最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年06月18日

市ホルスにはブラスを使いますよ♪

市 (2017年06月18日 22:59) │Comments(7)市ホルスタ
イチローさんこんにちは、山申です。 「
破格のオファー」ということで私のコメントを大きく取り上げていただきありがとうございます。 残念ながら、受注に至りませんでした。やはり私にはスピードが足りなかったようです。 真鍮(黄銅)に関して知りたいとのことでしたので、私の知る限り、調べがつく限り、調べてみましたのでお知らせします。金属学を専門的にやっているわけではないので少々間違いがあるかもしれませんがそのあたりはご容赦ください。 真鍮というのは一般的な呼び方で、材料規格としては黄銅と呼びます。 (なぜ真鍮と呼ぶのかは私にはよく解りません) 黄銅を含めて銅および銅合金としてJIS規格(日本工業規格)で成分等が決められており、「C****」という感じで規格名が付けられています。 分類としては、純銅、黄銅、青銅、白銅、洋白、キュプロニッケル、ベリリウム銅などがあり、純銅以外は、銅に亜鉛や鉛、錫、アルミ、ニッケルなどを単独もしくは複数組み合わせています。さらに、製造会社によってJIS規格によらない独自ブレンド?があるようです。 黄銅とは主に銅と亜鉛の合金に、添加元素を加えた金属材料で、主に亜鉛の添加量で特性が大きく変わる(量が増えると強度が高くなる、つまり固くなる)ため、七三黄銅など銅と亜鉛の比率を名称にしている材料もあります。亜鉛量が1%~2%の雷管用銅、4%から22%の丹銅、28%から32%の七三黄銅、32%~37%の65/35黄銅、37%~43%の六四黄銅といった感じです。六四黄銅に2~3%の鉛が入ったものを快削黄銅と呼び、切削性が良いので歯車などの機械部品製作によく使われるようです。 雷管用(C2501)と呼ばれるものは絞り加工性が特に良いので雷管などに使われる材料です。 「弾」のケース部分に使われるのはおそらく七三黄銅あたりと思われます。亜鉛が適度に含まれていて絞り加工性と強度のバランスが取れているのでしょうか。 では弾頭部分に使われるのはどんな材質なのでしょうか・・・私にはよく解りません、すみません。 あまり詳しく調べると材料学の本を丸写しになってしまうので簡単に?まとめてみました、参考にしていただければ幸いです。 と、ここまで文章を作ってブログを見ると、もうすでに書き込みがいくつかありますね、さすがに早い。
(以下は私的なコメなので略)

山申さんには、いつかもっとムズカシイものをオニガイしたいですよ(^-^)/
 市


私、元々の専門がアルミ合金で真鍮は本来専門外なんですけど、今まで得た知識でザッと。 真鍮(黄銅)。 基本的には銅(Cu)と亜鉛(Zn)の合金。(プラスして添加元素有り) 亜鉛の添加量で加工性、耐食性、引張強さ(強度)が変化。 材料的な注意的として、応力腐食割れを起こす材料なので、残留応力の除去と腐食に注意。(残留応力だけでなく応力がかかった状態での腐食環境にも注意。応力は曲げ、引張、圧縮。) 真鍮=柔らかい弱い、のイメージですけど引張強さは意外と高いんですね。伸び性も良いし。銅の割合が高いのでサスガに導電率は高い。 一般的な種類は。 快削黄銅。(C3601〜C3604等) 切削加工品で一般的に使用される物。鉛を添加して切削性を向上。 私が使ってきたのはこれ。 6-4黄銅。(C2800、C2801) 銅と亜鉛の比率が約60%-40%。 私は板からのプレス打ち抜きしか知らないんですけど?。 7-3黄銅。(C2600、C2680) 銅と亜鉛の比率が約70%-30%。 プレス打ち抜きで配線の端子とかに使うヤツですよね。あと、深絞り品なんかにも。 JIS規格にはまだまだ有るようですけど、今まで単品や小口製作だと快削黄銅の中から選んでになりました。(機械部品として) 素材メーカーさん毎に含有率を調整して機械的性質や耐食性なんかの特色を出しているみたいですが、「1番強くて腐食し難いの!」。ってレベルの依頼でしたね。
MIZ


専門家のご教授、ありがとう。
<(_ _)>
ホルスタの素材をギンミしながら使ってみて、ブラスはやはり美しいと感じます。鉄ノコで切ると、アルミよりも粘りがあり好感がもてるのです。
それに加工もやりやすいですしね(^^) ヤッキョウはブラスなので、その伸縮性にはオドロキを感じているのです。

さあ・・・♪
7月後半になったら、手作りで「あるモノ」を製作し20着ばかしお譲りいたしますよぉ〜(^。^)
(ホルスは身体にウエアするものなので20個ではなく20「着」ナノデアル(^^)

ところで、試合用のホルスに興味のある方々は、今どんなホルスを使っているのかコメントくださいな。
聴くところによるとダブルアルファやサファリランドが多いとか・・・ちなみにビアンキカップでは圧倒的にサファリランドが使われていますよ→でも、プロたちはスポンサーからサファリを支給されている場合が多く、必ずしもコレがベストというわけではないと想いますけどね。

 市



同じカテゴリー(市ホルスタ)の記事画像
宝箱
叩かずともトビラが開いた!!
父のGun具
チタンに挑戦
タボージンの机
旋盤のできる人がいたらいいな♪
同じカテゴリー(市ホルスタ)の記事
 宝箱 (2017-06-29 15:46)
 叩かずともトビラが開いた!! (2017-06-28 16:21)
 父のGun具 (2017-06-28 08:39)
 チタンに挑戦 (2017-06-24 23:18)
 タボージンの机 (2017-06-24 13:03)
 超破格の有り難いオファー♪ (2017-06-17 13:30)

Posted by 市 at 22:59Comments(7)市ホルスタ
この記事へのコメント
私はヤフオク!でデットストックのサファリランド012を見付けまして、ブレードテックのテックロックに直付けしてEPベルトに挟んで取り付けておりましたが、そのテックロックに TMMS(Tactical Modular Mount System) メス側のプレートをベルトが当たる縁部分だけカットして引っくり返し、テックロックにビス留めして延長したプレートに1ピッチ約35mm程下げて、サファリランド012のアーム軸部分を移設しロウセット化して愛用しております。丁度、ベルトの位置に銃のハンマーが来る高さでロウセットマグポウチとの相性が良く!私なりに創意工夫で使い易いホルスターを目指しております。
Posted by 速王 at 2017年06月19日 05:34
私はダブルアルファのコピー品を使っています。
(本物は魔改造するにはチトお高くて)
現在の主力戦闘機がハイキャパ傀(あっいや改です)、支援戦闘機がKSCのEDGE改。
それぞれに合わせて加工。長尺ロッドを使用してグリップ位置がベルト上部より1㎝程下に調整。

このタイプ、直線、軸回転、円錐運動と調整範囲が広くて気に入ってます。
(接続ロッドのボール部が硬度不足なのでロッドをS45Cの熱処理材で作ろうかと考えてます。本物は丈夫?。)
マズル固定を付けるとなお良し。

ベルトは厚手の高剛性?なのが好み。(長時間着けないし)
Posted by MIZ at 2017年06月19日 08:17
ホルスターは、皮の物を改良しながら使ってます。私のは参考にならんと思います。
サファリにコンペディジョン用は、無難な選択だと思います。
IPSCなんかでは、飛んだり跳ねたり、寝そべったり。雨の中でも試合はあります。
その他、凍えるような地域でも、灼熱の砂漠で、ホコリまみれになっても、高温多湿の地域でもつかえる頑丈さがありますね。
最新のモデルは、全部ネジ固定で、調整可能なので、シュラウド付きでも対応可能な形状ですし、何よりベルトのシステムと一緒になってはじめてその有用性が生きます。万人に使えるような作りなので犠牲になっている部分もあるでしょう。
ダブルアルファは、使った事無いので何とも言えないですが、コンペディジョンに特化している印象です。
突き詰めるとスゴイのを考えるのがイチローさんですから、出来上がりが楽しみです。
Posted by chatter box at 2017年06月19日 08:41
このタイプ、直線、軸回転、円錐運動と調整範囲が広くて気に入ってます。
↑↑↑
な(*_*) なぬぅ〜(@_@;)
なぬですとぉ〜(?_?)(?_?)(?_?)

それではワッシのアイディアを先に横取りしたようなもので公正取引委員会が「それでイインカイ」と怒ることになりますが・・・(^◇^)

いったいどのようなギミックを使っているのか知りたくて今夜は10時までは悶々として眠れないヲトコ
Posted by 市 at 2017年06月19日 13:37
あっ、イチローさんやっぱりそうですよね。
ホルスの調整軸に1箇所ボールジョイントがあると調整範囲が断然違いますものね。
円の接線上を移動するイメージというか。
でもダブルアルファタイプ、ボール調整部の径が小さいのとボールホルダー部の軸の逃し径が小さいので円錐運動の可動範囲が狭いんです。
文字だと何が何やら。でも初めて手にした時は「へーっ」てな感じでした。

へミスの半球面調整部が上下左右の直線移動と軸回転出来れば最高なのに、と思ってました。
でもへミス、手に入らないし。
(入手出来ても勿体無くてイジるなんてとてもとても。)
ジュラコン削り出しで作るにはトリガーガードのロック部が難敵だし。
動画でプロトタイプのケズリのへミスを見てから何度トライしようと思ったことか。
(コッソリやるにはちとヘビー、外作だと面白味ないし。)

世界市のホルス、概要がチョットだけ想像出来たような。

(ヘミスフィアを残してあそこからカット、このベルトループとロッドにあのジョイントで軸回転と上下調整を持たせて・・・なーんて。楽しみ楽しみ。)
Posted by MIZ at 2017年06月19日 15:20
うちはですね~。
現在ダブルアルファのものを使っております。
ずっと前はヘミス。で、アカイケシャチョーの工作して
くれたパーツでサファリのリボルバ用ベルトループ
とロッドに固定して。かなり可動範囲が広がって
便利に使っておりました。サファリの012タイプも使
いましたが構造上、マウントベースの付いたガンが
入らないタイプだったので改造しました。
フロント保持のパーツもガンによってはぴったり合
わないので自作のものに取り換えました。
その後ハヤブサタイプ。リムキャットも使いました。
フロント保持のないタイプに切り替えたのは
遠征時の荷物が小さくできるからです。
ヘミスはやはりでかい。かといって分解して遠征
するとセッティングにまた余計な時間を割かなけれ
ばいけないのが面倒だったので。
その点リムキャット等は楽でした。またこの系列は
抜くときの抵抗感が全くない(ダブルアルファはちょ
っとある)のですが、リムキャットはガンの保持が悪
くよく動きます(ロックをかければ落ちることはあり
ませんが…心臓によくない…)
ハヤブサやダブルアルファはその点では心配ない
ようです。
ただどちらにしてもレンジ内移動などのときはロッ
クを掛けるなり手で押さえるなりしないと何があるか
わかりませんから…
ハヤブサは故障のため修理に出してまだ上がってい
ないので現在ダブルアルファ中心です。私はビアン
キ系のshootしかしませんのでWCSやスチールチャ
レンジのように音速で抜く必要もない(必要でもつい
ていけない…)ので保持が確実・抜くとき抵抗なく
であれば何でもいいかな…と思ってます。
可動範囲の広さもある程度自分のドロウが固まって
しまえばいじる必要はなくなるのであまり調整部位の
多いものはトラブルの原因につながりそうで避けたい
というのが現在の心境です。

あと、サファリのものも、ダブルアルファのものも、き
れいに抜けると「カチッ」という音がしてドロウの正確
さの判断になりそうなので気に入ってます。ドロウが
悪かった時にはその音が濁ったりタイミングが悪か
ったり。
フロントロックも確実でよいとは思いますが、ガンを変
えたり、特に銃身長の違うガンを扱うと再調整だった
りホルスターごと変えなければいけなかったりするの
で、それもまた不安要素が増える一つと感じていま
す。なのでトリガーガードロック式の現在のタイプを
一番多用している…という感じでしょうか。
さて、イチローさん考案のホルスはどのようなものに
なるのでしょうか。結局皮のタイプに戻ったりして…
でも皮タイプってやっぱり味があっていいんですよ
ね~。可能ならば皮タイプに戻したい気持ちもあるの
ですがやはり現実味に欠けて。
Posted by センセ at 2017年06月20日 11:06
因みに私は、SPEEDの皮ホルスターに安物のロックを強引につけております。
元はサファリの008のロックを付けておりましたが、ガンを変えたので、サイズが合わなくなりました。
SPEEDの皮ホルスターは宝物なので、使い続けております。
悲しいのは、ベルトが物理的に使えなくなってしまった事です。
痩せねば
Posted by chatter box at 2017年06月20日 20:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。