最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年07月31日

コリベット

市 (2017年07月31日 12:51) │Comments(24)語りのプラザ
佐伯さん超過重労働になってません?。心身共に大丈夫です?。復旧が落ち着いたら十分な休養を取ってください。 ミライ、フツーのクルマだったでしょ?。モーター駆動はトルクの立ち上がりがエンジン車よりもリニアで乗り易いんです。追越し加速もトロくないし。吸気音気になりませんでした?。 V8エンジン=ドロドロドロ!のイメージですけど、アメリカンV8に代表されるクロスプレーンのクランクシャフトだとクランクピンの位置と点火順の関係であの独特な排気音になります。 V8エンジンにはもう1タイプあって、フラットプレーンのクランクシャフトだと直4×2と同じになって、ドロドロ音が消え、カァーンと澄んだ排気音になります。 そう、フェ ラーリのV8!や昔のF1エンジンのフォードDFV!。 YOUさんのコルベット、C6でしょうか?。 (ZO6?、ZR1?だとスゲーです。) 経験した人もいるかもしれないコレ。 降りる時みんな吐きます。 ↑ これ、クルマの荷重移動に気を付けると、みんな寝ますヨ。 (恐怖を感じる速度域ではダメですけど。) 荷重変動ではなくて荷重移動!。 (荷重変動量が大きく回数が多いと誰でも吐きます。ヒーブ方向もこたえますね。) クルマが運動すると(ベクトルの変化)クルマの姿勢が変化します。姿勢変化=荷重移動と言います。 前後左右、片揺れ、上下方向へ。 (良く言われる、ピッチ、ロール、ヨー、ヒーブ、です。上下をバウンシングと表記する場合もありますがヒーブが正です。) 荷重移動だとgの変化は一方向で増えたまま。「行ったきり」。 荷重変動だとgの変化は増えたり減ったりの、「行ったり来たり」。 分かりやすく書くと、ブレーキをかけて減速gが発生するとクルマは前下がりになります。減速gが一定ならずーっと前が下がったまま。荷重が前に行ったきり。これが荷重移動。気持ち悪くなりません。しかも安全!。 (タイヤのグリップ力の式 F=μmgからも解ります。) 止まる間際でブレーキを緩め減速gが一定の割合で素早く減少して行く。これも荷重移動。 減速gが一定でない、ブレーキをかけたり緩めたりすると荷重が前に行ったり戻ったり。「行ったり来たり」します。これが荷重変動。 不快な要因となります。 曲がる時の横gも同様。 一定の横gがかかったままだと強さによっては同乗者が曲がってる事が分からなくなるほど快適。 横gがかかったり抜けたりの荷重変動量が大きく連続すると同乗者にはけたえます。 その前にキケンです。何でもない場所でスピンしたり曲がらなかったりの原因がコレ。 クルマが運動する時に発生する荷重の変化。その変化量を一定一方向にし、緩やかに立ち上げ緩やかに減少させる。前後左右の荷重の変化を連続的に繋げる。しかも走行する安全なラインを維持したまま。 これが安全で快適な運転の方法です。 もの凄〜く難しいですけどね。 でも意識して練習しないと絶対に出来ません。 ただ、クルマを運転している時、意識すればいつでもどこでも練習出来ます。止まる時、曲がる時、速度に関係無く。 (これが出来るとサーキットでも安全にトンデモなく速く走れますヨ。) カンタンな判断方法を。 交差点で右左折する時、曲がる方向へハンドルを切ったらその後は戻す方向へだけ回して右左折出来たら正しい「横方向の」荷重移動。(前後は別。) 切り足したり、切ったり戻したりしたら荷重変動です。快適ではありません。 途中で切り足すようだと曲がり始めの時点で失敗です。 速度が合ってないか、切り始めの量が少ないか。走行ラインを考えているか?。 でも、先の状況が分かっているのに途中で切り足す人がほとんどですよ。
MIZ

MIZさんの文章は
よみごたえがあるわい(゜◇゜)

ハクジョーしますが、
そのムカシにコルベットを飼う決意を固めたことがありまっす(^_^;アセアセ
したら、そんなある日にISI射場に行くと、まさに決めていたコルベットに乗った仲間が来たではありませんか!!

「わーお、凄いじゃないのっ!!(^o^)」
「・・・・・・・・・」
そやつは不快そうな表情です。
「どうしたの? ハッピーじゃないの?」
「走行中にトランスミッションが落ちたんだ・・・」
「なんだって?!!!」
「スゲエ音がしたよ・・・」
「でも直してもらえたんだろ?」
「うん、でも、もう信用してない・・・」

彼にとってこのクルマは
「懲りベット」となった(^◇^)

とうぜんながらイチローさんもサめてしまったのでありんす。

その後、ホーググリップに行ったら若旦那がコルベットの古いヤツを改造して乗っていた。
ホットロッドのように走るヤツだった。
「だけどな、雨が降るとエンジンが停まるんだよ、こいつはそういう設計になっているから改良できないんだよ、それに草むらを走ろうもんなら火事を起こすんだよ・・・だからコイツは晴れた日の高速道路でしか走れないんだよ・・・」

やがてイチローさんはアメ車の正体を知ることとなる。

新車の段階からエンジンオイルが浸みだしているのはアタリマエ、それがアメ車の特徴ですらあった。

新車を買って有頂天になって家にもどり、翌日乗ろうとしたらオイルが全部ガレージに流れ落ちていた。
夜中に雨が降ると床が水浸しになっていた。
走行中にタイヤがホイールごと外れてガタンギーと停まった。
夏のオーバーヒートはあたりまえ。

イチローさんの「ラングラー」も新車からオイルが漏れていたので修理に出す・・・と
「これは典型的な症状だから心配しなくていいさ」

そこでイチローさんは日本車の新車売り場に行ってオイルが漏れているかどうかエンジンの底を触ってみた。それらは乾いていた。

つぎにアメ車の売り場にでかける、、下を触る必要などなかった、、なぜかというと新車のエンジンの下にはマットが敷かれており、それにはオイルのシズクがボテボテと・・・(-_^:)

これが1980年代のアメリカだった。

やがてアメ車世界にKAIZENという言葉が輸入され英語化する。日本の「改善」という意味さ。

そして、多分だがもうアメ車のオイル漏れはあるまいと想う。

でもって・・・

あのマイク ドォルトンは多くの人に尊敬されるシューターであり、一方ではクルマの修理工場を経営していた。
そんな彼が日本車以外に乗っているのを見たことがない。

「日本車のどこがいいの?」
「壊れないから安心できる」
「ドイツ車はどうなの?」
「BMWもベンツも電気系統が弱いよ、日本車が1番だ、1番なのに値段も安いんだ・・・」

この言葉はイチローさんに多大な影響を与えることとなる。

そして今のマイクが乗っているのはタンドラ・・・タクミもアコガレ、モノにうるさいヒロソガ氏もコレに乗っている。

やっぱタンドラをSUVにしたセコイヤに乗りたいもんだなぁ〜・・・と諦めきれにくいイチローさんであった(^◇^;)

by YOUちゃんがほんものの女性であることをイノッテいる女好きの市(^^)



同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事画像
モーターを丈夫に
秋のいろどり
近年珍しく もうけた話
テストです
左官屋 市助
石屋のイーチ
同じカテゴリー(語りのプラザ)の記事
 いいかげんせんと味方せんぞ (2017-10-18 23:49)
 モーターを丈夫に (2017-10-17 03:31)
 秋のいろどり (2017-10-16 15:09)
 近年珍しく もうけた話 (2017-10-16 14:31)
 テストです (2017-10-14 15:44)
 左官屋 市助 (2017-10-14 06:19)

Posted by 市 at 12:51Comments(24)語りのプラザ
この記事へのコメント
お世話になります。
私が就職してすぐ免許を取りまして最初に飼ったのが80年式のキャマロ(カマロ)でした。丸5年も乗りましたが比較的快調でした。
バブル崩壊で手放しましたが乗っている期間は楽しかったです。家族があるので、また飼おうとまではいきませんが、飼って後悔はしなかったです。
当たりハズレもあるのかと。
Posted by @HENLLY at 2017年07月31日 13:01
80年式のキャマロ(カマロ)でした。丸5年も乗りましたが比較的快調でした。

んまあぁ〜\(^O^)/
ヘンリー君ってダテオトコだったんだね〜∈^0^∋
そういえばキャマロについては悪いハナシは聴いたことなかったデスヨ(^^)ただ作りが雑だと想いましたがね・・・
Posted by 市 at 2017年07月31日 13:18
そうですね〜。ドイツ車、電気系弱いです。日本車で。エッ?と驚く所が壊れます。燃料計やら、パワーウィンドやら、ハザードスイッチやらです。でも、凄いのは、部品スポッと取れてパチンとはめると、ウソの様に動き出します。
今年のルマンがまさにそんな感じで、ポルシェは1時間で直ったのに、トヨタは倍かかってしまいましたね〜!クヤシー!
この辺りは国民性もあるかも知れません。
日本車が、壊れにくいのはその気候風土によるところが大きいらしいですよ。高温多湿な環境って車には過酷らしいです。それと渋滞があるのを加えると最悪らしいです。夏のお盆どき、ムシムシした中ピクリともしない中エアコンをガンガンに入れている状況をクリア出来る車は、強いのだそうです。
そういえば、マイクもドイツ車のメカニックやりながら、日産のマキシマがイイと言ってましたね。
かつて、速度制限が無かったドイツのアウトバーンも今では渋滞が酷いようです。
後は、サポート出来るディーラー網があれば欧州でも、売れるのでしょうが。
昨日は、ラリーでヤリス(ヴィッツね)が優勝しましたし、まだまだ日本車はやるぞという所みせてほしいですね〜!
でも、妻の意見でドイツ車に乗っているオトコより
Posted by chatter box at 2017年07月31日 13:21
昨日は、ラリーでヤリス(ヴィッツね)が優勝しましたし、

嬉しいニュースですぅ(^o^)
ドォルトン先生が言うには、プリウスよりもヤリスのほうがトータルに見て経済的なんだそうで、彼も持っていますよ。
Posted by 市 at 2017年07月31日 13:40
イチローさんの次の愛車が何になっているか、ちょっと楽しみですね。(^_^)
Posted by 張れ晴れショー at 2017年07月31日 16:18
KAIZEN、カイゼン、改善。
今ではどの業種でもあったりまえになった言葉であり活動ですよね。

製品の品質保証。
オイルリークがあたりまえ!の考え方だと、オイルリーク状態であってもそれはそれで品質保証された製品になってしまいます。
オイルリークの無い製品が入ってきて初めて、コリャおかしいぞ!となります。
そこで「改善!」の発動となります。
でも、その改善内容を維持管理しないと元のオイルダダ漏れ状態に一直線!。
そこで登場するのが「品質管理」、「工程管理」の管理手法。
(あ〜、ヤダヤダ!。と思った人も多いでしょう。私は一時期コレで給料貰ってました。統計とか再勉強しましたよ。分散分析がー、とか。えっ、その程度のCpkなの?ってH社にイヤミ言われたり。だから全検なんだヨ!。プレスとは違うんだよ!。)
工程管理がしっかり出来てこその改善結果であり品質保証。

でもねイチローさん、この「工程管理」が大変なんですよ。
維持する大変さ。改善する難しさ。
新車からオイルがダダ漏れや部品が落ちるなんて事はほとんど無くなりましたが、全くとは書けないんです。
だからリコールもクレームも無くなりません。
万に1つ10万に1つの「アレッ?どうして?」を無くせないんです。
決して想定外って訳ではありません。キケン要因は潰しに潰しても、コストで諦めた部分とか外注管理の部分とかで不具合が発生します。
(チッ、やっぱりここか!とか、そんな事するか?みたいな。)
特に人が介在する場合の管理が厄介。
部品管理を人手に頼るな!なんて言うところもメーカーによってはあります。人が介在すると不良の元だ!誤搬入の元だ!と。

まぁ、あんなそんなこんなを何とかまとめ上げるのが私ら「何でも屋」の技術屋さんですけど。

むか〜し、両シリンダー前方排気のパンタエンジンのドカに乗ってた頃、エンジンオイルが漏れるのはオイルがまわっている証拠!モンダイなし!。な〜んて言ってました。
そんなヤツに「管理が〜」とか言われたかーないですよネ。昔はバカだった。
(でも、戻れるものなら戻りたいよー。マロンパさーん。あぁ麗しの80年代90年代。中古20万円のCB750Fにヨシムラ付けてとか。中古のTLRとかTLMとか。アレやコレも。CB900Fのエンジンもらっとけばよかった。)

アメリカンシューターの代表みたいなマイク ドォルトンさんが日本車ばかりとは嬉しいですね。
励みになります。
Posted by MIZ at 2017年07月31日 19:01
さっすが!マイク・ドォルトンさん!分かってらっしゃる!
えっ?ドイツ車乗ってるくせにって?
ハイ。家族で遠出する時や爺さんも乗せるには高速で安全な国民自動車ですが、普段使いは、スズキの軽太郎です。爺さんのお古ですが、燃費も積載量も日本の国土にジャストフィットです。ワゴン型なので、手足伸ばして眠れます。
ムカシ、イチローさんのダッチのラングラーのくだりに憧れ、ダイハツ・アトレー買ったケンさんみたいな感じです。
イシイさんも軽にしたみたいですし、ジャパンにはマイクロカーがある!って感じですよ〜!
トランプさんがどんなにアメ車買えって言ってもダメですよ。タコマも、セコイヤも、走れる所が少ないですからね〜。
ムカシ有ったカムリワゴンなら欲しかったですが。
Posted by chatter box at 2017年07月31日 19:36
イシイさんも軽にしたみたいですし、

・・・!!!
なんですとっ??
イシイが軽に?・・・
となると、これからは彼をすこし信用できるという枠内にいれて、価値観を共有できるツキアイができるという時代になるのかも(^◇^)
Posted by 市 at 2017年07月31日 21:52
ごコメントありがとうございます。飼った時点で9年落ちですから伊達男とは程遠い感じでした。キャマロはよく犯人役が乗って派手にスピンして車が壊れる描写が80年代の映画やドラマに多かったのです。この型は前が重くてFRですからよく回り派手にぶつかるので重宝されたようです。夜な夜な田舎の閉店後のショッピングモールの駐車場でアクションの練習をしました。直線バックして車線逸脱しないで180°回転させて前進するとか。これを公道でやるつもりもなければカースタントを目指しているのでもないのですから、どんなに練習したところで披露の場はない訳で。すみません、若かったもので。
おっしゃる通り造りは雑でした。インパネはなんと真空成形でリンフォースにタッピングの直締めでした。スクリュー頭は露出です。路線バスのインパネと同じです。ドアトリムもドアハンドルもドアパネルにバーリング穴があって鉄板直締めです。どこのメーカーでも恐らくは生技要件NGでしょうけどそれが許された大らかな楽しい時代だったんです。ドア開閉でドアハンドルが抜けることがあるのでドライバーは必須で手の届くところに車載してました。
長文、乱文で大変失礼しました。
Posted by @HENLLY at 2017年07月31日 23:12
昔、62年式のシボレーインパラにカマロのLT-1エンジンと4速AT+ロックアップキットを換装して乗っていました。
でもやっぱりちゃんと安心して乗るなら日本車ですね、次回のレンタカーはセコイア、ハイランダーと目移りしましたがRAV4を借りるつもりです。
日本ではダイハツの古いデッキバンが愛車です(^O^)

MIZさんの荷重移動のお話、人を乗せて走る機会が多いので大変ためになります、同乗者に快適な優しい運転でありたいものですね。ありがとうございます♪
Posted by 赤シャツ@奈良 at 2017年08月01日 01:42
普段使いは、スズキの軽太郎です。

日本にいくたびに楽しめるのは、数々の軽自動車を眺めることです♪

とくにオナゴ独りが運転している軽をみるとご面相にかかわらずデートしたくなっちゃうのです(^◇^)

オリンピックで大勢の外国人がやってくるのでしょうが、彼らも軽の素晴らしさに心を惹かれることでしょう。

by ホンダのN360に乗っていたがN600に憧れていたヲトコ(^-^)/
Posted by 市 at 2017年08月01日 02:31
本田さんのN360とは!やはり、バイク乗りですね〜!バイク乗る方は、ホンダかスズキの車が好きだとおっしゃる方が多い様で、エンジンの味付けがバイクっぽいみたいですね。
軽自動車って、日本の文化そのものと言う感じがします。
決められた空間に、決められたエンジンサイズと出力、決められた積載量の中で、各社それぞれの個性を出して、更に改良し続けているのですからスゴイと思います。
海に囲まれた国土を如何に有効活用しようかということにも相通じる所もあるような気がしますね。
私も、仕事で部屋のレイアウトをするのですが、限られた空間に如何に効率良く納めるか考える方が無尽蔵な空間に少ない条件で埋めるより楽しいですよ。
でも、アメリカで面白いのは、巨漢の男性がヤリスみたいな車の窓からボンレスハムみたいな腕をはみ出すように乗ってるかと思えば、小柄なオナゴがデッカイピックアップに、チョコンと座ってかっ飛ばしていたりと言うチグハグと言うか、自由な選択肢がいっぱいあるところが羨ましくさえ思えてしまいますよ。
Posted by chatter box at 2017年08月01日 07:19
>赤シャツさん。62年式のインパラですか!オシャレですね。後ろが長いのでしたよね。後ろをキャノピーにしてトラックにしたエルカミーノってあって、まるで今でいうセコイアとタンドラみたいな兄弟がいるんですよね。時代先取りでしたね。しかもLTのエンジンに載せ換えとは。素晴らしいです。
Posted by @HENLLY at 2017年08月01日 08:29
62年式のインパラにLT-1エンジンですって?、赤シャツさんもナカナカではないですか。

1962年頃の日本の大衆車なんて、トヨタのパブリカやダットサンのブルーバード、スバル360にマツダ キャロル360。

それなのにアメ車はスゴイの作ってましたねー。
1962年なんてもちろん私は生まれてもいません。

クルマの荷重移動を意識した運転に興味を持たれたようでしたら、減速から曲がる時の「前から横」への荷重移動を連続して繋げれるように意識してみてください。
減速gが抜けてから横gが立ち上がるのではなく、減速gが抜けつつ横gが立ち上がる。
※重要!
減速gが抜けつつ横gが立ち上がるです。
よく見かける、減速gが「十分残ったまま」横gを「立ち上げようと」する。ではありません!。

(減速gが十分残ったままなのでタイヤが曲がる仕事を出来ません。それなのに曲げようとしてドンドンハンドルを回してもクルマは曲がりません。ドライバーが曲がらない状態にしています。クルマは悪くありません。それなのに「クルマが」曲がらなかた!、なんて悲しいです。)

減速で前に行った身体が戻ってから身体が横に持って行かれる、のではなく、減速で前に持って行かれた身体が戻りつつ横に持って行かれる。
そんなイメージ。
減速gも横gも、gを途中で変動させない。
ブレーキを一発で決めて、連続した横gを一発で立ち上げる!。
が目標です。
(ものすご〜く微妙なブレーキの抜きとタイミング、先を予測した転舵量。凍結路を運転するような繊細さ。ある程度出来るようになるとそれが当たり前になってきます。)

減速から曲がる。
クルマの運動で1番劇的な場面。
この劇的な場面での連続した荷重移動はクルマの運動性能(タイヤの能力)を安定して引き出して安全ですし、同乗者の快適性も向上します。
ぜひとも「運転が上手な人」を目指し意識して練習を。

アッ、ドロウ練習も怠りませんよ。
Posted by MIZ at 2017年08月01日 12:10
アッ、ドロウ練習も怠りませんよ。

ドロウもクルマも
「スローイン、ファーストアウト」でね(^。^)
Posted by 市 at 2017年08月01日 12:25
MIZさん大丈夫ですよ!体長絶好調、ホボ毎日ランニングしてる位。チョット欄が違うかも知れませんが休みなんでカキコ!                                                               災害支援のチャレンジャー達                                                    ”タクティカルIT”                         災害対策本部→はっきり言って田舎の役場、周囲の風景、土砂崩れした山。内部の風景、シンゴジラの”巨災対”そっくり。官民諸機関の迷彩服、出動服、防災服着たスタッフ入り乱れ。背中に環境省とか国土交通省とか〇〇県とか書いてある。諸機関、PC持ち込んでる。”もうチョットでネット環境改善します。”とアナウンス。有名IT企業(複数)のスタッフ 奮闘中。しばらくしたら災害対策本部周辺が大都市のWi-Fiスポット並みのネット環境に変化!                                                                 ”タクティカルラーメン”                     とある避難所、晩飯の炊き出しは博多の某有名ラーメン屋さん。殺菌、除菌滅菌?食のプロの技、機材等は持ち込み。スープは冷凍で持ち込み。避難所の炊き出しがプロが創る博多本格豚骨ラーメン!!                                              ”タクティカルナース”                      被災地で俄然存在感増す赤とグレィのツートンの制服。そっちの関連の人もうお分かりですね!その中でもひときわオーラを放つ一分隊!マスコミの取材入ってましたね。被災者の心のケアための特別な訓練を受けているチームだそうです。ナースの特殊部隊!!                                          ”タクティカルウォーキング”                  避難所になってるとある学校、オイラは愛機と共にそこで待機してた。オイラ許可貰ってグランドをランニングしてた。子供達も遊んでた。医療スタッフがインストラクターで避難者を引き連れてウォーキング講習会を始めた。ピッチとかフォームとかかなり本格的。後からお話ししたら、エコノミークラス症候群が”災害関連死”で大きな比重を占め、その予防とか。3~4時間事に30分以上するように指導されてましたね。ウォーキングのインストラクターならオイラもやれそうだけど、避難所は家族、家、仕事の基盤失ってる人多いから、話の持って行き方、難しいでしょうね。
                             
 ”タクティカルエアコン”
 学校の体育館を災害時には使用する。これは自治体の防災マニュアルに定めてある。季節によってはエアコンを設置するとも書いてある。実際には?来られましたよ。エアコンで有名な会社の”特殊部隊”。高温注意報出まくりの被災地の体育館快適空間に変えられて、すぐ次の現場に移動されてました。 

”タクティカルヴォランティア”
 今回の水害、土砂の掻き出し大変です。被害喰らった民家や事業所、中は1メートル50センチ位土砂有ります。ヴォランティア援軍続々活動中ですが。”特殊部隊”クラスのチームを散見します。”この炎天下での作業、20分作業、10分休憩、結局これがペースも落とさず、長時間作業できる。”とのこと。畳を上げ、床板を剥ぎ、その下の泥の除去。リーダーを頂点に一糸乱れぬ行動、メインウェポンのショベルや一輪車が壊れても、即座に自力で治す!(メンテ道具まで当然のごとく持参。)お茶の本場から来てたチームは重労働の合間に地元のお茶を周囲に振る舞う余裕!定期的に訓練やってるとしか思えません!
  
”タクティカル兵站”
 空梅雨?と思ってたら一か月半分の雨が一晩で降り、その後は高温注意報出まくりの被災地。各防災拠点でドリンク類、塩分補給のタブレットや飴、ウェットティッシュや消毒アイテム、また今回必須のマスク類。大量に供給続いてますね。それも”ご自由にお取りください”を遥かに通り越えて、”避難者も災害支援の方も熱中症や感染症対策は万全を期しててください”とアナウンス付きで持たせる。で、何週間たっても品切れ無し。モノを見ても量を見ても、あれは公的機関の備蓄放出なんて規模じゃない。これは私の想像ですが、製造元の大企業さんから差し入れされてますでしょ?災害対策本部で”ショベルが足らん”って声出たら一日も立たんうちに新品のショベルが2~300挺運び込まれた。
 
 上記の事は全て災害発生から数日の話しです。一週間も十日も立ってもの話しでは有りません。全て私が見たことですが、まだまだあります。氷山の一角です。

 疲労感は全く有りません。上記のような方々にパワー貰ってる実感有ります。自分の職種は緊急性の有る仕事はホボ無くなり、被災地には行きますがコチラの業界の普通の仕事です。被災地では避難者、支援者、体調不良者続出です。支援者はNo1は熱中症。被災者は粉じんや細菌の影響と聞きましたが、咳や微熱多いです。こうゆうフィールドでの感染症とは?医療関係の方、カキコ願います。って言ってたら、昨日オイラが離脱した位から被災地でまたゲリラ豪雨発生。仮設の道路が流されたと連絡入りました。遺体が発見されたとも、詳細はまだ分からん。
Posted by 佐伯 at 2017年08月01日 15:29
サスガ佐伯さん。頑張ってらっしゃる。
内容を読むと官民連携も、正確な情報伝達による正確で確実な兵站も上手くいってるようですね。
現場のナマの情報は貴重です。
熊本地震に続いての自然災害ですから官側も上手く動けるよう考えたのでしょうね。

今後も、熱中症と流出した泥が媒介する感染症に気を付けて下さい。
Posted by MIZ at 2017年08月01日 22:01
HENLLYさん
ご無沙汰しております、去年の八王子の居酒屋でお話させてもらった以来ですね(^O^)/ あの時お互いにアメ車経験者とわかっていたならもっとお話出来たのに♪

MIZさん
まさに流れる様なドライビングって事ですね♪
凍結路の滑りやすいシュチュエーションでの運転も慣れているのでイメージしやすかったです(^O^)
運転も射撃も上手になりたいです。
Posted by 赤シャツ@奈良 at 2017年08月02日 10:10
こんにちは、イチローさま(#^^#)
私は正真正銘の女性ですよ(;´Д`)
と言っても、おばさんですけど・・・(;´Д`)
私が幼い頃にイチローさまと会ってますけど・・・(;´Д`)

MIZさま、MIZさまが言っている通りですΣ( ̄□ ̄|||)
私は運転しているのであまり気にしていませんが、助手席に座ると横滑りな感じに揺れて気持ち悪くなるって、降りると吐きます・・・(;^_^A アセアセ・・・
そういう仕組みなんですね、参考になりました(#^^#)
私は車のことは分からないので、兄に聞いたらC5のACIカスタムだそうです。
ZR-1は高すぎて、買えないって言ってました(;´Д`)
Posted by YOUちゃん at 2017年08月02日 10:43
私は正真正銘の女性ですよ(;´Д`)
 ↑
^_^;・・・(^_^;
そうなのですか?
すみませんm(__)mスミマセン

文体からソコハカとなく中年オトコさんを感じていたので、きっとYOUちゃんはオトコさんの創作的存在だと想っていましたよ(^◇^;)

こうなったらYOUちゃんが女性であることがホントなのかどうか知りたくなってしまいます。
ネット空間において、それを証明することって可能なのでしょうか?
Posted by 市 at 2017年08月02日 23:09
赤シャツさん。覚えていて頂きありがとうございます。ぜひまたの機会にお話しできればと楽しみにしています。ありがとうございます。
Posted by @HENLLY at 2017年08月03日 01:47
MIZさーん(^〇^)/
V8エンジンでも澄んだ排気音が出るんだすねー♪

@HENLLYさんが
「刑事ハンター」を観てキャマロ乗りになったよーに
おいらは
「マッドマックス」でウォーボーイズになりますてねー♪
(口軽でマッドなUSO)
v8 X゚▽゚ )☆彡( ゚▽゚X v8

自転車通学をしていた頃。
市番スピードがでる重いギアで
立ちコギをする必要に迫られた際には(←ただの寝坊)
「キィィィィィーン・・・」と
脳内V8スーパーチャージャーが唸りをあげていたとゆーね♪
(スーパーウマシカなカミングアウト)
v8 ヘ(゚▽゚ヘ)☆彡(ノ゚▽゚)ノ☆ v8

by あぁ麗しの80年代90年代 カワサキのワンタウザンに2本出しのクロスマフラーを付けてグースのよーに走りたかったオトコ
Posted by ダブンパ93 at 2017年08月04日 06:12
あぁ、グースのカワサキZ1000!。
憧れましたよねマロンパさん。
カッチョよかった。

麒麟のカタナ、バリバリ伝説のCB750F、あいつとララバイのZIIにドカのMHR、TOP GUNのGPz900Rもカッチョよかった。

レーサーレプリカ全盛期の2スト化け物マシンのRZV500RにRG500Γ(それぞれフルパワー仕様!。)はスゴかった。

至高の6気筒。CBX1000!。

借り物チョイ乗り自分の、なんだかんだ全部のりました。

でもね、市番スキなのはドカの750F1!。
もーコレ、サイコー!でした。
自由自在に動いて、スタイルもバツグン!。
ファンネル仕様のデロルトのキャブ、コンチのマフラー、ブレンボの鋳鉄製フローティングブレーキローター、ビタローニのミラー。何もかもが美しかった。

もう一度欲しいです。
Posted by MIZ at 2017年08月04日 20:41
MIZさーん(^〇^)/
世界のスーパーバイクが勢ぞろい~♪
RG500Γといえば
YOUちゃんさんのお兄ちゃんさんの愛車じゃあーりませんかぁ♪
♪(゚▽゚*) スゲーナ

おいらはイチローさんのCHPリポートが大好きでして♪
なかでもモーターサイクル・トレーニングでのワンシーン、
やわらかなダートを走破するカワサキZ1000の勇姿に
ホレボレしますたYO♪
((*゚▽゚*)) ワァーオ

by Z1のエンジン2基をV字に合体させたマシンに乗ってみたいオトコ
Posted by ダブンパ93 at 2017年08月05日 21:35
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。