

だいたいの格闘は至近距離で
おこるのでサイトなど合わせる
時間などなく
ポイントシューティングです。

ここでは犯人の胸に2発、
つづいてヘッドに1発、
倒れてからも反撃してくる場合が
あるので銃口は相手を追い、
必要ならばトドメの1発を放ちます。

ようするに相手が動かなくなるまで
撃ち続けるわけです。

すかさず周囲を見回し犯人の仲間が
いないかを確認します。
安全そうだったらマグチェンジを・・・
タックリロードなんかを習うのは
もっと後でよいのです。

犯人の身体と武器を視界に入れながら
警察に電話をします。

見物人が近寄ってきたら遠ざけます。
犯人の拳銃を持ち去ろうとする
ヤカラがいるのです。

パニクルと、この一連の動きが
できなくなるのです。
訓練をしておかないと、実戦では
そのようには身体が動きません。

訓練をやっておくと
身体は動いてくれます。

ですから訓練はリアリスティック
にやる必要があるわけです。

この生徒さんたちは
これで2〜4回目の訓練で、
ものすごく楽しくてためになる、
と大喜びです(^^)

今日はこの後、押し入ってきた犯人を
ショットガンで退治する訓練もやった
のですが、これまた面白く(^^)
でも、動画を録るチャンスが
なくってね・・・(^_^;

次の機会に・・・(^-^)/
 市



同じカテゴリー(訓練)の記事画像
シブシブの練習
トモさんの訓練
ランダムシュート
スモークンホウプ
二見龍 @ブラックホール
二見さんの価値ある初版本♪
同じカテゴリー(訓練)の記事
 シブシブの練習 (2017-09-15 12:42)
 トモさんの訓練 (2017-09-13 08:17)
 ランダムシュート (2017-08-30 14:09)
 スモークンホウプ (2017-08-29 06:36)
 二見龍 @ブラックホール (2017-08-12 23:20)
 二見さんの価値ある初版本♪ (2017-08-11 13:53)

Posted by 市 at 09:49Comments(3)訓練動画
この記事へのコメント
久しぶりの動画をありがとうございます。m(._.)m
Posted by 晴れ晴れショー at 2017年08月14日 10:39
ショットガンもぜひ拝見したかったです❗
自分の身は、自分で守る。当たり前なんでしょうが。この国では、どこ吹く風で、女性弁護士がテレビで北が打ち上げたミサイルを自衛隊が打ち落とすのは、憲法違反だと声高々に意見されてました。何をどうすればこういう人が産まれるんだろう?自分が危険にさらされてもこういう人達は、何にも感じないんだろうか?分からんです。(*´▽`)
Posted by オメガ009オメガ009 at 2017年08月14日 14:23
CCWを使わざるを得ない状況。
撃つか撃たざるかの判断。
まさしくバックに流れる『運命』の一瞬。

そうか〜、そうですよね。
「コラいよいよヤバイ」てな状況になったら銃を抜いておく。握っておく。

例えば店内、例えば駐車場。
誰かにつけられているような。
すると、バッドガイの雰囲気を撒き散らすヤローが、善良な模範的な市民てある自分に向かって来る。
訓練時の距離感になって初めてバッドガイが意図を表す。
「エクスキューズ ミー サー。落し物ですよ」。
と、本当に落し物を手にしてるかもしれない。
ナイフを、銃を抜いて「金をよこしな」とくるかもしれない。
ナイフでいきなり襲ってくるかも、銃をいきなり撃ってくるかもしれない。
そんな場合は、思うに訓練時のあのターゲットとの間合いですよね。
ドロウの余裕はないですよね。
(ナイフの間合いはもうちょっと近いか?。)

このCCW訓練、真剣に実弾で行うとコワイかも。レディー!の合図で手脚が震えるかも。
(小心者なもんで。ヘヘッ。)
Posted by MIZ at 2017年08月14日 15:46
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。