最近のコメント
アクセスカウンタ
タグクラウド

2017年06月13日

旋盤のできる人がいたらいいな♪

市 (2017年06月13日 15:47) │Comments(6)市ホルスタ
今日は工作にいそしんでました。



で、↑こんなものをグラインダーで作りました。
13ミリのシンチュウ棒で細い部分は8ミリなのです。長さは8センチほどです。

どなたか、これを機械で20個ばかし作ってはいただけませんじしょうか?

見積もりをいただけたら嬉しいですよ(^-^)/

このパーツの目的は、あっと驚くため五郎というわけ(^◇^)

 市


同じカテゴリー(市ホルスタ)の記事画像
宝箱
叩かずともトビラが開いた!!
父のGun具
チタンに挑戦
タボージンの机
想い出は遠くなりつつ・・・
同じカテゴリー(市ホルスタ)の記事
 宝箱 (2017-06-29 15:46)
 叩かずともトビラが開いた!! (2017-06-28 16:21)
 父のGun具 (2017-06-28 08:39)
 チタンに挑戦 (2017-06-24 23:18)
 タボージンの机 (2017-06-24 13:03)
 市ホルスにはブラスを使いますよ♪ (2017-06-18 22:59)

Posted by 市 at 15:47Comments(6)市ホルスタ
この記事へのコメント
何の為のパーツなのでしょうか?
Posted by 張れ晴れショー at 2017年06月13日 16:20
これ、全長が80mm、太い径が13mm、細い径が8mmですよね。
太い径の部分の長さは何mmですか? 50mm位ですか?
1個50円。20個だと1000円で作れます。
でも、イチローさんファンだと、0円で作るっていう好きモノが何人もいるだろうなぁ。
Posted by KEN at 2017年06月13日 16:59
おっ。何やら興味をそそられるブツが。真鍮の段付きピン?。果たして何に使うのか?。

何々、見積もりとな?。ザックリ計算してみますか?。
(加工ロット数として20本は微妙な数ですね。大口としては少なすぎるし、一品物でも無いし。)

まず材料費。
φ13×500㎜の快削黄銅C3604で900円ぐらい?。
(材料屋さんから直だともチットお安い?。)

で、加工費(金属加工屋さんに依頼で)。
実加工工賃。
旋盤加工が60〜90円/分、ぐらいか?。(NC旋盤だと高め)
φ8×30㎜部の切削のみ(φ13部が素材のまま)の加工時間がザックリ3分として(切削と突っ切り)、20本分で60分。
時間工賃を掛けると、3600円〜5400円。チョット高いか?。快削黄銅だともーチット安いかな?。
実加工工賃とは別に基本料金の様な形で諸経費を上乗せすると思うので、それが3000円〜5000円ぐらいはするでしょうか?。

最後に送料。
アメリカまでの航空便で2000円くらい?。

案外お高くなりますね。

2、3本なら「私がやります!」って言いたいのですけど。
(加工屋さんから廃材をもらって、コッソリとシレッと知らん顔して工作室でサッサッと。タダで。)
20本となると加工屋さんに依頼です。

イチローさんのT-16の加工をして下さったガンスミスさん。金属加工屋さんにツテがないでしょうか?。そちらで加工出来ればもっとお安くなると思うのですが。
ツテやコネがあると頼みやすいし、早くお安く仕上がると思います。

(個人で卓上旋盤をお持ちの方なら、かなりお安く引き受けて下さるかな?。)
Posted by MIZ at 2017年06月13日 20:54
連投ゴメンなさい。
イチローさんイチローさん。写真を眺めていたら、ふと思ったんですよ。
真鍮丸棒でφ8㎜、これって9㎜口径の銃身に刺すんじゃないか?とね。
じゃあ何の為に?。
科学的且つ論理的に推察するに、最も妥当な答えとしては、ガンスタンドのパーツ。もしくは撮影用のジグ。
B案として、ホルスの先端部品。でも20個も?。

んー。どちらも、あっと驚くため五郎、って感じじゃあないですね。
銃身先端部に使うとは思うんだけどな〜。
Posted by MIZ at 2017年06月13日 22:14
 お世話様です。
何だか毎日寒くて?! 田植えをしたのに苗の育ちが悪いですね~ (><)
自分!その昔は旋盤工でしたよ~ん (^0^)b  でも今はシガナイ草刈親父ですからね~ (~^^)~「

自分もホルスのマズルを刺す部分かな~!?? でも長すぎるよ~な (@@)
Posted by ko-1 at 2017年06月14日 05:56
私の職場には汎用旋盤があります。
材料置き場をあさったところ、約13mm(少しマイナス寸法)の真鍮丸棒が何年も使われずに転がっています。
材質は快削黄銅(少し鉛入り)か7・3黄銅ではないかと思います。
ご希望の加工品を製作するとして・・・20本で材料費¥3000でどうでしょうか?
加工寸法の精度(誤差)はどのくらいでしょうか?
8mmに削り込む寸法は±0.1mm程度で、長さの寸法誤差は±0.3以内でかまいませんか?
工賃は要りませんが、時間を少しください。
問題はアメリカまでの送料ですね。
どうやって送ればよいのでしょうか?
時折、渡米する「お仲間」の方に渡せば安く上がるのでしょうか。
Posted by 山申 at 2017年06月16日 21:56
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。